芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:#プロ野球 > 規制 高校野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『イチロー氏異例マリナーズ在籍で学生野球資格回復も』


    イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日 - )は、愛知県西春日井郡豊山町出身の元プロ野球選手(外野手)。2019年4月30日よりシアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務める。 日米で通算28シーズンをプレーし、MLBシーズン最多安打記録保持者(262
    343キロバイト (40,705 語) - 2019年12月11日 (水) 08:43



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    イチロー氏異例マリナーズ在籍で学生野球資格回復も

    今季限りで現役を引退したイチロー氏(46=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が、13~15日に都内で行われる学生野球資格回復研修を受けることが12日、分かった。
    プロ経験者が学生野球の指導者になるためには、同研修の受講が義務づけられている。資格回復が認められれば、イチロー氏は国内で高校野球、大学野球の指導が可能となる。

       ◇   ◇   ◇

    イチロー氏が、日本で高校球児や大学生を教える日が来ることになりそうだ。今年3月に現役引退。会見で「何になるのか」と問われると「監督は絶対無理ですよ。これは絶対がつきますよ」と否定した。だが「小さな子どもなのか、高校生なのか、大学生なのか、分からないですけど、そこには興味がありますね」と、アマチュア野球の指導には関心を示していた。その第1歩が、学生野球資格回復研修だ。

    同研修は例年12月に実施。初日はNPB、プロ野球選手会、全国野球振興会によるプロ側研修で、学生野球とプロ野球の関係の歴史やルール、ケガ予防、指導者の役割などを学ぶ。小テストも行われる。プロ側研修を終了した人を対象に、2日目、3日目は日本学生野球協会によるアマ側の研修。部活動に関する留意事項や教育的配慮などを学ぶ。プロアマ両方の研修を終えれば、日本学生野球協会による審査に申請できる。そこで学生野球資格の回復が認められれば、高校、大学で指導が可能となる。

    プロ経験者が学生野球で指導できるようになるまでには、これらの過程を経ないといけない。さらに、プロ球団を退団することも求められる。イチロー氏はマリナーズに在籍したままだが、野球界への功績を配慮され、特例となる可能性もありそうだ。引退会見では「アマチュアとプロの壁が日本の場合特殊な形で存在しているのでね。どうなるんですかね、そのルール。今までややこしいじゃないですか。自分に子どもがいて高校生だとすると、教えられないですよね。変な感じじゃないですか」と問題提起も行っていた。

    【特報 『イチロー氏異例マリナーズ在籍で学生野球資格回復も』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『来春センバツから球数制限導入決定、1週間で1人500球以内』


    投手の球数制限が見直された。1次ラウンドが70(第1回大会では65。以下同)、2次ラウンドが85(80)、準決勝と決勝では100(95)に緩和。 但し、その制限球数が対戦している選手の対戦途中であった場合は、その選手の対戦終了まで投球はできる。また3連投以上は原則禁止とし、1試合50
    42キロバイト (2,095 語) - 2019年8月10日 (土) 08:50



    (出典 www.shimotsuke.co.jp)


    来春センバツから球数制限導入決定、1週間で1人500球以内

    来春選抜から球数制限の導入が正式に決まった。日本高野連は29日、大阪市内で理事会を開き、来年の第92回選抜高校野球大会(3月19日から13日間、甲子園)から「期間中の1週間で1人500球以内」という球数制限の導入を決めた。500球となる打者完了まで投球は可能となった。また降雨などによりノーゲーム、再試合となった場合の投球数もカウントされる。
    投手の球数制限については、日本高野連がが設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」(座長・中島隆信慶大教授)が4回の会合を通してまとめた答申を20日に日本高野連の八田英二会長に手渡していた。

     答申では、日本高野連並びに都道府県高野連(以下高野連)は、投手の障害を予防するため、3連戦を回避する日程を設定する。高野連が主催する大会で、大会期間中(都道府県大会と、それに連続する上位の大会日程の期間を含む)の1週間で1人の投手が投球できる総数を500球以内とする。この投球数制限は、来春センバツを含む春季大会から3年間を試行期間とし、その間は罰則のないガイドラインとする。選手、部員のスポーツ障害の有無に関する情報を指導者と選手、部員、保護者と共有するために健康調査票が活用されるよう加盟校に指導する、ことなどが盛り込まれていた。

     理事会ではこの答申を受け入れ、明治神宮野球大会、国体を含めた各種大会で投手の障害予防に全力で取り組むことを確認。都道府県高野連理事長会合もこの日行われ、地区大会などで3連戦を回避する日程を原則とするように指示した。

     ▼日本高野連・八田英二会長 本日、「投手の障害予防に関する有識者会議」からの答申について、全会一致で理事会の承認を得ました。来シーズンへ向け、加盟校、都道府県高校野球連盟の協力も得ながら、公式戦の投球数制限だけでなく、大会や平時の練習など投手の障害予防全般にわたる取組を推進していきます。また、小中学生である成長期の段階からも、より良いプレー環境を整備する必要があるため、関係各所と連携し、野球界全体で今回の取組が前進できるよう努めてまいります。少子化や社会構造の変化に対応すべく、一人ひとりの部員を大切にする高校野球を目指していきます。

    【特報 『来春センバツから球数制限導入決定、1週間で1人500球以内』】の続きを読む

    このページのトップヘ