芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:#プロ野球 > #トレード #FA 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『巨人・宮本和知投手コーチ、55歳のチャレンジ 語ったV奪回へのビジョン』


    宮本 和知(みやもと かずとも、1964年2月13日 - )は、山口県下関市出身の元プロ野球選手(投手)。司会者、タレント、スポーツコメンテーターなどの芸能活動を経て、2019年より読売ジャイアンツの投手総合コーチを務める。ホリプロ所属。 山口県下関市出身。小学校3年よりサッカーを始める。中学校時代
    22キロバイト (2,553 語) - 2019年4月7日 (日) 13:35



    (出典 i.ytimg.com)


    巨人・宮本和知投手コーチ、55歳のチャレンジ 語ったV奪回へのビジョン

    97年の現役引退後にタレントとして活躍し、今季から現場復帰した巨人・宮本和知投手総合コーチ(55)が本紙の直撃インタビューに応じた。21年間レギュラーを務めた「ズームイン!!サタデー」では選手の素顔を取材。巨人投手陣の裏側まで知り尽くした“新米コーチ”が、就任の経緯から5年ぶりとなるV奪回へのビジョンを語った。
      ◇  ◇
     -現役引退から22年の歳月が過ぎ、初めての指導者業。ここまでのキャンプは?
     「手応えはありますよ。ここまで投手陣もいい形できていますし、順調に調整ができてます」
     -順調だったタレント活動を辞めて、初めてとなる投手コーチを引き受けた経緯は。
     「まあ、野球界でリスペクトさせていただいている原監督から声をかけてもらって、断る理由もなかった。ジャイアンツには21年間、番組を通してお世話になっているので、恩返しという意味でもね。力になれるかどうか不安でしたけど、微力でも力になれることができればということだけです」
     -コーチを要請された時、原監督からはどんな言葉を?
     「監督には『不安があります。21年間のブランクもあるので』と正直に伝えました。そしたら監督は『大丈夫だ。俺がいるから』と一言おっしゃってくれた。『強く愛されるジャイアンツを一緒に作ろう』という言葉をいただきました」
     -コーチを引き受けたのは勇気のいる決断だった。
     「何というか、収入的なことも全く考えずに、はい。愛するジャイアンツのためにという。何か力になりたいなということだけですよ」
     -番組での取材はコーチ業でも役に立っている?
     「近くでジャイアンツを見てて、こうしたいというのはあった。僕らの仕事というのは最高のパフォーマンスができるような、コンディション作りの手助けですよね。いかに気持ち良くマウンドに送り込むことができるか。1軍の投手はみんな力をもってますし、マウンドへいい形で送り出すことがミッションだと思っている」
     -投手力を強化して、原監督を胴上げしたい。
     「僕は監督を男にしたいとか全くそういう気持ちもなくて、監督はもう立派な名将と呼ばれる方なので。僕の中では選手を男にしてあげたい。ジャイアンツといういい環境でやってるわけだから、彼らが男になって、そして幸せになってもらいたいなということだけですよ。ジャイアンツという球団は周りからいろいろ言われるけど、気にしてもしょうがない。今は裏方に回って、この子たちを男にしたいという思いはあります」
     -ここまで壁にぶつかることなくコーチ業をこなせているようですね。
     「いやいや。僕の中でこの前、一番つらいことがあって。高田を沖縄(1軍キャンプ)に連れてこれなかったのが、すごくつらくて涙が出ちゃったんだよな。あいつと2人で話をした時は『今、くじけんじゃねえぞ、3月になったら必ずチャンスがある。リフレッシュしてこい』と言いました。戸根とか坂本(工)を1軍に上げた時は『よかったな。おめでとう!ここがゴールじゃないスタートだ』と言った時に、そこでも涙したり。俺って、この仕事向いてねえのかなと思って。いちいちこんなんで涙してたら体がもたねえなって」
     -涙もろい一面も。
     「何かそういった思いはありますよ。ただ、それはやっぱり人が好きなんだろうね。人が好きで、夢をもってやってる人を応援したくなる」
     -巨人は4年間、優勝から遠ざかっている。最後にコーチとしての抱負を。
     「1年契約のもと勝負をかけるわけだから。2019年というこの年は、やっぱり優勝しなきゃといけないと思ってる。テレビ業界に帰ろうと思ってもいない。どこまでやれるか全く未知数だけども。新たな僕にとっての、55歳になってのチャレンジなのかなと。そういう思いですよ」

    【特報『巨人・宮本和知投手コーチ、55歳のチャレンジ 語ったV奪回へのビジョン』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『阪神』


    阪急阪神東宝グループ > 阪急阪神ホールディングス > 阪神電気鉄道 > 阪神タイガース 阪神タイガース(はんしんタイガース、英語: Hanshin Tigers)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。本拠地は兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場。日本に現存するプロ野球12球団の中では読
    205キロバイト (31,678 語) - 2019年10月2日 (水) 03:29



    (出典 www.asahicom.jp)


    巨人連勝で日本S王手!走攻守で圧倒 亀井&坂本重盗で揺さぶり 阪神の突破率0%に…
    「セCSファイナルS・第2戦、巨人6-0阪神」(10日、東京ドーム)

     巨人が走攻守で阪神を圧倒。アドバンテージを含めて3勝0敗とし、6年ぶりの日本シリーズ進出に王手をかけた。

    王者の力を見せつけた。一回に亀井、坂本勇の連打で好機を作り、丸の遊ゴロ併殺の間に先制。四回にはゲレーロの1号2ランで完全に主導権を握った。

     圧巻は五回。1死から亀井の二塁打、坂本勇の四球で一、二塁。丸の打席の初球に意表を突くダブルスチールを成功させ、好機を拡大した。ここで丸が左犠飛。岡本も適時打で5-0とし、阪神を突き放した。九回は代打・阿部の安打から、若林の適時打でダメ押しした。

     先発メルセデスも期待にこたえた。好相性の阪神を相手に、7回3安打無失点の快投。無四球と制球が安定し、課題のスタミナが切れることなく、七回を投げ切った。

     阪神は2戦連続で完敗を喫し、崖っぷち。過去、アドバンテージを含めて0勝3敗から勝ち上がったチームはなく、突破率0%の厳しい状況に追い込まれた。

    【特報『阪神』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『落合博満氏 阪神・矢野監督の評価は「0点ですよ」』


    落合 博満(おちあい ひろみつ、1953年12月9日 - )は、秋田県南秋田郡若美町(現:男鹿市)出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・監督、野球解説者。 選手時代は1979年から1998年にかけてロッテオリオンズ、中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツ、日本ハムファイターズに在籍し、史上4人目の三
    114キロバイト (16,477 語) - 2019年10月7日 (月) 12:23



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    落合博満氏 阪神・矢野監督の評価は「0点ですよ」

     元中日監督の落合博満氏(65)が、9日放送のMBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(後11・56~深夜0・53)に出演。MCのブラックマヨネーズ・小杉竜一から「100点満点でいえば何点ですか?」と就任1年目の阪神・矢野燿大監督の評価を聞かれ「0点です」と即答。あまりの厳しさに、ゲストで阪神ファンのタレント・千秋から悲鳴が上がった。
     阪神は5年ぶりのCSファイナルS進出を決めたが、落合氏は「優勝以外は全部0点ですよ」とキッパリ。続けて「ただ(巨人に勝って)日本シリーズに出て優勝する(日本一になる)可能性を残したということを考えれば、100点」と話し、千秋は満面の笑みで拍手を送った。
     落合氏は「来年誰を4番に使うかといえば、俺だったら大山を使うよ」と断言し、スタジオをどよめかせた。開幕戦から4番に座りながらも、8月30日の巨人戦でスタメン落ちした大山悠輔内野手について「すべては福留と糸井ですよ。彼らが(大山を)サポートしなきゃいけないものが、シーズン通してあの2人が働けなかった」と解説した。
     “4番・大山”への期待を熱く語った落合氏は「どれだけ周りから叩かれたんだ。跳ね返すものが彼にあるかどうか。それを試せる1年になるんじゃないかと思うよ」とエールを送る。
     千秋から「もし将来、阪神から監督就任の打診があったら」と聞かれ、落合氏は「野球で優勝させてくれればそれでいいって言うのであれば、受ける可能性はある」と発言した落合氏。番組では、阪神を退団する鳥谷敬内野手についても言及。セ・パの両リーグのMVPも指名した。

    【特報『落合博満氏 阪神・矢野監督の評価は「0点ですよ」』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 報元阪神・江本孟紀氏「ベンチがアホやから…」現役引退の真相語る』


    江本 孟紀(えもと たけのり、1947年7月22日 - )は、高知県香美郡土佐山田町(現:香美市)生まれ、高知県高知市出身のプロ野球選手(投手)、政治家、野球解説者。 愛称は「エモやん」。現役時代の通算24ボークは日本記録。 現役引退後は野球解説者、野球評論家、政治家、タレント、俳優、実業家として活動している。
    72キロバイト (10,353 語) - 2019年9月26日 (木) 15:46



    (出典 baseballking.jp)


    元阪神・江本孟紀氏「ベンチがアホやから…」現役引退の真相語る

    プロ野球の南海、阪神で活躍し、現在は野球評論家であり独立リーグ、四国ILp・高知の総監督も務める江本孟紀氏(現野球評論家)が30日、テレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(日曜、後9時58分)に出演。自らの失敗談をもとに教壇に立ち、「ベンチがアホやから野球がでけへん」と発言し、阪神を退団した真相を明かした。
     1981年8月26日・ヤクルト戦(甲子園)で降板後に問題発言をした。原因は2点リードの八回、二、三塁の場面で投球前に敬遠か勝負かの指示を待ったにも関わらず、ベンチからなにも指示がなかったことだという。「あそこは監督の采配の見せ所」とベンチを見たが、何も指示がなく怒りを覚えた。降板時にはグラブを金網に向かって投げつけ、一度戻ってきてスタンドに投げ入れたことも明かした。
     当時の監督に不信感があり、キャンプの宿舎で監督の部屋までいき、タバコとライターを投げつけたこともあったという。
     暴言に対して翌日、球団から謹慎となるところ、かたくなに拒否して自らユニホームを脱ぐ決断をした。「暴言によって途中であきらめることになった。ちょっと後悔して、我慢しておけばよかったかなと思います」と現在の心境を吐露。「仕事を捨ててまで言うほどの怒りなのか?最後にもう一度考えてみよう」と教訓を示した。
     現役引退の引き金となった暴言だが、番組では法大時代、南海時代にも監督に対して暴言を吐いたことも明かした。暴言のしくじりを披露した江本氏は「未熟ですから感情の赴くままに、監督の思いに気がつかなかった。35年たつけど、あんな風にしなかったらどうなっていたか。当時は監督のダメなところばかり見てしまった。上司の弱点をみんなで補いましょう」と出演者や視聴者に訴えた。
     そして「監督の難しさが分かったことで、当時の監督に無礼なことをした」と反省。暴言を吐いた監督とは今、良好な関係を築いているという。その経験を生かし「嫌いな上司と10倍楽しく付き合う方法とは、嫌いな上司ほど自分からあいさつに行こう。嫌いな上司は避けてはいけない」と最後をしめた。

    【特報 報元阪神・江本孟紀氏「ベンチがアホやから…」現役引退の真相語る』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    『虎党の千秋、阪神5年ぶり最終S進出に歓喜「凄い三日間だった」』


    千秋(ちあき、1971年10月26日 - )は、日本の女性マルチタレント(歌手、声優、デザイナー、ものまねタレント、執筆者、作詞家)であり、現在休止中の音楽ユニット「ポケットビスケッツ」のメンバー(ヴォーカル担当)である。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(エキサイティング・トリガー)所属。
    63キロバイト (9,451 語) - 2019年9月13日 (金) 15:52



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    虎党の千秋、阪神5年ぶり最終S進出に歓喜「凄い三日間だった」

    熱狂的な阪神ファンのタレント・千秋(47)が7日、自身のツイッターを更新。セ・リーグ3位の阪神が同2位のDeNAとの接戦を制し、5年ぶりのファイナルステージ(S)進出を決めたことを受けて、喜びをつづった。
     「やったあ!凄い三日間だった 素晴らしい三試合だった 阪神がほんの少しだけ強かった 横浜さんありがとうございました」とシーソーゲームを繰り広げた両軍の激闘を称えた。
     そして「今日は大騒ぎというよりもしっかり噛み締める。行くぞドーム 待ってて讀賣(さん)」と記した。

    【『虎党の千秋、阪神5年ぶり最終S進出に歓喜「凄い三日間だった」』】の続きを読む

    このページのトップヘ