【特報】(画像あり)(動画あり)奉納岩ガキ『伊勢神宮』についてまとめてみた


伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。 正式名称は地名も冠しない神宮(じんぐう)であり、他の神宮と区別するために伊勢神宮と通称される。「伊勢神宮」、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも称される。神社本庁の本宗(ほんそう)である。 二十二社(上七社)の一社。また、神階が授与さ
59キロバイト (7,516 語) - 2020年2月5日 (水) 07:03




濃厚でクリーミーな岩ガキ 伊勢神宮内宮に生産者ら奉納 三重
【畔蛸産岩ガキを担いで宇治橋を渡る関係者ら=伊勢市の伊勢神宮内宮で】
 【伊勢】三重県鳥羽市畔蛸(あだこ)町の的矢湾あだこ岩がき協同組合は4日、4月からの出荷開始を前に、養殖岩ガキ百個を伊勢市の伊勢神宮内宮に奉納した。

 畔蛸産岩ガキは、4―7月が旬。温暖な的矢湾で3、4年ほどかけて育てられ、関東や関西、中部圏に出荷される。県を代表する産品「三重ブランド」にも認定されていて、今季は約5万個の出荷を見込んでいる。

 生産者や関係者ら約20人が、そろいの法被姿で参列。1個300―400グラムの大きな岩ガキを籠に載せて担ぎ、宇治橋を渡って神楽殿へ運び納めた。


【【特報】(画像あり)(動画あり)奉納岩ガキ『伊勢神宮』についてまとめてみた】の続きを読む