芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:隣国 > ブーメラン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『不倫相手が離婚したのは思いがけない理由…裏切られても28歳女性が選んだもの』


    不倫しているというありさまであった。不倫相手から離婚するよう求められた2人は、息子のジョエルの来訪後に離婚に踏み切ることにした。しかし、その早朝、久しぶりにキスをした2人は燃え上がってしまい、性行為までやってしまった。その結果、2人はお互いの魅力を再発見することになった。不倫相手はしつこく離婚
    7キロバイト (784 語) - 2018年10月8日 (月) 17:51



    (出典 www.uwaki-np.com)


    不倫相手が離婚したのは思いがけない理由…裏切られても28歳女性が選んだもの



    イメージ画像(pixta)
    「そんなことあるわけないでしょ」というようなことが起こるのが男女の関係。利害関係を考えればしてはいけないことも、性的欲望と恋愛感情の前には屈してしまうものなのかもしれません。
    20歳年上の彼とつきあって4年
    西日本の某市に住むワカコさん(28歳)は、20歳年上の男性とこの4年間、つきあっています。知り合った当初、44歳だった彼には15歳を筆頭に4人の子がいました。いちばん下は9歳の双子でした。

    「仕事関係で知り合って、話しているうちに彼もテニスをしていたということがわかって。私が仲間内でやっているテニスサークルに彼を誘ったら来るようになったんです。そこからだんだん親しくなっていきました」

    20歳年上の男性に恋愛感情を抱いたのは初めてだったそうです。ただ、ワカコさんは3歳のときに両親が離婚、父を知らずに育ちました。「ファザコンなんですよ」と笑います。

    「彼はふだんから、どことなくおとうさんぽいんです。一緒に食事に行ったとき、魚の骨をとって身だけお皿に置いてくれた。父親ってこういうものなのかなと思ったら、なんだか泣けてきてしまって。父性愛的なものに惹かれ、その後、彼の男性性に恋したという感じですね」

    彼は、いちばん下の子が高校を卒業したら一緒になりたい。それまで待ってくれるかと彼女の意志を尋ねてきたそう。

    「私も子どもがほしい。だから確約はできないと告げました。そうしたら彼は、じゃあワカコが30歳になったら子どもを産んでいいからって。将来が見えてきたことで、彼との間がますます近くなりました」

    関係を持って1年後、彼女は実家を出てひとり暮らしを始めました。彼はたびたび彼女の部屋にやってきて、泊まることもありました。

    「もともと時間が不規則な仕事をしている上、会社から自宅が遠いので、ときどき会社に泊まっていたようです。奥さんもそのことでとやかくは言わなかったみたい」

    あと9年。妊娠解禁まであと2年。彼女はそれを生きがいにしていました。そんな今年の春、彼が突然、彼女に告げたのです。

    「実は年末に離婚した」

    それでも結婚はできない
    いったいどういうことなのかと彼女は問いただします。

    「もう、笑うしかないようなことが私の知らないところで起こっていたんです」

    そもそも彼が住んでいるのは、妻の実家。母屋に彼ら一家が暮らし、妻の母親が離れで寝起きしていました。そこに昨年夏、妻の従姉妹が転がり込んできたのです。妻の母は母屋で過ごすようになり、離れを従姉妹が使っていました。

    「彼、その妻の従姉妹と関係をもってしまったんですよ。ある日、深夜に帰宅したら離れの彼女に誘われて忍び込み、それからたびたびそういうことがあったそう。そして数ヶ月後、従姉妹が彼の奥さんに『あんた、別れてよ。私が妻になるんだから』と詰め寄ったんですって」

    当然のことながら妻は激怒。大騒ぎになって親戚中が集まり、従姉妹は追放、彼は非難され、罵倒されました。そしてみんなの前で離婚届を書かされたのです。

    「ところが離婚はしたものの、家から出ていくのは許されなかった。まだ教育費もかかるし、慰謝料や養育費をきちんと振り込むような男ではないと親戚が判断したらしいです(笑)。全然、信用されてない。まあ、彼自身も子どもと別れたくないから、まだ家を出る気にはなれなかったようですし」

    彼はワカコさんの部屋に来て、泣きながらその話をしたのだそう。年明けから、なんとなく彼に元気がないように思っていたワカコさんは、話を聞いて謎が解け、かえってすっきりしたと言います。

    「彼は完全に四面楚歌。奥さんも親戚も、詳細は子どもには伝えないということにしたようですが、なんとなく不穏な雰囲気はわかるでしょ、お子さんたちも。しょうもない男だなあと思いますよ」
    裏切られても…
    裏切られていた悲壮感は、ワカコさんにはありません。短期間とはいえ、自分以外の女性とも関係をもっていた彼、しかも妻の従姉妹であるという事実を、どう思っているのでしょう。

    「まあ、そういう男なんだからしかたがないですよね。彼は『離婚したんだから、ワカコと一緒になれるはずなのに、経済的に厳しい。もう少し待っててほしい』としょっちゅう言っています。私に捨てられたら、彼の味方は誰もいません」

    自分しか頼れるところがない彼。そういう意味では、彼女のプライドは多少満たされているのかもしれません。

    「今後どうするかは私の選択にかかっているわけですよね。しょうもない男だとは思うけど、それでも今のところは彼のことが好きなんです。彼のことがイヤになるまでは、このままゆるく見守っていこうかな、と。ただ、ここでさらに私の存在が奥さんにわかってしまったら、もっと大変なことになると思うので、それだけは気をつけないと……」

    大変なことになっていると客観的には感じられるのですが、妙に落ち着き払った彼女の態度が印象的でした。

    【特報 『不倫相手が離婚したのは思いがけない理由…裏切られても28歳女性が選んだもの』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『千葉在住の坂上忍、森田健作知事に怒り「ものすごい人ごと」「全然顔が出て来ない」』


    森田 健作(もりた けんさく、本名:鈴木 栄治(すずき えいじ)、1949年(昭和24年)12月16日 - )は、日本の政治家。2009年(平成21年)4月5日から千葉県知事を務める。知事業務で法的書類は本名を使用する。かつては歌手、俳優、司会者、タレントとして活動した。タレントとしてサンミュージッ
    45キロバイト (5,057 語) - 2019年10月13日 (日) 11:53



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    千葉在住の坂上忍、森田健作知事に怒り「ものすごい人ごと」「全然顔が出て来ない」
    俳優の坂上忍が18日、フジテレビ系「バイキング」で、千葉県の森田健作知事について「ものすごい人ごとなんですよ」「災害があってから森田さんの顔、どれだけ見ました?」と怒りをにじませた。坂上は千葉県在住。
     番組では、いまだに完全復旧できない千葉県の現状について議論。台風15号の被害で停電、断水だけではなく、屋根などの修繕に関わる詐欺なども横行していることについて議論した。
     その中で、予想以上に復旧に時間がかかっていることに、坂上は「市町村はてんてこ舞い。じゃあどこが何をするの?っていったら千葉県だと思う。国に(情報を)挙げるのも千葉県」「市町村の吸い上げを待っているんじゃなくて、あんたら(被災地に)行きなさいよと僕は思うんですけど」と県の役割を指摘した。
     12日16時時点では、全壊2棟、半壊0棟との報告が上がっていたことも取りあげ、坂上は「僕が見ただけでもそんなんじゃなかった。誰が見たの?」とあ然とした。
     更には森田知事が13日に「こういうのは自然との戦いでございます。全部想定通りにはいかない。自然とは予測がつかないんですよ」と発言したことにも触れ「仰る通り。だからこそ、東日本、熊本、広島…ああいうのを見てきて、何を勉強して予測たてて災害が実際に千葉県に降りかかったときにどういうリーダーシップを取ってくれるのかという話。ものすごい人ごとなんですよね、この方」と言い放った。
     森田知事は芸能界の大先輩にあたるが「でも今は知事さん。公人ですから」と言い、「振り返っていただきたいが、災害があってから森田県知事の顔って、皆さんどれだけ見ました?」と出演者に問い掛けた。
     「全然顔が出て来ないんですよ、この人」も指摘し、「国に上がった途端、小泉進次郎に(報道が)行くのは解るが、(その前から)なんでこの方の顔と名前と声を聞かなかったんだろうって。それがすべてだと僕は思っている」と訴えていた。
     坂上は自宅が千葉県。台風15号の影響で、自宅は一時停電し、庭の樹木が折れるなどの被害に見舞われている

    【特報 『千葉在住の坂上忍、森田健作知事に怒り「ものすごい人ごと」「全然顔が出て来ない」』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『金正恩氏、米国に対決姿勢「怒りに変わった」』


    金正恩(キム・ジョンウン、김정은、1984年?(生年については諸説あり、詳しくは後述)1月8日 - )は、北朝鮮の政治家、軍人。同国の第2代最高指導者金正日総書記の三男で後継者。父の死により実質的に最高指導者の地位を継承した、また2019年4月の憲法改正により国を代表すると規定され、名実ともに国家元首と位置づけられた。
    129キロバイト (19,855 語) - 2019年10月14日 (月) 08:03



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    金正恩氏、米国に対決姿勢「怒りに変わった」

    北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、金正恩朝鮮労働党委員長が中朝国境の白頭山のふもとにある三池淵郡の開発を視察したと報じた。金氏は「米国をはじめとする敵対勢力がわが人民に強いてきた苦痛はもはや苦痛ではなく、怒りに変わった」と述べ、米国への対決姿勢を強調した。
     また、金氏は北朝鮮が「革命の聖地」とする白頭山にも登頂。同日付の党機関紙、労働新聞は白馬に乗った金氏の写真を多数掲載した。いずれも具体的な日時は不明。
     金氏は三池淵の都市開発を視察し、制裁下にあっても「自力更生」により経済発展が可能であることがこの1年で証明されたとの考えを示した。
     朝鮮中央通信は、金氏がいかなる脅しや誘惑にも動じず、北朝鮮を「最強の力を保有する強国」にしたと称賛。白頭山登頂に同行した幹部らは「世界が驚く雄大な作戦が繰り広げられる」と確信したと伝えた。対米交渉や核ミサイル開発での方針決定を示唆した可能性がある。

    【特報 『金正恩氏、米国に対決姿勢「怒りに変わった」』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『「トゥナイト2」リポーター スポンサー激怒させた一言とは…2年半干される』


    トゥナイト2』(トゥナイトツー)は、1994年4月4日から2002年3月29日(3月28日深夜)までテレビ朝日系列局で放送されていたテレビ朝日製作の情報バラエティ番組である。放送開始時に使用していたタイトルロゴの表記は『トゥナイトII』(読み同じ)。 『トゥナイト
    23キロバイト (2,257 語) - 2018年11月16日 (金) 11:09



    (出典 pbs.twimg.com)


    「トゥナイト2」リポーター スポンサー激怒させた一言とは…2年半干される

    テレビ朝日系で90年代に放送された伝説の深夜番組「トゥナイト2」(94年から8年間、月から木曜深夜0時から)の名物リポーター・乱一世さん(68)が20日にテレビ東京系で放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(木曜深夜0・12)に出演し、たった一言でスポンサーを激怒させ、テレビから干された経緯を明らかにした。
     「トゥナイト2」は深夜時間帯にも関わらず視聴率は連日10%を超えるほどの人気ぶりだったという。乱さんは「ディレクターは何をやっても数字とれるし、わりと怠惰になっていた」と振り返り、「これじゃだめだ。もう一度5、6年前にもどそう」と乱さんはスタッフと話し合ったという。そこで問題は起こった。
     乱さんは「1997年8月26日の夜の12時16分です。もう21年前」とはっきりと記憶していることを述べた。生放送中でのことだった。
     乱さんは「ちょっと気合を入れようと。取材に行ったのは風俗の裏技。過激だったんです」と当時の番組内容について話した。CMに入る前に視聴者に対し、「今日はすごいことが起こります」と予告。「この後、僕の風俗コーナーがあるんですけどこれから皆さんに2分間差し上げます。親戚に電話するなりビデオをセッティングするなり、トイレに行きたい人は行ってもいいですよ」と言ったという。
     ナレーションでは「これからCMに入るのでトイレに行きたい人は行ってもいいですよ。これが人生を変えた」と流れた。
     プロデューサーとディレクターがただちに来たそうで、「乱さん、そこだけは2度と言わないで」と依頼した。乱さんは「僕もまずいと思ったんで『ごめんなさい。スポンサーさん本意じゃないんです』ってエクスキューズいれましょうか」と提案した。プロデューサーらは「いや、乱ちゃんが言ったことだからシャレで済むよ」と流したという。しかし、それでは済まなかった。
     乱さんは「次の日の夕刊、一般紙の社会面に名前が出てた」と振り返った。スポンサーは激怒し、番組から降板。決まっていた乱さんのラジオとテレビの仕事は2本が無くなった。その後、2年半、テレビに出演することはなかったという

    【特報 『「トゥナイト2」リポーター スポンサー激怒させた一言とは…2年半干される』】の続きを読む

    このページのトップヘ