芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:スポーツ > ボクシング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    立派や『井上尚弥』についてまとめてみた



    井上尚弥らがエキシビションを戦うチャリティーイベント、2・11に代々木で開催

    ボクシングのWBAスーパー&IBF統一世界バンタム級王者・井上尚弥(27=大橋)ら新旧世界王者が出場するチャリティーイベント「LEGEND」が2月11日に東京・国立代々木競技場で行われることが21日、都内で発表された。
     イベントではスパーリング形式のエキシビションマッチ3分×3ラウンド6試合程度を予定。井上がスペシャルエキシビションマッチを行うほか、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口絋人(27=ワタナベ)、元WBO世界フライ級王者・木村翔(32=花型)、元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志氏(41)、元3階級制覇王者・八重樫東氏(37)らが参加予定。新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者を支援するチャリティーイベントとなっている。

    【立派や『井上尚弥』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    入れ墨 『井岡一翔』についてまとめてみた



    左腕のタトゥーが露出した状態で試合をしたWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31)について、日本ボクシングコミッション(JBC)は22日、厳重注意処分にしたことを発表した。処分としては最も軽いものとなる。井岡の行く末を案じていた「元祖入れ墨ボクサー」の川崎タツキ氏(48)に率直な思いを聞いた。  
    JBCのルールでは、日本のプロライセンスを持つボクサーで「入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者」は、試合に出場できないと定めている。入れ墨やタトゥーをしている選手は、ファンデーションなどで隠す措置が必要となる。

     井岡は、昨年大みそかに行われた田中恒成との防衛戦の最中、左腕などのタトゥーが露出した状態のまま試合を続行した。何らかの理由でファンデーションがはがれたもので、故意に露出させたのではないとみられていたが、ルールに抵触したのは間違いなく、ネット上などで激しいバッシングを浴びた。

     一方で、タトゥーを禁止すること自体が時代遅れであるという意見や、JBCルールでは外国人選手はタトゥーを隠す必要がないため、ルールそのものの矛盾も指摘されていた。

     今回、JBCは井岡と、所属ジムの木谷卓也会長に、処分の中では最も軽い厳重注意処分を下した。合わせて、現段階では「入れ墨禁止」のルール変更はしない姿勢を示した。

     井岡への処分を人一倍気にしていた人物がいる。元プロボクサーの川崎タツキ氏だ。元暴力団組員、元薬物中毒者という荒れた人生から立ち直り、友人たちからカンパを受けて背中の入れ墨を手術で消し、プロボクサーになった川崎氏。「入れ墨ボクサー」として注目を浴び、日本と東洋太平洋の王座にも挑戦するなどボクシングの聖地・後楽園ホールを沸かせた人気者だった。

     そんな入れ墨ボクサーの「元祖」である川崎氏は、井岡が軽い処分に落ち着いたことについて、開口一番「それは良かった。日本でボクシングができないとか、厳しい話にならずに本当に良かったです」と喜んだ。

    【入れ墨 『井岡一翔』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『井上尚弥、はIBFの指名試合でダスマリナスと対戦する可能性』


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。所属事務所はホリプロ。マネジメント・広告代理店は株式会社セカンドキャリア。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上
    87キロバイト (11,907 語) - 2019年12月11日 (水) 15:26



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    井上尚弥、次戦はIBFの指名試合でダスマリナスと対戦する可能性

    プロボクシングのWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(26)=大橋=の次戦の対戦相手候補に、同級1位のマイケル・ダスマリナス(27)=フィリピン=が浮上した。
     所属ジムの大橋秀行会長(54)が13日、東京都内で取材に応じ、IBFから指名試合の通達を受け取ったことを明らかにした。正確な日時を明言しなかったが、12月下旬か、1月上旬までにIBFに指名試合を行うか返答しなければならないようだ。
     指名試合を行わない場合は、王座を返上することになり、期限までに返上しなければ、王座を剥奪される可能性が高い。大橋会長は、井上が4月に米ネバダ州ラスベガスでダスマリナスと対戦する可能性について「ゼロってことはない」と答えた。
     「IBFなのかカシメロなのか、(井上と)話をしているところ」とIBF王座を返上して、WBO世界同級王者のジョンリール・カシメロ(30)=フィリピン=との2団体統一戦を行う可能性もあると話した。
     大橋会長は井上が、骨折している右眼窩(がんか)底と右の鼻の穴の下の2カ所の再検査を、12日に東京都内の病院で受けたことも明かした。経過は良好で、目の動きや視力も骨折前と変わらないという。

    【特報 『井上尚弥、次戦はIBFの指名試合でダスマリナスと対戦する可能性』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『尚弥&ロマチェンコ“世紀の2ショット”WBO公式も掲載「彼らに限界はない」』


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。所属事務所はホリプロ。マネジメント・広告代理店は株式会社セカンドキャリア。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上
    85キロバイト (11,644 語) - 2019年12月6日 (金) 04:02



    (出典 blog-imgs-126.fc2.com)


    尚弥&ロマチェンコ“世紀の2ショット”WBO公式も掲載「彼らに限界はない」

    WBO(世界ボクシング機構、本部=サンフアン)の公式ツイッターが6日、更新され、WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=とWBAスーパー・WBC・WBO世界ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(31)=ウクライナ=の“世紀の2ショット”がアップされた。
     世界的ボクシングカメラマンの福田直樹氏による写真は、5日に都内で開催されたWBO年次総会でのもの。ロマチェンコと井上が握手しているシーンで、「元WBO世界ジュニアバンタム級王者で現在WBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥とWBO世界3階級王者のワシル・ロマチェンコは素晴らしい時間を過ごしました。彼らに限界はありません!」とつづられた。
     ロマチェンコは権威ある米国のボクシング専門誌「ザ・リング」が認定するパウンド・フォー・パウンド(PFP=全階級を通じたランキング)で長く1位(現在は2位)を守り“世界最強”との呼び声が高い。尚弥はPFPで現在3位につけている。
     ロマチェンコは今回の総会で初来日。初対面を果たした尚弥は「今は現実的じゃないのでなんとも言えない」と前置きしつつ、「僕もよく見ている選手で、自分も階級を上げて将来的には、という話もなくはない。そういうイメージでは少し見ていた。体格もそんなに変わるわけじゃないので」と4階級上の相手との超ビッグマッチへ興味ものぞかせていた。

    【特報 『尚弥&ロマチェンコ“世紀の2ショット”WBO公式も掲載「彼らに限界はない」』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『井上浩樹 左ストレート一発でKO勝ち!世界目指して「来年は勝負の年」』


    プロボクサー井上尚弥さん・拓真さん・浩樹さんが市を表敬訪問 座間市 2016年2月10日 ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】スーパーライト級 (63.50 kg以下) BOXINGアンテナ ^ 井上兄弟のいとこ浩樹TKO勝利「いずれは王者に」 日刊スポーツ 2017年12月30日 ^ 井上浩樹
    8キロバイト (768 語) - 2019年12月2日 (月) 12:07



    (出典 boxmob.jp)


    井上浩樹 左ストレート一発でKO勝ち!世界目指して「来年は勝負の年」

    ボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーライト級王座決定戦12回戦は2日、東京後楽園ホールで行われ、同級1位の井上浩樹(27=大橋)が同級5位ジェリッツ・チャベス(28=フィリピン)に7回KO勝ちし、日本タイトルに続く2つ目のベルトを獲得した。
     強打のチャベスを相手に慎重な試合運びを見せ、7回に左ストレート一発で過去にKO負けのなかったタフな男を沈めた。

     「最後は手応えがありましたね。ダウンもKO負けもないらしいので自信にはなります。ただ、初めての12ラウンドの試合で慎重になりすぎた部分もあった。きょうの試合じゃ、まだまだ世界には行けないです」

     井上尚弥・拓真兄弟のいとこ。5月にはワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)準決勝に出場した尚弥のサポートで英グラスゴーに行った。そこで同じスーパーライト級の準決勝を観戦し「衝撃も受けたけど、届かない距離ではない」と感じたという。

     世界を目指すために重要な一戦。慎重さからが消極的になった部分を本人は反省していたが、大橋会長は「慎重さがないと、この階級では通用しない」と分析。「井上家で持っているものは一番。まだ、それが発揮できていないだけ。きょうは片りんは見せてくれた」と評価した。

     WBOアジアのタイトルを獲得したことで世界ランキング入りの可能性は高まった。井上浩は「来年は勝負の年になる。強い相手にぶつかってみたい。もっと精進して練習します」と意気込みを語った。

    【特報 『井上浩樹 左ストレート一発でKO勝ち!世界目指して「来年は勝負の年」』】の続きを読む

    このページのトップヘ