特報 『メジャー超大物・ジョーンズのオリックス入り、米メディアでも話題』


アダム・ラ・マーキー・ジョーンズ(Adam La Marque Jones, 1985年8月1日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。現在はフリーエージェント。 愛称はパッポ(Pappo)。 2003年のMLBドラフト1巡目追補(全体37位)で
21キロバイト (1,565 語) - 2019年12月10日 (火) 05:31



(出典 rpr.c.yimg.jp)


メジャー超大物・ジョーンズのオリックス入り、米メディアでも話題

オリックス入りが9日判明した米大リーグ通算282本塁打でダイヤモンドバックスからフリーエージェント(FA)になっていたアダム・ジョーンズ外野手(34)の日本行きの可能性を複数の米メディアも伝えていた。

 米紙「ニューヨーク・ポスト」(電子版)は9日(日本時間10日)、「アダム・ジョーンズ、日本のオリックス・バッファローズ入リでMLBを去るか」との見出しを打って、「アダム・ジョーンズは真剣に日本のオリックス・バッファローズからの複数年契約のオファーを検討しており、早ければ契約が10日(同11日)にもまとまることもありえる」と報じた。同紙は「ジョーンズは昨オフ、ダイヤモンドバックスと1年300万ドル(約3億3000万円)の契約を結ぶまで、オフシーズン長い間待たされいら立っていた」と伝えた。

 ジョーンズはマリナーズから2008年にオリオールズに移籍後、メキメキと頭角を現し09年から今季まで11年連続2桁本塁打をマーク。メジャー13シーズンで1939安打を放ち、通算打率・277でオールスターにも5度出場している。

【特報 『メジャー超大物・ジョーンズのオリックス入り、米メディアでも話題』】の続きを読む