芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:芸能まとめ > 薬物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『国母被告の保釈にネット「ブレなくてワロタ」「謝罪不要」「反省してま~す欲しかった」』について画像をまとめてみた


    小出治都子(立命館大学大学院先端総合学術研究科 Core Ethics vol.7) 「バンクーバー五輪 国母和宏選手、服装の乱れを理由に選手村入村式参加自粛」 FNNニュース2010年2月11日 「バンクーバー五輪 国母和宏選手があらためて謝罪会見」 FNNニュース2010年2月13日
    35キロバイト (5,663 語) - 2019年10月12日 (土) 03:38



    (出典 hochi.news)


    国母被告の保釈にネット「ブレなくてワロタ」「謝罪不要」「反省してま~す欲しかった」

    米国から大麻を密輸したとして大麻取締法違反などの罪で起訴された元五輪代表のプロスノーボーダー国母和宏被告(31)が3日に警視庁東京湾岸署から保釈された時の様子について、ネット上ではさまざまな感想が投稿された。

     国母被告は、サングラスを着用し、窓を黒い布で覆ったタクシーの後部座席に座って走り去った。

     ネット上では、最初からテレビカメラの前で深々と頭をさげるシーンはないと思われていたようで、「謝らんでしょ」「マスコミの前で謝罪する必要はない」「世間に媚びうる必要ない立場なんだから」「誰に対してか分からない謝罪なんかいらない」とのコメントが相次いだ。

     謝罪すべきだったとの意見は少なく「良いんじゃね」「そんなもんでしょ」「国母ブレなくてワロタ」との投稿が多いが、「スノーボードのイメージ悪くなるから、おとなしくしてて」「メディアをわざわざ煽らないで」との意見も。

     ただし、2010年のバンクーバー五輪で「腰パン」を問題視された際の会見で、「反省してま~す」などと発言して物議を醸したイメージは強く、「期待を裏切らなくて良い。ただ、『反省してまーす』は言ってほしかった」「ちっ、うっせーな!反省してまーすくらい言えや」との投稿もみられた。

    【特報 『国母被告の保釈にネット「ブレなくてワロタ」「謝罪不要」「反省してま~す欲しかった」』について画像をまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報  画像あり 『なんだかんだで絵になるオンナ 写真で振り返る沢尻エリカ容疑者の芸能生活【1】』画像をまとめてみた


    SANKEI DIGITAL (2019年11月17日). “沢尻エリカ容疑者所持のMDMA 多幸感得られる「パーティードラッグ」 覚醒剤などにエスカレートも” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月18日閲覧。 ^ “大麻所持や栽培、摘発が増加 危険ドラッグ規制強化で代用?” (日本語). 東京新聞
    8キロバイト (1,012 語) - 2019年11月18日 (月) 02:26



    (出典 times.abema.tv)


    なんだかんだで絵になるオンナ 写真で振り返る沢尻エリカ容疑者の芸能生活【1】

    ついに“容疑者”という呼称になってしまった女優・沢尻エリカ。お騒がせも多かったがスポーツ紙的には、記事だけでなく紙面映えする貴重な女優だった。デイリー紙面を彩った写真で彼女の芸能生活を振り返ってみる。
    【2004年1月】デイリー紙面初登場は17歳 映画「問題のない私たち」準主役

    【2005年】出世作「パッチギ!」出演
    【2006年】新人賞総ナメの快進撃
        06年2月6日 ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞受賞
        06年2月9日 エランドール賞新人賞を受賞、膝上20センチのミニスカートで笑顔
        06年7月11日 主演ドラマ「タイヨウのうた」劇中歌で歌手デビュー(役名の「Kaoru Amane」名義)
        06年10月5日 映画「手紙」で髪を10数センチ切る
        06年10月21日 東京国際映画祭“あゆ風ファッション”でレッドカーペットを歩く
    【2007年】日本アカデミー賞プレゼンターで存在感
        07年2月16日 日本アカデミー賞にプレゼンターとして登場
        07年CMにひっぱりだこ
    【2007年9月】かの有名な「別に…」事件
        07年9月29日 主演映画「クローズド・ノート」舞台あいさつで、腕組みをしたまま不機嫌全開モード。大バッシングを受け「お騒がせ女優」としての地位を確立してしまった

    【2007年】バッシングも冷めやらぬ12月には交通事故
    【2008年】騒動にもめげず熱愛→結婚へ
        08年12月29日 英国留学から恋人とともに帰国も無言
        08年12月31日 元日婚の情報を聞きつけて大みそかに集まった報道陣に左手薬指の指輪をさわりながら話す

    【2009年】1月に明治神宮で神前挙式 意外と古風?「だって着物着たいじゃん」
        09年1月19日 意外に古風?明治神宮での神前挙式に日本中が驚いた
        09年1月19日 明治神宮境内には、お面をつけて登場したマッチョな「エリカ隊」も
        09年1月21日 胸元をあらわにした大胆な服装でハワイへ出発
        09年7月17日 日本国内で皆既日食見たくて5カ月ぶりに帰国。紙上での見出しは「胸元パックリ帰国」だった
        09年07月23日 皆既日食は見られずご機嫌ナナメ? 「F☆☆☆ ME」とプリントされた帽子とミニスカ姿で奄美大島から帰京したが終始無言

    【2009年】9月 素行不良で前所属事務所に解雇されると報じられる

    結局、前事務所との契約は2009年9月30日付けで解消され、芸能活動を2010年春まで休止することになった。

    【特報  画像あり 『なんだかんだで絵になるオンナ 写真で振り返る沢尻エリカ容疑者の芸能生活【1】』画像をまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『沢尻エリカ容疑者に無罪説も…形勢逆転で出所後は“焼け太り”か』


    沢尻エリカ容疑者に無罪説も…形勢逆転で出所後は“焼け太り”か 沢尻エリカ容疑者に無罪説も…形勢逆転で出所後は“焼け太り”か
    沢尻エリカ容疑者の薬物事件は尿鑑定の結果シロとの報道を受け、仰天の臆測が業界関係者の間で流れ始めた。「これで薬物の使用での立件が困難になったばかりか、本人が今後、容疑否認に転じた場合、所持でも大した…
    (出典:エンタメ総合(日刊ゲンダイDIGITAL))


    沢尻 エリカ(さわじり えりか、1986年4月8日 - )は、日本の女優、歌手。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。 東京都出身。スペインに所在する個人事務所・エル・エクストラテレストレ所属(エイベックス・マネジメント(旧エイベックス・ヴァンガード)と業務提携)。 歌手としても、Kaoru
    41キロバイト (3,972 語) - 2019年11月16日 (土) 08:06



    (出典 public.potaufeu.asahi.com)


    沢尻エリカ容疑者に無罪説も…形勢逆転で出所後は“焼け太り”か

    沢尻エリカ容疑者の薬物事件は尿鑑定の結果シロとの報道を受け、仰天の臆測が業界関係者の間で流れ始めた。

    「これで薬物の使用での立件が困難になったばかりか、本人が今後、容疑否認に転じた場合、所持でも大した罪には問われない。エリカ容疑者が所持していたMDMAは0・09グラムと微量の上、弁護団に『無罪請負人』こと、あのカルロス・ゴーン被告の主任弁護士も務める凄腕、河津博史弁護士もついて形勢逆転の見方が強まり、無罪説までささやかれ始めているのです」(スポーツ紙芸能デスク)

     薬物使用を裏付ける鑑定には毛髪鑑定もあって、常習者であれば1カ月以上反応が出る場合もあるものの、たとえクロと出ても時期の特定が難しく使用の証拠にはなりにくいとされる。麻薬取締法違反容疑で緊急逮捕された沢尻容疑者は12月上旬に起訴され、来年1月下旬から2月に初公判が行われる見通しが伝えられている。余罪などによっても異なるが、初犯だけに懲役1年~1年6月、執行猶予3年程度ではないかという。起訴猶予になるという見通しもあるが、今後はどう展開していくだろうか。某芸能プロ幹部がこう話す。

    「出てきたら(所属の)エイベックスなどの政治力で遅かれ早かれ仕事復帰でしょう。謹慎もそこそこに、干されるどころかオファーが殺到し、賛否両論、高い話題性が見込まれるわけですから」

    ■薬靴に甘い芸能界

     ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

    「たとえば今年3月にコカイン摂取による麻薬取締法違反で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けたピエール瀧は2週連続で都内の軟式野球場に高級外車で乗り付け、草野球を楽しんでいます。それが悪いとまでは言いませんが、たとえ有罪になっても、塀の中にいないのですから、いつまた薬物に手を染めたり、そういうヤカラが近寄ってこないとも限らないという印象を持ちました。日本がそういう社会であることを、もっと知っておくべきだと思います」

     世論の「甘すぎる」という声をよそに、これまでもクスリで捕まって復帰してきた芸能人は多数。復帰後のエリカ様は“焼け太り”かもしれない。

    【特報 『沢尻エリカ容疑者に無罪説も…形勢逆転で出所後は“焼け太り”か』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『沢尻エリカ容疑者、ブラの中に薬物隠す…常習&悪質性の高さ浮き彫りに』


    沢尻 エリカ(さわじり えりか、1986年4月8日 - )は、日本の女優、歌手。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。 東京都出身。スペインに所在する個人事務所・エル・エクストラテレストレ所属(エイベックス・マネジメント(旧エイベックス・ヴァンガード)と業務提携)。 歌手としても、Kaoru
    41キロバイト (3,972 語) - 2019年11月16日 (土) 08:06



    (出典 up.gc-img.net)


    沢尻エリカ容疑者、ブラの中に薬物隠す…常習&悪質性の高さ浮き彫りに

    16日に合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された女優、沢尻エリカ容疑者(33)が、日常的にブラジャーの中に違法薬物を隠し持っていたことが19日、捜査関係者らへの取材で分かった。職務質問などを受けても発見されにくい場所で、10年以上前から使用していた常習性に加え、悪質性の高さが浮き彫りに。また、「MDMAは逮捕前日に訪れたクラブとは別のイベント会場でもらった」との新供述をしていることも判明した。
     胸の谷間を強調した姿で度々メディアの前に登場していた沢尻容疑者。その美しい胸元に麻薬を忍ばせていた可能性が浮上した。
     捜査関係者らによると、沢尻容疑者はこれまで違法薬物をブラジャーに入れて持ち歩いていたという。「クスリをブラに入れていると聞いたことがある」と話す芸能関係者もいる。
     逮捕後、警視庁組織犯罪対策5課の調べに「10年以上前から大麻やMDMA、LSD、コカインを使用していた」と話しており、それらの薬物を日常的に隠し持っていたとみられる。
    薬物を下着に隠す行為について、元厚労省麻薬取締官の小林潔氏は「特異なケースではない」と説明。「女性が一番“安全”と考えるのが下着の中。職務質問ではそこまで調べられない」とし、「自分が疑われると思っているから、見つからないように、と考えて隠している。悪質性が高い行為として見なされる」と指摘する。
     さらに、沢尻容疑者がMDMAを入手した場所が、逮捕前夜の東京・渋谷のクラブではなく、別のクラブのイベント会場だったことも分かった。捜査関係者によると、組対5課の取り調べに対し「別のイベント会場でもらった」という趣旨の供述をしているという。入手時期については数週間前と説明しており、同課は尿を鑑定し、使用の有無を調べるとともに入手ルートの特定を進める。
     また、沢尻容疑者が「私のところには警察は来ないだろうと思っていた」と話しているとフジテレビなどで報道。これまで供述していた「有名人が薬物で逮捕されるたびに私も危ないと注意していた」という危機感とは対照的な“自信”について、小林氏は「それはみんな言うせりふ」とバッサリ。「他の人が逮捕されても『自分は有名人だから大丈夫』とみんな思っている。おごりしかない」と斬り捨てた。

    【特報 『沢尻エリカ容疑者、ブラの中に薬物隠す…常習&悪質性の高さ浮き彫りに』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『沢尻逮捕で再注目!モデル、二世俳優、イケメン「麻薬パーティ」乱倫現場』


    たのだが、よくわからないまま当時の恋人に連れられて麻薬パーティーに参加したところを現地の警察に逮捕される。その後、UCLAを退学して帰国。 帰国した途端今度は父親を殺されてしまったため、そのショックで口が聞けなくなってしまった。その後も元恋人が麻薬密輸容疑で指名手配されてしまった為に警察に最重要容
    6キロバイト (1,057 語) - 2019年7月8日 (月) 10:25



    (出典 cheetah-sokuho.com)


    沢尻逮捕で再注目!モデル、二世俳優、イケメン「麻薬パーティ」乱倫現場

    合成麻薬所持の容疑で、11月16日に逮捕された女優の沢尻エリカ(33)。
     濃姫役で出演していた、来年1月放送予定のNHK大河『麒麟がくる』も撮り直しが必至の状況で、過去最大規模の影響を各方面にもたらしている。
    「沢尻は事情聴取に“10年以上前から数多くの薬物をやっていた。有名人が逮捕されるたびに危ないんじゃないか、と注意していた。たいへんな迷惑をかけました”と謝罪しているそうです」(スポーツ紙記者)
     先頃、田代まさし容疑者(63)の薬物で5度目となる逮捕が報じられたが、違法薬物中毒から逃れるのは、至難の業なのだという。
    「薬物を絶つのは、本当に難しい。何年も触っていなくても突然、無性にやりたくなる。気がついたら、時すでに遅し。昔の売人に電話してしまっているんだ……」(薬物使用で3度の逮捕歴がある50代の男性)
     種類にもよるが、“値段の安さ”も常習者には魅力だという。
    「10回使用する分が、1万円ちょっとで購入できます。1回あたり1000円ちょっと。たばこ2箱分ですからね」(前同)
    違法薬物にも多種あるが、若者の間でファッション感覚で流行しているのが大麻だ。
    「大麻も人気が高い。欧米諸国では、一部の国や地域で使用が合法化されているため、海外旅行時に味を覚え、帰国後もひそかに楽しむやからが後を絶たないんです」(警察関係者)
     なるほど、田代容疑者と前後して、プロスノーボーダーの国母和宏容疑者(31)も、大麻で逮捕されている。
    「史上最年少の11歳でプロ資格を取り、2005年のW杯では金メダルを獲得。10年のバンクーバー五輪ではメダルを逃しましたが、14年のソチ五輪ではコーチを務め、愛弟子の平野歩夢は銀メダルに輝いています」(スポーツ紙記者)
     近年は、北海道で家族と暮らしていたという国母。彼が、手を出してしまったのが大麻だった。「海外の選手はよく宿舎で大麻を吸っていますから。ウインター競技では、大麻にハマる選手が珍しくないんです」(芸能記者)
     約57グラムの大麻を密輸した国母容疑者。
    「この量は700回分の使用量に相当します。本人は否定しているようですが、個人で使用する以外に、転売する目的もあったと当局はニラんでいるわけです。しかも、密輸したブツは純度の高い“大麻ワックス”と呼ばれるもの。つまり、筋金入りの常習者の可能性もあるかもしれません」(前出のライター)
     そんな国母容疑者が溺れた大麻は、芸能界でもブームだというから驚きだ。
    ■人気俳優Sが激怒したBとCの渋谷での夜遊び
    「芸能関係者の間で最近話題になっているのが、美形モデルのAです。彼女は有名俳優と結婚していましたが、数年前に離婚しています。離婚する前から別の俳優と不倫関係にあったとされ、現在も関係は継続中。Aはロサンゼルスが好きで、たびたび渡米していますが、そこで大麻を知ったようですね」(芸能記者)
     薬物事犯を扱う警視庁のソタイ(組対)は、Aと不倫相手の俳優もマークしているといわれる。もう一つ、マトリ(厚生労働省所属の麻薬取締官)が動いているとされるのが、大物二世俳優のBと30代のイケメン俳優Cだ。
    「破天荒な演技で、映画やドラマに大活躍した大物俳優を父親(故人)に持つBは、父親譲りの演技派。役作りのため、大麻を吸っているという噂もあります。Cは有名女性歌手を妻に持つイケメン俳優で喧嘩早く、Bとは“大麻友達”とも……」(前同)
     本誌はBとCに関する、こんなエピソードもつかんだ。
    「8月下旬ですが、東京・渋谷の有名クラブ“X”に、BとCが連れ立って遊びに来たんです。その日は特別なイベントがあったそうです。映画監督としても活躍する人気俳優Sも、一緒に来ていたといいます」
     VIP席に座るや、BとCは手慣れた様子でジョイント(喫煙のために大麻を紙で巻いたもの)された大麻に火をつけたという。
    「これを見たSは激怒。“お前ら何吸ってんだ!”と注意したそうですが、BとCはニヤニヤ笑いながら大麻を吹かしている。見かねたSは、“巻き添えはごめん”とばかりに、店から立ち去ったといいます」(同)
     芸能界薬物汚染の根は、想像以上に深そうだ……。

    【特報 『沢尻逮捕で再注目!モデル、二世俳優、イケメン「麻薬パーティ」乱倫現場』】の続きを読む

    このページのトップヘ