芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ: 悩み 女性

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『体だけ求められる関係にうんざり。不倫から卒業した女性の体験談』


    荻野目は連続して二人の映画監督とのあいだで不倫スキャンダルを起こしている。初めの不倫は1990年(平成2年)、25歳の時。不倫関係にあった当時43歳の映画監督、河合義隆が、荻野目の留守中に荻野目の自宅で首吊り自殺し話題となった。そのおよそ一年後、今度は出演映画の監督で、34歳年上であったバイオレンス映画の巨匠、深作欣二と不倫
    23キロバイト (2,636 語) - 2019年8月7日 (水) 14:20



    (出典 cdn.dears.media)


    体だけ求められる関係にうんざり。不倫から卒業した女性の体験談

    既婚者の男性と肉体関係を持つ不倫。幸せにはなれないとわかっていても、「好きになったのなら仕方がない」と腹をくくっていましたが、現実では体にしか価値を感じてもらえない日々に虚しさを覚えます。そんな彼女が「好きでも別れるしかない」と決意し、不毛な関係から抜け出せた理由とは。
    「好きになったのがたまたま既婚者だっただけ」
    35歳のある女性は、派遣社員として入った会社である既婚男性と知り合いました。上司にあたるその男性は、期間限定で働く彼女に親身になって仕事を教えてくれて、何かと気にかけてくれることが多かったといいます。

    「いま思えば、最初からそれが目的であんなに優しかったのかも」

    と彼女は振り返りますが、そのときは左手に結婚指輪をはめているこの男性を見て「既婚者ならおかしな関係になることもないし、逆に気軽に話せる」と思っていたそうです。期間の決まった勤めであっても、派遣社員が自分だけの環境で、助けてくれる彼の存在はありがたく、質問にもきちんと答えてくれるのが頼れるところでした。

    不倫関係になるなど想像もしていなかった彼女ですが、きっかけはランチに誘われるようになったこと。普段はお弁当を持参する彼女が、作れなかった日にコンビニで買ってくる様子を見て、男性が「コンビニ弁当じゃ体に悪い。お弁当がない日は俺と食べに行かない?」と誘ってくれたそうです。

    男性のほうは、「妻が病気がち」だそうでお弁当を持ってくることはありませんでした。「俺もコンビニばかりだから、一緒に食べてくれる人がいると助かる」という言葉を彼女は鵜呑みにし、声をかけられるままに一緒に過ごす時間が増えていきます。

    「上司だし、ふたりで食べに行くとか大丈夫かなと思ったけど、彼が『派遣で来てくれた人にそこまでうるさく言わないよ』と言ってくれて、この人がそう言うならって信じちゃったんだよね」

    と、彼女は悔しそうに言っていました。

    それから、ふたりの距離はどんどん近づいていきます。会社を離れれば仕事以外の話題も増え、男性はパートで働く奥さんとふたりで暮らしていること、結婚して10年以上になるけど子どもができずにもう諦めていることなど、家庭のこともたくさん話してくれたそうです。

    既婚男性の口から語られる結婚生活は、独身の彼女にとっては新鮮なものでした。

    「そのとき『妻はあまり体が丈夫でないから、寝室は別』って繰り返していて、つい『寂しいですね』って言ったのよね、私。
    そうしたら『そうなんだよ、だから君みたいなキレイな女性とこうしてご飯が食べられて、いい刺激になってる』って笑いながら言われて、それを真に受けたの」

    と、彼女はそのときを振り返ります。「かわいい」「頭がいい」「仕事が早い」など、何かと自分を褒めてくれることは、彼女にとって心地よいものでした。そしてそれが、彼女が男性に対し急速に心を開いていく理由にもなりました。

    気がつけば、彼女はこの既婚男性のことを好きになっていました。仕事中もふたりでランチに出かけるときも、常に自分に気を配って優しい言葉をかけてくれる男性の姿が、恋しいものとして彼女の胸を占めます。

    「彼は既婚者であって、家には体の弱い奥さんがいて、私はただの派遣社員。それはわかっているけど、彼が向けてくれる笑顔はいつもあたたかくて、特別な感じがする。もっと近づきたいし、彼にとって大きな存在になりたい」

    こんな願望を自覚してから、彼女は

    「“好きになったのがたまたま既婚者だっただけ。仕方がない”と腹をくくったの」

    と、つらい片想いに身を投じる決心をします。そこには、男性とは派遣期間中だけのつながりだから、という気楽さもありました

    体だけ必要とされる現実
    既婚者の彼とは、部署の飲み会があった日、二次会が終わったあとでホテルに誘われ、あっさりと肉体関係を持ちます。

    「私の気持ちはバレバレだっただろうし、彼もその気があるのは何となく伝わっていたから。飲み会に参加したのも彼とそうなるチャンスかなと思っていたし、酔ったふりをしたらすぐにホテルに誘われたのよ」

    男性の言葉を信じるなら、「女性とこうなるのは妻以外では君が初めて」と言う彼は、文字通り貪るように彼女の体を抱きます。しばらく彼氏がいなかった彼女にとっても、久しぶりの快感は刺激が強く、「帰る気が起きなくて泊まってしまい、次の日の朝も求められた」そうです。

    それから、ふたりの不倫関係が始まりました。今までと景色は一変し、会社では彼の姿はひときわ眩しく見え、早くふたりきりになりたい気持ちを抑えながら彼女は仕事をしていました。彼から通りすがりにこっそり渡されたメモに「今夜、20時に」とあれば、それから夢見心地で過ごして時間を待ち、ホテルになだれ込んだあとは食らいつくすようなセックスを楽しんでいました。

    「でも、ある日気がついたのよね、“そういえばホテルしか行かないな”って。会社のお昼にランチは行くけど、夜は会えばホテルに直行で、出るときはもう時間が遅いからそのままバイバイして。

    で、彼に
    『たまには食事も行きたいな』
    と言ったら
    『食事してからホテルに行っていたら、時間がなくなるよ』
    と返されて、“あれ?”ってなって。
    “え、セックスが目的なの?”って」

    その最初の違和感は、それから少しずつ彼女を苦しめるようになります。休日は会えないから平日の夜だけ、ふたりきりで過ごせる貴重な時間だけど、ひたすらホテルでセックスしかしない日々。おしゃれなお店にご飯を食べに行くこともなければ、ドライブのような恋人らしいデートもない。

    「待ち合わせはいつもコンビニの駐車場なんだけど、ホテルに行く前にご飯を済ませておかないと、会っているときにお腹が空くのね。
    だからおにぎりを買ってクルマで食べていたら、何だか虚しくなってきて。
    『好きだよ』とは行為の最中に何度か言われるけど、それってセックスだけじゃない?
    体しか求められないって、私は彼の何なんだろうとか考えちゃって」

    彼女にこう言われたとき、

    「それが不倫だよね。既婚者が独身の女性に手を出すって体が目的だろうし、本当にあなたのことが好きなら奥さんと離婚するでしょう?」

    と返すしかありませんでした。

    彼女に対して恋心があるのなら、セックス以外の時間も作るだろうし、奥さんと離婚する選択を考えるのが筋を通すこと。それをせず、ただ欲望を満たすために彼女に「好きだ」と吐けるのが、不倫を続ける男性の本音です。

    セックスをする前は、彼女が喜ぶ言葉や態度を見せて気分を良くし、自分もその気があるように振る舞う既婚男性のやり方はよく耳にします。そしていざ肉体関係を持ってからは、それをメインにした時間しか持とうとしないのも、誠意のなさのあらわれ。

    派遣社員ならば期間限定だからいずれ会社を去る、だから隠れて不倫関係を持っても自分にダメージはないだろう。男性がここまで考えていたかはわかりませんが、話を聞いていればそんな邪推も簡単にできます。彼女が期間満了になれば、会社を離れて「もっと安全に」不倫を続けられる。そんな既婚男性の都合のよさが伝わるようでした。

    それが現実なのだと、彼女は第三者に言われて改めて気が付きます。

    【特報『体だけ求められる関係にうんざり。不倫から卒業した女性の体験談』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『セフレについてたくさん考えてみた』


    セックスフレンドは、セックス(性交)を楽しむことを目的に交際している男女(または同性)の関係を指す俗語。略称は、セフレ。英語でのスラングは fuck buddy(ファックバディ)。 1970年に、『セックス・フレンド』という小説が刊行されていて、同語は1990年代にはほぼ浸透していたとされる。それを
    1キロバイト (101 語) - 2019年3月16日 (土) 06:37



    (出典 cdn.otona.howcollect.jp)


    セフレについてたくさん考えてみた

    セフレ(セックスフレンド)について、AV男優の僕がいろいろ考えたことを綴ります。セフレを作ることを推奨するつもりはないけれど、僕自身はセフレの存在に救われてきたなあと思うのです。

    「セフレ」というのは、僕の大学生時代(90年代)に世の中へと定着していった言葉ですが、主に男性側の口から出てくる種の言葉でした。「セフレがいる」と公言する男性はいれど、同じことを堂々と口にする女性は当時あまり見かけませんでした。

    時代とともに世の中は変わっていきます。最近は、セフレとのエピソードをテレビ番組やネット動画の中であっけらかんと語る女性を目にする機会が増えました。90年代当時はまだ「セフレがいる人への嫌悪感」というものが世の中に漂っていたのですが、2010年代になるとそういう風潮がだいぶ薄れてきた気がします。「セフレ」がひとつの性文化として社会に認知されたのかもしれません。
    ■セックスにまつわる諸問題を解決するセフレ
    なぜセフレをつくるのか。シンプルに考えると、満足感あふれるセックスを「外」に求めたからでしょう。恋人とのセックスで充分な満足感を得られるのであればセフレの必要性などないかもしれませんが、「好きな相手とのセックスが一番きもちいい」とは限りません。

    セックスには相性というものがあり、「自分が求める至上のセックス」と「相手が求める至上のセックス」は合致しないことが多いです。キスが合わない。前戯が合わない。挿入感が合わない。性癖が合わない。どこかに違和感を感じていると、セックスにおいて100%の満足感を得ることができません。

    また、「性欲量の差」問題というのもあります。人間というのは人それぞれ持っている性欲の量が異なります。毎日したいという人もいれば、月に一度だけまったり愛し合いたいという人も。中にはキスやハグは好きだけどセックスは嫌いって人もいます。自分のしたい回数に恋人の性欲量が追いついてないと、積もり積もって不満がたまっていきます。

    それらをすべて解決してくれるのがセフレという存在です。セフレとの情事でバランスをとることによって、「恋人との性の不一致」で生じたストレスが緩和されるのです。
    ■セフレとは気張らない付き合いができる
    「恋愛感情の無い相手とのセックスなんて不毛だ」

    世の中は僕みたいなだらしのない人間ばかりではないので、こういった意見ももちろん出てくるでしょう。

    今回のこのコラムは皆に「セフレを作ること」を推奨するものではありません。人それぞれ恋愛観やセックス観が異なるのもわかっています。性に対して潔癖な人には理解できないコラムとなるので、そういった方はここらで読むのをやめた方がいいでしょう。

    セックスフレンドのような「恋愛感情を持たないセックスパートナー」にはいくつかの利点があります。一番大きな利点は、恋人に対して抱きがちな「よく思われたい」や「嫌われたくない」といった気負いを、セフレ相手だとまるっきり捨てて付き合うことができるという点です。

    気が張らない付き合い方ができるため、普通の恋愛関係よりも精神的な負担が軽いと言えます。セフレには恋愛感情を持ってないぶん執着心も抱かないため、「最悪、関係が終わってもいいや」と背伸びせず付き合える訳です。恋人は作らずセフレだけ抱えている男性や女性がいますが、こういうのも理由のひとつだと思います。恋愛していると生じてくる「面倒な部分」を敬遠したいという人、けっこうな数います。

    仕事や人間関係で疲れているときなんかは「等身大の自分で気楽に遊ぶ」ことが大きな癒しになる場合があります。のびのびと快楽だけに集中できて、爽快感のあるセックスをする。そうすれば抱えていた心や体の疲れもデトックスされて……僕自身はこれに何度助けられたか。
    ■セフレとは「互いに恋愛感情を抱かない」を守りたい
    他には、自己肯定感が高まるという利点も。身も蓋もない話かもしれませんが、「他者とセックス行為が許容される関係性を築くこと」によって、自分の中の自己肯定感が多少なりとも高まるところがありまして。

    セフレを作っている女性に対して、同性(セフレを作らない派の女性)が「承認欲求を得るためにセックスをしてはダメ」という意見を提示するのをよく見かけるのですが、完全に余計なお世話かなと。「お互いに恋愛感情を抱いてない」という大前提を守ってさえいれば、セックスによって生じる自己肯定を享受してもいいのでは? 僕はそう思います。

    相手のことをすごく好きなのに、向こうサイドからはなんとも思われてない……そういった一方通行の恋愛感情を持った性的関係は、厳密に言うとセックスフレンドとは言えません。“セフレを作らない派の女性”らが危惧していたのはここらへんでしょう。一方通行の恋愛感情を持ったままセックスをすると、その温度差にやられ、心に虚しさが残ります。“虚しさ”が積み重なっていくと“病み”へと転化していく。

    僕も過去に何度か経験しましたが、こういう事態に陥ったときは思い切って関係をシャットダウンするのが一番かなと。虚しさが積み重なっていく前に自分の負の感情を察知し、相手の連絡先を携帯から思い切って消去しましょう。しばらくはモヤモヤした気持ちが続きますが、時の流れが必ず感情を風化させてくれます。精神的に対等なパワーバランスの上で成り立たせるのが一番望ましいセフレ関係です。
    ■セフレとは「対等な関係性」を大事にしたい
    「性癖の引き出しを増やせる」のもセフレの利点です。自分が試してみたいプレイを提案したり、逆にパートナー側から提案されたり。恋人には言い出しづらいこと(または趣向が合わず拒否されたこと)を遠慮のいらない関係性であるセフレに提案するのもひとつの手と言えます。

    パートナーから提案を受けた場合、余程の抵抗がなければ「まず一回やってみる」精神で、それを一度は試すことをおすすめします。実際、僕自身がまったく興味を持てなかったプレイでも、相手に言われるがままいざ試してみたら、結果すごく興奮できてツボにはまった、というパターンが過去にいくつかありました(相互目隠しプレイや首絞め首絞められプレイなど)。

    逆にまったくハマらなかったのもありましたが、そういったものは次から拒否すればいいだけの話です。僕の中での「セフレから提案されて実際やってみたら全然ハマらなかった案件」の第1位は、僕が「ワン」しか発せない犬コロに扮して、擬似犬(僕)と交尾をしたいというヴァーチャル獣姦プレイでした。アラフォーにもなって「ワンワン」鳴きながら腰振るのはさすがに恥ずかしすぎてきつかった。人間を40年もやってると急に犬になんて慣れっこないっす。

    先に述べた、対等なパワーバランスであることが大前提なのも、こういうときに重要となってきます。嫌なものは嫌と拒否できる対等な関係性がないと、無理をして相手の要望を聞き入れることになり、いずれ自分の側にだけ精神的なほころびが生じてきます。「好きだから言うことを聞く」。これは長期的な視点でみるとまったくの悪手です。無理はしないに越したことないのです。

    【特報 『セフレについてたくさん考えてみた』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『「2人目を産もう」と心底思えるタイミングなんて来ない【母でも妻でも、私』



    (出典 scdn.line-apps.com)


    「2人目を産もう」と心底思えるタイミングなんて来ない【母でも妻でも、私
    息子はそろそろ2歳。ほどよい年齢差の兄弟姉妹を持つには、ちょっと遅いくらいの妊娠タイミングがやってきています。でも、頭で考えたら、ふたり目なんて全然ぴんとこない。はじめて子どもを妊娠する前と、似たようなことを考えています。

    息子はそろそろ2歳。ほどよい年齢差の兄弟姉妹を持つには、ちょっと遅いくらいの妊娠タイミングがやってきています。でも、頭で考えたら、ふたり目なんて全然ぴんとこない。はじめて子どもを妊娠する前と、似たようなことを考えています。

    2歳差なら、まとめて育児を済ませられる
    2歳差の兄弟姉妹を持つには、1人目が1歳前後のときに妊娠する必要がある。

    でも、そのころの赤ちゃんなんて、死ぬほど手がかかる。活動量が増えているぶん、生まれたばかりのときより目が離せない。「そんな状況で夫婦生活なんて復活しない」と、多くのママ友が言う。

    そもそも、授乳中はホルモンの影響で排卵が止まっているケースもある。

    双子を産んだ友達が、年子で3人目を授かったと聞いたときは、本当に感服した。

    年子や2歳差のメリットは、なんといっても育児をまとめて終わらせられること。
    「毎日が戦争のように大変だけど、その時期は一瞬で過ぎる」と先輩方は言う。乳児期の育児アイテムやお洋服を処分する間もなく、2回目の使用タイミングがやってくるのも効率的。

    会社員の友達は「1人目の育休から明けて、復帰半年くらいで2人目の産休に入るのが理想。復帰1年が経つと本格的にプロジェクトも担当するし、逆にみなさんにご迷惑をかけてしまうから」と言っていた。

    そして、そのとおりに2歳差兄弟を出産して、二度目の育休中。たしかに会社を休むなら、不在期間をまとめたほうがやりやすそうだと思う。

    【特報『「2人目を産もう」と心底思えるタイミングなんて来ない【母でも妻でも、私』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『せいじ、妻との関係修復明かす「機嫌いい。きょう一緒に墓参り行く」 5月に不倫報道』


    千原 せいじ(ちはら せいじ、1970年1月25日 - )は、日本のお笑いタレント、実業家。お笑いコンビ千原兄弟のツッコミを担当。本名および旧芸名は千原 靖史(ちはら せいじ)。身長181cm、体重75kg。京都府福知山市出身。吉本興業所属。 福知山商業高等学校(現・福知山成美高等学校)卒業。NSC
    14キロバイト (1,610 語) - 2019年10月15日 (火) 08:13



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    せいじ、妻との関係修復明かす「機嫌いい。きょう一緒に墓参り行く」 5月に不倫報道

    タレント・千原せいじが31日、読売テレビ「あさパラ!」に出演した。番組では平松愛理の大ヒット曲「部屋とYャツと私」の続編「部屋とYシャツと私~あれから~」が発売された話題に。
     結婚生活を経て妻の心情の変化が分かる歌詞だが、MCのハイヒール・リンゴから「せいじの奥さんなんかも結婚してこういう風に…」と振る途中で、「あっ、せいじ、もっといろんなことあったもんな」と言い換えた。
     5月に『カレーライス不倫』が報じられたせいじは、笑いが起こる中、リンゴに視線を送って静かにうなずいた後「やっと落ち着いてきたんやから。ええがな、もう」と制止。「(妻は)機嫌ようしてはんねん。きょうもこの後、一緒に墓参り行くねん」と関係が修復していることを明かした。

    【特報『せいじ、妻との関係修復明かす「機嫌いい。きょう一緒に墓参り行く」 5月に不倫報道』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『長谷川京子 鍛え上げた美背中披露 太眉&赤リップでベストジーニスト』


    長谷川京子 鍛え上げた美背中披露 太眉&赤リップでベストジーニスト 長谷川京子 鍛え上げた美背中披露 太眉&赤リップでベストジーニスト
    …名人に贈られる「第36回ベストジーニスト賞」が15日、発表され、女優・長谷川京子(41)が『協議会選出部門』で選出された。 長谷川は背中を全開露出した…
    (出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))


    長谷川 京子(はせがわ きょうこ、1978年7月22日 - )は、日本のファッションモデル、女優、タレント。千葉県出身。レプロエンタテインメント所属。夫はポルノグラフィティ・新藤晴一。 愛称はハセキョー、ハセキョン、京ちゃん。ファッション雑誌のモデル時代は人気ぶりが社会現象にもなり「はせきょー現象」という言葉も生まれた。
    20キロバイト (2,227 語) - 2019年10月15日 (火) 12:29



    (出典 www.dailyshincho.com)


    長谷川京子 鍛え上げた美背中披露 太眉&赤リップでベストジーニスト

    ジーンズが最も似合う有名人に贈られる「第36回ベストジーニスト賞」が15日、発表され、女優・長谷川京子(41)が『協議会選出部門』で選出された。
     長谷川は背中を全開露出した下着のような黒いトップスに、デニムを合わせ、足元は高いヒールのサンダルというスタイル。日頃から体を鍛えているとあり、引き締まった美しい背中を惜しげもなく披露した。
     黒くしっかり描いた太眉、赤みを帯びたリップも印象的だった。
     長谷川は「ポルノグラフィティ」のギタリスト、新藤晴一との間に2009年5月に第1子男児を、12年1月に第2子女児を出産。「娘からは『ママ、クールだね』『ママ、セクシーだね』って言われます」と子供にファッションを褒められることを笑顔で語った。
     長谷川の色香には、同じく協議会-で選出されたタレント・出川哲朗(55)もクラクラ。退場時にはマイクを長谷川の背中に向けてイタズラするそぶりで、笑わせていた。

    【特報『長谷川京子 鍛え上げた美背中披露 太眉&赤リップでベストジーニスト』】の続きを読む

    このページのトップヘ