特報 『沢尻エリカ「お前が死ねよ」 SNSの悪口に』


」枠で放送された日本のテレビドラマである。主演は沢尻エリカ。 結衣は陽一と結婚し息子の広をもうけ幸せに暮らしていたが、ある日、広が忽然といなくなる。それから9年後、陽一と離婚した結衣は広と再会する。 柏崎 結衣(かしわざき ゆい) 演 - 沢尻エリカ 北海道出身。19歳で上京。ひたむきな性格。
11キロバイト (1,001 語) - 2019年11月11日 (月) 08:37



(出典 news-img.dwango.jp)


沢尻エリカ「お前が死ねよ」 SNSの悪口に

女優・沢尻エリカ(31)が11日放送の日本テレビ「踊る踊る!さんま御殿!!」で、SNSで書かれた悪口に「お前が死ねよ」と思っていることを打ち明けた。
 司会の明石家さんまに「沢尻、慣れてるやろ?」とSNSの中傷について聞かれた沢尻は「(悪口は)全然何とも思わないです。全然。『死ねばいいのに』とか(書かれると)…『お前が死ねよ』(と思う)みたいな」と、強烈なエリカ様語録をさく裂させた。
 もっとも、この他は「(以前共演した子役の)ある男の子が、すっごい股間めがけて…お尻とかすっごい触られて。怒れないから、どうしようみたいな」と困惑した経験を披露したり、沢尻の主演ドラマ「母になる」で共演している板谷由夏が「すごい優しいんですよ。こないだあたしが現場でものすごい緊張していた時、膝カックンしてきてくれて」と証言したりと、いい人エピソードの連続に終始した。
 イメージを裏切られたさんまは、膝カックン話に「緊張してんじゃねえよメスブタ!」くらい言ってほしかったと残念そうで、「そんなキャラも作れずにいい人になっちゃったんだ、アカンでえ」と説教。
 同じく「母になる」で共演している小池栄子も「ハリウッドのレッドカーペットで『別に』って言ってほしい」と“エリカ様”の再臨に期待していた。
 沢尻は2007年9月、主演映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつで、腕組みしながら、質問に「別に」と答えるなど不機嫌モード全開。大バッシングを浴びた。

【特報 『沢尻エリカ「お前が死ねよ」 SNSの悪口に』】の続きを読む