芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:#プロ野球 > #トレード #FA 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『筒香が入札制でメジャー挑戦!球団容認「現役で戻るとき声かけて」筒香が入札制でメジャー挑戦!球団容認「現役で戻るとき声かけて」』


    侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2016年2月15日). 2016年2月17日閲覧。 ^ “【DeNA】筒香、史上初の3戦連続2発!「ポケモンGO」よりすごいモンスター「GO」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年7月23日). http://www.hochi.co
    44キロバイト (5,590 語) - 2019年9月29日 (日) 02:29



    (出典 portal.st-img.jp)


    DeNA筒香嘉智外野手(28)が、今オフにポスティングシステム(入札制度)を利用して米メジャー移籍を目指すことが決まった。7日、三原球団代表が「重要な戦力であること間違いない。ただ彼の小さい頃からの夢であるメジャー挑戦を応援したい」と明かした。日本球界が誇るスラッガーが横浜から羽ばたく。

    主砲のメジャー挑戦を全面的にバックアップする。DeNAは、昨オフ11月の契約更改交渉での筒香本人との話し合いを受け、球団としての方針を熟考してきた。主将としてチームをけん引し、3年連続のAクラス入りに押し上げた貢献度を高く評価。日本球界屈指のスラッガーに成長した筒香をメジャーの舞台に送り出す方針を固めた。

    三原球団代表は「キャプテンとしての功績は計り知れないものがある。選手生命を考えると、限られた時間を有効に使ってもらいたい」と明言した。続けて「唯一、お願いしたのは現役選手として日本に戻ってくるときは、我々に声をかけてほしいと言いました。彼はうれしいと言ってくれました」と将来的な復帰を大いに歓迎した。

    今季はレギュラーシーズン131試合に出場し、打率は2割7分2厘、29本塁打、79打点。8月には「チームが勝つためなら何でもやる」と離脱した宮崎に代わり、5年ぶりの三塁でのスタメンを引き受けた。9月22日に死球で負傷した右手小指の影響で3年ぶりに登録抹消も、阪神とのCSファーストステージで2戦連発を含む5打点と存在感を示した。

    筒香は「ベイスターズでの10年が終わった。感謝しかない。まだ決まったわけではないし、ゆっくり考えたい。言えないというより、まだそっちの思考回路になっていない」と話すにとどめた。ポスティングシステムを利用してのメジャー移籍となれば、野手では11年オフにブルワーズ入りした青木以来6人目。外野手はFA移籍の松井秀喜を含めてのイチロー、青木の3人しかいない。ダルビッシュ有、前田健太らも契約するワッサーマン氏を代理人にメジャー挑戦を模索していく。今オフのメジャー市場に「TSUTSUGOH」がリスト入りする。

    【特報『筒香が入札制でメジャー挑戦!球団容認「現役で戻るとき声かけて」筒香が入札制でメジャー挑戦!球団容認「現役で戻るとき声かけて」』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『「それはウソだ」/ラミレス監督』


    アレキサンダー・モン・ラミレス・キニョーネス(Alexander Ramón Ramírez Quiñónez, 1974年10月3日 - )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(外野手)、横浜DeNAベイスターズ監督(第30代)。2019年に日本に帰化した。
    83キロバイト (10,785 語) - 2019年10月5日 (土) 06:46



    (出典 i.imgur.com)


    チーム初のCSを前にしたDeNAアレックス・ラミレス監督のコメント。
     「とても気持ちがいい。投手も野手もいい練習をしてくれた。本当に特別な気持ち」。
     「現役時代も同じ。少し人とはやり方が違ったが、自分を信じてやってきた。今は選手たちを信じてやってきた。それが、この結果に結びついている」。
     登板回避が予想される巨人エース菅野に「明日、投げると思っている。コンディションが悪く3戦目という情報も出ていたが、それはウソだ。明日、投げられないのであればファーストステージの登板はない」。
     調整期間中だった3日に42回目の誕生日を迎えた。
     「多くの人が僕の誕生日を忘れていた。大きなケーキが用意されることなく静かに過ぎていった…。ファーストステージを突破したら大きなケーキを用意してもらいたい。皆さん、お祝いしてください」。

    【特報『「それはウソだ」/ラミレス監督』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『熱烈G党の水谷八重子が去りゆく阿部慎之助にライブで思い捧げる』


    2代目水谷 八重子(みずたに やえこ、1939年(昭和14年)4月16日 - )は、日本の女優、歌手、演出家、エッセイスト。本名、松野 好重(まつの よしえ)。 母は初代水谷八重子。父は歌舞伎役者の14代目守田勘彌。映画俳優で歌舞伎役者の坂東好太郎は父方の親類にあたる。 水谷 良重(みずたに
    20キロバイト (2,531 語) - 2019年9月26日 (木) 02:04



    (出典 www.meg-net.com)


    熱烈G党の水谷八重子が去りゆく阿部慎之助にライブで思い捧げる

     巨人が21日、5年ぶりにリーグ制覇し、原辰徳監督(61)の涙に列島が胸を打たれた。劇団新派を代表する女優、水谷八重子(80)も、そのうちの1人だ。東京生まれの東京育ち。ソフトバンクの王貞治球団会長(79)の巨人在籍時代からの熱烈G党で、応援をはじめて60年になる。現在は阿部慎之助選手(40)の大ファンで、優勝の喜びの声を紙面にも掲載した。
     歓喜から一転、今度は深く心を痛めていらっしゃる。24日、阿部選手の引退報道が1面を飾った。優勝時の弾んだ声とはうって変わって「今、腰が抜けたような感じです。まだまだ巨人の看板を張れるのに、さみしいわね…」と、しんみり。
     2002年。巨人日本一の祝賀会に球団から招待され、出席した八重子さん。その際、入団したての阿部選手に、あいさつされてからの縁になる。2014年には東京ドームでの阪神戦で始球式を行い、阿部選手のミットをめがけてピッチング。「あのときボールが届かなかったから、もう1度始球式でリベンジしたいと思っていたのに…」とため息をついた。
     東京都内の自宅には、阿部選手からプレゼントされたサイン入りバットが大切に飾ってある。  「ディスプレー用ではなく、試合で使うバットの新品のもの。私の宝ものです。今年で、あのバットさばきが見られなくなるなんて、まだ信じられません」
     八重子さんの楽屋は、常に“オレンジ色”に輝いている。23日、名古屋・御園座で行われていた舞台「家族はつらいよ」が千秋楽を迎えたが、その前の開催地、大阪松竹座での公演を見にいった際の楽屋もそうだった。
     さまざまなGグッズに囲まれ、幸せそうな八重子さん。ふと見ると、テーブルの上に、巨人のロゴマーク入りのシールが置いてあった。台紙から数枚はがした痕跡があったので、きょろきょろしていると「そこよ♪」と、愛用している化粧水の瓶を指さした。有名ブランドの化粧水のボトルの表面で、光り輝くGマーク。舞台上で見せる超一流女優の説得力と、持ち物に大好きな巨人のシールをペタペタと貼る少女のようなかわいらしさに“ギャップ萌え”したことは言うまでもない。
     10月4日に東京・銀座のヤマハホールで、コンサート「A LIVE80 命あるかぎり」(午後6時30分開演)を開催する。当初は、演出家の青井陽治氏(享年69)、八重子さんが「おねぇま」と慕った越路吹雪(享年56)をはじめとする“旅立った先人”にささげるライブの予定だった。
     「何か素晴らしいものを残していった人に対し、命ある私がつないでいこう、というテーマです。阿部選手も野球界に素晴らしいものをお残しになったので、当日はそういった思いも込めて歌います。落ち込んでもいられないわね。お芝居では、おばあちゃんの役だったので、おばあちゃんを脱ぎ捨てて全力で4日に向けて走ります。さあ、自主トレ、自主トレ」と、ボイストレーニングに向かって行った。
     80歳になって初のライブ。“オレンジ色”をパワーの源流に、いつも以上に心躍るライブになりそうだ

    【特報『熱烈G党の水谷八重子が去りゆく阿部慎之助にライブで思い捧げる』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『オコエCS初アーチ 責任を自覚した新幹線代とは』について画像をまとめてみた


    オコエ 瑠偉(オコエ るい、1997年7月21日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する東京都東村山市出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。 ナイジェリア人の父と、日本人の母との間に出生。7か月で独りで歩く子供で、6歳の時に近所の在住者に誘われ野球を始める。秋津東小では1年から軟式の東村
    46キロバイト (6,158 語) - 2019年9月28日 (土) 03:37



    (出典 baseballgate.jp)


    オコエCS初アーチ 責任を自覚した新幹線代とは

    敵地福岡で次々と花火を打ち上げ、下克上の幕が開けた。楽天が、オコエ瑠偉外野手(22)のクライマックスシリーズ初アーチとなる1号ソロなどソフトバンク千賀に4本塁打を浴びせる逆転劇でファーストステージ突破に王手をかけた。主砲浅村栄斗内野手(28)も先制&同点と価値あるマルチ弾で3打点。勢いのまま、リーグ王者西武への挑戦権をつかみにいく。

    オコエはまさに腹をくくっていた。勝ち越しを許した直後の第1打席、狙いは初回に159キロを出していた千賀の直球1本。「最初の真っすぐだけは逃したくない。“クソボール”じゃない限り、いこう」。初球の内寄り高め151キロにバットをかぶせ、強引に振り切る悪球打ち。両軍合わせて6発の空中戦にあって、ただ1人スタンドまで運び「インコースに来てくれないかなと思っていた。読み勝ちッス。右手で押し込みました」とドヤ顔を決めた。

    今季は初の開幕スタメンも、不振で6月に登録を抹消された。1年間1軍にい続けるというシーズン前の誓いを果たせなかった自分に腹が立った。遠征で新幹線を利用した時、立ち位置を再確認した。「2軍って、1軍登録が2年を超えている選手は新幹線代が球団持ちになるんです」。高卒4年目ながら、オコエも該当。責任を自覚した。「自分が1軍にい続けるには、レギュラーになるしかない」。インパクト時に曲がっていた左肘を真っすぐ伸ばし、打撃を改良。8月の2軍戦でサイクル安打を達成するなど一気に状態を上げ、シーズン佳境の9月に1軍へ戻ってきた。

    チームが土壇場でCSを決めた9月24日のソフトバンク戦でも先発起用。千賀からヒットを放ったことが、CS初戦のスタメン抜てきにつながっている。その試合、1点を追う4回1死一塁では送りバントで走者を進め、9番オコエのバットに託す場面があった。「平石さんには、日ごろから本当に期待をかけてもらっている。応えなきゃいけない」と繰り返す。2軍監督時代から目をかけてくれた指揮官との絆が生んだ一打。恩返しの下克上が始まった。

    【特報『オコエCS初アーチ 責任を自覚した新幹線代とは』について画像をまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『阪神、奇跡の6点差大逆転勝利で最終S進出王手!北條5打点&V打 DeNA悪夢』について画像をまとめてみた


    阪神タイガースの歌」(はんしんタイガースのうた)、通称「六甲おろし」(ろっこうおろし)は、日本プロ野球のセントラル・リーグに所属する阪神タイガースの球団歌である。作詞・佐藤惣之助、作曲・古関裕而。 1936年(昭和11年)に「大阪タイガースの歌」(おおさかタイガース
    24キロバイト (2,817 語) - 2019年7月7日 (日) 06:30



    (出典 i.ytimg.com)


    阪神、奇跡の6点差大逆転勝利で最終S進出王手!北條5打点&V打 DeNA悪夢

    「セCSファーストS・第1戦、DeNA7-8阪神」(5日、横浜スタジアム)

     阪神がまたしても、奇跡を呼び込んだ。6連勝でつかんだ逆転CS。今度はCS史上最大となる6点差を跳ね返す大逆転勝利だ。猛虎打線の爆発で先勝し、ファイナルS進出へ王手をかけた。
    奇跡の道はまだ続いていく。北條が、木浪が、近本が…みんながやった。劣勢ムードを切り裂いたのは、6点を追う七回からだった。代打・高山&代打・木浪が連打で1点を返すと、近本も内野安打でつなぎ、2番・北條。すると2球目だった。高めに浮いた直球に反応すると、左翼席へズドン。追撃の3ランで一挙4点を奪った。

     点差は2点。いける、いけるぞ-。ムードが高まった八回。2死一塁からだった。一走・高山が二盗を決める。すると木浪が右前へとはじき返し、初めてのCSで2打点目。途中出場ながら1点差に詰め寄る適時打で存在感を見せつけると、近本は猛打賞となる右前打を放った。2死二、三塁で、最後はまたしても北條が決めた。前進守備の外野の頭上を越す逆転適時三塁打で、試合を一気にひっくり返した。

     思わぬアクシデントが、チームの結束力を高める。“開幕投手”を務めた西が、まさかの負傷交代となる。立ち上がりに、強力DeNA打線に筒香の先制3ランを含む5連打。宮崎の打球が左足を直撃する投手強襲安打となって、治療を行うも、再びマウンドに戻ることはなかった。1死も奪えないままの降板は、プロ11年目で初めての屈辱。先発投手の緊急降板に、ブルペン陣が総動員となった。

     西の後を受け継いだ、守屋が追加点を与えない好リリーフ。ガルシアも3回0封でつないだが、3番手・島本が4連打を浴びるなど4失点。対DeNA戦で、防御率0・63と好相性だった左腕が打ち込まれた。

     だが、あきらめない。その後は能見-ドリス-岩崎-藤川と、計8人の継投でしのぎきった。九回は2死から宮崎のフェンス際の打球を高山が好捕したかと思われたが、リプレー検証の末、二塁打と判定されて大ピンチに。だが、藤川が耐え、逃げ切った。

     奇跡を起こしてきたチームだ。CS初出場の近本が猛打賞、木浪が2安打2打点の大活躍。さらに近本は、球団新人では初めてとなるCSでの盗塁を決め、この日は2盗塁。この勢いに乗って、日本一を目指す。

     CS本拠地初開催のDeNAは、継投策が裏目。悪夢の大逆転負けとなった。

    【特報『阪神、奇跡の6点差大逆転勝利で最終S進出王手!北條5打点&V打 DeNA悪夢』について画像をまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ