芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:IT > 先端技術

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『Microsoft、Windows 10月のアップデート公開 - 迅速に適用を』


    Internet Explorer (Windows Internet Explorerからのリダイレクト)
    Edgeに置き換えられ、Internet Explorer開発は終了し、マイクロソフトはInternet Explorerを利用しないことを呼びかけている。ただし、互換性維持ため、Internet Explorer 11はWindows 10に引き続き搭載されており、セキュリティアップデート提供も継続されている。
    45キロバイト (5,315 語) - 2019年9月13日 (金) 02:17



    (出典 www.cells.co.jp)


    Microsoft、Windows 10月のアップデート公開 - 迅速に適用を
    United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は10月8日(米国時間)、「Microsoft Releases October 2019 Security Updates|CISA」において、Microsoftのソフトウェアに複数の脆弱性が存在すると伝えた。これら脆弱性を悪用されると、遠隔から攻撃者によって影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性があるとされており注意が必要。

    脆弱性に関する情報は次のページにまとまっている。

    October 2019 Security Updates|Microsoft
    Security update deployment information: October 8, 2019

    脆弱性は次のソフトウェアに存在する。

    Microsoft Windows
    Internet Explorer
    Microsoft Edge (EdgeHTMLベース)
    ChakraCore
    Microsoft Office
    Microsoft Office Services
    Microsoft Office Web Apps
    SQL Server Management Studio
    Open Source Software
    Microsoft Dynamics 365
    Windows Update Assistant

    Microsoftからはこれらの脆弱性を修正する10月のセキュリティ更新プログラムが公開されているので、速やかに適用することが推奨される。サイバー攻撃ではこのように公開された脆弱性が悪用されることが多い。したがって、ベンダーからセキュリティアップデートが提供されたら迅速に適用することが望まれる。

    【特報『Microsoft、Windows 10月のアップデート公開 - 迅速に適用を』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『Excelデータ分析の基本ワザ 第26回 「小計」を使って集計した表を見やすくするには?』


    Microsoft Excel(マイクロソフト・エクセル)は、マイクロソフトがWindows、macOS、iOSおよびAndroid向けに開発・販売している表計算ソフトである。Microsoft Wordとともに、同社のオフィススイート「Microsoft Office」の中核をなすアプリケーションである。
    31キロバイト (3,940 語) - 2019年9月20日 (金) 05:42



    (出典 news.mynavi.jp)


    Excelデータ分析の基本ワザ 第26回 「小計」を使って集計した表を見やすくするには?
    Excelには、項目別の合計などを自動的に集計してくれる「小計」という機能が用意されている。アウトラインも設定される便利な機能であるが、表が少し見にくくなるのが弱点といえる。そこで今回は、「小計」を使って集計した表を見やすくする方法を紹介してみよう。
    ○「小計」機能の使い方

    まずは、「小計」という機能の概要と使い方から紹介していこう。今回も「Tシャツの販売実績」をまとめた表を例に手順を解説していく。

    この表は、各デザインのTシャツについて、それぞれの店舗での販売実績を色やサイズ別にまとめたものとなる。データ分析を行う際は、できるだけ細かく分類したデータを用意しておくのが基本であるが、上図のような状態では「どのデザインのTシャツがよく売れているのか?」を一目で把握しにくい。

    このような場合に活用できるのが「小計」という機能である。「小計」を使うと、指定した項目ごとに、合計などの値を自動算出することが可能となる。具体的な操作手順を解説していこう。

    最初に、「集計の基準」となる項目が連続して配置されるように前処理を行う。今回は、それぞれの「デザイン」についてデータを集計したいので、特に前処理を行わなくても「小計」を利用することが可能だ。

    もしも「集計の基準」とする項目が連続して並んでいなかった場合は、「並べ替え」などの機能を使って「同じ項目」が連続して並ぶように配置しておく必要がある。たとえば、「デザイン」の列を基準に並べ替えを行うと、上図のように「同じデザイン」のデータを連続して配置できるようになる。

    前処理が済んだら「小計」機能を実行する。表内にあるセルを1つだけ選択し、「データ」タブにある「小計」をクリックする。

    すると、以下の図のような設定画面が表示される。まず最初に、「集計の基準」とする列を「グループの基準」に指定する。今回の例では「デザイン」を指定すればよい。

    続いて、「集計の方法」と「集計するフィールド」を指定する。今回は「集計の方法」に合計を指定し、「各店舗」と「計」「売上」の数値を集計(合計)するように指定した。

    「OK」ボタンをクリックすると、デザイン別に数値データを集計した表が作成される。この結果を見比べることで、各デザインの販売実績や売上を比較できるようになる。

    さらに、アウトラインが自動指定されることも「小計」機能の利点といえる。画面左端に表示された「-」ボタンをクリックすると、そのデータを閉じて「集計行」だけを表示することができる。閉じたデータを再表示したいときは「+」ボタンをクリックすればよい。

    データの開閉は「1」「2」「3」のボタンでも実行できる。たとえば、各デザインの「集計行」だけを表示したいときは「2」のボタンをクリックすればよい。

    念のため、各ボタンにより表示される内容をまとめておくと、以下のようになる。

     「1」ボタン・・・・全データの集計(総計)だけを表示
     「2」ボタン・・・・集計行だけを表示
     「3」ボタン・・・・全データを表示

    以上が「小計」機能の基本的な使い方と概要になる。Excelの参考書などにもよく紹介されている機能なので、すでに知っている方も沢山いるだろう。
    ○集計行だけを選択するには?

    このように「小計」機能を使うと、手作業で合計を算出しなくても、すぐに項目別の集計結果を参照できるようになる。アウトラインによりデータを開閉できるため、表をコンパクトに表示できるのも利点の一つといえるだろう。

    しかし、実際のビジネスの現場において「小計」が活用される場面は意外と多くないようである。その一因として考えられるのは、「表が見にくくなること」が原因かもしれない。

    「△△△ 集計」の文字が太字で表示されものの、全体的にメリハリがなく、どうしても数字が羅列された表になってしまう。正直な話、あまり見やすくはない。

    この対応策として「集計行の書式を変更すれば・・・」と考える方もいるだろう。ただし、この操作を行うには少しだけテクニックが必要になる。まずは、間違った操作手順から紹介していこう。

    「2」ボタンをクリックして「集計行」だけを表示する。続いて、「集計行」の範囲を選択し、適当な書式を指定する。

    これで「集計行」に書式を指定できたことになる。念のため、「3」ボタンをクリックして全データを表示してみると・・・、以下の図のような結果になっていることに気付くはずだ。「集計行」だけに書式を指定したつもりが、その間にある「データ行」にも書式が指定されてしまうため、この操作は失敗といえる。これでは見やすい表にならない。

    このように、アウトラインを使ってデータを開閉した場合は、非表示になっている行も選択範囲の対象になる。フィルターでデータを抽出したときのように、「表示されているセル範囲だけに書式を指定」とはいかないのである。

    この問題を解決するには「ジャンプ」機能を利用しなければならない。続いては、正しい操作手順を紹介していこう。

    「2」ボタンをクリックして「集計行」だけを表示し、「集計行」のセル範囲を選択するところまでは前回の操作と同じである。

    ただし、この状態は「間にあるデータ行も選択されている状態」となる。そこで「F5」キーを押して「ジャンプ」ダイアログを開き、「セル選択」ボタンをクリックする。

    以下の図のような画面が表示されるので、「可視セル」を選択して「OK」ボタンをクリックする。

    すると、「非表示になっているセル」が選択範囲の対象から外れ、結果として「集計行」だけを選択できるようになる。あとは、この状態のまま「ホーム」タブで書式を指定するだけだ。

    以上で「集計行」の書式指定は完了。「3」ボタンをクリックして全データを表示してみると、以下の図のように「集計行」だけに書式が指定されていることを確認できる。

    このように、「小計」機能で集計した表を見やすくするには、少しだけテクニックが必要となる。「ジャンプ」を使って選択範囲を限定するテクニックは色々な場面に応用できるので、「小計」機能とあわせて覚えておくとよいだろう。

    【特報『Excelデータ分析の基本ワザ 第26回 「小計」を使って集計した表を見やすくするには?』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『TabletならびにiPadユーザーのための、Wi-Fi接続高速化の新テクノロジーとは…』


    Wi-Fi(ワイファイ)とは、無線LANに関する登録商標である。Wi-Fi Alliance(アメリカ合衆国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称。 オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)で天文
    14キロバイト (1,865 語) - 2019年9月29日 (日) 04:45



    (出典 dime.jp)


    TabletならびにiPadユーザーのための、Wi-Fi接続高速化の新テクノロジーとは…
    (これはまさに天才的発明!)

    TabletやiPadのユーザーにとって嬉しい、高速インターネット接続がお手頃価格で...

    夕方や週末といったピーク時にインターネットの接続速度が遅くなったり、バッファの時間が長引いたりすることはないでしょうか?

    それは、使用しているISP (インターネットサービスプロバイダ) が、接続速度に上限を設定するために起こります。ISP は高い利用料を払う一部の顧客に他のユーザーの「帯域幅」を割り当てて、 速度を遅くすることなくサービスを提供しているのです。

    で も、皆さんが安いプランのインターネット接続サービスを利用している場合はどうなるのでしょうか? 残念ながら、この様に「スロットリング状 態」になる時間帯には、YoutubeやNetflix、スカイプ通話などをスムースに楽しむことは難しくなってしまいます。

    不公平だと思いませんか?

    しかし、近頃 このようなWi-Fiに関する多くのイライラを解決してくれる、新しいデバイスが発表されました!
    インターネットの遅さを解決する大発明!

    これは、リトアニア国内で有数の規模を誇るインターネットプロバイダの元エンジニアによって考案されたも のです。彼はインターネットプロバイダが接続速度を遅くしている事実に辟易していました。ユーザーは、実際に支払っている利用料のほんのわずかな分の接続 速度しか割り当てられていないという現実...
    それにどうしても納得できなかったのです。
    そこで、彼は新しいデバイスを開発して ISPの スロットリングを バイパス処理させることに成功したのです。 そして同時に、 既存の家庭Wi-Fi の 範囲 や 速度 の 大幅な 改善も実現しました。また何よりも、このデバイスはシンプルな作りであるため、テクノロジーに対する知識が ない人でも使うことができるのです。
    彼はこのデバイスを「WifiBooster」と名付けました。
    では、実際にはどのような仕組みになっているのでしょうか?

    難しい事を抜きに説明すると、 ここで問題となっているのは、すでに触れた通り、ISPから割り当てられる安いルーターにあります...
    シグナルが弱く、速度を大幅に落とさずに壁を通り抜けることができないわけです。複数のデバイスや多様な使用環境にも対応できません。
    結果としてWi-Fiのシグナルは弱く、家の中にあるWi-Fiの死角にも影響を受けてしまうことになるのです...
    しかし、WifiBoosterのデバイスを電源に差し込むだけで全ては解決します。WifiBoosterの効果をこちらでご覧ください:

    WifiBooster は基本的に 最新のルーターが2つと、 さらに強力なアンプが1つのコンパクトサイズの本体に内蔵されています。

    既存のWi-Fiシグナルを受信してブーストさせ、大幅に拡張されたWi-Fiシグナルを コンクリートの壁や階上・階下、 鉄の支柱なども通して何の問題も無く発信します!

    同時に、 このデバイスはISPに送るデータ利用情報をブロックします。そのため 先ほど触れた 送信速度スロットリング が全く起こり得なくなるのです!

    簡単に言えば これまでよりも格段に速くて強いインターネット接続を手に入れることができるのです。ピークの時間帯や、家の中にこれまで存在したWi-Fiの死角も関係なし。
    WifiBoosterの電源をつないだ途端に、インターネットの速度が上がったことを見て取ることができます。 ただ今、たったの$49 (以前は$99.99)という、超お買い得価格でご提供中。リトアニア国内にお住いのお客様には 発送は数日以内。
    使用した感想
    専門誌は「過去最高のシグナル受信強度」と絶賛すでにある程度の速さを誇るWi-Fiでさえも、さらに速く!

    以 下のテストでは、Wi-Fiシグナル強度は壁をはさんでわずか24メガビットでした。これはHD(高画質)でYoutubeビデオをデバイス数個で同時視 聴するのにちょうどいい数値です。それが、10個のデバイスが同時に4Kの画質でYoutubeを楽しめる70メガビットにまで拡張されました!
    デバイスの使い方は本当にいたってシンプルです。 基本的には、電源に差し込むだけです!
    Wifi Boosterの特徴
    あらゆるインターネット接続プロバイダもしくはルーターに対応
    周波数は2.4ギガヘルツ
    最大300Mbpsという大容量通信速度、全てのアプリに対応、 LAN RJ45接続
    簡単インストール
    現在お使いのルーター同様、効率的かつ発熱を抑えたインターフェイス
    インストール用CDは必要なし
    全世界対応仕様
    WifiBoosterはこんな方へおススメ:
    Wi-Fiのシグナルは最大であるにもかかわらずインターネットが遅い
    部屋を出るとWi-Fiの速度が遅くなる
    SkypeやFacetimeの送受信クオリティが低い
    自宅内にWi-Fiの「死角」が存在する
    家の中にレンガやコンクリートの壁がある
    動画をストリーミングで視聴するとバッファが起きる
    ダウンロードやアップロードに時間がかかり過ぎる
    ただ今、Wifi Boosterを定価から50%引きの特別価格でお買い求めいただけます。 高速アダプターを複数お買い上げいただくと、さらに割引が適用され ます。 ご好評をいただいているため、発送に時間がかかる場合があります。オーダーをする前にあらかじめ在庫状況をお確かめください。
    商品購入の流れ
    ただ今、Wifi Boosterを定価から50%引きの特別価格でお買い求めいただけます。
    1) 公式サイトからWifi Boosterをご注文ください。
    2) Wifi Boosterを電源につないで簡単な初期設定を開始
    3) 高速インターネットをお楽しみください
    とても簡単!


    【特報『TabletならびにiPadユーザーのための、Wi-Fi接続高速化の新テクノロジーとは…』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『アマゾンの顔認識』についてTwitterの反応


    アマゾンの顔認識技術は、いまや「恐怖」の表情まで識別できる|WIRED.jp - WIRED.jp
    アマゾンのクラウド部門であるアマゾン ウェブ サービス(AWS)の顔認識ソフトウェア「Amazon Rekognition」が、認識対象の表情から「恐れ」を検知できるようになった。
    (出典:WIRED.jp)


    Amazon.com (アマゾン・コムからのリダイレクト)
    Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で
    54キロバイト (7,150 語) - 2019年8月23日 (金) 16:46



    (出典 corporate-tech-blog-wp.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    アマゾンの顔認識、人の感情を読み取る技術が向上 新たに「恐れ」の検出可能に

    米アマゾン・ドット・コムは先ごろ、クラウドサービス事業の一環として開発と販売を行っている「レコグニション(Rekognition)」について、分析機能の精度と機能が向上したことを明らかにした。

    「性別」「年齢範囲」の精度を向上
     これは、静止画像や動画を分析して人物の顔を認識・検出する技術。アマゾンはクラウドサービスの1つとして開発者らに提供している。

     この技術では検出した顔をもとに、さまざまな種類のデータを生成することができる。例えば「性別」や「年齢範囲」「感情」「“笑顔”などの表情属性」「顔のランドマーク」(各部位の位置データ)などだ。

     アマゾンはこのほど、これらの技術を向上させた。とりわけ性別と年齢範囲の精度を高めたと説明している。このうち、年齢の推定では、すべての年齢層で、より狭い範囲に絞り込むことが可能になったという。

    8つの感情を検出
     また、これまで提供していた7つの感情分類の精度も向上させた。7つとは「幸せ」「悲しみ」「怒り」「驚き」「嫌気・嫌悪」「落ち着き」「困惑」。今回、新たに「恐れ・不安」も検出できるようになったとしている。

     人間の感情をロボットが理解する技術は長い間、SF小説の域を出ないものと考えられてきた。しかしマシンラーニング(機械学習)や画像・映像・音声認識の進歩により、技術は現実のものになりつつある。


     現在は米マイクロソフトや米グーグル、米IBMといった他のテクノロジー企業も、画像や音声データから人間の感情の状態を導き出す技術の研究開発を行っている。

    国や文化で異なる感情表現
     しかし、今の技術には不完全な点が多くあると指摘する専門家もいると米CNBCは報じている。顔の表情と感情には関連性があることは分かっているものの、人々の感情の伝え方は国や文化、状況によって異なると指摘している。

     似通った表情であっても、それらは必ずしもある1つの感情を示すとは限らない。笑顔だからといって「幸せ」と断定することはできず、しかめっ面を「怒り」の感情と言い切ることもできないと、専門家は話している。

    テクノロジーの発展と人権
     アマゾンのクラウドサービスを利用する開発者が、この技術を使って具体的にどのようなサービスを提供しようと考えているのかは分からない。ただ、アマゾンについては利用者の感情を理解できる、より人間に近いAIアシスタントを開発していると伝えられている。

     一方で、こうした技術が人権侵害やプライバシー侵害を助長するといった懸念の声が上がっている。人権擁護団「アメリカ自由人権協会(ACLU)」は昨年、フロリダ州の警察がアマゾンのレコグニションを利用していると非難していた。同社が米移民税関捜査局(ICE)にレコグニションの売り込みをかけていることを問題視する議員もいる。

     アマゾンのような顔認識技術の提唱者は、「犯罪容疑者や行方不明児童などの特定を容易にすることは公共の利益につながる」と主張する。一方で、人権擁護団体などは、「技術がいとも簡単に乱用され、市民のプライバシーや特定の人種や市民運動家などの言論の自由と活動の権利を侵害する」と主張している。

    【特報『アマゾンの顔認識』についてTwitterの反応】の続きを読む

    このページのトップヘ