芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:警察 > スピード取り締まり

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『最新㊙情報! 覆面パトカー大量増殖!? 2020年に向けた交通取り締まりの体制強化が、着々、進行中!【交通取締情報】』


    供するものを捜査車両といい、総称してこの3種を覆面パトカーと呼び単に「覆面」や「覆面車」と略される時もある。ただし捜査車両の中には、緊急自動車指定(騒音走行認定)を受けておらず、着脱式赤色回転灯とサイレンを装備していない一般車両も存在する。 また覆面パトに乗務する警察官は、必ずしも警察の制服を着てい
    168キロバイト (25,022 語) - 2019年10月25日 (金) 22:54



    (出典 d2l930y2yx77uc.cloudfront.net)


    取締り 覆面パトカー

    (出典 Youtube)


    最新㊙情報! 覆面パトカー大量増殖!? 2020年に向けた交通取り締まりの体制強化が、着々、進行中!【交通取締情報】
    各都道府県が行う入札情報サイトから、警察庁が覆面パトカーを大量調達したことが判明! さらに岡山県警が近々、県内の高速道路に新規オービスを設置することが明らかになるなど、全国で2020年に向けた交通取り締まりの体制強化が、着々と進行中だ!
    今年5/23に落札された、警察庁による交通取締用四輪車(反転警光灯)=覆面パトカーの調達入札の落札金額を見てビックリ! その金額、7億5,400万円は、昨年の同時期に行われた同様の入札に対する落札金額、1億2,200万円の6倍強! 2015年にも4億円近い大量調達を行っているが、それでも今回の調達金額には遠く及ばない。もちろん、パトカーの耐用年数を考慮した調達サイクルなどにより、毎年の落札金額はまちまちではあるのだが、それにしてもなぜ、今年、例年を上回る大量調達に踏み切ったのか、まさに興味しんしんだ。

     残念ながら調達台数は明記されていないが、例えば1台500万円とすると、なんと150台分! もちろん、全部、警察庁で使うわけではなく、警視庁を始めとする各都道府県に配備されるわけだが、とにかく、今後、全国で100台を超える交通取り締まりを主業務とする新品覆面パトカーが走り回ることになる。これも、2020年に向けた交通取り締まりの体制強化の一環なのかどうかはまだ不明だが、少なくとも、ながら運転の罰則強化、あおり運転の法制化、移動オービスの全国配備など、その体制が着々と整いつつあるということには間違いはない。
    岡山県警 中央装置付オービスと言えば、新L型 or LHシステムのどちらかで決まり!

    担当窓口は高速道路交通警察隊の庶務係。
     この10/17に岡山県が公募した入札は、「中央装置付無人速度違反自動取締装置」の設置工事に関するもの。オービス自体の調達入札を見つけることができなかったのは、国道あるいは高速道路に設置されるオービスは、国費によって賄われているので、その入札に関しては警察庁の管轄となり、さらに、現時点で「中央装置付無人速度違反自動速度取締装置」を国内で製造しているのは東京航空計器だけであるため、いわゆる一般競争入札としては公示されなかったのではないか?落札可能な企業が1社だけでは、競争もなにもあったもんじゃないからだ。

     いずれにしても「設置工事」の入札を行うということは、いずれは岡山県内に新規固定式オービスが設置されるということは確か。また、その窓口が高速道路交通警察隊であることから、その設置場所は一般道ではなく高速道路ということになる。当情報局の予想では、山陽自動車道上り168.0kp(鴨方IC先)に設置されているHシステムが撤去され、代わりに新品の新L型かLHシステムを設置する可能性が高いと見ている。もちろん、他のポイント、あるいは中国自動車道に新規設置という可能性も捨てきれないが。

     ちなみに、この入札の締め切りは11/1。早ければ年内、遅くとも来年の春までには、県内の高速道路のどこかに新規オービスが姿を現すことになる。山陽道鴨方IC先、あるいは見慣れない場所で真新しい事前警告板を見つけたら、スピードメータの確認を忘れずに!

    【特報 『最新㊙情報! 覆面パトカー大量増殖!? 2020年に向けた交通取り締まりの体制強化が、着々、進行中!【交通取締情報】』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報  『本当にレーザー&レーダーパトカーにはお手上げなの? 2019年交通取り締まりの傾向と対策! Part2【交通取締情報】』についてTwitterの反応


    レーザー光を送信し、2点間の通過時間から速度を計測する方式)やレーザースキャン方式(レーザー式)を使用している地域がある。 レーダー波を使用しない取締りに対しては、レーダー波受信機能による警告は不可能である。 さらに、パトカー・覆面・白バイ車両による追尾式取締り(レーダー
    19キロバイト (2,958 語) - 2019年9月15日 (日) 08:06



    (出典 motor-fan.jp)


    本当にレーザー&レーダーパトカーにはお手上げなの? 2019年交通取り締まりの傾向と対策! Part2【交通取締情報】
    今や、ほとんどの都道府県に配備されている、レーダーパトカー、そして新進気鋭のレーザーパトカーも、北海道を始め、熊本県、静岡県、沖縄県等に配備済み。特にレーザーパトカーはルーフ上にレーザー式移動オービスを搭載した「移動する移動オービス」として、大活躍中だ。今後、全国的に増殖しそうな警察の新兵器の脅威を、おさらいしておこう!
    神出鬼没&後方からも計測可能なフレキシブルさにも注意!
    ルーフ上にレーザー式移動オービス(LSM-200)を搭載した、レーザーパトカー。横長の窓の奥に、レーザースキャンセンサーとカメラが収められている。

    ルーフ上にレーダー式速度測定器を搭載し、レーダー波で速度を測るのがレーダーパトカー。レーダーに代りレーザー式移動オービスを、同じくルーフ上に装備しているのが、レーザーパトカー。どちらも測定後(レーダーパトは撮影もする)、追尾によって違反車(者)を検挙している。もちろん、その場だけではなく、さらに他の場所へ移動して、待ち伏せすることも可能だ。

     レーザーパトはもちろんだが、レーダーパトの方も、いわゆる「ステルス方式」の測定が行われているため、レーダー探知機はほとんど役に立たない。レーダー波(電波)をキャッチしても、すでに測定済み、だからだ。運良く、前車に照射されたレーダー波を拾えれば、間一髪、助かることもあるが、主に単独走行車を狙っているため、あまり現実的ではない。最近のレーダー探知機やナビゲーションアプリ等にはレーダー&レーザーパトカーによる取り締まりポイントが搭載されている製品もあるが、あくまでも目撃情報であり、移動オービスより機動性が高いと言うことを考えれば、気休め程度に思っておいた方がいいだろう。

     さらに始末が悪いことに、レーダー&レーザーパトカーは前方からだけではなく、後方からもスピードを測定することが出来る。対向車線にいるのを見つけたとしても、もしかしたら計測されているのは自分のクルマかもしれない、というわけだ。こいつは怖い!

     というわけで、その性格上、これと言った対処法はないというのが正直なところだが、以前にも紹介した次の「注意ポイント」をぜひ参考にして欲しい。

    ●注意ポイント
    1. 飛ばしている時は前車の挙動に目を光らせること。前車がブレーキを踏んだら、迷わず減速すべし。

    2. 単独走行時は特に危険。一般的なネズミ捕りよりもかなり距離の離れた地点から、しかも窓越しの視認になるので、複数のクルマが走っている時よりも断然、狙われやすいからだ。

    3.レーザーによる速度測定の精度はまだ警察内部でも評価が定まっていないと言われている。下手すれば誤測定で捕まる可能性もあるわけだ(これはネズミ捕りでも同じ)。ただ、「そんなに出していない」という言い訳は通用しないので、できればドライブレコーダーを装備したい。いざとなれば画像から速度を割り出すことも可能だからだ。

    【『本当にレーザー&レーダーパトカーにはお手上げなの? 2019年交通取り締まりの傾向と対策! Part2【交通取締情報】』についてTwitterの反応】の続きを読む

    このページのトップヘ