特報 『侍ジャパン、本番へ不安 カナダに35年ぶり黒星 主戦山口がまさかの6失点炎上』


野球日本代表 (侍ジャパンからのリダイレクト)
侍ジャパン”の名前がこうして表に出ていることに関しては、複雑な思いもありますね」とも語った。「サムライジャパン」は電通が商標登録している。 2012年の代表常設化後はチームの呼称として「侍ジャパン」が正式に使われることとなった。 なお、日本野球機構が主体となった「侍ジャパン
68キロバイト (7,162 語) - 2019年9月21日 (土) 08:11



(出典 www.japan-baseball.jp)


侍ジャパン、本番へ不安 カナダに35年ぶり黒星 主戦山口がまさかの6失点炎上

「侍ジャパン強化試合、日本5-6カナダ」(31日、沖縄セルラースタジアム那覇)
 侍ジャパンは二回の6失点が響いて敗戦。カナダ代表には84年のロサンゼルス五輪以来、35年ぶりの黒星となった。
 5日に初戦を迎える国際大会「プレミア12」への調整試合。日本の主戦として期待されている山口俊(巨人)が、本番へ向けて不安をのぞかせた。
 初回は三者凡退に仕留めたが、二回にまさかの炎上。押し出しを含む4つの四球を与え、3本の適時打も浴びて6失点。不慣れな大会使用球の影響か、大荒れの内容にマウンド上で首を横に振る姿もみられた。
 打線は四回に吉田(オリックス)の適時二塁打などで2点を返すと、五回は坂本(巨人)が犠飛。七回は敵失で2点差に迫った。九回は1点差まで迫ったがあと一本が出なかった。
 山口の後を継いだ田口(巨人)、高橋礼(ソフトバンク)、山岡(オリックス)、大竹(巨人)、嘉弥真(ソフトバンク)、甲斐野(ソフトバンク)は無失点に抑えた。
 日本代表のトップチームはカナダとの対戦では04年アテネ五輪で2戦2勝、08年北京五輪でも勝利。黒星はアマチュアで編成された84年ロサンゼルス五輪以来となった。カナダは6投手の継投で日本の反撃をかわし、九回は今季まで巨人でプレーしたマシソンが登板した。
 11月1日に行われるカナダとの2戦目は今永(DeNA)が先発。「プレミア12」の1次ラウンドはベネズエラ、プエルトリコ、台湾と対戦する。

【特報 『侍ジャパン、本番へ不安 カナダに35年ぶり黒星 主戦山口がまさかの6失点炎上』】の続きを読む