芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:芸能まとめ > 人気ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『米倉涼子「ドクターX」第3話18・1%好調維持』


    米倉 涼子(よねくら りょうこ、1975年8月1日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属。 横浜市立南希望が丘中学校を経て、神奈川県立旭高等学校卒業。 5歳からの15年間、クラシックバレエを続けていた。小学3年生からは牧阿佐美バレヱ団のジュニアス
    35キロバイト (3,974 語) - 2019年10月30日 (水) 07:23



    (出典 img.jisin.jp)


    ドクターX

    (出典 Youtube)


    米倉涼子「ドクターX」第3話18・1%好調維持

    米倉涼子(44)主演のテレビ朝日系ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜午後9時)の10月31日放送の第3回の視聴率が18・1%だったことが1日、ビデオリサーチの調べで分かった。初回は20・3%、2回は19・0%と高視聴率を記録している。
    米倉演じるフリーランスの天才外科医、大門未知子の活躍を描く人気シリーズの第6弾。勝村政信、岸部一徳、内田有紀らおなじみのキャストの他、ユースケ・サンタマリア、市村正親、今田美桜らが初参加する。
    第3話のゲストは角野卓造、西原亜希。失言を繰り返す現職の厚生労働大臣、梅沢三郎(角野)が、「マスコミが騒がしいので入院させて欲しい」と東帝大学病院にやってくる。しかし、病院長代理のニコラス丹下(市村)はそれを拒絶。梅沢の秘書、竹田邦子(西原)は東京地検に逮捕され拘置所にいる蛭間重勝(西田敏行)のもとを訪れ、不起訴に持ち込む代わりに梅沢を病院でかくまうよう取り計らって欲しいと打診する。
    不起訴となり東帝大病院長に復帰した蛭間は、さっそく梅沢を特患として入院させる。どこも悪くないはずの梅沢だったが、たまたま彼の口腔(こうくう)内を見た大門未知子は舌縁部に腫瘍を発見し、ステージ2の舌がんと診断する。
    未知子は手術を含め48時間の治療を提案するが、丹下は少しでも長く入院させるために化学療法を選択。方針に反抗した未知子は、担当から外されてしまうのだった。

    【特報 『米倉涼子「ドクターX」第3話18・1%好調維持』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『おっさんずラブ放送でネット歓喜 世界トレンド3位』


    “田中圭「おっさんず」再び作れる幸福感/一問一答1”. 日刊スポーツ (2018年12月7日). 2018年12月7日閲覧。 ^ “「おっさんずラブ」映画化!キャスト続投、田中圭は「アクションラブにしたい」”. 映画ナタリー (2018年12月7日). 2018年12月7日閲覧。 ^ “映画「おっさんずラブ
    61キロバイト (8,031 語) - 2019年11月2日 (土) 21:48



    (出典 ossanslove-the-movie.com)


    おっさんずラブ放送でネット歓喜 世界トレンド3位
    テレビ朝日土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ in the sky」1話が2日午後11時15分から放送され、たちまちSNS上が「今回もおっさんずラブ最高すぎる」と歓喜した。放送後、「#おっさんずラブinthesky」が早くも世界トレンド3位に躍り出るなど、大きな注目を集めている。
    昨年4月期に放送され、社会現象を巻き起こしたラブコメの第2弾。続編ではなく、航空会社を舞台にした新バージョンとなる。主演の田中圭演じるはるたんこと春田創一は客室乗務員、吉田鋼太郎演じる黒澤武蔵は機長という役どころで出会い、新キャストに千葉雄大、戸次重幸らを迎えている。

    放送が始まるや、ネット上は「始まったーーー」「やばい面白すぎ」「イケメン同士がハグするオープニング!」など歓迎の声が次々と寄せられた。物語の展開に合わせて「絵心のある人」「デッサン用」「機長」「ディスパッチ」「ダブルクリック」などのワードが続々と急急上昇ワードにランクインした。

    新しいストーリーも注目の的。「続編だと思ったら違うのね気になる」「全然別物、いける」「いろいろと、おーい!!」「はるたんのキャラはそのまま!」「おっさんたちピュアすぎ」「今度は四角関係」「恋の乱気流」「来週まで待てない」などの投稿が相次いだ

    【特報 『おっさんずラブ放送でネット歓喜 世界トレンド3位』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『若村麻由美(4)大阪城の堀に身投げ未遂…“救った”のは毎週の取材』


    若村 麻由美(わかむら まゆみ、1967年1月3日 - )は、日本の女優である。東京都練馬区出身。オフィス春花、トライストーン・エンタテイメント所属。 淑徳高等学校卒業。日本舞踊坂東流名取。 高校卒業後、俳優・仲代達矢主宰の俳優養成所、『無名塾』に入塾。若村
    23キロバイト (2,599 語) - 2019年10月14日 (月) 18:36



    (出典 i.pinimg.com)


    若村麻由美(4)大阪城の堀に身投げ未遂…“救った”のは毎週の取材

    撮影は「2リハ4V」と言って、1週間のうち2日間リハーサルして4日間本番、もう1日は撮影はお休みですが、サイン会とかをするんです。その1日で1週間分のせりふを覚えるので、お休みは全然なかったです。
     月曜日は取材日も兼ねていて毎週7、8社の取材を受けていましたが、当時は大嫌いでした。私がド素人の新人のため、記者の方々が聞くことは一緒。毎回同じことを話して「回答をテープで録音しておくのはダメなのかな?」と思ったぐらいです。何よりも「なぜ自分のことを人に話さなくちゃいけないの?」という抵抗感があって。私生活に話題が及べば及ぶほど「なんの関係があるの?」「初めましてのあなたに家族のことは話せません」と内心思っていました(笑)。
     とにかく初めてのことだらけで思うようにできず、毎晩泣いていました。共演者、スタッフの方々がすごく大事に育ててくださっているにもかかわらず、全然応えられない歯がゆさ、悔しさからです。「この仕事は向いていない」と思いながら寝て、毎朝、目の周りが涙のあとでカピカピになっていましたね。
     思い詰めたこともありました。撮影も中盤を過ぎた10月末の、深夜2時に終わった日のこと。本来ならスタジオからホテルまでの一本道を歩いて帰るのですが、あまりにもそのときは自分自身が追い詰められていて、このまま帰って寝るという感じではなく、気持ちを覚まそうとNHKの横にある大阪城のお堀端沿いをずっと歩いたんです

    そうしたら自分のできなさ加減が走馬燈のように巡ってきて、お堀に身を投げようという気持ちになって。楽になれるんじゃないかと。現状から逃げているわけですね。
     そのとき、毎週取材を受けていたことが私を助けてくれました。「身を投げたら楽になるけど、明日の1面で『朝ドラのヒロイン、お堀に飛び込む。しかし、おぼれて現在入院中』とか、そういう見出しになるんだろうな…」と思ったんです。
     記者の方々の取材を受けていなければそんなところまで思いが至らなかった。それで「スタッフや共演者の方々を裏切ることになるからダメだ」と思いとどまりました。
     しばしそこで頭を冷やし、3時近くになったので帰ろうと思ったのですが、歩き過ぎて「ここはどこ?」という状態に。当時は携帯電話もないので調べられず、結局タクシーを拾って帰りました(笑)。 (11月3日付に続く)
    ★農作業シーンに自画自賛
     撮影中、唯一?自信を持って臨んだのは農作業シーンといい、「生まれて初めてもんぺ姿になりましたが、日本一似合うんじゃないかと思っていました」と笑顔。小学生時代に山村留学をしていただけに、くわを持つ腰つきも板に付いていたそうで、「演技はともかく『くわ持たせてもんぺはかせたら、私の世代でちょっと右に出る人はいないでしょ?』と、誇らしい気持ちで耕していました」と振り返った。

    【特報 『若村麻由美(4)大阪城の堀に身投げ未遂…“救った”のは毎週の取材』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『【来週のスカーレット】第4週 新聞社でがんばるちや子を見た喜美子 一方信楽では川原家に…』


    今作品のみ20分番組(本放送:月 - 金曜8時40分 - 9時)であった。※5回放送。 1962年 あしたの風 - 15分番組(本放送:月 - 土曜8時15分 - 8時30分)となる。※2019年後期『スカーレット』まで、6回放送。 1968年 あしたこそ - カラー放送開始。 1975年 水色の時
    131キロバイト (14,904 語) - 2019年10月12日 (土) 10:14



    (出典 dollcall-one.com)


    【来週のスカーレット】第4週 新聞社でがんばるちや子を見た喜美子 一方信楽では川原家に…

     女優の戸田恵梨香(31)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「スカーレット」は21日から第4週に入る。
     朝ドラ通算101作目。タイトルの「スカーレット」とは「緋色」のこと。フジテレビ「夏子の酒」「妹よ」「みにくいアヒルの子」、日本テレビ「ホタルノヒカリ」などで知られる脚本家の水橋文美江氏(55)が朝ドラに初挑戦するオリジナル作品。“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描く。来年3月28日まで全150回。

     主題歌は「愛をこめて花束を」「タマシイレボリューション」などで知られる越智志帆(35)のソロユニット「Superfly」のオリジナル曲「フレア」。Superflyが朝ドラの主題歌を制作し、歌うのは初。語りはNHKの中條誠子アナウンサー(46)。ドラマの語りを務めるのは初となった。

     第3週(10月21~26日)は「一人前になるまでは」

     大阪で荒木荘の女中として働きはじめた喜美子(戸田)だが、ちや子(水野美紀)の勤める新聞社から、雑用係として、引き抜きの声がかかる。喜美子は男性ばかりの新聞社でがむしゃらにがんばるちや子の姿を目の当たりにする。心が動くが、自分が女中として大久保(三林京子)に認められていないことを考え、荒木荘にとどまる。一方、信楽では川原家に泥棒が入る事件が。常治(北村一輝)は金の無心のために喜美子を訪ね、わずかな間に成長した姿を目にする。一人前になるまでは信楽に帰らないと宣言する喜美子に、頼もしさと寂しさを感じるのだった。2年半の月日がすぎ、喜美子は17歳。すっかり荒木荘の女中仕事を任されている。ちや子は相変わらず記者として忙しい。雄太郎(木本武宏)は映画の端役として売れず、歌える喫茶「さえずり」で雇われる。そして医学生の圭介(溝端淳平)は、まるで兄のように喜美子に優しい存在だ。そんな圭介の前にあき子(佐津川愛美)というかわいらしい女性が現れる。犬の散歩をする姿を見染めたものの、近づくきっかけのない圭介に、喜美子は協力を申し出る。「妹」として圭介を応援する喜美子だが、自分の思いには気づいていなかった。

    【特報 『【来週のスカーレット】第4週 新聞社でがんばるちや子を見た喜美子 一方信楽では川原家に…』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『「パプリカ」歌って人気 9歳の新津ちせちゃんが映画初主演』


    パプリカ』は、2006年の日本のアニメーション映画。監督は今敏、原作は筒井康隆による同名の長編SF小説。企画から完成までの制作期間は2年半。 第63回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門へ正式出品される。また、第19回東京国際映画祭のanimecs TIFF 2006のオープニング上映作品ともなっている。
    9キロバイト (1,008 語) - 2019年9月22日 (日) 08:35



    (出典 i.ytimg.com)


    「パプリカ」歌って人気 9歳の新津ちせちゃんが映画初主演

    「パプリカ」を歌って子供たちに大人気の5人組グループFoorin(フーリン)の最年少メンバーで女優の新津(にいつ)ちせちゃん(9)が映画に初主演する。18日公開の「駅までの道をおしえて」(橋本直樹監督)で、世界的な俳優、笈田(おいだ)ヨシ(86)を相手に堂々たる演技を披露している。(文化部 石井健)

    【写真でみる】「パプリカ」を歌うFoorin

     「駅までの道をおしえて」は、愛犬を失った小学生と、息子を亡くしたジャズ喫茶のマスターという、年齢は離れているが同じような深い喪失感にさいなまれる2人の葛藤を幻想的に描く。子役と犬が主役と聞いて、愛らしい物語を想像しながら劇場に出かけると、驚かされるだろう。死生観を描き、シニア向けといっていい。

     そんな映画で、9歳の主演女優が渡り合うのが、高松宮殿下記念世界文化賞受賞者で世界的な演出家、ピーター・ブルック(94)に師事し、世界の舞台やスクリーンで活動する86歳。

     ちせちゃんは「笈田さんは世界的に活躍していらっしゃる、すごい俳優さんだと聞いていたので、仲良くなれるのかなって(心配でした)」と、撮影前の胸の内を明かす。「いっぱい、いろんなシーンがあるから、仲良くならないといけない」と女優ならではの理由。

     会ってみれば祖父より年上の国際的俳優は、「僕はこんな国にいて、こんなことをやったんだよ」と、その足跡を丁寧に話してくれたという。休憩時間に、その話を聞くのが楽しみだった。「私の方は、えー、ま、学校の話をしたりとか」

     この映画で“もう1人の共演者”は、2匹の犬だ。ちせちゃんが演じるサヤカが飼っていたルー。白いシバイヌ。笈田が演じるフセ老人が飼うルース。茶と黒が交じった雑種。

     生後3カ月でこの映画への出演が決まったルーは、撮影の半年前に新津家に預けられた。“2人”は、寝起きを共にして距離を縮めた。サヤカとルーが実に楽しそうに走り回る場面は、とても自然だ。それは、この共同生活の成果だ。

     「あれ、全部、アドリブなの。だって、ルーは、広い場所だと駆け回ってどこへ行くか分からないから。ルーとの撮影のときは、『うまくやろう』ではなく、『楽しくやろう』と考えました。実際、すごく楽しかった」

     平成29年から1年半に及んだ撮影。その最終日、ルーは新津家からルースの飼い主へと引き取られた。その日、ちせちゃんは、映画の美術担当者が木っ端から作ってくれた犬の人形を持ち帰り、胸に抱きながら三日三晩泣き明かしたという。やがて、ルースの飼い主が、2匹が仲良く過ごす写真をSNSに掲載するようになり、ちせちゃんの寂しさは癒えた。

     映画初出演は、生後すぐ。言葉通り、生まれたときから女優だ。母親は、娘が2歳になったのを機に児童劇団に入れた。水があった。以来、映画、ドラマ、舞台と活躍している。

     5人組「Foorin」の最年少メンバーとして、今年7月から歌手活動も始めた。人気シンガー・ソングライター、米津玄師(よねづ・けんし)が作った「パプリカ」を歌っている。NHKが、「2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援するプロジェクト」の「応援歌」として歌番組「みんなのうた」などで放送。子供ならだれもが歌って踊れる大人気曲となっている。

     「歌は、もともと好きで、お風呂で漫画を読みながら、米津さんとかRADWIMPS(ラッドウィンプス)とかを歌っています。Foorinの活動は楽しい」とニッコリ。

     ちなみに、RADWIMPSを歌うのは父親の影響だという。この4人組ロックバンドは、新海誠監督(46)の大ヒットアニメーション映画「君の名は。」や「天気の子」の主題歌などで人気を博したが、ちせちゃんは新海監督の一人娘だ。

     そのお父さんからの助言は、ただ「スタッフさんに対する感謝の気持ちを忘れずに、『ありがとう』をいいなさい」だけ。「仕事から帰ってくると私と遊んでくれます。昨日もかくれんぼをしました」

     一方、女優の仕事は楽しいかと問うと、「楽…、楽…、楽…」と言いよどむ。楽しいと断言しない。「だって、女優の仕事は何年やっても答えは出ない。分からないから、ずっとやっているんじゃない」と大人顔負けの答え。「それに、中学とか高校に行けば、もっと私が好きになれる職業がみつかるかもしれないから」

     9歳。前途はまだ洋々としている。

     あらすじ 湾岸の街で、8歳のサヤカ(新津)とジャズ喫茶のマスター、フセ老人(笈田ヨシ)が出会う。サヤカは愛犬のルーがいなくなったこと、フセ老人は数十年前に息子を亡くしたことを、それぞれ受け入れられずにいた。2人は、やがて不思議な駅で不思議な電車と遭遇する。その客席にいたのは…。作家、伊集院静の同名小説が原作。

     にいつ・ちせ 平成22年、東京都出身。ゼロ歳で映画初出演。2歳で児童劇団に入り、ミュージカル「ミス・サイゴン」(26年)で本格デビュー。映画「3月のライオン」(29年、大友啓史監督)で注目される。映画は他に「バースデーカード」(28年、吉田康弘監督)など。ドラマは「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語」(29年)、「海月(くらげ)姫」(30年)など。アニメ監督、新海誠の長女。母は女優の三坂知絵子(みさか・ちえこ)。

    【特報『「パプリカ」歌って人気 9歳の新津ちせちゃんが映画初主演』】の続きを読む

    このページのトップヘ