芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ: スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    かわいい『村田実果子』についてまとめてみた



    BLACKNAZARENE・村田実果子のグラビアの世界観に惹きつけられる人が続出!
    アイドルグループBLACKNAZARENE(ブラックナザレ)のメンバー・村田実果子さんが、10月13日発売の雑誌「FLASH」のグラビアに登場!オフショットを披露しました。

    村田実果子さんはアイドルグループ「やみつきカンパニー」の元メンバー。グループ解散後にBLACKNAZARENEのメンバーとして活動。同誌では「ゴシック館へようこそ」と題されたグラビアが掲載されました。
    村田さんは13日、Twitterを更新し「本日発売の週刊FLASHに私、村田実果子のグラビア5ページ掲載させてもらいます。表紙に名前載せてもらっているので見つけやすいかと思います!立ち読みせず買ってね。宜しくお願いします。」とコメント。同時に投稿された画像では、自身の世界観が全開のグラビアオフショットが披露されました。

    この投稿を見たファンの方からは「実果子めちゃくちゃかわいいよ」「全てが美しくみとれてしまう」「これは、本当に凄い世界観だわ!」「実果子ちゃんの世界観で溢れてて可愛すぎる」

    【かわいい『村田実果子』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    コロナに負けるな『センバツ出場32校決定』についてまとめてみた



    センバツ出場32校決定、初出場は10校 3月19日開幕 第93回選抜高校野球
     第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が29日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれ、出場32校が決まった。10校が初出場となる。

    <LIVEトップ>センバツ情報をお届け
    【センバツ出場校決定】運命を決めた選考の様子
    <93回センバツ>出場32校は
    <特設サイト>21世紀枠候補校はどこ?
    【歴代21世紀枠出場校】
     21世紀枠は、八戸西(青森)、三島南(静岡)、東播磨(兵庫)、具志川商(沖縄)の4校が選ばれた。いずれも初出場。

     2度の甲子園春夏連覇を果たしている大阪桐蔭や、2019年夏の甲子園8強の仙台育英のほか、52年ぶりの宮崎商(宮崎)や10年ぶりの北海(北海道)も選ばれた。また、秋季東北地区大会で準優勝した公立の柴田(宮城)や、聖カタリナ学園(愛媛)が初のセンバツ切符を手にした。

     組み合わせ抽選会は2月23日。大会は3月19日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。

    【コロナに負けるな『センバツ出場32校決定』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    立派や『井上尚弥』についてまとめてみた



    井上尚弥らがエキシビションを戦うチャリティーイベント、2・11に代々木で開催

    ボクシングのWBAスーパー&IBF統一世界バンタム級王者・井上尚弥(27=大橋)ら新旧世界王者が出場するチャリティーイベント「LEGEND」が2月11日に東京・国立代々木競技場で行われることが21日、都内で発表された。
     イベントではスパーリング形式のエキシビションマッチ3分×3ラウンド6試合程度を予定。井上がスペシャルエキシビションマッチを行うほか、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口絋人(27=ワタナベ)、元WBO世界フライ級王者・木村翔(32=花型)、元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志氏(41)、元3階級制覇王者・八重樫東氏(37)らが参加予定。新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者を支援するチャリティーイベントとなっている。

    【立派や『井上尚弥』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    入れ墨 『井岡一翔』についてまとめてみた



    左腕のタトゥーが露出した状態で試合をしたWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31)について、日本ボクシングコミッション(JBC)は22日、厳重注意処分にしたことを発表した。処分としては最も軽いものとなる。井岡の行く末を案じていた「元祖入れ墨ボクサー」の川崎タツキ氏(48)に率直な思いを聞いた。  
    JBCのルールでは、日本のプロライセンスを持つボクサーで「入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者」は、試合に出場できないと定めている。入れ墨やタトゥーをしている選手は、ファンデーションなどで隠す措置が必要となる。

     井岡は、昨年大みそかに行われた田中恒成との防衛戦の最中、左腕などのタトゥーが露出した状態のまま試合を続行した。何らかの理由でファンデーションがはがれたもので、故意に露出させたのではないとみられていたが、ルールに抵触したのは間違いなく、ネット上などで激しいバッシングを浴びた。

     一方で、タトゥーを禁止すること自体が時代遅れであるという意見や、JBCルールでは外国人選手はタトゥーを隠す必要がないため、ルールそのものの矛盾も指摘されていた。

     今回、JBCは井岡と、所属ジムの木谷卓也会長に、処分の中では最も軽い厳重注意処分を下した。合わせて、現段階では「入れ墨禁止」のルール変更はしない姿勢を示した。

     井岡への処分を人一倍気にしていた人物がいる。元プロボクサーの川崎タツキ氏だ。元暴力団組員、元薬物中毒者という荒れた人生から立ち直り、友人たちからカンパを受けて背中の入れ墨を手術で消し、プロボクサーになった川崎氏。「入れ墨ボクサー」として注目を浴び、日本と東洋太平洋の王座にも挑戦するなどボクシングの聖地・後楽園ホールを沸かせた人気者だった。

     そんな入れ墨ボクサーの「元祖」である川崎氏は、井岡が軽い処分に落ち着いたことについて、開口一番「それは良かった。日本でボクシングができないとか、厳しい話にならずに本当に良かったです」と喜んだ。

    【入れ墨 『井岡一翔』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    決まった『東京五輪』についてまとめてみた



    東京五輪7月23日開幕 パラリンピック8月24日開幕 決定
    新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期になった東京オリンピック・パラリンピックについて、大会組織委員会は30日夜、記者会見し、オリンピックは来年7月23日に開幕する17日間の日程に、パラリンピックは8月24日開幕の13日間の日程に決定したと発表しました

    【決まった『東京五輪』についてまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ