芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    カテゴリ:芸能まとめ > 新型コロナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ほんまにアホな奴『劇場クラスター』についてまとめてみた



    山本裕典の「劇場クラスター」で、尾上松緑ら大激怒
    舞台クラスター”が発生し、演劇人やメディアの集中砲火を浴びている。主催者側のずさんさが明らかになり、無理もない、という空気が優先する。
    発生源となったのは、6月30日から7月5日まで、東京・新宿シアターモリエールで開催された舞台『THE★JINRO~イケメン人狼アイドルは誰だ!!』。俳優の山本裕典(32)らイケメンが多数出演し、ファンとの交流もウリにしているもので、舞台というよりも、ファンクラブイベント的なノリもあるステージです」(スポーツ紙演劇担当記者)

    尾上松緑「慎め、餓鬼 舞台を舐めるなよ」
     十分な感染対策が取られていなかったことが次々に明らかになったこと、さらに出演者や観客少なくとも人48人(15日現在)が新型コロナウイルスに感染し、濃厚接触者も約850人にのぼっていることも、集中砲火に拍車をかけている。

     情報番組の司会者の坂上忍、立川志らく、コメンテーターの中尾彬らがテレビで非難し、歌舞伎俳優の尾上松緑(45)はブログで「素人共 責任取れるのかよ」「慎め、餓鬼 舞台を舐めるなよ」などと罵詈雑言を浴びせかけた。

    「責められてもしかたない、ずさんなやり方でしたが、完ぺきなやり方をしたとしても、コロナを防げるかはわからない。体温測定やマスク着用、アルコール消毒をしていたとしても、罹ることがあるわけですから、明日はわが身と思って同業者や芸能界は受け止めた方がいい」今年3月、大阪のライブハウスでクラスターが発生した際も、四国から来ていたお客さんが感染し、ウイルスが拡散した。今回も、群馬、山形、島根などに感染が広がった。地方から東京の劇場に観劇に来るファンは多い。感染予防を呼び掛けるガイドラインが、あらゆる業界で策定されていますが、県またぎの来場を禁止したりしていない。例えしたところで、どこから来ているのか確認のしようがないですけどね」(前出・情報番組デスク)

     つまり、東京で舞台の幕を開いたり、音楽ライブを開催すれば、観客は日本中のありとあらゆるところからやって来る危険性を受け入れる、ということ。8月1日からは東京・歌舞伎座の幕も開く。

    「移動の危険性は報道されていますが、政府の『新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針』に基づいて作られている舞台上演のガイドラインには、入退場時の注意やチケットの受け渡し、飲食のしかた、密を作らない工夫などが記されているだけで、遠出することには何も記載がない。これは憲法の移動の自由にもかかわりますから、表立って規定はできないんですが、エンタメ会場発のクラスターを全国に広げないためには、東京には見に行かない、という観劇者の自制が必要になってくると思いますよ」

    【ほんまにアホな奴『劇場クラスター』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    画像や動画あり見てね『新型コロナ感染の赤江珠緒』についてまとめてみた



    新型コロナ感染の赤江珠緒、肺炎で入院 実体験をもとに長文レポート寄せる 4月18日に新型コロナウイルスに感染していることを発表したフリーアナウンサーの赤江珠緒(45)が、29日放送のTBSラジオ『赤江珠緒たまむすび/金曜たまむすび』(月~金 後1:00)にコメントを寄せ、肺炎のために入院していると明かした。
    赤江アナは4月16日放送の同番組内で、テレビ朝日系『報道ステーション』スタッフで新型コロナウイルス感染の疑いがあった夫が、PCRの検査の結果「陽性」だったことを報告。2日後の18日には、同局がホームページで「赤江珠緒さんより、PCR検査の結果、新型コロナウイルス陽性が判明したとの連絡を受けました」と発表していた。
    ご心配をおかけしております。赤江珠緒です。療養に入ってから番組にたくさんの温かいお言葉をいただき、本当にありがとうございます。心からお礼申し上げます。通常のお気楽な番組のテイストに、まったく合わない内容ですが、リスナーのみなさまに大変ご心配いただいておりますので、今の私の状況をできる範囲でご報告しますね。少し耳を傾けていただけると幸いです。

     私の症状は4月15日に発症してから、連日37.5度くらいの熱が続いております。当初は味覚障害と多少の胸の痛み、咳はあったものの、レントゲンで肺炎症状は見られず、血液検査もさほど悪い診断ではない軽症という診断で、娘がいるということもあり、自宅療養を続けておりました。私の場合、熱は微熱の範囲でしたが、寒気や体のだるさなどはありましたので、解熱剤でしのいでいました。解熱剤を飲むと、幸いしばらくの間は平熱に戻ります。

     ですので、娘と通常生活を送るために、解熱剤は欠かせませんでした。ただ、発熱は思ったよりもダラダラと長引きます。例え37.5度くらいの熱でも10日も続けばうんざりしてきます。その点が、軽症とはいえ、今までの風邪とは違う感じがしました。そして、この病の特異な点はなんと言っても孤立・隔離を強いられる点です。普通の病なら家族や友人に看病をお願いすることもできます。私のように子どもがいる方なら、なおさらその存在がありがたいでしょう。

     ただ、このコロナウイルスの場合はまったく打つ手がありませんでした。玄関まで支援物資を届けてくれる友人の厚意や、宅配の方々によってのみ生活を維持できる状況です。解熱剤でなんとか症状を緩和しつつも、子どもがいると、昼間に眠ることなどは不可能なので、それは正直、けっこうキツい状況でした。このようなことを考えながら、娘と2人で10日ほど家で過ごしましたが、医師の勧めで改めてレントゲン検査と血液検査をした結果、肺炎をおこしているということで、発症11日目から入院となりました。

     
    当初は軽症で肺炎症状もなかった私ですが、正直自分が悪化しているのかどうかを判断するのは本当に難しかったです。自宅からまったく出られない中で、そう簡単には病院に通うこともできず、それほど悪くなっていないしな、もう少し様子を見るかと、自宅療養を続ける気持ちの方が大きかったです。ただ、いざ検査をしてみると、即入院ということでした

    【画像や動画あり見てね『新型コロナ感染の赤江珠緒』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    宮根からの寄付『大阪府・吉村知事』についてまとめてみた



    大阪府・吉村知事 フリーアナウンサーの宮根誠司氏から多額の寄付があったことを報告
    大阪府の吉村知事(44)が28日、自身のツイッターを更新。フリーアナウンサーの宮根誠司氏(57)から「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」に多額の寄付があったことを明かした。

     「フリーアナウンサーの宮根さんからも多額のご寄付の申込みを頂きました。ありがとうございます」

     フォロワーからは「吉村さんの頑張りが拡がってますね」「宮根さんキターっ」「少額ですが、私も今クレジットカードにて寄付しました!!一人でも多くの医療従事者の方々に行き渡りますように!!」とのコメントが寄せられた。

    【宮根からの寄付『大阪府・吉村知事』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    この方も新型コロナ感染『石田純一』についてまとめてみた



    石田純一さんが新型コロナ感染 仕事先の沖縄で倦怠感
    俳優の石田純一さん(66)が新型コロナウイルスに感染したと所属事務所のメロンが15日、石田さんの公式ブログで発表した。

     10日に仕事で沖縄へ行き、11日にだるさを感じたため13日に東京に戻るまでホテルで休息していた。14日に肺炎の傾向があり入院、検査を受けた結果、15日に陽性と確認されたという。

     事務所は「重症ではなく、周囲に体調不良を訴えている人はいない」と取材に回答した。

    【この方も新型コロナ感染『石田純一』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    新型コロナ『黒沢かずこ』についてまとめてみた



    森三中」黒沢かずこ、新型コロナ恐怖の実態…粘って頼み込んで検査してもらっていた

    著者:
    ENCOUNT編集部
    タグ:
    #新型コロナウイルス
    鈴木おさむ
    #黒沢かずこ

    【新型コロナ『黒沢かずこ』についてまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ