芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:芸能まとめ > フイギュア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【芸能】(画像あり)(動画あり)『安藤美姫』についてまとめてみた


    安藤 美姫(あんどう みき、ラテン文字:Miki Ando, 1987年12月18日 - )は、日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。2002年のジュニアグランプリファイナルにおいて、ISU公式大会で女子選手として史上初の4回転ジャンプを成功させた。
    82キロバイト (6,388 語) - 2020年1月26日 (日) 03:03



    安藤美姫、水着ショット公開で反響「スタイルいい」「新鮮です」
    フィギュアスケート元世界女王の安藤美姫(32)が24日、自身のインスタグラムを更新し、水着姿を公開した。
    「アイアム冒険少年見て下さりありがとうございました」と、24日に放送されたTBS系「アイ・アム・冒険少年」の反響に感謝。「無人島からの脱出対決」と題された企画に参加した安藤は「今回で4度目の無人島脱出は楽しさと厳しさと怖さといろいろな思い出が出来ました」「初めて1からの船作りもなかなか上手く出来ました」など撮影を振り返った上で「また新たな挑戦があったら挑戦したいです」と意気込んだ。

    【【芸能】(画像あり)(動画あり)『安藤美姫』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    『羽生結弦』についてまとめてみた




    【【特報】『羽生結弦』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【芸能】 (動画あり) (画像あり) (フイギュア)『ハビエル・フェルナンデス』についてまとめてみた



    ハビエル・フェルナンデス 新恋人はスケーターではない日本人女性 スペイン誌で告白

    【【芸能】 (動画あり) (画像あり) (フイギュア)『ハビエル・フェルナンデス』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【フイギュア】『本田真凛』「心が折れなかった」本田真凜のリスタート。「今は、スケートしかない」


    本田 凜(ほんだ まりん、英語: Marin Honda, 2001年8月21日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。2015年ジュニアグランプリファイナル3位。 京都府京都市伏見区出身。血液型はA型。
    45キロバイト (3,270 語) - 2019年12月22日 (日) 19:00



    (出典 portal.st-img.jp)


    「心が折れなかった」本田真凜のリスタート。「今は、スケートしかない」

    全日本フィギュアスケート選手権、本田真凜(18歳)は8位に終わった。ショートプログラム(SP)は華やかな演技を見せ、6位でフリーでは最終グループ入り。しかしフリーは冒頭の3回転ルッツの失敗が響き、8位と苦しんだ。

    【【フイギュア】『本田真凛』「心が折れなかった」本田真凜のリスタート。「今は、スケートしかない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【特報】 (画像あり) 『紀平梨花、全日本初優勝!』について画像をまとめてみた


    紀平 梨花(きひら りか、英語: Rika Kihira, 2002年7月21日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。兵庫県西宮市出身。血液型はO型。 西宮市立上ヶ原中学校卒業。N高等学校在籍中で、関西大学KFSCに所属している。3歳のときに母親と姉とともにアイスリンクに行きスケ
    35キロバイト (2,685 語) - 2019年12月21日 (土) 12:48



    (出典 news.nifty.com)


    紀平梨花、全日本初優勝!4回転は投入せず、世界選手権での成功誓う「そこが一番重要」
    女子ショートプログラム(SP)で首位の紀平梨花(17)=関大KFSC=が最終滑走で登場し、フリー155.22点で1位、合計229.20点で全日本選手権を初制覇した。紀平は世界選手権代表に決まった。なお、日本女子で02年ジュニアGPファイナルの安藤美姫に続き史上2人目となる、試合での4回転ジャンプは投入しなかった。
    紀平は3回転サルコーを決めると、続く3回転アクセルと3回転トウループも着氷した。さらに3回転フリップもきれいに決めた。続く3回転アクセルも着氷。3回転2回転のコンビネーションと2回転3つのコンビネーションも成功させた。最後の3回転ループも決めた。演技を終えると会場中でスタンディングオベーションが起きた。

     GPファイナル連覇を逃した悔しさは力に変わった。「パッと切り替えて」と帰国後は休みなしで調整。17日には拠点の関大で2時間30分もジャンプを必死に跳び続けて追い込んだ。昨年大会はSPでトリプルアクセルの転倒もあり2位だった。今大会は自分へのリベンジにも燃えていた。SPは73・98点で首位発進した。

     羽生と同じ5週間でNHK杯、GPファイナル、全日本と3試合をこなす過密日程。それでも栄養バランスを考えた食事の徹底や、読み終えた鈴木颯人氏の著書「一流をめざすメンタル術」を参考にするなど、精神面もコントロールした。

     紀平梨花「すごく眠れなくてお昼寝もできなくで、すごく不安でしたが、あの演技ができて自信になりました。4回転なしでと直前に決めて、そのかわりに3回転アクセルと3回転トウループを付けたいという思いが強かったので、その方法がミスにつながらないでしっかり強気で難しい構成をしっかりこなせたのはすごくうれしい。(世界選手権では)今回SPでミスがあったので、今回以上の演技。そして4回転をフリーで決められるように、そこが一番重要になってくると思うので、世界選手権では4回転とルッツを戻して、ノーミスの演技を目指してしていきたい」

    【【特報】 (画像あり) 『紀平梨花、全日本初優勝!』について画像をまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ