芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:悩み 女性 > 浮気

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『体だけ求められる関係にうんざり。不倫から卒業した女性の体験談』


    荻野目は連続して二人の映画監督とのあいだで不倫スキャンダルを起こしている。初めの不倫は1990年(平成2年)、25歳の時。不倫関係にあった当時43歳の映画監督、河合義隆が、荻野目の留守中に荻野目の自宅で首吊り自殺し話題となった。そのおよそ一年後、今度は出演映画の監督で、34歳年上であったバイオレンス映画の巨匠、深作欣二と不倫
    23キロバイト (2,636 語) - 2019年8月7日 (水) 14:20



    (出典 cdn.dears.media)


    体だけ求められる関係にうんざり。不倫から卒業した女性の体験談

    既婚者の男性と肉体関係を持つ不倫。幸せにはなれないとわかっていても、「好きになったのなら仕方がない」と腹をくくっていましたが、現実では体にしか価値を感じてもらえない日々に虚しさを覚えます。そんな彼女が「好きでも別れるしかない」と決意し、不毛な関係から抜け出せた理由とは。
    「好きになったのがたまたま既婚者だっただけ」
    35歳のある女性は、派遣社員として入った会社である既婚男性と知り合いました。上司にあたるその男性は、期間限定で働く彼女に親身になって仕事を教えてくれて、何かと気にかけてくれることが多かったといいます。

    「いま思えば、最初からそれが目的であんなに優しかったのかも」

    と彼女は振り返りますが、そのときは左手に結婚指輪をはめているこの男性を見て「既婚者ならおかしな関係になることもないし、逆に気軽に話せる」と思っていたそうです。期間の決まった勤めであっても、派遣社員が自分だけの環境で、助けてくれる彼の存在はありがたく、質問にもきちんと答えてくれるのが頼れるところでした。

    不倫関係になるなど想像もしていなかった彼女ですが、きっかけはランチに誘われるようになったこと。普段はお弁当を持参する彼女が、作れなかった日にコンビニで買ってくる様子を見て、男性が「コンビニ弁当じゃ体に悪い。お弁当がない日は俺と食べに行かない?」と誘ってくれたそうです。

    男性のほうは、「妻が病気がち」だそうでお弁当を持ってくることはありませんでした。「俺もコンビニばかりだから、一緒に食べてくれる人がいると助かる」という言葉を彼女は鵜呑みにし、声をかけられるままに一緒に過ごす時間が増えていきます。

    「上司だし、ふたりで食べに行くとか大丈夫かなと思ったけど、彼が『派遣で来てくれた人にそこまでうるさく言わないよ』と言ってくれて、この人がそう言うならって信じちゃったんだよね」

    と、彼女は悔しそうに言っていました。

    それから、ふたりの距離はどんどん近づいていきます。会社を離れれば仕事以外の話題も増え、男性はパートで働く奥さんとふたりで暮らしていること、結婚して10年以上になるけど子どもができずにもう諦めていることなど、家庭のこともたくさん話してくれたそうです。

    既婚男性の口から語られる結婚生活は、独身の彼女にとっては新鮮なものでした。

    「そのとき『妻はあまり体が丈夫でないから、寝室は別』って繰り返していて、つい『寂しいですね』って言ったのよね、私。
    そうしたら『そうなんだよ、だから君みたいなキレイな女性とこうしてご飯が食べられて、いい刺激になってる』って笑いながら言われて、それを真に受けたの」

    と、彼女はそのときを振り返ります。「かわいい」「頭がいい」「仕事が早い」など、何かと自分を褒めてくれることは、彼女にとって心地よいものでした。そしてそれが、彼女が男性に対し急速に心を開いていく理由にもなりました。

    気がつけば、彼女はこの既婚男性のことを好きになっていました。仕事中もふたりでランチに出かけるときも、常に自分に気を配って優しい言葉をかけてくれる男性の姿が、恋しいものとして彼女の胸を占めます。

    「彼は既婚者であって、家には体の弱い奥さんがいて、私はただの派遣社員。それはわかっているけど、彼が向けてくれる笑顔はいつもあたたかくて、特別な感じがする。もっと近づきたいし、彼にとって大きな存在になりたい」

    こんな願望を自覚してから、彼女は

    「“好きになったのがたまたま既婚者だっただけ。仕方がない”と腹をくくったの」

    と、つらい片想いに身を投じる決心をします。そこには、男性とは派遣期間中だけのつながりだから、という気楽さもありました

    体だけ必要とされる現実
    既婚者の彼とは、部署の飲み会があった日、二次会が終わったあとでホテルに誘われ、あっさりと肉体関係を持ちます。

    「私の気持ちはバレバレだっただろうし、彼もその気があるのは何となく伝わっていたから。飲み会に参加したのも彼とそうなるチャンスかなと思っていたし、酔ったふりをしたらすぐにホテルに誘われたのよ」

    男性の言葉を信じるなら、「女性とこうなるのは妻以外では君が初めて」と言う彼は、文字通り貪るように彼女の体を抱きます。しばらく彼氏がいなかった彼女にとっても、久しぶりの快感は刺激が強く、「帰る気が起きなくて泊まってしまい、次の日の朝も求められた」そうです。

    それから、ふたりの不倫関係が始まりました。今までと景色は一変し、会社では彼の姿はひときわ眩しく見え、早くふたりきりになりたい気持ちを抑えながら彼女は仕事をしていました。彼から通りすがりにこっそり渡されたメモに「今夜、20時に」とあれば、それから夢見心地で過ごして時間を待ち、ホテルになだれ込んだあとは食らいつくすようなセックスを楽しんでいました。

    「でも、ある日気がついたのよね、“そういえばホテルしか行かないな”って。会社のお昼にランチは行くけど、夜は会えばホテルに直行で、出るときはもう時間が遅いからそのままバイバイして。

    で、彼に
    『たまには食事も行きたいな』
    と言ったら
    『食事してからホテルに行っていたら、時間がなくなるよ』
    と返されて、“あれ?”ってなって。
    “え、セックスが目的なの?”って」

    その最初の違和感は、それから少しずつ彼女を苦しめるようになります。休日は会えないから平日の夜だけ、ふたりきりで過ごせる貴重な時間だけど、ひたすらホテルでセックスしかしない日々。おしゃれなお店にご飯を食べに行くこともなければ、ドライブのような恋人らしいデートもない。

    「待ち合わせはいつもコンビニの駐車場なんだけど、ホテルに行く前にご飯を済ませておかないと、会っているときにお腹が空くのね。
    だからおにぎりを買ってクルマで食べていたら、何だか虚しくなってきて。
    『好きだよ』とは行為の最中に何度か言われるけど、それってセックスだけじゃない?
    体しか求められないって、私は彼の何なんだろうとか考えちゃって」

    彼女にこう言われたとき、

    「それが不倫だよね。既婚者が独身の女性に手を出すって体が目的だろうし、本当にあなたのことが好きなら奥さんと離婚するでしょう?」

    と返すしかありませんでした。

    彼女に対して恋心があるのなら、セックス以外の時間も作るだろうし、奥さんと離婚する選択を考えるのが筋を通すこと。それをせず、ただ欲望を満たすために彼女に「好きだ」と吐けるのが、不倫を続ける男性の本音です。

    セックスをする前は、彼女が喜ぶ言葉や態度を見せて気分を良くし、自分もその気があるように振る舞う既婚男性のやり方はよく耳にします。そしていざ肉体関係を持ってからは、それをメインにした時間しか持とうとしないのも、誠意のなさのあらわれ。

    派遣社員ならば期間限定だからいずれ会社を去る、だから隠れて不倫関係を持っても自分にダメージはないだろう。男性がここまで考えていたかはわかりませんが、話を聞いていればそんな邪推も簡単にできます。彼女が期間満了になれば、会社を離れて「もっと安全に」不倫を続けられる。そんな既婚男性の都合のよさが伝わるようでした。

    それが現実なのだと、彼女は第三者に言われて改めて気が付きます。

    【特報『体だけ求められる関係にうんざり。不倫から卒業した女性の体験談』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『せいじ、妻との関係修復明かす「機嫌いい。きょう一緒に墓参り行く」 5月に不倫報道』


    千原 せいじ(ちはら せいじ、1970年1月25日 - )は、日本のお笑いタレント、実業家。お笑いコンビ千原兄弟のツッコミを担当。本名および旧芸名は千原 靖史(ちはら せいじ)。身長181cm、体重75kg。京都府福知山市出身。吉本興業所属。 福知山商業高等学校(現・福知山成美高等学校)卒業。NSC
    14キロバイト (1,610 語) - 2019年10月15日 (火) 08:13



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    せいじ、妻との関係修復明かす「機嫌いい。きょう一緒に墓参り行く」 5月に不倫報道

    タレント・千原せいじが31日、読売テレビ「あさパラ!」に出演した。番組では平松愛理の大ヒット曲「部屋とYャツと私」の続編「部屋とYシャツと私~あれから~」が発売された話題に。
     結婚生活を経て妻の心情の変化が分かる歌詞だが、MCのハイヒール・リンゴから「せいじの奥さんなんかも結婚してこういう風に…」と振る途中で、「あっ、せいじ、もっといろんなことあったもんな」と言い換えた。
     5月に『カレーライス不倫』が報じられたせいじは、笑いが起こる中、リンゴに視線を送って静かにうなずいた後「やっと落ち着いてきたんやから。ええがな、もう」と制止。「(妻は)機嫌ようしてはんねん。きょうもこの後、一緒に墓参り行くねん」と関係が修復していることを明かした。

    【特報『せいじ、妻との関係修復明かす「機嫌いい。きょう一緒に墓参り行く」 5月に不倫報道』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『浮気する女の特徴や心理とは? 浮気サインと見破る方法 』


    『今週、妻が浮気します』(こんしゅうつまがうわきします)は、インターネット掲示板の書き込みを元にした書籍で、2005年に中央公論新社から刊行された。2007年に日本、2016年には韓国でテレビドラマ化された。 偶然妻の浮気を知った夫が「ホテルに乗り込むか否か」を2004年1月にQ&A掲示板OKWeb(現:OKWave、教えて
    14キロバイト (1,233 語) - 2019年8月27日 (火) 02:43



    (出典 tantei1.com)


    浮気する女の特徴や心理とは? 浮気サインと見破る方法

    浮気する女性は○割もいる!?

    女性の浮気のボーダーラインは? 実際に浮気経験のある女性割合は? そんな女性たちの浮気事情についてまずは探っていきましょう。

    女性の浮気はどこからが境界線?

    浮気のボーダーラインは、人によって変わるはず。本人にはまったくその気がなくても、相手から見れば「浮気」なんてことも。女性の浮気の境界線は、どこからになるのでしょうか。男性がジャッジするポイントは?
    Q女性の浮気はどこからがボーダーラインだと思いますか?
    第1位 異性と2人で休日に遊ぶ(21.3%)
    第2位 キスをする(16.6%)
    第3位 異性と2人で食事(16.3%)
    第4位 体の関係を持つ(2人で泊まる)(11.3%)
    第5位 クリスマスや誕生日を一緒に過ごす(11.0%)
    第6位異性と複数人で食事(5.8%)
    第7位 手をつなぐ(10.8%)
    (※1)有効回答数362件、単数回答式、その他除く

    異性と2人きりで何かをすることは、どうやら浮気の微妙なライン。そこに気持ちがあるのか、本当に友だち関係なのかによっても意味合いがちがうはずです。
    浮気経験のある女性の割合って?

    では、実際に浮気経験のある女性割合は? 働く女性のみなさんにこっそり教えてもらいました。
    Q浮気した経験はありますか?

    ある(25.1%)
    ない(74.9%)
    (※2)有効回答数383件

    およそ4人にひとりが浮気経験あり。多い? 少ない? どちらにせよ、浮気をする女性は少なからずいるということです。

    浮気をする女性心理に隠れた「寂しい」と「満足できない」

    では、なぜ女性は浮気をするの? その理由は、男性にそれともまたひと味ちがいそう。恋愛コラムニストの大久保舞さんに「女性が浮気する2つの理由」を解説してもらいました。
    「浮気をしてしまう女性」の心理は、大きく分けて2つあります。
    まずは、ただ単に「ひとりの男性では満足できない」というパターン。この場合、浮気をしている本人も開き直っていることが多いので「ひとりの男じゃ満足できないから、今、何人も彼氏と遊んでいる人がいるんだ」といった“遊び人アピール”を平気でします。こういったタイプの女性が浮気をやめることは、かなり困難だといえるでしょう。
    もうひとつは「彼氏に相手にされないから、寂しくて浮気をしてしまう」というパターン。こちらは、彼氏である男性側の言動によって、浮気をやめさせることができるかもしれません。なぜなら、あくまでも本命は彼氏。彼氏と会えない、もしくは、会っても満たされないという寂しさから、浮気相手を作っているだけなのです。浮気をすること自体が目的というよりも、彼氏が満たしてくれない心の穴を、ほかの男性で埋めているということです。

    では、浮気する女性にはどのような特徴があるのでしょうか? 女性アンケートと恋愛専門家の意見から見ていきましょう。
    女子が教える「浮気する女」の特徴6つ
    同性だからこそわかる、浮気をする女性に共通する特徴とは? アンケートからその実態が見えてきました。(※3)
    常に誰かとつながっていたいタイプ
    ・「SNSで媚びを売る人。ちょっとしたことでときめく人。恋人がいるのに恋人より友人を優先してばかりで恋人を放置する人」(25歳/その他/その他)
    ・「人と会っているときにずっとスマホをいじっている人。常に誰かと連絡を取っていて、目の前の相手に集中していないと、常に誰かとつながっていたいのかなと思うので」(34歳/学校・教育関連/その他)
    そばに人がいないと寂しくなるのか、SNSやLINEなどで常に誰かとつながっている女性を見ると正直「隙が多そう」に見えますよね。浮気の心配も多そう!?
    浮気する女性は、素を出さない感じですぐわかる
    ・「誰でも色目で見ている人。色目で見ている人は、素を出さない感じですぐわかる」(27歳/学校・教育関連/その他)
    ・「平気でウソをつく人。リアルタイムの動きを偽装する人」(27歳/運輸・倉庫/技術職)
    また女性いわく、浮気するタイプの女性は「素を見せない傾向」がありすぐわかるとか。秘密主義でミステリアスに見える女性は、裏にやっぱり何かある?
    趣味や興味の幅が広い人
    ・「多趣味の人は気持ちがコロコロ変わるから、浮気しそう」(33歳/医療・福祉/販売職・サービス系)
    ・「興味がコロコロと変わる人。異性もコロコロ変えそう」(29歳/機械・精密機器/技術職)
    目先の興味がコロコロ変わる女性も、心変わりしやすいタイプなのだそう。あれもこれもよく見え、手を出したくなるのかもしれませんね。
    楽天的でやってから考えるタイプ
    ・「楽天的で、バレないと思っているタイプ」(25歳/その他/秘書・アシスタント職)
    ・「具体的にでなくなんとなくいろいろやってみたいとか言う人」(27歳/その他/事務系専門職)
    浮気してどうなるかを深く考えないタイプも「うっかり浮気」しやすいとか。トラブルに巻き込まれてから「ことの大変さ」に気付くタイプかも?
    ストライクゾーンが広すぎる
    ・「ストライクゾーンが広すぎる。誰でも良いのか!?と思ってしまう」(30歳/学校・教育関連/専門職)
    ・「あれもこれも好きな芸能人がいて追いかけている様子を見たとき」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)
    ストライクゾーンが広すぎな女性も、ときめきが多そうで浮気が心配なタイプですよね。男性がほぼイケメンに見えるのは、うらやましい気もしますが……。
    フットワークが軽すぎるタイプ
    ・「普段からフットワークが軽すぎる」(29歳/金融・証券/事務系専門職)
    ・「よく飲み会に行っている人。出会いが多い」(27歳/情報・IT/技術職)
    勢いに乗って越えてはならない一線を越えそうなのが、フットワークの軽いタイプ。仕事には役立っても、浮気だけには役立たないスキルです!
    上記タイプは女性から見て「浮気しそうなタイプ」に見えるのだそう。同性が見てそう思うなら、確率的にも浮気する可能性が高そうですよね。こんな特徴の女性に出会ったら、何か裏にやましいことを隠している可能性が……あるかも?

    その1.スマホを気にするようになる
    これは定番中の定番かもしれませんが、彼氏と会っている最中でもスマホを気にするようになったら要注意です。「仕事の連絡をしないといけなくて」「アプリゲームにハマってて」など、聞いてもいないのにスマホを気にする理由を言ってくるようだと、より怪しいでしょう。
    その2.トイレの時間が長くなる
    なんのことかと思うかもしれませんが、いきなり彼女のトイレ時間が長くなったなら浮気のサインかも。トイレの中でスマホを使い、浮気相手に連絡している場合があります。
    その3.「会いたい」と言わなくなる
    今までは「会いたい」と彼女のほうから積極的に言われていたのに、それが減ってきた……。それまで、男性側が「会いたい」という彼女のお願いを断ることが多かったのであれば、なおさら要注意。彼氏に言っても断られる、そのせいで傷つくのはもうイヤだという心理が働き、気軽に会ってくれる浮気相手を作ってしまった。そんなケースもあります。

    その4.特定の男性をけなす
    けなすといっても「ほんと仕事先の上司がウザくて」といった、単なる愚痴レベルのけなし方とはまたちがいます。たとえば「最近、イケメンの新人が入ってきたんだけれど、ああいう男性って絶対遊んでると思うんだよね。私は苦手だな」といった具合で、相手を意識している様子が伺える場合。実はけなしている相手自身と浮気をしているために、わざと「私はイケメンと出会ったとしても、あなただけしか見えていない」のように、彼氏へアピールする女性もいるのです。
    会話をしていて、話題のひとつに出る程度でしたら気にする必要はありません。やたらと同じ男性の話題が多くなったときは、要注意ですね。
    その5.情緒不安定になっている
    元々彼氏のことが大好きで、本当は浮気をしたくないという女性にありがちなのが、情緒不安定になるケース。普通の会話をしていても、突然彼女が「私は○○君のことが大好きなのに」などと言い出して、号泣することが多くなった。一体なんなのかと彼氏側が困惑していたら、浮気をしている罪悪感で彼女は情緒不安定になっていた……というカップルの事例も私は知っています。

    「俺、お前に寂しい思いをさせていないかな?」
    これは、寂しさが理由で浮気をしている女性に対して、大変効果的な質問です。ここで「いきなりどうしたの?」などと、冷静に彼女が対応するようであれば、浮気の心配はないはずです。
    「実はずっと寂しかった」といった真情の吐露から、そのまま浮気の告白までしてしまう女性も中にはいます。それだけ「寂しい思いをさせていないか」という彼氏からの言葉は、寂しさが理由で浮気をしている女性にとっては心に刺さるのです。この質問に彼女がどう反応するかで、浮気の有無を見破ることができます。
    「今度休みがあうとき、○○(彼女が行きたがっている場所がベスト)に行かない?」
    日ごろからお互いの家を行き来する、今まで旅行に行ったことのある、そんな、ある程度深い関係のカップルである場合に効果的な質問です。
    「えっ、ちょっと私は行けないかな……」といった、本当に困っているような素振りを彼女が見せたら、浮気をしている可能性があります。その女性になんらかの変化があったのだと考えるほうが自然ですよね。

    【特報『浮気する女の特徴や心理とは? 浮気サインと見破る方法 』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『10年不倫のあっけない最後。夫も職場も友も手放して彼を選んだ結果


    姦通 (不倫からのリダイレクト)
    姦通(かんつう)とは、社会的・道徳的に容認されない不貞行為・性交渉のことである。婚外性交渉とも。本来は、不倫・不義密通も同じ意味であるが、現代日本語では、既婚者が配偶者以外の者と性交渉を持つ行為を主に不倫と呼ぶようになった。 社会的に承認される性行為は通常、婚姻によるものであるが、世界の地域・時代によっ
    17キロバイト (2,540 語) - 2019年9月16日 (月) 06:57



    (出典 i.ytimg.com)


    10年不倫のあっけない最後。夫も職場も友も手放して彼を選んだ結果…
     だれしも、つまらない恋愛の経験ってありますよね? そんな中でも指折りの“自分史上最悪の恋愛”を語ってもらいましたので、反面教師としてみてはいかがでしょうか?

    「10年に渡るダブル不倫の果てに別れました」と語るのは、営業職の香取美津さん(仮名・48歳)。

     美津さんは当時ダブル不倫していた相手と再婚したいと8年前に夫と離婚しましたが、相手の男性は「妻と別れる」といいながら、ずるずると独身になった美津さんと不倫を続けました。



    ダブル不倫におちいったのは、夫の不倫とセックスレスから…


    「彼と知り合った頃は、元夫と一緒に港区でレストランを経営していました。富裕層も多く、店も潤っていました」

    子供がいなかった美津さんにとって、レストランは我が子のように大事だったといいます。ところが、常連客に連れられて、美津さんの店にやってきた3歳年下の彼が、美津さんに積極的にアタックしてきたのだそうです。

    「彼はレジャー関連の会社でスポーツクラブや飲食店などの会員権の営業職に就いていました。言葉巧みにうちのお客様を紹介してと頼まれ、ついつい彼の要望に応えてしまううちに、あっという間に男女の関係になってしまったのです」

     その頃、夫が若いバイト女性と浮気をしていたことが発覚。そのため美津さんは少し荒んでいたそうです。

    「夫婦のぎくしゃくした関係のすき間に、彼が忍び寄ってきて、私の心の中にある椅子に座って、そして居座ってしまいました」

     二度三度と会うたびに、体が激しく彼を求めていくようになったそうです。

    「夫とは数年前から、一年に数えるほどしかセックスをしていなかったので、急に火がついたように、ぼわっと燃え上がりました。家を出てウィークリーマンションで彼と暮らすようになりました」
    離婚成立。けれど彼の方は妻と別れる様子はなく…


     美津さんの不倫を夫が知って、一時は修羅場になったそうですが、元々気が弱かった元夫は離婚届に判を押し、レストランを畳み、田舎にある実家に戻って家業を継いだそうです。裕福だった実家の母親の勧めで、元夫は2年後に再婚。今では2人の父親だとか。

    「夫が新しい人生をスタートさせたのに、私はいつまでも不倫。彼の会社がバブルだった頃は、月20万円の家賃のマンションに一緒に住んでいましたが、リーマンショックがきっかけで、彼の会社が右肩下がりになってから、賃貸マンションは解約しました。彼は妻と子供のいる家に帰り、私はレストランの常連さんから紹介された会社で働くようになりました」

    なかなか離婚しない彼と縁を切ろうとしたこともあったそうです。

    「でもぽかっと空いた心の穴がふさがらずに、苦しんだ挙句彼に電話をして、ヨリを戻しましたが、でもそれから別れてはまたくっつくという繰り返しが続いてしまって」

     不倫中にはいつのまにか、同じく不倫している友達が増えていくと美津さん。“不倫友達”と煮え切らない男の不平不満を漏らしあったり、お互いの状況を嘆きながら、「でも彼のことを愛している。頑張ろう」と自分を鼓舞してきたそうです。

    「ところがある日、偶然に不倫友達がうちの彼に会ったんです。そして私に『あの人は離婚しないと思う。どうしても再婚したれば、影響力のある大人の男性を味方にすることね』とアドバイス。あまりにも的確だったので、辛くなって、その友達に逆ギレしたら、それきり。虚しかったですね」
    そしてとうとう不倫10年目に、美津さんは何気に「最近私たちに会話がないわね」とぼやくと、彼もうなづいたそうです。出会った頃のときめきも失せてしまい、彼が夜に子供たちのいる自宅に戻ろうとする様子に、飽き飽きしてきたと美津さん。

    「11年目の正月に、一緒にゴルフをしながら、『別れようか』と切り出すと、『うん』と彼が即答したんです」
    美津さんの10年不倫の最後はあっけなかったですね。ところが彼と別れてから、まるで憑き物が落ちたように急にモテるようになったそうです。

    「10年間、彼以外の男性と食事に行ったことがありませんでしたが、デートに誘われるようになりました。アラフィフでも、綺麗を心がけていれば、男性から声をかけてもらえます」

     頑張っても叶わないことが人生にあると心底わかったという美津さんは、先月同じ年の男性からプロポーズされて、じんわりとした幸せを今、感じているそうです。

    【特報『10年不倫のあっけない最後。夫も職場も友も手放して彼を選んだ結果】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは


    それらに性的な興奮や刺激に溺れることが習慣化し、徐々に自己コントロールを失っていく。ギャンブル依存や買い物依存などと同じく「行動への依存」に分類される。 性依存症1970年代から主にアメリカで研究されてきたが、1998年にクリントン大統領の不倫
    10キロバイト (1,484 語) - 2019年3月31日 (日) 12:23



    (出典 scdn.line-apps.com)


    男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは
    既婚男性の不倫する理由なんて、どうせ性欲だけなんでしょ? と思う女性は多いですが、実際は切実な思いで女性を求めている男性もいます。もちろん不倫は許されることではありませんが、なぜ男性は妻以外の女性を求め、不倫に走ってしまうのか、そこには家庭があっても満たされない「飢餓感」がありました。

    男性が不倫する理由の例:「実家依存」の妻
    「2年付き合って結婚した妻は、昔から実家が好きで、付き合っている頃もよく泊まりに帰っていました。家族の仲が良くて、俺が遊びに行ったときも皆で一緒にご飯を食べたりして、良い関係だったと思います。

    俺の方は実家が県外で滅多に帰ることはなく、その分妻の実家にお世話になる機会も多かった。結婚してからも、俺が残業のときは実家にご飯を食べに帰る妻に不満を感じたことはありません。お義母さんが作ってくれたご飯を持って帰ってくれて、妻も働いているから正直とても助かっていました。

    嫌だなと感じるのは喧嘩をしたとき。すぐ『もういい』と話し合いを放棄して実家に帰り、一晩泊まってくるなんてこともしょっちゅうで、こっちも実家まで追いかけるのは気が引けるので、いつも妻の帰りをひとりで待つような感じです。

    正直、彼女の親から『うちにいるから心配しなくていい』と連絡をもらうのも情けなかった。でも、何度『ふたりで話したい』と言っても意見が衝突するとすぐに妻は出ていってしまう。それだけがストレスでした。

    あるとき、お互いもう30歳だしそろそろ子どもを作りたい、と妻に提案したら『まだ仕事をしていたい』という返事が返ってきました。

    それはいいんだけど、『お父さんとお母さんに訊いてみる』という言葉が飛び出したとき、思わずカッとして"はぁ!?"と大声を上げてしまって。

    ふたりの子どもなのに、何を自分の親に尋ねるのか、どうして自分の意思で決められないのか、そのとき初めて「実家依存」という言葉が頭に浮かびました。

    妻に対する怒りを自覚してからは、以前のように接することができなくなりました。

    何かあればすぐ実家を頼る姿にも今さらのように嫌悪感が湧いてきて、喧嘩しそうになると『どうせ家に帰るんだろ』とつい嫌味を口にしてしまい、妻の方も俺が変わったことを感じて不機嫌を隠そうともしません。

    今は、妻は週の3日は実家で過ごしています。俺は残業を増やして、なるべく家で過ごさないようにしています。

    まだ離婚までは考えていないけど、子どもも作れないならこのままふたりで過ごす人生に意味があるのかと悩んでいます」(30歳/営業)

    「俺のしていることは異常なんだろうか」と打ち明けられたとき、男性には独身の彼女がいました。もちろん肉体関係があり、不倫をしている、妻を裏切っているという自覚は十分あります。ですが、「寂しくてたまらなかった」と男性は言いました。

    「異常というか、まぁまともじゃないよね」と素っ気なく返しながら、私は昔から真面目でギャンブルも一切手を出さない、キャバクラなども行かないこの友人の苦しみについて考えていました。

    奥さんが家庭を顧みないほど仕事に打ち込んでいるとか、男遊びがひどい女性なら、不倫を考えてしまうのもわかる。そうではなくて、妻が「実家依存」であることが結婚生活をつまずかせている。男性が抱えていたのは、「自分を尊重してほしい」という飢餓感でした。
    家庭に居場所がない既婚男性の気持ち
    子どもを作ろうと提案するまでは、まだ男性の方は奥さんの振る舞いを許していました。

    喧嘩する度に実家に逃げ帰っても、「親に説得されたのか」帰宅する頃には機嫌も直っていて、ちゃんと問題を解決しようとする気持ちが見えたからです。

    でも、許してはいても、男性の中には小さなわだかまりが積もっていきます。

    結婚しても実家の力を借りないと喧嘩もままならない、妻がいつまで経ってもひとりで自分と向き合おうとしない姿勢は、男性に寂しさを与えるものでした。

    ひとりぼっちでふたりの家に残される男性の心は、孤独感でいっぱい。
    でも、それを妻にぶつけることは夫としてのプライドが許さない。

    男性が子どもを作ることを提案したのは、そんな妻の気持ちを自分の元に引き留めたかったからです。

    ・ふたりの子どもがいれば、もっと妻として、母親としての自覚を持ってくれるかもしれない。
    ・実家から切り離されて、本当の家族になれるかもしれない。

    そんな希望を男性は持っていました。

    ですが、妻から返ってきたのは「お父さんとお母さんに訊いてみる」という男性の気持ちを真正面から裏切る言葉。このとき、男性は「今まで溜まっていた怒りを一気に自覚した」と言います。

    目をそらしていたストレスが、逃げ場をなくした瞬間でした。

    自分たちの子どものことまで、親の意見がないと決められない。それは、男性にとって「夫」という立場を失う、男としての自信を喪失するに十分なものです。

    どうして妻は俺より実家の親を優先するんだろう。俺の存在ってこの家で何なんだろう。何のために結婚しているんだろう。真面目な男性ほど、一度そんな苦しみを抱えてしまうとなかなか抜け出せなくなります。

    これまで浮気もせず、奥さん一筋で仕事もがんばってきて、記念日にはお祝いも欠かさない。そうやって妻に、家庭のために尽くしてきたからこそ、こんな妻の裏切りは堪えます。

    自分の気持ちが何も報われていない惨めさを、男性は目の当たりにしたのですね。

    【特報『男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは】の続きを読む

    このページのトップヘ