芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:芸能まとめ > 人気落

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【芸能】 (動画あり) (画像あり)『宮迫復帰』についてまとめてみた


    宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年3月31日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優である。本名同じ。 共に水産業で勤務していた大分県大分市出身の父親と香川県出身の母親の間の3人兄妹の次男として大阪府茨木市で誕生。若手時代に住んでいた関係で西淀川育ちと思われがちだが、、中学まで同市在住のため、
    30キロバイト (3,947 語) - 2020年1月10日 (金) 07:46



    宮迫復帰が遅れている本当の理由 よしもと芸人や作家・スタッフたちが心底落胆した「タイガーマスク」の迷走
    田村淳も、「始動と題して二人のトークライブを開催し、その後に記者会見を開く予定です」
    と表明。吉本社員曰く、「現在、日程は調整中だが遅くても来月上旬までには実現させたい」ということで、一気に山が動き出したといった具合です。

    「相方・淳の世渡り上手には驚く」と話すのは、テレビ局関係者。

    【【芸能】 (動画あり) (画像あり)『宮迫復帰』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【衝撃】 (動画あり) (画像あり) 悔しい 怒り 『安藤優子』についてまとめてみた


    安藤 優子(あんどう ゆうこ、1958年11月19日 - )は、日本のニュースキャスター。ウェーブ産経代表幹事。有限会社エイアンドアソシエイツ所属。千葉県市川市出身。身長164.5cm、血液型はA型。 市川市立八幡小学校、千代田区立九段中学校卒業。1974年、東京都立日比谷高等学校に入学。高校在学
    22キロバイト (2,839 語) - 2020年1月5日 (日) 09:44



    安藤優子 レバノンで怒りのリポート 会見締め出しに「当事国、なぜ排除」

    拡大
     キャスターの安藤優子が9日、レバノンからフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に出演した。8日に行われたカルロス・ゴーン被告の会見を取材するために、レバノンに向かったが、会見場には入れず、締め出しを食らった。9日にはレバノンからの生中継で、「自分に正義があるというのなら、なぜ日本の法廷で主張を展開することなく、非合法な形で出国したのか、その理由について聞きたいと思っていました」と憤りをにじませながら語った。
     8日の会見には、日本のメディアはゴーン被告側が選んだというテレビ東京、朝日新聞、小学館しか入ることは許されず、「とくダネ!」を含むフジテレビメディアは締め出された。
     安藤は会見の2時間半前に会場に到着していたが、リストに安藤、フジテレビの名前はなく、「日本は当事国です。そのメディアが排除されるということはどういうことなんでしょうか」と怒りに満ちたトーンでリポート。警備担当ら関係者に「なぜ入れない?理由は?なぜ選ばれたメディアしか入れないのか?」などと質問したが、「分からない」と返され、憤まんやるかたない表情をみせていた。
     安藤は7日に日本を出発。ドバイで乗り換え、18時間以上をかけてレバノン入りしていた。会見場の外ではフランスなど海外メディアの取材を受ける場面もあった。

    【【衝撃】 (動画あり) (画像あり) 悔しい 怒り 『安藤優子』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【驚愕】 (動画あり) (画像あり) (引退?) 『マツコ・デラックス』についてまとめてみた


    マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。新聞のラテ欄やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。
    44キロバイト (5,322 語) - 2020年1月5日 (日) 02:06



    マツコ「引退準備」の仰天情報 “元スマ叩き”から悪い流れに

    かつてない逆風下にあるマツコ
     人気タレントとしてテレビでその姿を見ない日はないというほど、相変わらずの売れっ子ぶりのマツコ・デラックスに、超ド級の仰天情報が浮上した。なんと、本気で芸能界引退を考えているというのだ。きっかけはマツコの毒舌を鈍らせることになってしまった「NHKから国民を守る党」(N国党)とのあのバトルだが、原因はほかにもあるようで――。
    「なんでも最近は、1人でテレビを見られないそうなんです。万が一、ザッピングをしてN国党党首の立花孝志議員の顔を見てしまうと、パニック状態に陥ってしまうからだそうです。顔を見るのも嫌だ、っていう気持ちは分からなくはないですが…」(ある制作会社の関係者)
     だが、マツコが落ち込んでいるのはN国党とのバトルだけではない。最近、マツコ人気に明らかにカゲリが見え始めていることも原因だという。
    「以前はマツコに対しSNSなどでバッシングが起きることはまずあり得なかった。風向きが変わったのは、週刊文春が掲載した元SMAPの稲垣吾郎に対する発言から。『だってテレビは使いたくないんだもん。SMAPだから使われていたわけ…。SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか。SMAPにいたからこそチヤホヤされていた』などと言いたい放題、毒舌をぶっ放したんです。それがどうやら引き金になったみたい」(テレビ関係者)
     この発言により、当然マツコは元SMAPファンから猛バッシングを受けることになったのは記憶に新しい。
    「マツコは、文春の報道は『歪曲された』ものだと主張したけれど、もう後の祭りです。あの一件以来、明らかにミソがついてしまったことは間違いないでしょう」
     さらに、その悪い流れはマツコ最大の稼ぎ場といえるCMにも影響を及ぼしそうだ。
    「マツコのCMのギャラは1本最低2000万円からといわれています。現在、ナショナルクライアントが10社以上もあるので、CMだけで年収は軽く2億円は超えている計算です。ところが、最近マツコがMCの番組視聴率が軒並み下がっているんですよ。クライアントは視聴率に敏感です。イメージも悪化しているとなれば、減ってくるのは当然でしょう。来年の今ごろには半減どころか最悪3分の1になっているかもしれません」(芸能プロ関係者)
     自身の番組の視聴率が下がり、CMクライアントからの求心力も低下すればメディア露出もどんどん少なくなっていく。いわば、“マツコ全盛時代”が終わりを迎えているというわけだ。
     こんな状況を察したマツコは、いよいよ引退を考えているという。
    「確かにN国党との一件以来、得意の毒舌にキレがなくなった。自信がなくなっているんでしょう。最近は貯金でアパートを購入して、余生は海の見えるマンションで1人で果てたい、なんて弱音を吐いているようです。まあ、親友の有働由美子がそのたびにカツを入れて励ましているようですが…」(事情通)
     元SMAPの3人は、このところテレビ出演の機会が増えている。公正取引委員会が、3人を出演させないようにテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとしてジャニーズ事務所を注意した影響が出ていることは明白だ。そうなると、マツコの発言を思い出すファンも少なくないはずで、この逆風は当分続くことになるだろう。
     果たしてマツコはタレントとして再び復活することができるのか? それとも本当に引退してしまうのか。

    【【驚愕】 (動画あり) (画像あり) (引退?) 『マツコ・デラックス』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     特報  『新庄剛志氏、ネット生激白30分! 型破りな言動は相変わらず 「知人に25億円だまされて今、口座には76万円」』についてTwitterの反応


    新庄 剛志(しんじょう つよし、1972年1月28日 - )は、長崎県下県郡美津島町(現:対馬市)生まれの福岡県福岡市南区育ちの元プロ野球選手(外野手、内野手)。右投右打。現役引退後はタレント、実業家、クリエイター(商品プロデューサー、画家など)、地方競馬全国協会 (NAR)
    276キロバイト (38,736 語) - 2019年11月17日 (日) 14:52



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    新庄剛志氏、ネット生激白30分! 型破りな言動は相変わらず 「知人に25億円だまされて今、口座には76万円」
    13年間のブランクを経て、現役復帰への挑戦を宣言した新庄剛志氏(47)が20日、インターネット配信に生出演して仰天発言を連発した。

     移住先のバリ島から帰国中の新庄氏は、自身のインスタグラムに動画をフル回転で投稿中だ。都内のバッティングセンターで打撃練習、渋谷のスクランブル交差点で腕立て伏せ、新注のグラブを手にニンマリ-。

     生出演した「LINE LIVE」でもどんな練習をしているのか問われ、「インスタ映えするトレーニング。今まで有言実行で成功してきたけど、この挑戦は一番楽しい。不可能に近いから。伝説をつくりたい。50(歳)だよ。バカでしょ俺。それが面白い」と新庄節をさく裂させた。

     練習風景を「結構、格好いい。野球しているところも、いちいち格好いい」と自画自賛。来年のトライアウトを受験する予定だが、独立リーグではなく、あくまでもプロ野球12球団でのプレーを目指しているようだ。

     そうはいっても、引退後は日本から遠く離れた南の島で生活しており、「12年間ほとんど野球を見ていない。毎年、優勝したチームもわからない」というレベル。自身もプレーした米大リーグへの移籍を目指すDeNA・筒香、西武・秋山、広島・菊地について「誰も知らない。秋山幸二さん(前ソフトバンク監督)、メジャー行くの?」とのたまうほど、ブランクの大きさは深刻だ。

     この日はインスタに、宝くじ5万1000円分を購入する姿も投稿し、「初めて買った。当たりそうな気がする。億万長者を経験して(知人に)25億円だまされて、2000万円しかなくなって。今、口座見たら76万円しかなかった」と告白。「まぁまぁ、楽しいですよ。ここからどうやって、お金をもう1回。2000万円ぐらいあったら十分楽しめる。でも今はお金がないから、ちょっと稼がないと」と本音も飛び出した。

     今回の約30分に及んだ生配信は有料で、お値段は600LIVEコイン(720円相当)。現役復帰宣言で注目を集め、“出稼ぎ”のために帰国した感も否めない。

     日本にはわずか5日間の滞在で、21日にバリ島へ戻る予定。型破りな言動で野球ファンを何度も驚かせてきたが、今度は何をしでかすのか。

    【『新庄剛志氏、ネット生激白30分! 型破りな言動は相変わらず 「知人に25億円だまされて今、口座には76万円」』についてTwitterの反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『沢尻エリカ逮捕“陰謀論”を後押し?鳩山由紀夫元首相のツイートにネット騒然』


    鳩山 由紀夫(はとやま ゆきお、1947年(昭和22年)2月11日 - )は、日本の政治家、経営工学者。一般財団法人東アジア共同体研究所理事長、中国・西安交通大学名誉教授、アジアインフラ投資銀行国際諮問委員会委員、凱富能源集団(中国語版、英語版)名誉会長兼上席顧問。学位はPh.D.(スタンフォード大学・1976年)。
    174キロバイト (24,977 語) - 2019年11月19日 (火) 05:26



    (出典 cdn.buzz-plus.com)


    沢尻エリカ逮捕“陰謀論”を後押し?鳩山由紀夫元首相のツイートにネット騒然

    第93代の内閣総理大臣を務めた政治家の鳩山由紀夫元首相が11月18日、自身のツイッターアカウントを更新し、女優の沢尻エリカ容疑者の逮捕は「政府のスキャンダルを覆い隠すのが目的である」と断言している。
     16日に法律違反の薬物の所持が発覚し、警視庁に逮捕された沢尻容疑者だが、かねてより“クスリの疑惑”を多方面で囁かれていた彼女がこのタイミングで逮捕されたことに関し、鳩山氏は「みなさんが指摘するように、政府がスキャンダルを犯したとき、それ以上に国民が関心を示すスキャンダルで政府のスキャンダルを覆い隠すのが目的である」とツイート。この“政府のスキャンダル”とは現在の首相である安倍晋三による「桜を見る会」私物化問題を指すが、鳩山氏自身は「私も桜を見る会を主催したが、前年より招待客を減らしている。安倍首相は私物化し過ぎているのは明白である」と綴っている。
    「このツイート内で鳩山氏が“みなさんが指摘するように”と表現しているのは、他にタレントのラサール石井もツイッター上で『まただよ。政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。これもう冗談じゃなく、次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ』との陰謀論を呟いていたからです。ラサールの投稿には当然ながら賛否が集まったものの、あくまで1人のタレントによる“トンデモ憶測ツイート”としか解釈されず、嘲笑の声も多かったのですが、さすがに元首相である鳩山氏が『政府のスキャンダルを覆い隠すのが目的』などと断言したことは“笑えないツイート”だとネットをザワつかせています。『これってラサールが言ってるのとは次元が異なる、すげーやばい発言。元総理が言うってことは、つまり自分もやってたってことでしょ』『少なくとも民主党政権下ではこのような手法が取られていたことは分かった』『仮にも元総理の発言だ。何の経験もない外野が騒ぐのとは次元が違う』との反応が寄せられ、いちタレントの憶測とは異なる元総理の発言に驚愕していますよ」(テレビ誌ライター)
     鳩山氏のツイートの真意が、“自分はそのような手法を取ってはいないが、現政権はそうしている”というものなのか、“自分もやっていたし、歴代の総理の常套手段でもある”との意味合いなのかは定かでないが、いずれにしても波紋を呼ぶ発言であったことは間違いないだろう。

    【特報 『沢尻エリカ逮捕“陰謀論”を後押し?鳩山由紀夫元首相のツイートにネット騒然』】の続きを読む

    このページのトップヘ