芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ: 皇室

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    そのくらい思いがあるのか? しかし国民の理解がが無ければ ダーテイなイメージがある相手 ヤカラ チトかわいそう『眞子さま』についてまとめてみた



    眞子さま生涯独身」の覚悟も…自筆コラムの意味深な中身
    新たに家庭を築くことは、なかなか想像の範囲に収まることではないと思いますが、小室さんと共に、温かく、居心地が良く、笑顔あふれる家庭をつくることができれば、うれしく思います》

    ’17年の9月3日、婚約内定会見に望まれた眞子さまは、笑みを浮かべながら小室圭さんとの将来像を語られていた。

    それから約3年――。2人の将来は見えないままだ。

    「結婚への最大の障害となっている金銭トラブルについては、元婚約者男性との話し合いはまったく進んでおらず、解決の糸口は見えません。また、秋篠宮さまが昨年11月の会見で《何らかのことは発表する必要がある》と述べられたのを受け、眞子さまは今後の見通しと結婚についてのお気持ちを発表する文書を準備されていたといいます。しかしコロナ禍により、その発表も無期限延期状態です
    そんななか眞子さまは、8月に入ってご自身で綴られた文章を発表されていたのだ。

    お勤め先である博物館・インターメディアテクのホームページには、研究者のリレーコラムが掲載される“ブログ”が存在する。眞子さまは8月6日、13日と2週連続でコラムを更新された。

    1月9日以来、約7カ月ぶりの投稿となったコラムの内容は、英国の海洋生物学者、ウィリアム・カーマイケル・マッキントッシュ(1931年没)の研究書に収録された図版についてだった。

    その図版を描いた作者がウィリアムの妹、ロベルタであることを紹介するとともに、彼女が第1子出産後に若くして他界したことにも触れられている。

    《ウィリアムは妹の絵の才能をたいへん誇りに思っており、環形動物の絵の展示を開けるよう手配したこともあったという。ロベルタが残した写真帖には、顕微鏡を前に作業する兄を描いたページがある。研究に集中する兄の姿は、その研究を支えていた妹にとってお馴染みの光景だったのであろう》

    このようなブログの一節からは、きょうだい愛を描いたコラムのようにも受け取ることができるが、皇室ジャーナリストはこう語る。

    「眞子さまといえば、これまでもさまざまな場面で、公表される作品や文章の中にご自身の心情を滲ませていらっしゃいます。今年1月の歌会始の儀で発表された歌も、意味深な作品でした」

    歌会始のお題は「望」だったが、眞子さまはこう詠まれた。

    《望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな》

    ’17年9月に行われた婚約内定会見で、小室さんは「夜空の月を見つけたとき、うれしくて眞子さまに電話をした」というエピソードを明かした。さらに、眞子さまを「月のように静かに見守ってくださる存在」と表現していた。

    「眞子さまにとって“月”は特別なもの。ご結婚延期から間もなく丸2年を迎えるタイミングで、小室さんへの変わらぬ愛を歌にこめられたのでしょう」

    【そのくらい思いがあるのか? しかし国民の理解がが無ければ ダーテイなイメージがある相手 ヤカラ チトかわいそう『眞子さま』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    いいねえ ロイヤル『雅子さま』についてまとめてみた



    雅子さま 今年は自粛されたご静養を秘蔵写真で振り返る
    新型コロナの感染者も再び増え始め、両陛下もご心痛の日々をお過ごしという。この状況下で、この夏のお出かけはどうなるのか? 本来なら、栃木県那須高原、静岡県の伊豆下田の御用邸へお出かけになるころだ。

    今年は愛子さまが学習院大学に進学し、初の夏休み。雅子さまと愛子さまの装いも気になるところだった。来年はご一家でのお出かけのご様子を拝見できることを祈りたい。そんな日を願って、秘蔵写真で振り返るロイヤルバケーションーー。

    【’02年】那須・沼ッ原湿原

    御用邸から那須高原の湿原へハイキングに。途中で会われた家族と楽しそうにご交流を。


    《ついに解禁》新医薬部外品育毛剤!最新の育毛テクノロジーをお試しあれ! 1日たった79円⁉薄毛は放置してると進行していく一方…そんな薄毛にちょっと待った!!実感者続出の上場企業の実力がヤバすぎた!!
    ファーマフーズ
    詳しくはこちら
    【’02年】須崎・三井浜

    上皇ご夫妻、秋篠宮ご一家と一緒に御用邸内の海岸をご散策。美智子さまは愛子さまをあやされた。

    【’03年】那須・共同利用模範牧場

    那須御用邸の隣に広がる広大な那須町の牧場へ。ご一家で馬や乳牛をご覧になり笑顔を。

    【’06年】オランダ王室別荘ヘット・アウデ・ロー宮殿

    愛子さまの初海外旅行。王室の別荘で王国ファミリーと交流された。帰国後、雅子さまのご体調が回復傾向に。

    【’09年】那須どうぶつ王国

    那須ご静養中に必ずお出かけになる、ご一家お気に入りの施設。愛子さまが仲よしの男の子と駆け出される場面も。

    【’11年】那須どうぶつ王国

    ラクダや馬など動物とのお触れ合いも毎年のお楽しみ。ご一家で自然に振る舞われ、いつも長い時間滞在されている。

    【’14年】伊勢神宮

    式年遷宮の翌年、中学1年の夏休みに愛子さま初の伊勢神宮ご参拝。緊張した面持ちで参道を進まれた。

    【’16年】上高地

    第1回「山の日」記念全国大会へ。式典後、河童橋から明神池まで湿原沿いの歩道をハイキング。

    【’18年】須崎・三井浜

    平成最後の夏休み。下田市の須崎御用邸内にある三井浜で、拾った貝の名を確認されながら浜辺を歩かれた。

    【いいねえ ロイヤル『雅子さま』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ヤッパリ 天皇陛下 落ち着きますね『両陛下』についてまとめてみた



    両陛下 コロナ禍のご奮闘…ご進講など15回、5千万円寄付も
    「皇后さまからは『介護の現場では、みなさんが頑張っていらっしゃったのですね』と、労いのお言葉をいただきました」

    そう話すのは、「全国老人保健施設協会」会長の東憲太郎さん。6月23日に天皇陛下と雅子さまに、コロナ禍における老人介護の現状をご説明した。

    「3,600ほどの施設が当協会に加盟していますが、新型コロナウイルスの感染者が出たのは16カ所、クラスターの発生は5カ所でした。多くの施設では職員たちがたいへんな努力で感染を防いだこと。そしてクラスターとなった施設では、感染を逃れた数少ない職員で泣きながら介護をしていたことなどをお伝えしました。
    そのときの両陛下はとてもおつらそうなご表情を浮かべられ、現場の職員たちを真剣に心配してくださっていると感じました。『ご苦労されたのですね』と現場の職員たちを労う天皇陛下のお言葉に続いて、皇后さまから『日本の高齢者の方々をみなさんが守られているのですね。お体を大切になさってください』と励ましのお言葉をいただきました」

    4月10日、政府の専門家会議で副座長を務めた尾身茂氏に始まり、陛下と雅子さまがマスク姿で臨まれたご進講・ご接見は7月までに15回。医療関係団体から児童福祉や老人福祉、生活困窮者支援まで、その分野は多岐にわたる。

    NPO法人「キッズドア」理事長の渡辺由美子さんも、7月21日に両陛下にご接見をたまわった。コロナ禍における、生活困窮世帯の子供たちへの支援状況などをご説明したという。

    「実は当初、予定時間は10分だったのですが、事前に侍従の方から『両陛下はとてもご関心をもっていらっしゃるので、(予定より)ゆっくりお話しください』と伝えられていました。熱心にメモを取られる両陛下のお姿から、子供たちを心配されるお気持ちが伝わってきました。皇后さまからは『どういうボランティアの方がいらっしゃるの?』『お母さまたちの様子はどうですか?』とさまざまな質問をいただきました。『本当にたいへんな活動をなさって。ありがとうございます』ともおっしゃってくださいました」

    コロナ禍の外出自粛を機に「キッズドア」では、それまで行っていなかったオンラインの学習支援への取り組みを開始した。渡辺さんとともに2つの団体の代表が、コロナ禍で生まれた工夫やつながりを、子供たちを地域で支える社会へと変えるきっかけにしたいと説明した。すると陛下は「ピンチはチャンスになりますね」とおっしゃったという。

    7月下旬から再び全国各地で感染者数が急増。両陛下と国民の直接的なご交流は途絶えたままだ。

    「前例踏襲にこだわる宮内庁は、ビデオメッセージやSNSの活用といった試みにも及び腰です。お出ましにもなれず、メッセージを発信される手段も極めて限られている……。皇室の存在意義が問われる“危機的状況”といっても過言ではありません。そういった状況下でもなんとか国民を励ましたいという両陛下の思いが、15回にも及んだご進講とご接見に表れているのではないでしょうか」(皇室担当記者)

    毎週のように行われたご進講・ご接見には、どのような意味があるのだろうか。象徴天皇制を研究する歴史学者で、名古屋大学大学院人文学研究科准教授の河西秀哉さんはこう語る。

    「両陛下には、子供・老人・生活困窮者など、感染拡大によって間接的に影響がある人々の状況まで知りたいという思いがあるのではないでしょうか。認知症や知的障害に関する取り組みをしている方にも話を聞いているのは、そういった社会的に弱い立場の人々への影響をとくに心配しているようにも受け取れます」4月の尾身茂氏のご進講後には、天皇陛下による冒頭のあいさつが公表されている。

    「あいさつの公表は異例のことで、非常に驚きました。とくに《私たち皆がなお一層心を一つにして力を合わせながら》という文言は、ビデオメッセージが出せないなかで、かなり強いメッセージ性を込めたものに感じました。また日赤社長のご進講にあたっては、雅子皇后のあいさつも公表されました。これは、天皇皇后が心を合わせて国民のことを心配しているという姿を示そうとしたのではないかと思います」(河西さん)

    雅子さまはこのとき、医療の最前線で働く医師や看護師、その家族や関係者の苦労や頑張りへの理解を示され《陛下とご一緒に心からのお礼の気持ちをお伝えしたい》と述べられている。

    天皇皇后というお立場ゆえに極めて制約が多く、できないことだらけであっても、工夫をこらして国民に思いを届けたい――。15回のご進講とご接見には、まさに両陛下の“ピンチを希望に!”という切なる願いが込められているのだろう。

    今年4月、天皇陛下の即位に当たり、両陛下から「子供の未来応援基金」に5千万円が寄付された。

    その一部が新型コロナへの緊急支援に使われ、「キッズドア」のオンライン学習支援にも使われている。前出の渡辺理事長が言う。

    「ご接見の終わりに、両陛下からご寄付とお気持ちを寄せていただいていることを、子供たちや保護者に伝えたいと申し上げました。すると皇后さまから『ぜひ、どんどん伝えてください。子供たちに私たちも応援していることや、頑張ってほしいと願っていることを伝えてください』とのお言葉をいただきました。コロナ禍でなければ、現場に行って励ましたいと思っていらっしゃるように、強く感じました」

    再び国民と触れ合える日がくるまで、希望に向かって、天皇陛下と雅子さまのご奮闘は続く――。

    【ヤッパリ 天皇陛下 落ち着きますね『両陛下』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    いいねえ 輝いてますね『雅子さま』についてまとめてみた



    雅子さまのお気に入りカラー「ロイヤルブルー」皇室の品格あふれる装い7選
    令和を迎え、皇后になられた雅子さま。聡明さと語学力、ご自身のキャリアを発揮され、海外からの賓客も細やかなお心遣いでもてなされるなど、皇后としての存在感を示されています。

    そして雅子さまのファッションを拝見するのも私たちの楽しみのひとつ。ミモレの連載『毎日、雅子さま』にて公開中の写真から、雅子さまのファッション&スタイルをテーマごとにご紹介します。今回は、雅子さまのお気に入りカラーでもある、ロイヤルブルーのコーディネートをピックアップ。ご成婚前から今も変わらないジャケットやコート、スーツなど気品あふれる装いの数々をご覧ください。

    【いいねえ 輝いてますね『雅子さま』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    国民に理解されなければならない『小室圭さんを美化しないで』についてまとめてみた



    小室圭さんを美化しないで!」称賛報道に宮内庁が極秘要請
    90年6月29日の朝、紀子さまは実家・川嶋家のご家族にそう告げられた。そして皇居で秋篠宮さまとの「結婚の儀」に臨まれ、皇室へと嫁がれた――。

    秋篠宮さまと紀子さまのご結婚、そして秋篠宮家の創設から30年。ベテラン記者は、紀子さまの“激変ぶり”に驚いているという。

    「いまや『秋篠宮家のキーパーソンは紀子さま』といっても過言ではないでしょう。ご成婚された当時は、学者の家庭で育った素直なお嬢さまというイメージでしたが、ご一家を支える大きな存在になられました。“皇室一忙しい”と言われるほど多くのご公務にご夫妻で取り組まれながら、3人のお子さまを育てられたのですから」90年6月29日の朝、紀子さまは実家・川嶋家のご家族にそう告げられた。そして皇居で秋篠宮さまとの「結婚の儀」に臨まれ、皇室へと嫁がれた――。

    秋篠宮さまと紀子さまのご結婚、そして秋篠宮家の創設から30年。ベテラン記者は、紀子さまの“激変ぶり”に驚いているという。

    「いまや『秋篠宮家のキーパーソンは紀子さま』といっても過言ではないでしょう。ご成婚された当時は、学者の家庭で育った素直なお嬢さまというイメージでしたが、ご一家を支える大きな存在になられました。“皇室一忙しい”と言われるほど多くのご公務にご夫妻で取り組まれながら、3人のお子さまを育てられたのですから」

    【国民に理解されなければならない『小室圭さんを美化しないで』についてまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ