芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:悩み 女性 > 浮気

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『なぜ女たちは不倫にハマるのか――働く妻が不貞に走るワケ』についてTwitterの反応


    浮気・不倫する女性の特徴 - ニフティニュース
    浮気・不倫する女性の特徴  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)


    姦通 (不倫からのリダイレクト)
    姦通(かんつう)とは、社会的・道徳的に容認されない不貞行為・性交渉のことである。婚外性交渉とも。本来は、不倫・不義密通も同じ意味であるが、現代日本語では、既婚者が配偶者以外の者と性交渉を持つ行為を主に不倫と呼ぶようになった。 社会的に承認される性行為は通常、婚姻によるものであるが、世界の地域・時代によっ
    17キロバイト (2,540 語) - 2019年9月16日 (月) 06:57



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    なぜ女たちは不倫にハマるのか――働く妻が不貞に走るワケ

    2017年も多くの不倫が世間を賑わせた。もはや誰が不倫をしてもおかしくない――そう思っていた人も、この騒動にはやっぱり驚いたのではないだろうか。女優の藤吉久美子さんと既婚者の50代男性プロデューサーのダブル不倫疑惑である。藤吉さんと言えば、1995年にルイルイでお馴染みの太川陽介さんと結婚。おしどり夫婦として、2人揃っての仕事も多くこなしてきた。
    速報“天皇皇后両陛下のお手振りなし”で騒ぎに 令和流の「お召し列車」事情
    速報トヨマユ超え!「菅原一秀」新大臣のブラック体質を元秘書が証言 人権無視の〈覚書〉
     妻の不倫騒動を受けて、夫の太川陽介さんは12月14日に記者会見を開き、「誰が聞いたって黒だと思うから、世間から厳しい目で見られる。だけど、僕が守るから」「僕は信じる。だって、カミさんだもん。離婚は僕からしないと言いました」とコメント。終始満面の笑みを浮かべ記者の質問に答える“神対応”を見せたが、当の藤吉さんは夫の会見の7時間後、スッピン姿で記者の前に現れ「もう彼がいないと生きていけない」と不倫疑惑を否定し、号泣したのだった。

    藤吉さんが不倫をしたかどうか、その真偽はともかく、今年は他にも斉藤由貴さん、山尾志桜里さんなど、夫のある身で不倫騒動を起こした“妻”が目立った年だったのではないだろうか。
     不倫に走る妻たち――。実はそれは芸能界という遠い世界や架空の出来事ではなく、身近にもたくさん潜んでいるようなのだ。都内在住のFさんは、彼女の周りにいる妻のうち、6割が不倫をしているという驚きの事実を明かす。
    「私の既婚者の友達のうち、6割の女性は不倫をしていますね。働いている女性がほとんどです。仕事をしていると、夜に出かける理由があるし、もし男性と2人でいるところを見られても仕事関係の人と言えば言い訳もしやすいですから。専業主婦で不倫をしている女性は、子どもが小学生になって少し手が離れた人が多いですね」
     そうは言ったところで、素敵な男性と出会うことは滅多にないと思うのだが、一体、相手はどんな男たちなのだろうか?
    「基本、同じ既婚者です。同じ悩みをシェアできるし、独身と違って立ち入ってはいけない境界線をお互い知っているからトラブルがない。子どもの写真をLineで送り合っているカップルも多いですね。彼女たちいわく、既婚者同士の恋愛は、結婚のときのように条件で選ばないから一番ピュアなのだとか(笑)」
     むしろ打算なしの純愛、ということなのだろうか。しかし、そうはいっても操を立てた夫がいる身。それなのになぜ6割もの妻が不倫をする現状が起こってしまうのか。
    「母親業・主婦業って報われない仕事ですよね。やって当たり前、終わりがない仕事。それに対して夫はだんだんありがとうという感謝も減ってくる。妻を女性ではなく母親としてしか見ていない夫も多いから、夫以外の男性から褒められるとすごく嬉しいんですよね」

    どのように褒めてもらいたいのだろうか。
    「妻が言われたい3大用語があるんです。知っていますか?『かわいいね。がんばっているね。やらせて』(笑)。この3つは夫から言われることがないから、1人の女性として見られていると思って、つい心が動いてしまうんです」。
     どうやら彼女たちは甘い蜜を吸って楽しんでいるようだが、夫に気付かれるリスクはないのだろうか。
    「基本、男性って一般的に鈍感ですよね。妻が不倫などするはずがないという思い込みがある。だから妻たちが夫に不満を抱いていることも気がつかない。でも万が一の場合に備えて、絶対にメールのやりとりはその都度消す、写真は撮らない、もし撮っても隠しアプリを利用するなどの手を使ってバレないような工夫を徹底しています」
     結局、女性の方がいくつも上手ということか。今後の参考のためにどんなところで出会ってデートするのか聞いておきたい。
    「同じ社内や既婚者合コンのようです。やはりお互い忙しい既婚者同士だから食事してホテル行って24時くらいには帰ると大忙し。なかにはまずホテルからという人たちも。ランチをしたり映画を見たりコンサートに行ったりと普通のカップルのようなデートも楽しんでいるよう。みんな彼ができたことで毎日にハリが生まれたと言っています。なかには夫や子どもに優しくできるという人も。女性としての身だしなみにも気をつけるようになって楽しそうですね」

    うっかりバレてドロ沼離婚、なんてことにならないように。

    【特報『なぜ女たちは不倫にハマるのか――働く妻が不貞に走るワケ』についてTwitterの反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『熟年不倫、二股三股は当たり前「いつまでもSEX&恋愛したい」アラフィフ・アラフォーたち』についてTwitterの反応


    - 警官 帰ってきた時効警察 第1話 土曜ワイド劇場 山田太一ドラマスペシャル まだそんなに老けてはいない 〜山田太一が贈る熟年夫婦の物語〜団塊100万人が定年!?熟年不倫・リストラ"生きる"涙と感動の結末! 日曜劇場 鉄板少女アカネ!! 第1話 金曜ドラマ 美男ですね第6話 月曜名作劇場 「十津川警部シリーズ
    3キロバイト (239 語) - 2018年4月15日 (日) 02:01



    (出典 www.dailyshincho.com)


    熟年不倫、二股三股は当たり前「いつまでもSEX&恋愛したい」アラフィフ・アラフォーたち
    恋のトラップに引っかかりがちなあなたへ
    熟年不倫、二股三股なんて、もはや当たり前のこのご時世。アラフィフ・アラフォーたちの乱れた恋愛事情を分析すると、皆、いつまでもSEX&恋愛したいらしい……。なのに、当のみなさんは意外と恋愛ベタで、大人げなくクヨクヨ悩んでいる――
     * * *
     若いときに情熱的な恋をし、互いを慈しみ合いつつ男女としては枯れていく。たとえていえば、ヨーロッパの絵はがきなんかにある、寄り添う老夫婦のあの姿。それこそが美しき人の道だと思っていたが、周囲を見渡せば、我が身を含めて、そんなにスッキリ生きている人なんていやしない。
     未婚のまま還暦を迎えた先輩のバースデーを先だって祝ったときには、いまも愛の奇跡を夢見ているようであったし、年末に参加した平均年齢四〇超えのとある女子会では、幸せな既婚者と、未婚とバツイチで構成するイタい連合の割合は一対五であった。
     面白いのは、そんな失敗組にも「恋愛なんてもういいや」という思いと、「もしかしたら」という両極の思いが、天気図の高気圧と低気圧の勢力図のようにせめぎ合っていること。これまでに何度も“やらかしちゃって”トホホな思いをしてきたはずなのに、「この先は、恋とは無縁で清廉に生きよう」とならないのが、生の矛盾そのものだ。

    『大人恋愛塾』は、三年前に出版された『大人のための恋愛ドリル』のいわば続編。元祖“恋愛の神様”と呼ばれた著者が、今回も恋愛に悩む人たちをリアルに取材し、イマドキの恋愛事情を分析、考察していく。
     人は、自分と利害関係のない相手に自分の恋バナを聞いてもらうのが大好きだ。ゆえに占い師や占い館が流行るわけだが、本書でも、悩める人、のろけたい人、自慢話がしたい人は、ここぞとばかりに著者にあれこれぶちまける。
     たとえば、「迷える半沢直子38歳」の回。銀行員の〈半沢直子(仮名)〉さんは、結婚してもいいかなと思っていた交際相手に思わぬ肩すかしを食わされ、結婚相手探しに苦労していると著者に相談する。著者は、気心の知れたサークル仲間の男友だちにしろと勧めるが、モテてきた女性ほど、男に多くを望むもの。案の定、彼女は「彼には男としてときめかない、彼とはエッチできない」と突っぱねる。だが、著者はそこで「結婚して十年もすればほとんどの夫婦はセックスレス。結婚十年から始めたと思えばいいじゃない」と知恵を授ける。
    また、「NOと言えない妄想男」の回では、ある種の大人の男が考える、お洒落で垢抜けたデートとやらは、自分で悦に入ってるだけ。〈奴らは仕事でいっぱいいっぱいで、それ以外に頭も気持ちも回らない、ウツワのちっちゃな男なのではないか〉と看破。「モテオ伝説」の回では、著者自身も〈まあ、モテるだろうな〉と一応は認める四七歳の独身男〈モテオ〉の仰天のモテ理屈〈女には荒っぽく接しますよ〉〈女は欲張りだから、自分を痛めつけた男に自分から別れを言いださない。損した分を取り返したいと考えるから〉を引き出して、警告してくれる。
     仕事もお金もありひとり上手すぎるシングル美人のサバサバ失恋ストーリー「クリスマスの魔法」、恋愛ボルテージが思い切り低い青年の「ゆとり世代の低空飛行恋愛」など、エピソードの千差万別ぶりにも驚くが、やはりキモは、聞いただけの体験から恋愛のセオリーを発見し、箴言を生み出していく著者の慧眼だ。ひそかに〈少子化対策一人NPO活動〉を続ける著者のアドバイスは、基本、女子の味方。恋のトラップに引っかかりがちな女性には特に読んでいただきたい。
     前作ではアラフォーくらいの「大人男女のウブ感」を感じるエピソードが印象的だったが、本作ではアラフィフ、アラ還の恋愛事情についての割合がアップ。ナマナマしくて、ねじれていて、ヘンに一途。世間では孫がいても不思議はない世代が、いまだ達観できず、恋や性欲にもがいているのだから、人間とはつくづく業が深いと思うばかり。
     それだけに、アラフィフ、アラ還世代の読者なら、みんなも悩んでいるんだと救われるし、それより下の世代なら、いくつになっても恋は厄介だと覚悟ができる。
     わかっているつもりでも、あらためて思う。なんでもありがまかり通る、恋愛のエネルギーとは何なのか。
     ただし、「結婚とは、恋愛とは、こういうもの」とガチガチの理想をお持ちのモラリストやドリーマーには、本書は毒かもしれない。いや、流行りの免疫療法的に、抗体を作るつもりで読んでおくのも悪くないかも。

    【特報『熟年不倫、二股三股は当たり前「いつまでもSEX&恋愛したい」アラフィフ・アラフォーたち』についてTwitterの反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『探偵に夫の不倫 想定外の事実』についてまとめてみた


    池上季実子(少女期:長谷川美和〈第8作〉) 経歴:坂巻探偵事務所(第1作 - 第10作) → 岡島探偵事務所(第11作 - 第13作) → K・M探偵事務所(第14作) 調査員。浮気調査や不倫調査を担当する。住まいは京都市左京区(第4作)。 大学時代友人で「仲良し会」を結成しており、メンバーは三沢ゆ
    30キロバイト (3,008 語) - 2019年4月18日 (木) 23:54



    探偵に夫の不倫調査を頼んだ結果… 「想定外の事実」が発覚
    ■不倫で借金、相手を妊娠させていた
    夫の浮気を疑い、探偵を雇ったという投稿者。ところが、その結果を受け取る前に夫が「不倫」を白状してきたという。

    なんと、夫は不倫のために借金を作り、さらには不倫相手の女性を妊娠させ、堕胎する事態にまで至っていたというのだ。

    投稿者はあまりにも酷い夫の裏切りに激怒し、思わずその場で「素行調査をしていた」ことを暴露してしまった。


    ■挙げ句、逆ギレする夫
    夫は、不倫を白状したうえで家族の元に戻り、再構築するつもりだったようだが、投稿者が探偵を雇っていた事実を知った途端「もう信用できない」と、離婚を切り出されてしまうことに。

    投稿者としても、離婚に異論はないのだが、投稿者の家に夫が転がり込む形で同棲、そのまま結婚という経緯があるため、夫から「転職先が見つかるまで家に置いてほしい」と言われているのだそう。

    この状況に「いつまで家に置いておけばいいのでしょう」と、他ユーザーに意見を求めている。

    ■「すぐ追い出せ!」と怒りの声
    こちらのトピックには、酷い裏切り方をしておきながら、何故か上から目線の投稿者の夫に疑問と怒りの声が続出。「すぐに追い出すべき」との声が多数寄せられている。

    「すぐに追い出せばいい。やり直すつもりだった? なんで主導権を握ったつもりでいる? 双方からの慰謝料と養育費、弁護士にきっちりやってもらうべき。もちろん弁護士費用は相手持ち。そんな旦那、同じ空気も嫌じゃないですか? 居させる意味が分からない」


    「不倫した人間が『お前のことは信用できない』とか『転職先が見つかるまで家に置いてほしい』とか偉そうに啖呵を切った割には結構しょぼいですよね笑 家なんかに置いておく必要はないですよ」



















    【特報『探偵に夫の不倫 想定外の事実』についてまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ