芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:#プロ野球 > #トレード #FA 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『北別府学氏 “カープ新監督”佐々岡氏にエール「どんな投手目線の野球をするか楽しみ」』についてTwitterの反応


    佐々岡と同じく完投勝利である。 ^ 広島・佐々岡がノーヒットノーラン ^ “【10月6日】2007年(平19) 村田修一“お約束”無視?佐々岡真司引退試合でキング弾”. スポーツニッポン新聞社 (2010年10月1日). 2018年2月14日閲覧。この出典によると、佐々岡
    26キロバイト (3,257 語) - 2019年10月4日 (金) 13:00



    (出典 blog-imgs-132.fc2.com)


    北別府学氏 “カープ新監督”佐々岡氏にエール「どんな投手目線の野球をするか楽しみ」

    広島カープの黄金時代を支えたエースで、通算213勝を挙げた名球界投手の野球解説者・北別府学氏(62)が4日、都内のひろしまブランドショップTAUで「秋の酒祭りオープニングイベント」に出席し、トークショーを行った。
     カープの“レジェンド”は、緒方孝市前監督(50)の辞任を受け「僕のところにはまだ(監督就任の打診)が来ていない。受けんけどね。3連覇しても4位になったら辞めにゃいけんのだから、やったら病気になる」とジョークをかました。
     続けて、監督就任が決定的になった佐々岡真司投手コーチ(52)について「長谷川良平さんが唯一投手出身の監督(1965~67年)で、それ以来は野手ばかり。投手の監督を最近は見ていない。この何年かカープは中継ぎに負担がかかりすぎ。佐々岡は先発も抑えも経験しているので、どんな投手目線の野球をするか楽しみ」と期待した。
     そして「先発をできるだけ引っ張る野球を期待したい。投手は攻撃や守備面は分からないので、すべてコーチに任せれば、その方がうまくいくかも。彼は明るくて人柄がいい。暗いのはいけないね。誰のことを言っているのか、僕も想像つきませんけど」などと毒を吐いた。
     さらに「入る時はいいが、辞める時につらいのが監督。だいぶやせると思うよ。ネットでも『あれはない』と非難されているくらいだから。ヒザの手術で歩き方がおかしくなったらしいけどね」と、肥満が目立つ佐々岡“新監督”をチクリとやった。

    【特報『北別府学氏 “カープ新監督”佐々岡氏にエール「どんな投手目線の野球をするか楽しみ」』についてTwitterの反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『12球団OKの163キロ右腕・佐々木朗希が「行くべき球団」と「行ってはならない球団」』についてTwitterの反応


    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身の高校野球選手。奥川恭伸投手、西純矢投手、及川雅貴投手とともに『高校BIG4』と呼ばれている。 2019年4月に「高校日本代表候補による研修合宿の紅白戦」が行われ、球速が163キロを記録したが、これは、大谷翔平が花巻東
    4キロバイト (349 語) - 2019年10月3日 (木) 09:21



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    12球団OKの163キロ右腕・佐々木朗希が「行くべき球団」と「行ってはならない球団」

    ドラフトの注目右腕だった大船渡高の佐々木朗希が2日、岩手の大船渡市内で記者会見を開き、正式にプロ入りを表明、12球団OKの姿勢を示した。この日、午前中に高野連にプロ志望届を提出した佐々木は、1年の冬からプロを意識、自らの意思で決断したことを明らかにし「レベルの高いところでプレーしたい。12球団どこでも頑張りたい」と語った。複数球団の競合確実な佐々木が行くべき球団はどこなのか?運命のドラフトは10月17日だ。
    日ハム、ソフトバンクが適した球団?!
     163キロ右腕はどこでも行く。では、どこが指名するのか。この大器がプロで成功するために行くべき球団はどこなのか。すでに佐々木1位指名を公言しているのは日ハムだけ。U―18W杯では右手のマメの影響で1イニングしか投げられず、大学日本代表を相手にした壮行試合の先発1イニングを含めてたった2試合しか最終チェックができなかったため他球団も1位指名を発表するほどの最後の決め手には欠いた。
     全力投球せずとも150キロを軽く超えてくるストレートの威力と、変化球のキレ、コントロールに非凡さを見せたが、一方で、その未完成な体力などに不安点も露呈した。

     元ヤクルトの名スカウトで鳴らし今回、ヤクルトの新監督に就任した高津臣吾をも発掘した片岡宏雄氏は、佐々木が行くべきチームと、行ってはならないチームをこう区別した。

    「ストレートの威力は目に留まる。リズム、テンポが気にはなるが、コントロールが荒れ四球で崩れていくタイプでもなく、行くチームさえ間違えなければ出てくるピッチャーだろう。なんやかんや言って、どれだけ凄いボールがあってもストライクが入らないと野球にならない。プロでは、ここのセンスが重要だ。だが、右手のマメの問題はさておき、プロですぐに使える体力はない。最低1年は下でじっくりプロの体作りをしなければならないし、一歩、育成方法を間違えば、肩、肘が飛んでしまう怖さがある。おそらく“うちでは手に負えない”と躊躇しているチームもあるだろう。佐々木は、12球団OKのようだが、とにかく行くチームを間違えないことだ」

     片岡氏は、U-18代表としてたったの2イニングしか投げていないが、最速163キロをマークしたポテンシャルはもとより、そのコントロールを評価した。

     では、片岡氏が言う「行くべきチーム」と「行ってはいけないチーム」はどこなのか。

    「性格がプロ向きなのか、どうかわからない。映像で喋っているのを見る限り、東北の田舎の純粋な子という感じに見える。地方の高校出身の選手の中には、プロの水、都会の水に慣れるだけで時間がかかる選手もいる。時間がかかることも含めて、現状の投手力、育成に余裕があるチームがふさわしいだろう。逆にキャンプから首脳陣がすぐに使いたがったり、コーチがいじりたがったり、メディアの数が多く、注目、プレッシャーを浴びやすいチームは避けた方がいい。そう考えると大谷やダルビッシュを育てた実績がある日ハム、戦力に余裕があるソフトバンクがあてはまるし、逆に巨人や阪神に行けば潰れてしまう怖さがあるよ。まあそれがわかっていて巨人、阪神は指名してこないでしょうが

    あるセ・リーグのスカウトもまったく同じ意見を口にしていたし、「160キロ以上を投げる投手を扱ったことがないから、もし獲得するとなると特別な育成プロジェクトを組む必要がある。肩、肘のケアも含めて、そういうプロジェクトを組む力があるかどうか」と、育成方法に対しての不満を漏らすスカウトもいた。

     日ハムは、今シーズンもキャンプから金足農出身のドラフト1位の吉田輝星をファームからスタートさせ、「まずは高校時代のベストな状況に戻すこと。基本、うちは1年は触らない」という育成方針を打ち出し、オープナーを使うほど、1軍の投手力に余裕があったわけではないが、今季は4試合、合計11イニングだけ1軍で先発させた。キャンプのメニューも拍子抜けするほど軽い内容から始めさせていた。

     3軍まであるソフトバンクも今シーズンは、メジャーのドラフト候補だったカーター・スチュワートを獲得する異例のチャレンジをしたが、無理させずファーム組織で時間をかけて育成した。スチュワートの育成方法を見る限り、佐々木を迎えても不安はないだろう。

     一方、片岡氏も指摘したが、巨人、阪神という人気球団では、メディアの攻勢があり、育成より勝負に舵を切らざるをえないチームとしての宿命も抱えており、佐々木を持て余す怖さがある。巨人は先発も含めた投手力が不安要素だけに1、2年“塩漬け”にしておかねばならない未完の大器より、即戦力投手をターゲットにする可能性が高い。また阪神も今シーズンゼロ勝に終わった藤浪晋太郎を育てきれていないというジレンマがあり、そこにもう一人ポテンシャル型の佐々木を抱え込む余裕はないだろう。

     1軍の投手事情を見て即戦力投手の補強が急務のチームは、パでは西武、ロッテ、楽天、セではヤクルト、中日、横浜DeNAとなる。ドラフトでの即戦力補強に目をつぶって育成型の大器指名の決断ができるかどうか。特に今季Bクラスに沈んだチームは難しいだろう。

    楽天は、地元東北の大器だけに石井一久GMも、「地元の宝、未完の大器であることは間違いない。かといって1軍に余裕もない」と、指名か回避かに苦悩している心情を明かしていた。楽天は田中将大という高卒ルーキーを大成功させた実績を持つ。マー君2世は、タイプ的には佐々木よりも星稜の奥川恭伸なのだろうが、もし佐々木を回避する球団が増えて、日ハム、ソフトバンクくらいしか勝負してこないのであれば、確率論で佐々木を1位指名する可能性は十分にある。
     果たして佐々木に何球団が1位入札してくるのか。注目のドラフトは10月17日だ。

    【特報『12球団OKの163キロ右腕・佐々木朗希が「行くべき球団」と「行ってはならない球団」』についてTwitterの反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『松坂、中日退団へ “恩人”森SD&友利国際渉外担当退任で決断』についてTwitterの反応


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 「平成の怪物」と呼ばれ、21世紀初の沢村栄治賞を受賞。甲子園優勝、パリーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、WBC優勝を経験し
    123キロバイト (16,266 語) - 2019年8月29日 (木) 02:10



    (出典 img.sportsbull.jp)


    松坂、中日退団へ “恩人”森SD&友利国際渉外担当退任で決断

    中日の松坂大輔投手(39)が今季限りで退団の意向を固めたことが3日、分かった。球団が慰留を断念すれば退団が正式に決まる。17年オフに自らの入団に尽力した森繁和SD(64)、友利結国際渉外担当(52)の退団が大きく影響したとみられる。松坂は現役続行を強く希望しており、他球団への移籍を目指す。

    松坂が2年で中日のユニホームを脱ぐ。複数の関係者によると、球団から来季契約の方針を伝えられ、熟考を重ねてきたが、球団を退団する決意を固めたという。

     松坂は9月1日に加藤宏幸球団代表と会談し、現役続行の意思を伝えた。加藤代表は「球団としての対応が白紙というのは変わりない。現場と今後、どうするか相談する」として意見集約を行い、同月27日に2回目の会談を行ったが、松坂は即答を避けていた。この日、加藤代表は「明日(4日)連絡がなければ、こちらから連絡することもある」と話し、一両日中に3度目となる直接会談を行うことを示唆した。球団は慰留するもようだが、松坂に近い関係者は「本人の意思は固いようだ」と話した。

     球団側は今季年俸8000万円からの減俸幅を一定に抑えた条件を用意していたとみられる。松坂はかねて「球団には配慮をしていただいている」と話しており、条件面は退団の理由とは一切関係ないという。

     最大の要因は、今月1日に森SDと友利国際渉外担当の退団が決定したこと。自らが17年オフにソフトバンクを戦力外となった後、最初に声を掛けてくれ、テスト入団の際には球団内の意見を集約して獲得に尽力してくれた2人の退団が大きな影響を与えた。松坂は「2人がいなかったら今の僕はない。感謝してもしきれない」と話すほど、大きな存在だった。

     今季は2月の沖縄・北谷キャンプでファンと接触し右肩を負傷。7月に1軍復帰も2試合の登板に終わり、8月20日には右肘を痛め、その後は実戦登板はなかった。それでも9月中旬には、強いキャッチボールを行い「だいぶいい形に戻ってきた」と話している。「どういう状況であっても、野球を続けたいと思っている」と現役続行に迷いはなく、自由契約となった際には他球団移籍を目指すことになる。

     1、2軍問わず、若手投手の中には、その人柄にひかれ、的確なアドバイスも受けて飛躍を遂げた選手も多くいる。チームに大きな影響を与えた日米通算170勝右腕のオフの動向から目が離せなくなりそうだ。

     ≪他球団との契約はトライアウト終了後≫松坂の退団が決まり自由契約となれば、他の戦力外選手と同じ扱いになる。日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の申し合わせによる運用ルールにのっとり、他球団との契約が可能になるのは11月中旬の12球団合同トライアウト終了後。松坂自身が参加しなくても、トライアウトが終了すれば直後から契約ができる。

    【特報『松坂、中日退団へ “恩人”森SD&友利国際渉外担当退任で決断』についてTwitterの反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    『【巨人】元木コーチの観察眼 CSは「シーズンと違うこともあるかも」』についてTwitterの反応


    元木 大介(もとき だいすけ、1971年12月30日 - )は、大阪府豊中市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。 現役引退後は、野球解説者(TBS「S☆1」、日テレG+「徳光和夫の週刊ジャイアンツ)、タレント業、Vシネマ中心の俳優業などで活動していた。所属事務所はケイダッシュグループの
    27キロバイト (2,902 語) - 2019年10月2日 (水) 06:53



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    【巨人】元木コーチの観察眼 CSは「シーズンと違うこともあるかも」

    連載インタビュー企画「セ界一のコーチ G論」の第3回は、元木大介内野守備兼打撃コーチ(47)。就任1年目ながら明るい性格と現役時代に「クセ者」と呼ばれた野球観でチーム5年ぶりのリーグ優勝に貢献。シーズンを振り返り、CSでの戦い方などを語った。(取材・構成=後藤 亮太)
     2005年の現役引退から13年を経て、今季から現場復帰し、コーチ1年目でリーグVに貢献。率直な心境は。
     「僕の耳にも『タレントみたいなやつをコーチにして大丈夫なのか』って声はさんざん入っていたけど、『うるさい。あなたたちより野球を知っているよ』って心の中で思いながらやっていた。監督の顔に泥を塗るわけにはいかないと思って必死に戦って、優勝した時は本当にうれしかった」
     春季キャンプから選手たちに明るい空気をもたらし、攻撃時には三塁コーチャーとしてベンチからのサイン伝達や勝負どころでの走者への指示など、重要な役割を担った。
     「すごく責任感があるし、僕の判断で試合が動いたりする。常に試合の流れ、相手投手、次の打者、味方ベンチには誰が残っていて、相手ベンチには誰が残っているのか…。サインを出して『じゃあ、どうぞ』ではなく、出し終わった瞬間に守備位置は変わっていないかと周りを見ていた。ここは強引に突っ込んだ方がいいか、止めた方がいいかとか、あちこちの野手を見ていたから、すごく疲れるよね」
     ハイライトとなったのは、9月21日のDeNA戦(横浜)の9回の攻撃※。好判断で同点を演出し、チームは逆転勝利で優勝を決めた。
     「重(信)のスタートが多少遅いかなと思ったけど、(小林)誠司が打って、ここで止めたら俺が怒られるんじゃないかと一瞬思った。0コンマ何秒の中で、回ってきた時に回すべきだと思って。回して、それろって。ただ、あれをとられてアウトになっても、ベースが隠れていたから(相手捕手の)コリジョンでセーフになると思った。そこまで冷静に見ることはできていた」
     試合では現役時代に「クセ者」と呼ばれたたぐいまれな野球観を若い選手に伝授してきた。
     「自分ができない分、選手たちにはやってもらいたい。三塁に走者が来て、相手の(守備の)タイムがかかってなかったら、(本塁に)『いけ、いけ、いけ』って。そういうのはしょっちゅう言ったね。そういう嫌らしい野球、隙あらばというようなことをやっていくと、選手も覚えてくるから」
    若手に伝えた嫌らしい野球 内野守備コーチとしても、若手選手の成長を感じている。開幕直後に正二塁手の吉川尚が故障で離脱したが、その穴を山本、若林、田中俊の同学年トリオがカバーした。
     「若い選手はチャンスをものにしようと一生懸命頑張った。若いからといってミスに目をつぶるわけにはいかないから、厳しく当たってきたけど、いい時は褒めてあげる。緊張もするだろうけど、野球を覚えてほしいからね。今年はみんなで戦った一年じゃないかな」
     9日からはCS最終ステージが始まる。今季限りでチームの大黒柱の阿部が現役引退するため、元木コーチが「日本一になって胴上げして送ってあげたい」と話すように、最大の目標は7年ぶりの日本一。王者として受けて立つ側だが、どういう戦い方が大事になるか。
     「勢いも大事だし、ミスをしないこと。ミスをしたくないと硬くなるのではなく、攻撃的に、大胆にいきながらミスをしない。短期決戦はエラーをしたら負け。だから、相手のミスにはとことんつけ込む。1センチの傷口を見つけたら、そこからみんなでジワジワ1メートルに広げるようなね」
     ただ、何が起こるか予想がつかないのも短期決戦。「クセ者」と呼ばれた男は、最後は不敵な笑みを浮かべながら、言葉を残した

    「CSはDeNAと阪神どっちがくるか分からないけど、シーズンと同じ戦いをしていてもダメだよね。秘策? シーズンと違うこともあるかもしれないよ」
     ※マジック2で迎えた9月21日の2位・DeNA戦(横浜)は、1点ビハインドで9回の攻撃に突入。相手守護神・山崎の前に簡単に2死とされたが、重信が四球で出塁すると、次打者・若林の打席で二盗を決める。若林も四球で2死一、二塁とすると、続く小林は右前安打。右翼手・梶谷の本塁へのワンバウンド送球を相手捕手が後ろにそらし、土壇場で同点に追いつくと、最後は延長10回に増田大の勝ち越し打で優勝を決めた。
     ◆元木 大介(もとき・だいすけ)1971年12月30日、大阪府生まれ。47歳。上宮高で甲子園に3回出場し、甲子園通算6本塁打は清原(PL学園)の13本に次ぎ、歴代2位タイ。90年ドラフト1位で巨人入り。相手の意表をつく小技、隠し球などの大技も見せ、当時の長嶋監督が「クセ者」と命名した。2005年オフに33歳で現役引退。18年オフに巨人内野守備兼打撃コーチに就任した。選手時代は通算1205試合で打率2割6分2厘、66本塁打、378打点。右投右打。

    【『【巨人】元木コーチの観察眼 CSは「シーズンと違うこともあるかも」』についてTwitterの反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『堀内恒夫氏、阪神がCS進出で「喜んだのは阪神ファンと巨人ファン」』についてTwitterの反応


    堀内 恒夫(ほりうち つねお、1948年1月16日 - )は、山梨県甲府市出身の元プロ野球選手(投手)、監督、政治家。自由民主党所属の前参議院議員(1期)。 読売ジャイアンツのV9時代のエースとして活躍。 山梨県甲府市出身。養蚕業(生糸工場経営者)の家に生まれる。小学生時代に右手人差し指をうどん製
    49キロバイト (6,143 語) - 2019年8月21日 (水) 17:19



    (出典 image.space.rakuten.co.jp)


    堀内恒夫氏、阪神がCS進出で「喜んだのは阪神ファンと巨人ファン」

    プロ野球元巨人監督の堀内恒夫氏(71)が1日、ブログを更新。阪神が広島を抜いて3位に浮上し、2年ぶり8度目のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めたことについて言及した。
     「クライマックスシリーズ進出きましたよ、阪神が。阪神に決まって喜んだのは阪神ファンと巨人ファンじゃないのかね(笑)」とつづった。阪神は5日から2位のDeNAと横浜でCSファーストステージを戦うが、「だってDeNAは阪神に8勝16敗1分けと分が悪すぎでしょ。それと巨人は広島がいないことがどれだけ楽か」と指摘した。
     「いや~~でも阪神が入ってくるとは正直思わなかったよ。勢いもついてるし なんだか面白い戦いになりそうだね」と熱戦を期待していた。

    【特報『堀内恒夫氏、阪神がCS進出で「喜んだのは阪神ファンと巨人ファン」』についてTwitterの反応】の続きを読む

    このページのトップヘ