芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:皇室 > 皇室 ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『高円宮家の三女・守谷絢子さん長男、名前は「穣」』


    守谷 絢子(もりや あやこ、1990年〈平成2年〉9月15日 - )は、日本の元皇族。高円宮憲仁親王と同妃久子の第3女子。第123代・大正天皇の曾孫、第126代天皇・徳仁のはとこにあたる。姉に承子女王、千家典子(典子女王)がいる。 降嫁前の身位は女王で、皇室典範における敬称は殿下。お印は葛。栄典は
    11キロバイト (1,285 語) - 2019年11月17日 (日) 20:44



    (出典 pbs.twimg.com)


    高円宮家の三女・守谷絢子さん長男、名前は「穣」

    宮内庁は2日、高円宮家の三女守谷絢子さん(29)の長男の名前が「穣(じょう)」に決まったと発表した。昨日命名したという。

     絢子さんは11月17日に出産した。元皇室の女性に子どもが生まれるのは、故・三笠宮さまの次女千容子(まさこ)さんが次男を出産した1990年以来29年ぶり。

     絢子さんは2018年10月、日本郵船社員の守谷慧(けい)さんと結婚し、皇族の身分を離れた

    【特報 『高円宮家の三女・守谷絢子さん長男、名前は「穣」』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『小室圭「破談通告」アノ「激ヤバ写真」で秋篠宮さま「決断」迫るも当然か』


    小室側がトラブルについて説明するのは初めてである。 小室家に金銭的支援をした、小室圭の母親の元婚約者男性は、朝日新聞社の取材に「トラブルは解決していない」と反論している。男性は「婚約期間中、小室圭の母親の求めに応じる形で生活費の支援や、小室圭
    72キロバイト (9,649 語) - 2019年11月30日 (土) 12:25



    (出典 030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp)


    小室圭「破談通告」アノ「激ヤバ写真」で秋篠宮さま「決断」迫るも当然か

    秋篠宮家の長女眞子さまと、小室圭さんの結婚問題に、いよいよ結論が出そうだ。
     11月20日、秋篠宮さまのお誕生日会見の内容が表に出されたが、秋篠宮さまは「次の2月で(延期決定して)2年が経つわけですね。やはりその、昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております」とおっしゃったようだ。
     眞子さまと小室さんの問題は、ここまでまったくといっていいほど動きがなかった。
     延期期間である2年が終わる段階で、特に小室さんが国民に対し現状の報告をする必要はやはりあるだろう。結婚すれば1億円を超える一時金が手に入るという話もあり「女性宮家」の議論も大きくなっている。小室さんの存在はそういった側面でも、国民にとって決して軽くはないのだ。
     秋篠宮さまは今回のお誕生日会見で、小室さんに対し明確に「動き」を求めている。2月までいっても何もアクションを起こさないとなれば。米国留学という言い訳も通用しなくなりそうだ。
    「会見で秋篠宮さまは、眞子さまと『結婚のことについては話をする機会はありません』とおっしゃられています。これは眞子さまとのコミュニケーションが欠けているという側面もあるでしょうが『もはや話す必要がない』というとり方もできます。
     つまり、秋篠宮さまとしてはすでにこの結婚は『破談』『婚約破棄』と同等に感じていらっしゃるのかもしれません。2月に決断を迫っているのも、単なる節目としての意味合いが強いのではないでしょうか。
     ここまで解決を先延ばしにしてきた小室さんの世間イメージ回復はほぼ不可能で、秋篠宮さまとしても1人の父親として受け入れられないのも当然。いよいよ『我慢の限界』といえそうですね」
    眞子さまの小室さんへのお気持ちに変わりはないようだが、もはや気持ちだけではどうにもならないところまできてしまったのも事実だ。
     そして、秋篠宮ご夫妻としても、そもそも「家族になるのがイヤ」なのではないだろうか。
    「ご夫妻は小室さんとの結婚には反対姿勢だったようですが、それは母佳代さんの借金問題などだけではないでしょう。
     昨年には週刊誌で『クラブでのチャラい裏ピース写真』が公開され、私生活、女性関係への不安が増大しました。クラブいるだけというと過剰反応かもしれませんが、やはり脇の甘さを感じざるを得ません。
     結婚した後に新たなトラブル発生ともなれば、それこそ目もあてられませんからね……」(同)
     いよいよ結末が見えてきそうだが…


    【特報 『小室圭「破談通告」アノ「激ヤバ写真」で秋篠宮さま「決断」迫るも当然か』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『愛子さま18歳、進学準備も 即位儀式に深い関心』


    マスメディアの皇室報道においても、当初は御称号から「敬宮さま(としのみやさま)」の呼称が用いられていたが、のちに「愛子さま(あいこさま)」へ転じ、「愛子さま」という呼称が国民の間にも広く定着している。 敬宮愛子内親王の学習院での学校生活においては、「敬宮 愛子(としのみや あいこ)」の名が用いられているという。
    36キロバイト (4,694 語) - 2019年11月21日 (木) 06:01



    (出典 grapee.jp)


    愛子さま18歳、進学準備も 即位儀式に深い関心

    天皇、皇后両陛下の長女愛子さまは1日、18歳の誕生日を迎えた。学習院女子高等科3年として進学に向けて勉強に励む一方、運動会や文化祭で活躍し、最後の高校生活を充実させている。天皇陛下の即位関連儀式や行事の様子は、深い関心を持って見守った。

     宮内庁侍従職によると、来年の進学に向け、学校の課題や試験勉強に熱心に取り組み、教科によっては両陛下からアドバイスをもらうこともあるという。

     9月の運動会では所属クラスが優勝や全校MVPに選ばれ、喜んだ。11月の文化祭ではダンスを披露した。

     進学先について宮内庁侍従職は「今の時点でお話しできることはない」としている。

    【特報 『愛子さま18歳、進学準備も 即位儀式に深い関心』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『佳子さま、着映えする「トレンドカラー×素材」で“旬”をご堪能!』


    佳子内親王(かこないしんのう、1994年〈平成6年〉12月29日 - )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第2女子。今上天皇の姪。身位は内親王。皇室典範における敬称は殿下。勲等は宝冠大綬章。お印はゆうな。 姉に眞子内親王、弟に悠仁親王がいる。住居は、赤坂御用地内にある秋篠宮邸。 1994年(平成6年)
    15キロバイト (1,805 語) - 2019年11月9日 (土) 10:34



    (出典 shufuwork.com)


    佳子さま、着映えする「トレンドカラー×素材」で“旬”をご堪能!
    秋篠宮家の次女佳子さま(24)が、トレンド感抜群のファッションを披露された。
    10月20日、東京・世田谷区で行われたダンス大会に出席された佳子さま。この大会は、障害のある人たちにダンスや音楽を楽しんでもらおうと、障害者福祉に取り組む東京のNPO法人が開催したもの。早速、この日のトレンド感満載のファッションをチェックしよう。
        トレンドをしっかり押さえた全身ベイクドカラーコーデ

    佳子さまがこの大会に出席されるのは、紀子さまとともにご出席した一昨年に続いて2度目。会場の体育館では、障がいのある人たちが音楽に合わせてジャンプするなどダンスを楽しみ、佳子さまもリズムに合わせて手拍子をし、楽しまれていた。
    この日は、トレンドカラーとして雑誌でも度々特集されている“ベイクドカラー”のブラウンのジャケットと、ベイクドカラーが織り込まれたツイードワンピースという旬度が高いコーディネートで登場された。

         オレンジ混のツイードはブラウンを合わせて大人テイストに

    オレンジがメインに織り込まれたツイードワンピースは、ダークトーンが増える秋の装いを華やかに見せてくれている。とはいえ、オレンジが目立ちすぎると“派手”な印象になってしまうが、こっくりと深みのあるブラウンのジャケットが落ち着いた雰囲気にまとめてくれている。
        ハリのあるジャケットで姿勢美人に

    ショート丈でコンパクトなジャケットは、上半身の配分を小さく見せ、脚長な印象に。さらに、ジャケットのくっきりとしたラインが姿勢の美しさを強調している。足元もツヤのあるブラウンのパンプスでしっかりと引き締め、スタイルのよさが際立っている。

    【特報 『佳子さま、着映えする「トレンドカラー×素材」で“旬”をご堪能!』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『眞子さま、トラッドチェックワンピで”大人レディ”コーデ』


    眞子内親王(まこないしんのう、1991年〈平成3年〉10月23日 - )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1女子。今上天皇の姪。身位は内親王。皇室典範における敬称は殿下。勲等は宝冠大綬章。お印は木香茨(もっこうばら)。 妹に佳子内親王、弟に悠仁親王がいる。2019年(令和元年)現在、内親王
    25キロバイト (2,925 語) - 2019年10月24日 (木) 06:40



    (出典 diet.news-postseven.com)


    眞子さま、トラッドチェックワンピで”大人レディ”コーデ
    秋篠宮家の長女眞子さま(28)は10月に誕生日を迎えられ、一段と大人の女性に。婚約延期問題の行く末はさておき、眞子さまの大人可愛いファッションに注目しよう。秋冬といえばチェック柄の季節。ガーリーに転びがちなチェック柄だが、しなやかで美しい、大人テイストな眞子さまの着こなしを解析!
    テニスの東京五輪・パラリンピックのテスト大会を兼ねた三菱全日本選手権の最終日が11月3日、東京・有明コロシアムで行われ、日本テニス協会の名誉総裁を務める眞子さまが観戦された。
    チェック柄はシックなグレイッシュが旬度満点
    秋冬に勢力拡大するのがチェック柄。中でもダントツの人気は伝統的なタータンチェックやマニッシュなトラッドチェックで、眞子さまはこの日、トラッドチェック柄のワンピースでお目見え。カラーもシックなグレイッシュでトレンドをおさえた着こなしをされていた。
            シックなカラーなら大人の品格までキープ

    チェック柄をエレガントな雰囲気にまとめられていた眞子さま。「ネイビー✕グレー」というシックなカラーのチェック柄に、ネイビーのジャケットを合わせるという、落ち着いた配色に落とし込むことで、知的なムードに着地している。
      チェック柄で膝が見える丈のスカートの場合、ともすれば”スクールガール”の雰囲気が漂ってしまう。眞子さまのお召しになったワンピースは、スカート部分が斜めチェック柄になるよう切り替えられ、しなやかな印象に。さらに、膝を隠す丈感が、エレガントな着こなしの鍵になっている。
            深Vジャケットでほどよく抜け感を

    チェック柄がトラッドなだけに、かっちりジャケットを合わせると、やや重たく堅い印象に。眞子さまのジャケットは深いVラインで、胸元のチェック柄がしっかり見え、ワンピースだということがひと目でわかる設定。色味がシックだからこそ、胸元の見通しをよくし、軽やかさを加算している。また、ネイビーを選ぶことで、知的さはきちんとキープしつつ、カジュアルさもほんのり漂うという絶妙なスタイルは、働く女性ならまねしたくなるはず。

    アクセサリーで遊び心をひとさじ

    ご公務アクセサリーと言えば、パールが思い浮かぶが、この日の眞子さまはダイヤ型のシルバーイヤリングをセレクト。シルバー調だが、ゴールドも配された遊び心のあるデザインになっている。さらに揺れるイヤリングで、女性らしさをしっかりキープされていた。

    【特報 『眞子さま、トラッドチェックワンピで”大人レディ”コーデ』】の続きを読む

    このページのトップヘ