芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:芸能まとめ > #宝塚歌劇

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    コロナ禍の中奮闘中『宝塚歌劇団』についてまとめてみた



    コロナ禍での宝塚歌劇団の挑戦/芸能
    宝塚歌劇の宙組公演「壮麗帝」(作・演出=樫畑亜依子)がこのほど、大阪の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティでの公演を無事に終えた。当初は4月に同所で上演予定だったが新型コロナ感染拡大防止のため延期となり、約4カ月半遅れ。しかも8公演のみだった。

     物語の舞台は、16世紀初頭のオスマン帝国。宙組男役スター、桜木みなと演じる皇帝スレイマンの生涯を寵姫ヒュッレム(遥羽らら)との愛や、義弟にあたる大宰相イブラヒム(和希そら)との絆を通して描かれる歴史ロマン。

     舞台上では華やかな剣舞や歌が披露されたが、最初はどうしても観劇に集中できなかった。というのも、舞台上が、あまりにも“密”だった。劇場の入り口には消毒液とともに、赤外線による体温検知機器を設置。客席も1席ずつ空けるなど、新型コロナウイルス感染拡大防止が徹底されていただけに、ギャップを感じた。

     そもそも7月17日に再開した宝塚大劇場での花組公演「はいからさんが通る」が、公演関係者に新型コロナ陽性が確認されたために8月2日から中止。公演関係者13人が感染し、兵庫県もクラスター(感染者集団)と認定した。さらに東京宝塚劇場で上演している星組公演の出演者1人が感染しており、宝塚関係者も「念のためにPCR検査をしたら、東京でも陽性が明らかに。東京と兵庫で最近の接点はないのに、どうして…」と、驚きを隠さなかった。

     宙組も出演者30人がPCR検査を受けたが、全員が陰性。とはいえ、見ている側としては「大丈夫なのか?」とも思ってしまう。それでも情感たっぷりにスレイマンを演じる桜木の魅力に、次第に舞台に引き込まれていった。

     桜木は千秋楽のカーテンコールで「今まで当たり前のように思っていた環境がいかにありがたかったかを痛感し、同時にタカラジェンヌの使命を感じずにはいられませんでした。こんな時だからこそ、愛をパワーをお届けしたい一心でした。この奇跡のような時間に感謝します」と語ると、こちらもこみ上げるものがあった。

     クラスターが発生した宝塚大劇場での花組公演「はいからさんが通る」が9月3日から再開する。出演者と観客との距離を取るために演出の一部を変更したり、客席側に張り出した「銀橋」を取りやめるという。コロナ禍の中、100年の歴史を誇る宝塚歌劇団の挑戦が続く

    【コロナ禍の中奮闘中『宝塚歌劇団』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ロミオとジュリエット『礼真琴』についてまとめてみた



    礼真琴、8年ぶりの「ロミオとジュリエット」開幕
    宝塚歌劇団星組トップスター、礼真琴(れい・まこと)が主演を務めるミュージカル「ロミオとジュリエット」(3月29日まで)が14日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。

     宝塚歌劇では8年ぶり5度目の上演。礼自身も3度目の出演で、2010年にダンスだけで表現する「愛」を、13年に新人公演初主演を務め、鮮烈な印象を残したシェークスピアの不朽の名作。公演前には「また久しぶりにあのワクワク、ゾクゾクした作品に携わることができるのは単純に幸せです。同時にやったことのある役、作品であるのでプレッシャーも感じています」と語っていた。

    【ロミオとジュリエット『礼真琴』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    宝塚歌劇団『星風まどか』についてまとめてみた



    宝塚歌劇団は15日、花組の次期トップ娘役に、宙組トップ娘役の星風(ほしかぜ)まどかが7月5日付で就任すると発表した。星風は昨年11月、専科に今月22日付で移ることが発表されていた。

     花組トップ娘役としてのお披露目公演は未定。現在の花組トップ娘役の華優希(はな・ゆうき)は7月4日に退団する。

     星風は東京都出身で、2014年3月の「宝塚をどり」で初舞台を踏んだ100期生。17年11月に宙組トップスター、真風涼帆(まかぜ・すずほ)の相手役として宙組トップ娘役に就任した

    【宝塚歌劇団『星風まどか』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    元気出ます宝塚歌劇 『宝塚歌劇団の挑戦』についてまとめてみた



    宝塚歌劇の宙組公演「壮麗帝」(作・演出=樫畑亜依子)がこのほど、大阪の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティでの公演を無事に終えた。当初は4月に同所で上演予定だったが新型コロナ感染拡大防止のため延期となり、約4カ月半遅れ。しかも8公演のみだった。

     物語の舞台は、16世紀初頭のオスマン帝国。宙組男役スター、桜木みなと演じる皇帝スレイマンの生涯を寵姫ヒュッレム(遥羽らら)との愛や、義弟にあたる大宰相イブラヒム(和希そら)との絆を通して描かれる歴史ロマン。

     舞台上では華やかな剣舞や歌が披露されたが、最初はどうしても観劇に集中できなかった。というのも、舞台上が、あまりにも“密”だった。劇場の入り口には消毒液とともに、赤外線による体温検知機器を設置。客席も1席ずつ空けるなど、新型コロナウイルス感染拡大防止が徹底されていただけに、ギャップを感じた。

     そもそも7月17日に再開した宝塚大劇場での花組公演「はいからさんが通る」が、公演関係者に新型コロナ陽性が確認されたために8月2日から中止。公演関係者13人が感染し、兵庫県もクラスター(感染者集団)と認定した。さらに東京宝塚劇場で上演している星組公演の出演者1人が感染しており、宝塚関係者も「念のためにPCR検査をしたら、東京でも陽性が明らかに。東京と兵庫で最近の接点はないのに、どうして…」と、驚きを隠さなかった。

     宙組も出演者30人がPCR検査を受けたが、全員が陰性。とはいえ、見ている側としては「大丈夫なのか?」とも思ってしまう。それでも情感たっぷりにスレイマンを演じる桜木の魅力に、次第に舞台に引き込まれていった。

     桜木は千秋楽のカーテンコールで「今まで当たり前のように思っていた環境がいかにありがたかったかを痛感し、同時にタカラジェンヌの使命を感じずにはいられませんでした。こんな時だからこそ、愛をパワーをお届けしたい一心でした。この奇跡のような時間に感謝します」と語ると、こちらもこみ上げるものがあった。

     クラスターが発生した宝塚大劇場での花組公演「はいからさんが通る」が9月3日から再開する。出演者と観客との距離を取るために演出の一部を変更したり、客席側に張り出した「銀橋」を取りやめるという。コロナ禍の中、100年の歴史を誇る宝塚歌劇団の挑戦が続く。

    【元気出ます宝塚歌劇 『宝塚歌劇団の挑戦』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    歴史『宙組』についてまとめてみた



    1997年12月12日 組の名前が「宙組」と決定
    1998年1月1日 宙組発足
    1998年1月17日~25日 香港公演『夢幻宝寿頌』『This is TAKARAZUKA!』
    1998年3月27日~5月11日 宙組宝塚大劇場お披露目公演『エクスカリバー』『シトラスの風』

    【歴史『宙組』についてまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ