芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:#プロ野球 > MLB

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    (画像あり)(動画あり)『大谷翔平、朝から大忙し』についてまとめてみた


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。「翔平」という名前は、父が奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場。
    131キロバイト (18,529 語) - 2020年2月13日 (木) 07:14



    大谷翔平、朝から大忙し 恒例写真撮影→走塁&打撃練習
    フォトデーの撮影でポーズをとるエンゼルス・大谷=テンピ(共同)【拡大】
     米大リーグは18日、各地で行われているキャンプで野手組の練習も始まり、エンゼルスの大谷翔平は朝から大忙しだった。球団恒例の写真撮影を終えると、野手組に入って練習開始。一塁までの走塁やフリー打撃で24スイングをした後は、打撃投手役を務めた新加入の先発右腕タランらの打席へ。27球で一度もバットを振らなかったが、久しぶりに生きた球で目を慣らした。

    【(画像あり)(動画あり)『大谷翔平、朝から大忙し』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【特報】 (動画あり) (画像あり) 最後まで見てね『マエケン』についてまとめてみた


    。MLBのミネソタ・ツインズに所属。代理人はワッサーマン・メディア・グループ。メディア方面のマネジメント契約はアワーソングスクリエイティブ。愛称はマエケン。 子供の頃から勉強を強いられたことはなく、むしろ外に遊びに行くように言われていたという。小学3年生の時に近所の幼なじみの影響で地元の野球チーム「
    79キロバイト (10,291 語) - 2020年2月5日 (水) 03:52



    マエケンツインズへ電撃移籍!Rソックスのベッツとプライスがド軍 現地報道
    2/5(水) 11:52配信


    前田健太投手
     ドジャースの前田健太投手(31)がツインズへトレードされると4日(日本時間5日)、MLBネットワークのジョン・ヘイマン記者が自身のツイッターで伝えた。米スポーツ専門局ESPN(電子版)のジェフ・パッサン記者ら複数の記者のツイッターによると、レッドソックスも含む超大型三角トレードでドジャースはレッドソックスからムーキー・ベッツ外野手(27)とデービッド・プライス投手(34)を獲得することで合意しているという。

    【【特報】 (動画あり) (画像あり) 最後まで見てね『マエケン』についてまとめてみた】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【MLB】『セスペデス、32億円から6・5億円に大幅減と報道』


    ヨエニス・セスペデス・ミラネス(Yoenis Céspedes Milanés, 1985年10月18日 - )は、キューバ共和国グランマ州カンペチュエラ出身のプロ野球選手(左翼手)。右投右打。現在はMLBのニューヨーク・メッツに所属している。 愛称はスペイン語でザ・パワーを意味するラ・ポテンシア。
    25キロバイト (1,963 語) - 2019年12月15日 (日) 12:13



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    セスペデス、32億円から6・5億円に大幅減と報道

    メッツはヨエニス・セスペデス外野手(34)との契約を見直し、来季の年俸が2950万ドル(約32億2700万円)から600万ドル(約6億5600万円)へと大幅な減額となったことが、APが入手した詳しい情報から判明した。
    ただし、同選手が来季メジャーのロスターに1日でも登録されれば年俸は1100万ドルとなり、打席数が650に達した場合は2000万ドルになるという。
    同選手は5月にフロリダ州の自身の牧場で激しく転倒して右足首を骨折したこともあって、ことし1試合も出場できなかった。
    2015年にゴールドグラブ賞、翌年にはシルバー・スラッガー賞に輝いたセスペデスだが、2016年に総額1億1000万ドルの4年契約を結んでからは故障が相次ぎ、3シーズンでわずか119試合の出場にとどまっていた。(AP)

    【【MLB】『セスペデス、32億円から6・5億円に大幅減と報道』】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【メジャー】   『大谷の元女房役マルドナード、アストロズと2年8億円で再契約 MLB公式伝える』


    マーティン・ベンジャミン・マルドナード・バルデス(Martín Benjamín Maldonado Valdés, 1986年8月16日 - )は、 プエルトリコのナグアボ(英語版)出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。現在はフリーエージェント。 愛称はカスカホ(Cascajo)、またはマチェテ(Machete)。
    15キロバイト (970 語) - 2019年11月24日 (日) 17:31



    (出典 img.sportsbull.jp)


     7月26日(日本時間27日)に守備の要であるマーティン・マルドナードをヒューストン・アストロズに放出したロサンゼルス・エンゼルス。
     昨季はゴールドグラブ賞に輝いた守備の名手を地区ライバルに放出したのはなぜか?
     大谷翔平の相棒でもあるマルドナードは、今季エンゼルスで78試合に出場して打率.223、5本塁打、32打点だったが、打撃は「オマケ」みたいなもの。マルドナードがエンゼルスで正捕手の座を勝ち取ったのはメジャー屈指の守備力を誇るから。自慢の鉄砲肩で今季も27盗塁機会中12人の走者を刺して、盗塁阻止率44.4%を記録。
     「たくさん勉強させてもらった」と大谷はマルドナードへ感謝の言葉を口にしたが、鋭く落ちる大谷のフォークを安定して捕球してきたように捕球技術にも優れたメジャーを代表する守備型捕手だ。
     守備の要であるマルドナードのトレードにエンゼルスが踏み切ったのは、「トレードには驚いたけど、僕はこのオフにFA(フリーエージェント)となるからね」とマルドナード自身がトレード発表直後に語ったように、彼がFAとなることが最大の理由だ。
     31歳のマルドナードの今季年俸は390万ドル(約4億3290万円)。オフにエンゼルスがマルドナードをFAで失った場合には、補償としてドラフト指名権が与えられるが、エンゼルスはドラフト指名権よりもマイナーリーグの投手を選んだ。
     マルドナードとの交換でエンゼルスが得たのは、21歳の左腕、パトリック・サンドバルと、昨オフに大谷がエンゼルスに入団した際にも使われた25歳未満のドラフト対象外の外国人選手との契約金枠25万ドル(約2750万円)分を得た。
     サンドバルは2015年のドラフト11巡目指名でアストロズに入団したが、入団したときの契約金は2巡目指名選手と同等の90万ドル(約1億円)を手にしており、今季はマイナーの1Aで9勝1敗の成績を残している。先発投手陣にケガ人が続出しているエンゼルスにとって、2、3年後にはローテーション入りが期待できる左腕投手を獲得できたのは大きい。
     このトレードに踏み切ったビリー・エプラーGMは、「マーティン・マルドナードをシーズンの残り60日間キープして、その後に得られるものと、21歳の若い左腕投手を獲得できるチャンスを比較したときに出した答え」がマルドナードの放出だと説明。「速球は94マイル(150キロ)で、カーブとスライダーも良いし、チェンジアップも武器になりそうだ。地元で育った子でもあり、楽しみな逸材だ」とサンドバルに期待を寄せる。
     エンゼルスはこのオフにマルドナードと再契約を結ぶことも可能で、マルドナード自身も「この決断はビジネスだ」と納得していてエンゼルスに悪感情は抱いていない。エンゼルスに戻ってくる可能性に関しても、「ドアは開けておく」と前向きなコメントを口にした。
     アストロズは同地区の球団だが、昨年は世界一になったチームで、今季もプレーオフ出場はほぼ確実。プレーオフでのプレー機会だけでなく、世界一になれるチャンスが高いアストロズは、マルドナードにとっても良いトレード先と言える。
     マイク・ソーシア監督は、このトレードが今シーズンのプレーオフ出場を諦めたものであることを否定するが、今季のプレーオフ出場よりも来季に向けたチーム再建を優先したトレードなのは明らか。
     トレードを発表した時点でのエンゼルスは、アメリカン・リーグ西地区首位のアストロズから15ゲーム差も離された地区4位。地区の順位表の上にはアストロズだけでなく、シアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックスもいて、残り2ヶ月で逆転の地区優勝をするのは現実的ではない。そもそも、大逆転での地区優勝を諦めていないのであれば、首位のアストロズの弱点を埋める存在であるマルドナードを差し出したりはしない。
     プレーオフ出場権が与えられるワイルドカード枠争いでも、マリナーズ、アスレチックス、そしてニューヨーク・ヤンキースからも大きく離されていて、こちらも非常に険しい道だ。
     今回のトレードはマルドナードを残り60日間キープすることを諦めただけでなく、シーズンを2ヶ月残してプレーオフを諦めたことを示すものだ。

    【【メジャー】 (画像あり)  『大谷の元女房役マルドナード、アストロズと2年8億円で再契約 MLB公式伝える』】の続きを読む

    このページのトップヘ