芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:新着ニュース > 新型コロナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    気を付けて『孫感染』についてまとめてみた



    帰省中の“孫感染”が増加中…迎える側がやってはいけないこと
    現時点で判明しているだけでも、孫と同居する祖父母が感染した事例が10件近くあります。4月中旬に鹿児島県では70代の祖母が同居する20代の孫から感染。また、両親が感染したことで、孫を預かっていた祖母が感染した事例もあります」(医療ジャーナリスト)

    離れた場所で暮らす親族と再会する人も多いお盆休み。しかしそんな“嬉しいひととき”がコロナ感染拡大の温床になりかねない。

    7月22~28日に東京都で発生した1千800人近くの感染者中、家庭内感染は212人。これは“夜の街”で感染した200人を超え、感染経路としては最多だ。緊迫する状況のなか、無症状者の多い若年層から重症化リスクの高い高齢者への家庭内感染が懸念されている。
    さらに、帰省による感染が徐々に増加している。

    「4月下旬に、東京から茨城県に帰省していた親族から70代の女性が感染。また7月17日には三重県で、帰省していた飲食店で働く20代の孫から60代に感染させたとみられる事例も報告されています」(前出・医療ジャーナリスト)

    7月22日からはGoToトラベルキャンペーンも始まり、増加の恐れが高まる“孫感染”。小児科での診療経験も豊富な帝京大学大学院公衆衛生学研究科の高橋謙造教授は不安を漏らす。

    「基本的に症状のないお孫さんから祖父母が感染してしまうことは今後増えてくると思います。またこれからは“夏風邪”がはやり出すタイミング。夏風邪の主症状は鼻水と発熱、コロナは空ぜきと発熱です。10歳未満は夏風邪の主症状である鼻水が出やすいのでわかりやすい。しかし、10歳以上になると、鼻水が出にくくなることもあり、コロナか夏風邪かの診断には医師も慎重になります」

    そうはいっても、離れて暮らす高齢の祖父母が心配な人も多いはず。高橋教授は「帰省自体は問題ない」としつつも、細心の注意を払うべきだと語る。

    「特に乳幼児の場合、昼寝や就寝する際は、祖父母と同じ空間にいることは避けたほうがいいでしょう。赤ちゃんがなめた積み木を床に置けば唾液が付着して床を媒介にウイルスが広がります。おもちゃで遊ぶ際はバスタオルを広げてその上で遊ばせるようにしてください。また手洗いだけでなく顔もなるべく洗ってください。十分すぎるくらい消毒を意識することが大切です」

    迎える側にも準備が必要だ。

    「帰省してくる家族は気がつかないうちに感染している可能性があるので、迎える側としてはまず、十分に換気ができる部屋に泊まらせること。お孫さんと遊ぶときも、必ずマスクをしてください。また食事の際は大皿になりがちだと思いますが、じか箸は絶対にやめて、必ず個別に取り分けるようにしてください」(高橋教授)

    帰省する人は感動の再会が“まさかの結末”とならないよう気を付けて!

    【気を付けて『孫感染』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このアプリ入れようよ『コロナ接触確認アプリ』についてまとめてみた



    政府の「コロナ接触確認アプリ」、感染者登録はわずか3人。DLは610万人に
    日本政府が公開した「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) 」について、感染者の登録がわずか3人のみであることが明らかになった。
    本アプリは、アプリをインストールしたユーザーに対し、過去にコロナ陽性者と1メートル以内、15分以上の接触した場合に通知を行うもの。

    コロナ陽性者の情報は、医療機関などから提供されるものではなく、コロナ感染者自らが保健所から発行された処理番号を登録して初めて機能する。

    日本での検査陽性者数は、6月19日には54人、6月20日には65人、そして6月28日に111人になってからは3ケタを維持し、累計2000人以上を数えている。

    COCOAでは濃厚接触の疑い通知は7月3日から通知対応になっているが、3日から7日まででは1100人以上が陽性となっており、わずか3人しか登録されていない状態は、アプリがほぼ機能していないことを意味している。

    また、アプリ自体の登録者数は人口の6割を超えると感染防止に有効であるとされているが、ダウンロード数は7月8日17時現在で約610万件となっており、登録者数の面でもCOCOAの機能不全を示している。

    厚生労働省では「今後も周知に努めたい」としている。
    COCOA
    URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

    【このアプリ入れようよ『コロナ接触確認アプリ』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    いいねえ 『 アビガンとフサン併用』についてまとめてみた



    アビガンとフサン併用で症状軽快 東大チーム、コロナ重症患者に
     東京大の救急医療チームは6日、新型コロナで肺炎を発症し、ICUで治療した重症患者11人に抗インフルエンザ薬アビガンと膵炎治療薬フサンを併用投与したところ、10人の症状が軽くなったと発表した。

     海外ではICUで治療が必要になった患者の30~50%が死亡するとの報告があり、チームは「併用投与の有効性を示唆する結果だ」としている。

     チームによると、東大病院でICUでの治療が必要となった36~75歳の11人に併用投与した。投与後、10人は症状が軽くなり、うち6人は退院した。75歳の男性は死亡した。11人のうち、死亡した男性を含む8人は人工呼吸器を装着していた。

    【いいねえ 『 アビガンとフサン併用』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    あって当たり前用心に越したことない『吉村知事、学校感染』についてまとめてみた



    吉村知事、学校感染「全国で起こりうる」 第2波なし前提「おかしい
    大阪府の吉村洋文知事が31日夜にツイッターに新規投稿。新型コロナウイルス感染の第2波が指摘されている北九州市の小学校でクラスターが発生したことを受け、「20歳未満は感染分布率4%と少ないが、北九州に限らず、全国どこでも起こりうる」と指摘した。

     「学校で陽性者がでれば休校。当該校はさらに授業時間確保が困難に。夏休みも潰して詰め込み」と、さまざまな困難が想定されることを記した。

     「学校だけが第二波、第三波が来ないことを前提にカリキュラム。おかしい。今年度は1年半でやるべきだ」と、9月入学・新学期の見送りの流れに警鐘をならした。

    【あって当たり前用心に越したことない『吉村知事、学校感染』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    大変だ〜『北九州市民』についてまとめてみた



    「新たな日常」スタート遠のく 感染者急増の北九州市民はいま
    新型コロナウイルスの感染者が急増する北九州市。29日も新たに26人の感染が判明し、感染確認は7日連続となった。福岡県などに出されていた緊急事態宣言の解除から2週間が過ぎ、週明けの6月を「新たな日常」のスタートと捉えてきた市民の不安は日ごとに増している。

    「元通りの授業楽しみしてたのに」

     北九州市では25日から午前中のみで小中学校などの授業がようやく再開した。週明けの6月1日からは給食や午後の授業も始まる予定だったが、感染者の急増を受け当面は午前のみの授業が続くことになった。

     小倉北区のパート事務、天久企誉加(あめくきよか)さん(38)は毎朝、小学2年の長男(7)と夫婦の計3人分の弁当を作って出勤し、昼休みに一旦帰宅。午前授業を終えて帰ってきた長男と一緒に弁当を食べてから再び仕事に戻り、学校給食のない日々を乗り切ってきた。「感染者が増えているので仕方ないとは思うが、働きながら毎日3食作る負担が軽くなることを期待していたのに……」と給食の中止に落胆を隠せない。

     「ようやく子どもたちと元通り授業ができると思って楽しみにしていたのですが」。市内の小学校の女性教諭も残念がる。近隣の中学校に通う男子生徒の感染が28日に判明し、女性教諭の小学校では29日に3~4割の児童が欠席したという。

    【大変だ〜『北九州市民』についてまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ