【一足遅れたか】 『ミリオン歌手“薬物SM”疑惑』についてまとめてみた


合はセルフカバーとも表すがこれは和製英語で本来の意味とは異なる。 洋の東西、場所を問わず、時間を越えてある楽曲が複数の歌手に共有される現象である。動機としては、カバーしようとする歌手がその楽曲を純粋に好んで歌うため・持ち歌不足を補うため・他人への提供楽曲をファンや音楽会社の要望で録音を行うため・有名
15キロバイト (1,480 語) - 2020年1月28日 (火) 07:24



リオン歌手“薬物SM”疑惑で内偵の情報キャッチ
「このXは、自ら歌うだけではなく、作詞作曲も手掛け、希代のヒットメーカーとして知られています。時代を代表するような名曲も生み出し、あるミュージシャンに提供した楽曲は、ミリオンになったこともある。そんなXが“シャブ中”なのは業界で知られています」
 Xは現在も音楽活動を続けており、最近も某芸能人に楽曲を提供している。もし逮捕されれば大騒動になるのはもちろん、違約金なども莫大なものになるのは必至だ。「シャブを使ったきっかけは、制作に行き詰まったとかではなく、あくまで性行為時の激しい快楽にふけるため。使用歴は20年以上と言われているので、もうやめることは難しいんじゃないか」と同関係者。

【【一足遅れたか】 『ミリオン歌手“薬物SM”疑惑』についてまとめてみた】の続きを読む