芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:新着ニュース > 新型コロナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    新型コロナ『緊急事態宣言解除いつ』についてまとめてみた



    緊急事態宣言の解除に向けて、政府の専門家会議の会合が開かれています。西村経済再生担当大臣は、各都道府県の感染状況を分析したうえで、緊急事態宣言の解除が可能かどうか見解を示すよう要請しました。

    政府は、14日、東京や大阪などを除く、特定警戒都道府県の5つの県と、特定警戒都道府県以外の34県の合わせて39県で緊急事態宣言を解除する方針で、午前8時半すぎから政府の専門家会議の会合が開かれています。

    西村経済再生相「北海道のように第2波で増加も」 西村経済再生相「北海道のように第2波で増加も」
    冒頭、西村経済再生担当大臣は、「今月4日の延長判断から10日がたったが、各都道府県における感染の状況について分析・評価をいただきたい。基本的対処方針では、緊急事態宣言の対象地域は感染状況や医療提供体制などを総合的に判断することにしており、現時点での措置の解除について意見をいただきたい」と述べ、地域ごとの感染状況を踏まえて解除が可能かどうかの見解を示すよう要請しました。

    また解除後の対応について、「北海道のように感染者の数が減少したのちに、第2波で増加する事例もある」と述べ、再び流行するリスクを踏まえた再指定の考え方を示すよう求めたほか、感染拡大の防止を前提とした経済社会活動のレベルを引き上げる際の留意点を示すことも求めました。
    加藤厚労相「解除にあたっての考え方など議論を」 加藤厚労相「解除にあたっての考え方など議論を」
    加藤厚生労働大臣は、「都道府県別の足もとの感染状況について分析・評価をいただくとともに緊急事態措置の解除にあたっての考え方や解除された地域における感染対策の在り方、保健所の体制やクラスター対策の強化、検査体制の整備、医療提供体制の確保の対策などについて議論してもらいたい」と述べました。
    安倍首相が記者会見のあと対策本部で正式決定
    会合では、今月4日に緊急事態宣言を延長して以降の各地の感染状況や医療提供体制などを検証し、今後必要な対応をめぐって意見が交わされているものとみられます。

    政府は、専門家会議のあと感染症の専門家などでつくる「諮問委員会」を開き、政府の方針が妥当かどうか意見を聴くことにしています。

    そして、衆参両院の議院運営委員会で事前の報告と質疑を行ったうえで、14日夜、安倍総理大臣が記者会見し解除の理由などを説明したあと対策本部で、宣言の解除を正式に決定することにしています。

    【新型コロナ『緊急事態宣言解除いつ』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    厄介や『新型コロナウイルス感染症』についてまとめてみた



    新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年4月23日版)
    4月23日現在の状況及び厚生労働省の対応についてお知らせします。(4月23日正午までの各国機関やWHO等から発表された内容を踏まえ、4月22日日報から下線部分を更新しました。)

    国内で今般の新型コロナウイルスに関連した感染症の感染者は11,919例となりました。
    内訳は、患者7,315例、無症状病原体保有者778例、陽性確定例(症状有無確認中)3,826例となります。国内の死亡者は287名です。
    また、国内での退院者は70名増加し、2,408名となりました。


    1.国内の状況について

     4月23日12:00現在、患者7,315例、無症状病原体保有者778例、陽性確定例(症状有無確認中)3,826例が確認されている。

    【内訳】
    ・患者7,315例(国内事例7,269例、チャーター便帰国者事例11例、空港検疫35例)
    ・無症状病原体保有者778例
    (国内事例677例、チャーター便帰国者事例4例、空港検疫97例)
    ・陽性確定例3,826例(国内事例3,826例)
    ・日本国籍の者5,464名、外国籍の者65人(他は国籍確認中)

    【厄介や『新型コロナウイルス感染症』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ミイラ取りのミイラ 注意してもかかる新型コロナ『富川悠太』についてまとめてみた



    富川キャスターが新型コロナウイルスに感染していることがおととい分かりました。一緒に出演していました徳永キャスター、コメンテーターの皆さん、森川アナウンサーはスタジオ内や放送前の打ち合わせでも一定の距離を取っていて、現時点までに体調不良などは確認されていませんが、念のためしばらくは出演を控え、こちらのメンバーお伝えしようと考えています。富川キャスターは現在も入院中で熱はありませんが、肺炎の症状が続いています。番組では繰り返し感染予防の重要性を訴えてきた中でこのような重大な事態になってしまったことを非常に重く受け止めています。テレビ朝日はスタッフの自宅待機や消毒を行うとともに保健所と連携しながら、引き続き感染拡大の防止と出演者やスタッフらの安全確保に努めて参ります。

    【ミイラ取りのミイラ 注意してもかかる新型コロナ『富川悠太』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    焦る中国また感染者増えた『中国本土で新型コロナ』についてまとめてみた



    中国本土で新型コロナの新規感染者増加、ロシアからの渡航者ら
    [北京 11日 ロイター] - 中国は11日、新型コロナウイルスの新たな感染者が増加したと発表した。移動や渡航を制限する措置が解除される中、当局は海外からの渡航者や無症状感染者が、新型コロナ感染拡大の第2波を引き起こす可能性について警戒している。
     4月11日、中国は、新型コロナウイルスの新たな感染者が増加したと発表した。写真は都市封鎖が解除された湖北省武漢市で10日撮影(2020年 ロイター/Aly Song)
    中国国家衛生健康委員会によると、10日時点で新たに46人の感染が確認された。このうち海外からの渡航者は42人。前日時点の新規感染者は42人だった。

    新たな無症状感染者は34人で、前日の47人から減少した。

    中国本土の感染者は、累計8万1953人。死者は3人増の3339人となった。

    北東部の黒竜江省ではこのところ、感染が急拡大しているロシアから帰国した中国人を中心に新たな感染例が急増。同省保健当局によると、10日時点で海外からの渡航者22人の感染が新たに確認され、全員がロシアから帰国した中国人だった。このほか、省都ハルビンで1人の国内感染者が確認された。

    内モンゴル自治区当局によると、同自治区では11日午前までに海外からの渡航者27人の新たな感染が確認され、全員がロシアからの渡航者だった。

    新型コロナの発生地である湖北省は、7日連続で新たな感染者の報告がゼロだった。

    【焦る中国また感染者増えた『中国本土で新型コロナ』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ここまできたか『富川悠太』についてまとめてみた



    富川悠太
    メインキャスター(月~木)
    愛知県名古屋市出身 1999年テレビ朝日入社

    「報道ステーション」で毎日発生するニュースの現場を飛び回り、現地から生の情報を伝えてきた。
    現場主義を貫くメインキャスター。
    好きな言葉は「宿命に耐え、運命と戯れ、使命に生きる」。
    趣味はスポーツ全般で、最近は特にバドミントンにハマっている。
    テレビ朝日は、「報道ステーション」のメインキャスターを務める富川悠太アナウンサーが新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

     テレビ朝日によりますと、富川悠太アナウンサー(43)は、今月3日と4日に発熱があったものの直ちに平熱に戻ったため、「報道ステーション」のスタジオ出演など通常業務を続けていました。しかし、先週9日の木曜日に息苦しさを感じるようになり、10日に医師の診察を受けCT検査で肺炎の症状が確認され、11日のPCR検査で新型コロナウイルスへの感染が確認されたということです。

     テレビ朝日は、富川アナウンサーと接触したスタッフの自宅待機や消毒などを行うとともに保健所などと連携しながら感染の拡大防止と出演者やスタッフの安全確保に努めるとしています。

     富川アナウンサーは先週9日まで「報道ステーション」に出演していました。

    【ここまできたか『富川悠太』についてまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ