芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    これでバッチリ『ドライブレコーダー』についてまとめてみた



    あおり運転」厳罰化で今すぐ装着したいドライブレコーダーの選び方は?2020年6月30日に施行された「あおり運転」の取締強化は、2017年6月の東名高速道路での死亡事件(死亡事故)、2019年8月の常磐自動車道で起きたあおり運転、殴打事件などがきっかけになったと考えていいでしょう
    取締の対象(妨害目的)は、逆走、急ブレーキ、車間距離不保持、急な車線変更、左からの追い越し、ハイビーム、クラクション、幅寄せや蛇行、高速道路上の低速走行(最低速度違反も含む)、高速道路の駐停車になります。

    罰則は先述したように、3年以下の懲役または50万円以下の罰金。違反点数は25点で、免許停止は2年間。さらに「著しい危険」を生じさせると、5年以下の懲役または100万円。違反点数は35点で、欠格期間は3年になります。
    こうしたあおり運転、妨害運転は現行犯であることの方が少数であるはずで、証拠としてドライブレコーダーや防犯カメラの映像がより重要になります。警察庁は、安全な場所から110番通報、ドライブレコーダーを積極活用するように呼びかけています。今回の改正道路交通法により、ドライブレコーダーを導入しようと考えている方も多いはずです。現在の売れ筋は、以前お伝えしたように、1万9000円前後(税抜き)の高価格帯となっています。

    ケンウッド ドライブレコーダー
    ケンウッドの前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR450」
    あおり運転に対応するには、前方用だけでなく、後方用の前後カメラを導入したいところです。ほかにも、本体とカメラの一体型、分離型、360°カバーするタイプ、ルームミラー設置型、前後+車内の3カメラ式などもあります。また、既存のフロント用に加えて、リヤ用を追加することももちろん可能。

    コムテック ドライブレコーダー
    コムテックのドライブレコーダー「 HDR360GW 」

    選ぶ際の解像度は、フルHD(フルハイビジョン)以上は欲しいところ。それ以外だと映像が粗くなり、シーンよっては視認しにくくなる可能性もあります。最近では、2K、4Kのドライブレコーダーも続々と登場しています。

    セルスター ドライブレコーダー
    セルスターの前後2カメラ式「CS-32FH」
    また、ソニー製CMOSセンサーの搭載も確認したいところ。夜間や高架下、トンネル内などの暗い場所では、同センサーの有無がクリアな映像が撮れているか左右する可能性があります。そのほかにも、逆光や明暗差を補正するHDR(ハイダイナミックレンジ)やWDR(ワイドダイナミックレンジ)が搭載されているかも要確認です。

    ケンウッド ドライブレコーダー
    ケンウッドの2カメラ式ドライブレコーダー「DRV-MR450」
    録画の画角(水平/垂直/対角)も気になるところですが、一般的には、水平108〜110°以上あるとベターとされています。さらに、レンズのF値(絞り値)も明るい方がもちろんいいでしょう。そのほか、記録されたデータのバックアップ機能や、事故の電源喪失時に予備電源を供給するスーパーキャパシタなどが搭載されたモデルも安心。ほかにも、オプションなどで駐車場監視機能、車間距離検知や衝突警告など、ドライバーサポート機能などを盛り込んだモデルもあります。

    数多くのドライブレコーダーが発売されているため、選択には迷いそうです。性能面で無難なのは、やはり有名なメーカーで、ケンウッド、コムテック、ユピテルが3強となっています。そのほか、大手メーカーではパイオニア、パナソニックなどもナビゲーション連動モデルなどを展開し、高い信頼性を得ています。

    【これでバッチリ『ドライブレコーダー』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『ダイハツ』


    トヨタ自動車 > トヨタグループ > ダイハツ工業 ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、英語:Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、小型車を主力とする日本の自動車メーカーである。本社は大阪府池田市。トヨタグループ16社のうちの一社で、トヨタ自動車の完全子会社(機能子会社)。
    50キロバイト (6,483 語) - 2019年11月4日 (月) 02:29



    (出典 catalogphoto.goo-net.com)


    ダイハツ、モーターショーで発表の新型SUV「ロッキー」を正式発売~トヨタ版兄弟車も同時発表~
    ダイハツの新型SUVついに登場! 名前は「ロッキー」
    ダイハツは、新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Grobal Architecture)」の第2弾商品となる新型コンパクトSUV「ロッキー(Rocky)」を2019年11月5日から発売する。価格は170万5000円~242万2200円(消費税込み)。
    またDNGA商品としては初めてトヨタのラインナップに加わるモデルとなる。
    新型タントに続くDNGA第2弾
    DNGAによる新技術は、CASEへの技術対応とスピーディな商品ラインナップ拡充を同時に実現するために「一括企画開発」の手法を取り入れ、プラットフォームの構成要素を同時刷新するものであり、2019年7月にフルモデルチェンジして発売した軽乗用車「タント」で初めて搭載した。

    ■SUVらしさとコンパクトさを両立
    新型ロッキーはDNGAによるパッケージング技術を生かし、取り回しの良いコンパクトな5ナンバーサイズながら、広い室内空間と大容量ラゲッジに加え、17インチの大径タイヤを採用した力強いデザインを実現したSUVである。
    近年SUV市場の規模が拡大する一方、「レジャーなどのためにSUVが欲しいが、大きいクルマは苦手」というユーザーの声も多く、SUVらしいデザインを実現しながら、運転のしやすいアクティブユーザー向けの良品廉価な新商品を目指して開発が進められた。

    ■「ダイハツコネクト」を初搭載
    予防安全機能については、「次世代スマートアシスト」にブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックアラートの2機能を追加し、後方確認時の安全性を向上。
    またスマートフォンを活用したコネクト機能「ダイハツコネクト」を初めて搭載した。
    さらにDNGA新プラットフォームによりフラットな乗り心地と高い操縦安定性、軽快な加速感など高い基本性能を実現した。
    特長1:小回りの利くコンパクトサイズと広い室内空間を両立
    ■コンパクトな車両サイズ
    新型ロッキーは軽自動車を起点としたDNGAならではの、コンパクトなボディサイズと広い室内空間、高い積載性を両立させたモデルである。ボディは全長3995mm、全幅1695mm、全高1620mmの5ナンバーサイズで取り回しがしやすいサイズ感を実現した。
    またカップルディスタンスは900mmを確保し、ゆったり座れる快適な室内空間となっている。

    ■大容量ラゲージによる使い勝手の良さ
    最大荷室長755mm、最大容量369Lの大容量の荷室空間で、レジャーをはじめ買い物などの日常シーンで活躍する。
    またパンク修理キットや工具等の配置を見直し、80Lの大容量アンダーラゲージを実現。付属の2段可変式デッキボードを活用することで荷室の高さや容量を変えることができ、様々な使用用途に対応可能となっている。
    さらに6:4分割可倒式のリアシートを倒すことにより、長尺物の積載にも対応する。

    ■運転のしやすさ
    DNGA新プラットフォームにより、17インチの大径タイヤを採用しながら、最小回転半径は5.0mを実現(16インチタイヤの場合は4.9m)し、高い小回り性による取り回しの良さを実現した。
    また運転席は665mmの高いヒップポイントと、31度(俯角+抑角)の広い上下視界を実現。フードの左右前端を見やすくすることにより、見晴らしよく運転ができる。
    特長2:大径タイヤによる力強くアクティブなデザイン
    ■躍動感のある外装
    新型ロッキーの外装は、安心を感じさせる厚みのあるロアボディと、薄く軽快なキャビンを支える張り出したフェンダー&大径タイヤで、SUVらしさを強調している。
    デザイン要素をシンプルで明快にすることでコンパクトなボディサイズながらクリア感と力強い存在感を表現。周囲からの視認性が高く、安全性と先進性を表現したLEDシーケンシャルターンランプを採用した。

    またボディカラーは、光が当たると朱色に輝く高彩色な新色「コンパーノレッド」を含めた全8色に加え、3色の2トーンカラーも設定されている。
    さらに世界観を広げる3つのアクセサリースタイルとして、ブラック塗装のメッキ加飾が際立つ「エレガンススタイル」、加飾付きのアンダーガーニッシュが力強さを演出する「パワフルスタイル」、エアロパーツがスポーティ感を強調する「スポーティスタイル」が設定されている。

    ■ワクワク感のある内装
    シルバー加飾を施した背の高いフロントコンソールや、高い位置にあるスポーティなシフトレバーとコックピットタイプのインパネデザインにより、SUVらしいワクワクする空間を表現した。
    またG、Xグレードには赤色の内装加飾を施し、アクティブ感を演出。
    さらに最上級のPremiumグレードには、革巻きのステアリングやシフトノブ、ソフトレザー調のシートを採用するとともに、黒・シルバーの加飾を施し、上質な室内空間となっている。
    その他、デザインと使い勝手の良さを両立したボケッテリアや、4種類のデザインから選べるアクティブマルチインフォメーションメーターなど充実した内装装備となっている。
    特長3:誰もが安心できる先進・安全機能
    ■次世代スマートアシスト
    予防安全機能「スマートアシスト」全10機能と、運転をサポートする「スマートアシストプラス」全7機能の合計17機能を搭載。今回新たに、後方確認をサポートする下記2つの新機能を採用した。
    ・ブラインドスポットモニター
    隣接する車線の死角領域を走る、または死角領域に接近してくる車両を検知し、ミラーインジケーターの点灯によりドライバーに知らせる。また検知車両側に方向指示スイッチの操作をすると、ミラーインジケーターの点滅とブザー音により注意喚起を行うことで、車線変更時の安全確認をサポートする。
    ・リアクロストラフィックアラート
    工法を横切る車両を検知し、ミラーインジケーターの点滅とブザー音により注意喚起することで、後退時の安全確認をサポートする。

    ■ダイハツコネクト
    ・ダイハツコネクトサービス
    事故や故障時にスムーズな対応を行う「つないでサポート」、ドライバーの状況を家族等の”見守り者”にメール送信する「見えるドライブ」、駐車位置情報やガソリン残量等の車両状況を記録し、スマートフォンで確認できる「見えるマイカー」、車検や点検時期等をディスプレイへの表示とメール送信により知らせる「つないでケア」の4機能で安心のカーライフをサポート。
    ・ダイハツWi-Fi
    第初コネクト対応のディスプレイオーディオやカーナビ購入者を対象に、車内で使用可能なWi-Fiサービスを提供。所定条件を満たせば利用開始から3年間、月に1GBの通信プランが無料となる。
    ・スマホアプリ連携
    9インチスマホ連携ディスプレイオーディオをメーカーオプション設定。またSmartDeviceLinkやApple CarPlay対応のスマートフォンアプリをディスプレイ上で表示・操作可能とし、安全性と快適な利便性を実現

    特長4:DNGA新プラットフォームによる高い基本性能
    ■新開発の軽量高剛性ボディ
    DNGAによる新型ロッキーの新開発の軽量高剛性ボディは、新型タントで採用した軽自動車用のDNGA新プラットフォームに対し、骨格の通し方や足回り部品の取り付けの考え方などは共通としながら、コンパクトカーのサイズに拡大した。
    骨格構造のスムーズ化や合理化を実施し、部材の構造断点をなくすとともに、ハイテン材を活用したことで軽量高剛性ボディを開発し、高い乗り心地の良さを実現した。
    またサスペンションの取り付け位置及びブッシュ特性、バネ定数、ショックアブソーバー特性を最適化し、高い操縦安定性と乗り心地の良さを両立した。

    ■パワートレインと燃費
    1.5Lクラス相当の動力性能を確保する1.0Lターボエンジンとともに、DNGA新開発のスプリットギア技術を用いたD-CVTを搭載。変速比をワイドレシオ化することで、燃費性能や静粛性にも寄与する。
    またアクセルのスロットル特性を最適化し、レスポンスやコントロール性を向上。低開度域はコントロール重視、中高開度行きはレスポンスを重視した設定となっている。
    さらに燃費は、1.5L以下の小型SUV(ガソリン車)では最も低燃費となる、WLTCモードで18.6km/L、JC08モードで23.4km/Lを実現した。

    ■新開発の4WD構造
    電子制御式カップリング機構を用いた「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用。走行状態や路面状況を検知し、ECUで前後輪に細かなトルク配分を行うことで、機械式カップリングを用いた4WDと比較し、安定した走行性能を実現した。
    滑りやすい路面では後輪駆動力を高めることでスリップを抑制し安定性を向上させるとともに、滑らない路面では後輪駆動力を下げることで燃費向上に貢献する。
    また走行中のトルク配分はマルチインフォメーションディスプレイで確認できる。
    さらにディファレンシャルギアをボディ側に取り付けることで、2WD同様のトーションビーム式サスペンションの採用が可能になり、乗り心地や操縦安定性の向上に貢献するとともに、低床化による室内空間の拡大も実現した。
    各グレードの価格
    ■L:170万5000円(2WD)、194万4800円(4WD)
    ■X:184万8000円(2WD)、208万6700円(4WD)
    ■G:200万2000円(2WD)、222万4200円(4WD)
    ■Premium:220万円(2WD)、242万2200円(4WD)

    ※価格はいずれも消費税込み

    【特報 『ダイハツ』】の続きを読む

    このページのトップヘ