芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:皇室 > 皇室 ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『雅子皇后、ご成婚の日のドレスから世界を魅了した和洋5着の優美な装いまで』


    雅子(まさこ、1963年〈昭和38年〉12月9日 - )は、日本の第126代天皇・徳仁の皇后(在位:2019年〈令和元年〉5月1日 - )。皇族。お印はハマナス。敬称は陛下。勲等は勲一等宝冠章。旧名は小和田 雅子(おわだ まさこ)。 住居は、東京都港区元赤坂の赤坂御用地内にある赤坂御所。
    52キロバイト (6,809 語) - 2019年11月10日 (日) 07:40



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    雅子皇后、ご成婚の日のドレスから世界を魅了した和洋5着の優美な装いまで


    「即位の礼」に伴う「饗宴の儀」と「お茶会」で、新皇后雅子さまは全角度からの視線を考えられた装いを選ばれた。ティアラやネックレスのエピソード、ご成婚の日(1993年6月9日)を思わせるローブ・デコルテをはじめ、5回の宴のコーディネートを研究した。
    「世界最古の王朝」と謳われる日本の皇室。2000年以上の歴史に裏付けされた美しくも荘厳な「即位の礼」。その儀式に酔った人々をさらに喜ばせたのは天皇皇后両陛下が主催されたパーティー。着席、立食と形式は違っても和食が供され、ゲストたちは季節感あふれる日本の味を堪能した。
    そして人々のもうひとつの楽しみは、雅子さまの装いのおもてなし。お立場にふさわしく高貴な淡色で整えられた優美なドレスとお着物。自信を取り戻された輝くばかりのほほ笑みと共に新皇后の威厳を漂わされた。その和洋織り交ぜた5つの装いをさっそく見ていこう。

    【特報 『雅子皇后、ご成婚の日のドレスから世界を魅了した和洋5着の優美な装いまで』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『【ラグビーW杯】上皇夫妻が3位決定戦をご観戦 会場ビジョンで観客どよめき、手を振り笑顔で対応』


    上皇の后は「上皇后」(じょうこうごう)である。敬称は上皇と同様に「陛下」である。 なお、日本の多くの報道機関、マスメディアは「上皇さま」ないし夫妻両者を指す場合は「上皇夫妻」などと呼称する。 天皇が退位するのは江戸時代後期の1817年(文化14年)に退位した光格上皇
    20キロバイト (2,721 語) - 2019年10月29日 (火) 14:49



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【ラグビーW杯】上皇夫妻が3位決定戦をご観戦 会場ビジョンで観客どよめき、手を振り笑顔で対応
    ニュージーランド―ウェールズの3位決定戦を観戦
     ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は1日、東京スタジアムで3位決定戦が行われ、世界ランク3位のニュージーランドが同4位のウェールズと激突。前半は互いの意地がぶつかり合い、ニュージーランドが4トライを奪って28-10とリードして折り返した。東京スタジアムには、上皇上皇后ご夫妻が観戦。優勝を逃したものの、3位を目指して奮闘する両国の戦いを見守っている。

    オールブラックスが前半に4トライを奪い、迎えた後半開始直前。会場の大型モニターに映し出されたのは、上皇上皇后ご夫妻のお姿だった。観客からどよめきが起きると、映っていることに気づいた様子。席を立ち上がり、笑顔で手を振って応えた。

     試合はオールブラックスがリードする展開。会場で熱狂する観客とともに、上皇上皇后ご夫妻がラグビーを観戦した。

    【特報 『【ラグビーW杯】上皇夫妻が3位決定戦をご観戦 会場ビジョンで観客どよめき、手を振り笑顔で対応』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『悠仁さまの作文「トンボと私」 都コンクールで佳作に』


    悠仁親王(ひさひとしんのう、2006年〈平成18年〉9月6日 - )は、日本の皇族。秋篠宮文親王と同妃紀子の第1皇男子。徳(今上天皇)の甥で、明仁(上皇)の孫。身位は親王。皇室典範に定める敬称は殿下。お印は高野槇(こうやまき)。皇位継承順位は父・文親王に次ぐ第2位。姉に眞子内親王と佳子内親王がいる。
    56キロバイト (4,002 語) - 2019年10月28日 (月) 05:07



    (出典 www.dailyshincho.com)


    悠仁さまの作文「トンボと私」 都コンクールで佳作に

    宮内庁皇嗣職は1日、秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが書かれた作文が、作文コンクールの都大会、中学校の部で佳作に選ばれたことを明らかにした。
     お茶の水女子大付属中学校1年生の悠仁さまは、今年の夏休みの宿題で「トンボと私」と題する作文を書き、全国規模の作文コンクールに応募したところ、都大会の佳作に入賞されたという。
     皇嗣職によると、悠仁さまは幼少のころから赤坂御用地内の宮邸周辺や旅行先で自然観察をするのを趣味とし、作文では、トンボの調査と生息環境について、考えをまとめられたという。

    【特報 『悠仁さまの作文「トンボと私」 都コンクールで佳作に』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『小室圭さんの「婚約内定」実は白紙か、宮内庁が公式見解』


    小室側がトラブルについて説明するのは初めてである。 小室家に金銭的支援をした、小室圭の母親の元婚約者男性は、朝日新聞社の取材に「トラブルは解決していない」と反論している。男性は「婚約期間中、小室圭の母親の求めに応じる形で生活費の支援や、小室圭
    70キロバイト (9,409 語) - 2019年10月5日 (土) 13:43



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    小室圭さんの「婚約内定」実は白紙か、宮内庁が公式見解

    鮮やかな色に染められた布や手編みのかばん、エスニックな民芸品が並ぶ会場で、振袖姿のプリンセスはひときわ周囲の目を引いていた。

    9月30日、東京・日本橋のホテルで、日本中近東アフリカ婦人会主催のチャリティーバザーが開催され、秋篠宮家長女の眞子さま(27才)は1時間ほど各ブースを見て回られた。
    「販売側が民族衣装を着ているのに合わせてか、眞子さまは振袖姿でいらっしゃいました。バザーということもあり会場はラフな雰囲気だったので、振袖姿の眞子さまはとにかく目立っていた。自らおすすめの商品を聞き、バナナチップスを試食されるなど、とても楽しまれていました。アフリカのマラウイ共和国の伝統的な布で、エプロン代わりになる『チテンジ』を気に入られ、購入されたそうです」(皇室記者)
     そんな眞子さまは10月23日に28才の誕生日を迎えられる。2017年9月、小室圭さん(28才)と「婚約内定」の会見に臨まれ、幸せの笑みを見せられてから2年が経った。
    「小室さんは昨年夏から留学先のアメリカで弁護士資格取得のため猛勉強の日々を続けているようです。この夏には4か月の長期の“夏休み”がありましたが、帰国することなく、眞子さまとも会っていません。それでも、小室さんの代理人は常々、“今も眞子さまとの結婚の意思に変わりはない”と語っています」(皇室ジャーナリスト)
     眞子さまとは頻繁に連絡を取り合っているそうで、眞子さまも“その時”を心待ちにしていることだろう。何があろうとも、「婚約内定」をしているわけだから、結婚されることは間違いない──しかし、そんな期待を揺るがす衝撃の事実が発覚した。
    ◆新しいパートナーがいても、何ら問題ない
     小室さんの名前がメディアで報じられる際、必ず呼称されるのが、「婚約内定者」という“肩書”だ。
     一部には、「婚約者」や「フィアンセ」という呼ばれ方をされたこともあったが、それについては「一般の結納にあたる『納采の儀』が行われていない」という理由で宮内庁が明確に否定した。それ以降、婚約内定者という呼称が定着した。

    その呼び名の根拠は、一昨年9月、上皇陛下が天皇在位中に結婚の『ご裁可』を与えられたことです。ふたりが参内し、陛下に挨拶されて、陛下が裁可された直後に婚約内定会見が行われました」(別の皇室ジャーナリスト)
     たしかにその通りなのだが、状況はずいぶんと変わっている。上皇陛下が裁可を与えられた当時、眞子さまの結婚は平成時代のうちに執り行われる予定だった。しかし、結婚関連儀式は延期され、その間に御代がわりも行われ、新天皇が即位された。
     新天皇の御代になった今、上皇陛下の裁可が現在も“有効”なのか、小室さんを婚約内定者と呼ぶべきか、曖昧な部分があることは否めない。
     本誌・女性セブンがその点を宮内庁に問い合わせると、宮内庁総務課報道室より、以下のような「公式見解」が伝えられた。
    《お二人のご婚約内定発表に際しての天皇陛下のご裁可は、旧皇室典範とそれに基づく皇室令等を踏まえたものです。それらの法令は、日本国憲法施行日の前日に廃止されましたが、皇室には長い伝統があり、その伝統は旧皇室典範や皇室令に反映されていると考えられるので、現憲法に違反しない限りは、皇室の行事もそれらに準拠して行うことは差し支えないと考えています》
     あくまで裁可は皇室の長い伝統に沿ったもの──そんな前置きの上で、宮内庁はこう結論づけている。
    《現在の「ご裁可」は、ご結婚の効果そのものに影響を与えるものではなく、皇室の伝統を活かすものとして行っているものと理解しています》
     つまり、小室さんが“婚約内定者”である前提となっていた裁可は、「結婚には直接、関係がないもの」と宮内庁が見解を示したことになる。
    「今のままの状態が続き、ずっと小室さんが“婚約内定者”状態であり続けることを懸念しているのでしょう。そう認識されることで、小室さんは留学先で年間数百万円とされる授業料を免除されるなど、“特別扱い”を受けているふしがあります。
     実際には婚約をしているわけではないのだから、現時点で眞子さまが新しいパートナーをつくられても、何ら問題ないわけです。結婚の見通しが立たない今、ずっと小室さんを“婚約内定者”と呼び続けることには問題があるかもしれません」

    【特報『小室圭さんの「婚約内定」実は白紙か、宮内庁が公式見解』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『雅子さまに一目惚れした皇太子さま、3カ月の間に4回の運命の赤い糸』についてTwitterの反応


    ※書籍デザイン上ノンブルなしのためページ数指定できず。 ^ 『女性セブン別冊 皇太子さま雅子様〜華麗平成絵巻〜』(1993年)、小学館。 ^ 日刊スポーツ 皇太子妃に小和田雅子さん内定/復刻 ^ 『人間・皇太子さま雅子さまとの“ちょっと気になる話”』(松崎敏弥、1993年)55頁 ^ 八幡哲郎『さらば霞が関』PHP
    62キロバイト (6,943 語) - 2019年10月3日 (木) 11:49



    (出典 kisetsuneta.info)


    雅子さまに一目惚れした皇太子さま、3カ月の間に4回の運命の赤い糸

    トルコのエルドアン大統領夫妻と会見。写真/宮内庁提供

    7月1日、天皇陛下と雅子さまは、皇居の宮殿でトルコのエルドアン大統領夫妻を迎えられました。そのときの雅子さまは、日本の伝統的な装いであるお着物をお召しでした。明るいグリーンのお着物はなんとも清々(すがすが)しく、雅子さまの美しさを引き立てていました。
    エルドアン大統領は、イスラム主義を大切にするお立場の方。同行されたエミネ夫人は、いつもイスラム伝統のヘッドスカーフを被られています。日本の伝統的な装いでお迎えしたのは、中東情勢に明るい雅子さまらしいおもてなしの工夫だったのかもしれません。
    天皇陛下と雅子さまは、翌2日にはサウジアラビアのムハンマド皇太子と会見されています。さらに、11月にはローマ法王が来日し、来年春には中国の習近平国家主席が国賓として招かれています。
    「天皇皇后両陛下に謁見したい」という世界各国首脳からの申し出は後を絶たないといいます。元外交官のキャリアを活かした雅子さまの皇室外交は、しばらく続きそうです。

    若いころ「国際舞台で働きたい」という夢をお持ちだった雅子さま。

    あこがれの外交官試験に合格して、キャリアウーマンとして活躍されていたそのさなか、外交官という肩書がご縁となって皇太子浩宮さまと運命的な出会いをします。今日はそんな二人のなれそめのお話をいたしましょう。


    女性外交官の卵として話題に
    雅子さんが外務省試験に合格したころ、父の小和田恆(ひさし)さんは外務省条約局長という要職にありました。そのため合格発表の際には、親子二代の、それも女性外交官の卵として話題となったのです。
    読売新聞のインタビューに、雅子さんはこう答えています。
    「アメリカ留学の寮生活で、世界の人々の悩みを知りました。それが私を外交官の道へと歩ませたのでしょう。いまは結婚のことは考えておりません。仕事のことだけです」
    人生とは面白いもので、そんなふうに言っているときほど、運命的な出会いがあるものです。

    猛烈に勉強した、まだ幼さの残る奥手な女性
    昭和61年(1986年)10月18日、東京・元赤坂の東宮御所(現・赤坂御所)において、東京国立西洋美術館で開かれたエル・グレコ展のために来日していたスペインのエレナ王女を歓迎する皇室主催の茶会がありました。
    その日は、赤坂御用地内の馬場で皇室伝統の馬術「打毬(だきゅう)」も披露されました。

    招待客は、外務省関係者や学者などおよそ120人。その中に、雅子さんの姿がありました。恆さんの先輩にあたる中川融(とおる)さん(元在ソ連日本大使)から雅子さんのことを聞いていた宮内庁が、エレナ王女と同じ年頃の女性ということで、特にメンバーに加えたもののようでした。
    そのころ雅子さんは、外交官試験に合格したばかり。美貌というよりは、猛烈に勉強した、まだ幼さの残る奥手な女性という印象だったそうです。

    その日、初めて紹介された皇太子浩宮さまと雅子さんは、軽く挨拶を交わした程度でした。

    「(外交官試験に)合格してよかったですね」
    珍しく積極的に声をかける浩宮さま。
    「はい、ありがとうございます」
    ていねいに会釈する雅子さん。

    当時26歳の浩宮さまは、このとき、スーパーレディに一目惚れしたのです。
    のちに浩宮さまは、雅子さんの第一印象を、
    「けた外れにスケールの大きい女性」
    と語っています。

    それに対し、雅子さんはどう思われたのでしょう。
    雅子さんは、帰宅すると祖母の江頭寿々子さんにこう尋ねました。
    「おばあさま、浩宮さまって、そんなにおえらいの?」
    「浩宮さまは、将来、天皇になられる方ですよ」
    「じゃあ、私、すごい方に会ったわけね」
    驚いた雅子さんは、こう言ったといいます。だからといって、どうというわけでもありません。そのときの雅子さんの頭の中は、国際舞台で活躍する外交官となる夢でいっぱいだったのです。
    雅子さんを食事に招待。留学時代の思い出で話が弾む
    2度目の出会いは、それから1カ月後にやってきました。英国大使館で開かれた日英協会主催のパーティの席です。

    お二人が私的な会話を交わしたのは、その年も押し詰まった暮れのことでした。
    3度目は12月30日の晦日の日、皇太子浩宮さまは雅子さんを食事に招待したのです。ハーバード大学の弘中平祐・和歌子夫妻も同席し、お二人の間では留学時代の楽しい思い出で会話が弾んだといいます。
     
    もしかしたら、このころから雅子さんは自分が浩宮さまから個人的な関心を持たれているかもしれない、と感じるようになったのではないでしょうか。

    年が改まった昭和62年(1987年)1月9日、日英協会の餅つきパーティの席上で、浩宮さまと雅子さんは再び顔を合わせる機会がありました。なんと、たった3カ月の間に4回もの出会いがあったのです。

    その年の4月、雅子さんは外務省に入省しました。配属されたのは、経済局国際機関第二課。雅子さんは、本格的に外交官として仕事をしていくことになったのです。
    しかしながら、雅子さんに注目し期待をかけていたのは外務省ばかりではありません。浩宮さまをとりまく人々、いいえ、浩宮さまご本人こそが、未来の雅子さまの可能性を見出していたのです。

    外交官だった小和田雅子さんは、皇太子・浩宮さまに見初められて皇室に入ることに。雅子さまの生い立ちやから皇太子の熱い求愛、ご成婚までの軌跡が余すところなく盛り込まれた作品。雅子さまと同じく、平民から皇室に入られた美智子さまのお姿を交えて描きます。
    美智子さまから雅子さまへ 三部作1 美智子さまの想いが雅子さまへ 雅子妃誕生価格 1500円(税抜)
    外交官だった小和田雅子さんは、皇太子・浩宮さまに見初められて皇室に入ることに。雅子さまの生い立ちやから皇太子の熱い求愛、ご成婚までの軌跡が余すところなく盛り込まれた作品。雅子さまと同じく、平民から皇室に入られた美智子さまのお姿を交えて描きます。
    愛子さまをご出産されたのち、適応障害になり長期の療養生活を送られた雅子さま。ご成婚から10年を迎え、病と闘われているご様子に触れた作品です。雅子さまをやさしく包み込む、皇太子浩宮さまと美智子さまの愛に胸打たれます。

    【特報『雅子さまに一目惚れした皇太子さま、3カ月の間に4回の運命の赤い糸』についてTwitterの反応】の続きを読む

    このページのトップヘ