特報 『男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは』


姦通 (不倫からのリダイレクト)
性が浮気をすることは容認されないとされており、既婚女性が不倫に及んだ場合、1947年(昭和22年)までは、相手の男性から男女とも姦通罪という刑法の罪に問われた(現在の日本の法律では刑事的責任を問うことはない)。 単に夫や妻のいる男性や女性が男性
17キロバイト (2,540 語) - 2019年10月24日 (木) 15:44



(出典 img.ananweb.jp)


男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

既婚男性の不倫する理由なんて、どうせ性欲だけなんでしょ? と思う女性は多いですが、実際は切実な思いで女性を求めている男性もいます。もちろん不倫は許されることではありませんが、なぜ男性は妻以外の女性を求め、不倫に走ってしまうのか、そこには家庭があっても満たされない「飢餓感」がありました。
2年付き合って結婚した妻は、昔から実家が好きで、付き合っている頃もよく泊まりに帰っていました。家族の仲が良くて、俺が遊びに行ったときも皆で一緒にご飯を食べたりして、良い関係だったと思います。

俺の方は実家が県外で滅多に帰ることはなく、その分妻の実家にお世話になる機会も多かった。結婚してからも、俺が残業のときは実家にご飯を食べに帰る妻に不満を感じたことはありません。お義母さんが作ってくれたご飯を持って帰ってくれて、妻も働いているから正直とても助かっていました。

嫌だなと感じるのは喧嘩をしたとき。すぐ『もういい』と話し合いを放棄して実家に帰り、一晩泊まってくるなんてこともしょっちゅうで、こっちも実家まで追いかけるのは気が引けるので、いつも妻の帰りをひとりで待つような感じです。

正直、彼女の親から『うちにいるから心配しなくていい』と連絡をもらうのも情けなかった。でも、何度『ふたりで話したい』と言っても意見が衝突するとすぐに妻は出ていってしまう。それだけがストレスでした。

あるとき、お互いもう30歳だしそろそろ子どもを作りたい、と妻に提案したら『まだ仕事をしていたい』という返事が返ってきました。

それはいいんだけど、『お父さんとお母さんに訊いてみる』という言葉が飛び出したとき、思わずカッとして"はぁ!?"と大声を上げてしまって。

ふたりの子どもなのに、何を自分の親に尋ねるのか、どうして自分の意思で決められないのか、そのとき初めて「実家依存」という言葉が頭に浮かびました。

妻に対する怒りを自覚してからは、以前のように接することができなくなりました。

何かあればすぐ実家を頼る姿にも今さらのように嫌悪感が湧いてきて、喧嘩しそうになると『どうせ家に帰るんだろ』とつい嫌味を口にしてしまい、妻の方も俺が変わったことを感じて不機嫌を隠そうともしません。

今は、妻は週の3日は実家で過ごしています。俺は残業を増やして、なるべく家で過ごさないようにしています。

まだ離婚までは考えていないけど、子どもも作れないならこのままふたりで過ごす人生に意味があるのかと悩んでいます」(30歳/営業)

「俺のしていることは異常なんだろうか」と打ち明けられたとき、男性には独身の彼女がいました。もちろん肉体関係があり、不倫をしている、妻を裏切っているという自覚は十分あります。ですが、「寂しくてたまらなかった」と男性は言いました。

「異常というか、まぁまともじゃないよね」と素っ気なく返しながら、私は昔から真面目でギャンブルも一切手を出さない、キャバクラなども行かないこの友人の苦しみについて考えていました。

奥さんが家庭を顧みないほど仕事に打ち込んでいるとか、男遊びがひどい女性なら、不倫を考えてしまうのもわかる。そうではなくて、妻が「実家依存」であることが結婚生活をつまずかせている。男性が抱えていたのは、「自分を尊重してほしい」という飢餓感でした。