芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ: 事件  

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    何で死ぬんや 悲しいね『木村花』についてまとめてみた



    何より“魅力的なレスラー”だった。木村花の記憶は笑顔とともに
    悲しみとともに怒りがこみ上げる。なぜこんなことになったのか、こんなことがあっていいはずがない。そんな言葉が何度も何度も口をつく。

     5月23日、人気レスラーの木村花が世を去った。所属団体スターダムが公式に発表している。本人のインスタグラムに「愛してる。楽しく長生きしてね。ごめんね」という投稿があり、たくさんのファンが心配していた。まさにその時に飛び込んできたニュースだった。

     詳細についてはまだ公表されていないが、彼女は恋愛リアリティ番組『テラスハウス』に出演中で、カメラの前での振る舞いが一部の視聴者から批判されていた。いや批判というよりSNSを使っての誹謗中傷、罵詈雑言だ。どうということはない日常のつぶやきにさえ「いなくなればいい」といった言葉が投げつけられた。

     そのことを苦にして彼女は自殺したのだと見られており、すぐにインターネットにはびこる言葉の暴力について、またリアリティショーの問題点についての議論が始まった。木村花という若者の死が、現代の世の中における最悪の部分に一石を投じたのだ。

     だけど彼女は世界をよくするための“石”ではなかった。多くの仲間、ファン、友人から愛された女性であり、将来有望なプロレスラーだった。筆者がこのコラムで書きたいのは、そしてプロレスを知らない人にも伝えたいのは“SNS社会の犠牲者”よりも“向こう10年以上、業界を背負って立つはずだった魅力的なプロレスラー”としての木村花だ。

    【何で死ぬんや 悲しいね『木村花』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【驚愕】 (動画あり) (画像あり) このつずきも見てね! 『サイン盗み』についてまとめてみた


    “メジャーは「サイン盗み」も世界一? 歴史は50年以上、ハイテク化も進行。”. (2019年4月10日)  ^ サイン盗みの歴史とアストロズ。手を替え品を替えた120年間。 ^ 「サイン盗み」とは? センバツで疑惑浮上。習志野が「2塁走者がサイン伝達した」と星稜が抗議 ^ 「サイン盗み」を抗議した監督が悪者に、崩れる高校野球への幻想
    71キロバイト (9,458 語) - 2020年1月10日 (金) 02:44




    【MLB】“サイン盗み”で解任のア軍ヒンチ監督が声明発表 関与を否定「携わってない」
    Full-Count / 2020年1月14日 9時50分
    アストロズがAJ・ヒンチ監督の解雇を発表
    ■「公正性を持って選手とスタッフを導くことは私の責任です」

    【【驚愕】 (動画あり) (画像あり) このつずきも見てね! 『サイン盗み』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【驚愕】 (数億円の残高) (不正所得) (増川遵) (西川昌希)『モーターボート競走法違反』についてまとめてみた


    投票券 (公営競技) (カテゴリ Webarchiveテンプレートのウェイバックリンク)
    投票数が0であった場合は減りうる)、k番目の組み合わせに対する払戻金の総額は以下の通りとなる(競馬施行規則第9条、モーターボート競走法施行規則第28条、自転車競技施行規則第23条、小型自動車競走法施行規則第21条)。Pが0の場合はこの規定は適用されず、後述の「特払い」となる。 払戻金総額:[Wk
    121キロバイト (18,466 語) - 2019年12月14日 (土) 05:20



    モーターボート競走法違反容疑、数年前から多額の出入金 配当受け取り口座に
     昨年7月に大津市で行われたボートレースを巡り、故意に順位を操作した見返りに現金300万円を渡したとして名古屋地検特捜部にモーターボート競走法違反容疑で逮捕された会社員増川遵容疑者(53)=津市=の配当金受け取り用口座に、数年前から多額の出入金が確認されていたことが10日、分かった。

     関係者によると、増川容疑者は舟券をインターネットで購入、配当金も専用口座で受け取っていた。遅くとも2016年以降、口座への多額の入金と出金があり、昨年秋ごろには数億円の残高があった。

     特捜部は増川容疑者と、親族で元ボートレーサーの無職西川昌希容疑者(29)=東京都練馬区=が昨年7月2日に琵琶湖モーターボート競走場で行われた二つのレース以外でも、不正をした可能性があるとみて詳しい経緯を調べている。

     また西川容疑者のスマートフォンには、2人がレース直前に順位操作を打ち合わせるやりとりが残されていた。選手はレース開催前日から、宿舎からの外出や外部との接触を禁じられるが、西川容疑者はスマホを不正に持ち込んでいた。

    【【驚愕】 (数億円の残高) (不正所得) (増川遵) (西川昌希)『モーターボート競走法違反』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【驚愕】 (川島光太容疑者) (殺人未遂) 『コンクリブロックで女性の頭殴る』についてまとめてみた



    コンクリブロックで女性の頭殴る…容疑の36歳男逮捕「いらいらしていた」
     千葉中央署は12日、千葉市の路上で、面識のない女性の頭をコンクリートのブロックで数回殴ったとして、殺人未遂の疑いで、自称千葉県市原市の解体作業員、川島光太容疑者(36)を逮捕した。女性の命に別条はない。

     署によると、川島容疑者は「いらいらしていた」と殴ったことを認めているが、殺意は否認している。女性は帰宅途中で、直前に別れた知人が事件に気が付き、110番。県警が市内で川島容疑者を発見して確保した。

     逮捕容疑は、12日午前0時40分ごろ、千葉市中央区新宿1丁目の路上で、同区の女性会社員(25)の頭をコンクリのブロックで数回殴った疑い。

    【【驚愕】 (川島光太容疑者) (殺人未遂) 『コンクリブロックで女性の頭殴る』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【驚愕】 (靴フェチ) (女性用下着を女性の家に投函) (20代女性がエロ動画を配信) 『エロ事件簿』についてまとめてみた


    アダルトビデオ (エロビデオからのリダイレクト)
    録したのが、AV誕生の歴史である。当時は、女性が一人のみ登場しオナニーの真似をするだけの内容であった。 このアテナ映像の成功を聞きつけ、当時ビニ本(エロ本)の出版社が、撮影方法を真似て後発メーカーが次々誕生した。1984年に素人学生風の女性が出演する『ミス本番・裕美子19歳』(田所裕美子)、『ミス本
    69キロバイト (10,559 語) - 2019年12月23日 (月) 07:38



    2019「エロ事件簿」東スポ的TOP5 動画配信案件からゴム長靴フェチまで

    2019年12月26日 16時00分
     今年もさまざまな凶悪事件や重大疑惑が世を騒がせたが、B級ニュースにこそ人間の本性が現れるもの。そこで2019年を振り返って、東スポが注目のエロ事件をピックアップしてみた。令和になっても性欲が暴走している。
    【5位】慶応大院生がデリヘルで未成年者にわいせつな行為をさせた疑いで逮捕されたニュースがあるかと思えば、客として逮捕された大学生もいた。11月に滋賀県で強盗致傷の疑いで逮捕された20歳の大学生はデリヘルを利用。派遣されてきた女性(58)にサービス料2万円を払ったはいいが、なんとそれを奪って逃走した。
     熟女風俗は急増している。風俗ライターは「高齢化社会であり格差社会でもあるだけに、50代の風俗嬢も多くなっている。以前と比べて風俗嬢がやめなくなったんですよ。“思っていたのと違った”としても受け入れましょう」と嘆息している。
    【4位】70代おじいちゃんの性犯罪が続発した1年だった。12月9日には兵庫県で70歳男が準強制わいせつの疑いで逮捕。同19日には岡山県で78歳男性が17歳の女子高生とみだらな行為をし、裸をデジタルカメラで撮影した疑いで逮捕。同じく19日に兵庫県で女性看護師に睡眠薬のようなものの入ったスープを飲ませてわいせつ行為をしようとしたとして79歳男が捕まった。12月だけでもこれだけあるのだから驚きだ。
    「人生100年時代」は老人の性に向き合わないといけない。
    【3位】アダルト動画配信での摘発も相次いだ1年だったが、特に話題になったのはこれだろう。
     長崎県の小学校職員だった20代女性がエロ動画を配信したとして、わいせつ電磁的記録媒体陳列の容疑で6月に逮捕された。職業もさることながらその美貌に注目が集まった。ついでにいえばHカップかIカップともいわれるほどの巨乳。現在、女性がやっていたツイッターは更新を再開。元気にしているようだ。
    【2位】北海道で女性用下着を女性の家に投函していた50代男が6月に逮捕された。男は郵便局の配達員で配達しながら、狙いを付けた女性の郵便受けに下着を入れていた。ターゲットの女性は配達中に物色。
    「自分があげたパンツを女性にはいてもらいたかった」と動機を供述していた。配達員らしく封筒に住所を書いて切手も貼っていたというから念入りだ。自分で選んだ下着をはいてほしいという強烈な欲望があるとみた。
    【1位】東京都足立区に現れた白いゴム長靴専門の“靴フェチ”のニュースもこだわりのある実に変態らしい事件だった。
     ネットで話題の「変態番付」でも大関入りするなどインパクトは大。5月上旬ごろに逮捕された50代男は会社や学校に忍び込んでは白いゴム長靴を中心に盗み、自宅から270足の長靴が見つかっていた。
    「働く大人が履いた長靴のにおいをかぎたかった」と動機を供述。被害に遭った会社関係者によると、男女の区別なく盗まれたといい、防犯カメラには靴底から使い込み具合を確かめて、よりニオイが強いものを選ぶ男の姿が写っていたという。

    【【驚愕】 (靴フェチ) (女性用下着を女性の家に投函) (20代女性がエロ動画を配信) 『エロ事件簿』についてまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ