芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    タグ:#原監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【特報】 (巨人) (原監督) (動画あり) (画像あり) つずきも見てね!『原監督 岡本』についてまとめてみた


    辰徳(はら たつのり、1958年7月22日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。プロ野球監督。解説者。WBC第2回大会(2009)日本代表監督を務めた。福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ち。2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務める。
    97キロバイト (12,959 語) - 2020年1月19日 (日) 10:40



    原監督 岡本の「4番・三塁」定着に期待「信頼は昨年の今よりはるかに大きい」
    [ 2020年1月20日 13:10 ] 
    <巨人スタッフ会議>スタッフ会議後、報道陣に対応する原監督(撮影・森沢 裕)
    Photo By スポニチ

     巨人が20日、東京都内のホテルでスタッフミーティングを開き、今季の方針などを話し合った。1、2、3軍、また打撃、投手の各セクションから目標、育成方針などが発表された。原辰徳監督(61)は「昨年はセントラルリーグ優勝となりましたけど、日本シリーズで惨敗した。これも糧として今年戦っていこうと。昨年はチャレンジャー。その気持ちに変わりはないけど、勝つべくして勝つというチームでなければ」と力を込めた。

    【【特報】 (巨人) (原監督) (動画あり) (画像あり) つずきも見てね!『原監督 岡本』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【巨人】 (画像あり) (動画あり) 『原監督』についてまとめてみた


    辰徳(はら たつのり、1958年7月22日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。プロ野球監督。解説者。WBC第2回大会(2009)日本代表監督を務めた。福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ち。2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務める。
    97キロバイト (12,959 語) - 2019年12月25日 (水) 07:54



    巨人・原監督発案!トレーニングシューズを黒で統一「一体感を持つことが大事」
    昨季セ・リーグ覇者の巨人が、今季からウオーミングアップで選手が履くトレーニングシューズを黒色で統一することが2日、分かった。
     原辰徳監督(61)は「われわれは汗は流す。汗を流した状態で一体感を持つというのが、ジャイアンツにとって一番大事なこと」と常々、チーム一丸の姿勢の重要性を強調する。プレー以外でも一体感を出すために、自ら発案。昨秋の宮崎でのキャンプから準備が進んでおり、2月の宮崎キャンプから実施される予定だ。
     全体練習前は、選手それぞれが自由な色のランニングシューズを履くのが一般的。最近では派手なデザインも増えていたが、本来の巨人のチームカラーで、試合で履くスパイクの色と同じ黒でそろえる、球界でも異例の“ルール”を導入する。
     目指すのは、昨年のW杯8強入りで旋風を起こした、ラグビー日本代表のような“ONE TEAM”の精神。まずは全員の足元をそろえ、2年連続のセ・リーグ優勝、そして8年ぶりの日本一奪回へ駆け上がる。

    【【巨人】 (画像あり) (動画あり) 『原監督』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『巨人・原監督、「現役ドラフト」賛成 情報漏れを懸念…一日での開催を希望』


    ブレークスルードラフトは、日本野球機構で導入が検討されている移籍制度。「現役ドラフト」とも称される。 日本プロ野球選手会が出場機会が少ない選手の移籍活性化を狙いとし、導入を希望している。2019年に選手会が導入を提案したが同年中は実現せず、2020年の導入を目指している。 ^ https://www
    1キロバイト (116 語) - 2019年12月5日 (木) 09:29



    (出典 d2l930y2yx77uc.cloudfront.net)


    巨人・原監督、「現役ドラフト」賛成 情報漏れを懸念…一日での開催を希望

    巨人・原辰徳監督(61)が6日、労働組合日本プロ野球選手会が早ければ来季中の導入を目指している「現役ドラフト」に賛成した上で、情報漏れなどを懸念。ドラフト会議のように一日で終わるのが望ましいとした。
     「俺は(実現しても)平気。日本ではチームの愛、和が大事。(対象選手が判明して事前に)“陳列”される状況になると(よくない)」
     現役ドラフトは、出場機会に恵まれない選手の救済を目的とした新たなドラフト制度で、米大リーグの「ルール5ドラフト」を参考にしたもの。選手会側が日本野球機構(NPB)に早期実現を強く要望している。
     この日の原監督は、7日の野球教室に参加するため沖縄・那覇市入り。実施時期については「8月だと(獲得選手の起用は)来季で、となる。(開幕前の)1、2、3月なら必要として取るんだ、となる」と提案した。
     また、以前から指揮官が提唱しているフリーエージェント(FA)の取得期間短縮や、人的補償の撤廃、セ・リーグのDH制導入についても改めて言及。「選手会も野球界も先を見据えた改革が必要」と訴えた。

    現役ドラフト
     日本プロ野球選手会は昨年7月の臨時大会で、若手に活躍の場を広げる米大リーグの「ルール5ドラフト」の日本版ともいえる「現役ドラフト」の提案を検討。「メジャー40人枠から漏れている」などが条件のルール5ドラフトを参考に、日本野球機構(NPB)との折衝で模索を続けている。選手会は前日5日に大阪市内で定期大会を開催し、12球団側に来季からの実施を強く求めていくことを決議した。

    【特報 『巨人・原監督、「現役ドラフト」賛成 情報漏れを懸念…一日での開催を希望』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『原監督 号泣 父・貢氏の死と「おふくろ」の胸中初告白』


    辰徳(はら たつのり、1958年7月22日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。プロ野球監督。解説者。WBC第2回大会(2009)日本代表監督を務めた。福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ち。2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務める。
    97キロバイト (12,963 語) - 2019年11月27日 (水) 00:53



    (出典 i.ytimg.com)


    原監督 号泣 父・貢氏の死と「おふくろ」の胸中初告白

    巨人・原監督の目から涙があふれた。都内のホテルで行われた「東海大相模野球部OB会」の壇上。父であり、同校監督だった貢氏(享年78)の死と、母・勝代さん(86)の胸中を初めて明かしたときだった。
     「私の父はいつも“辰徳、人生は挑戦だ”と言った。一生懸命生きることがとても大事なことなんだなと」

     14年5月4日。ゴルフから帰宅した貢氏は勝代さんに運んでもらったビールを飲んだ後、胸の痛みを訴えた。心筋梗塞と大動脈解離。病院に緊急搬送され、25日後に他界した。「おふくろは集中治療室に一回も来ませんでした。最後の最後まで来なかった」と明かした。

     母は理由を「もうお医者さんに任せるわ。私は一生懸命尽くしたから」と説明したという。この言葉を回想し、原監督の涙腺が崩壊した。「おふくろも勝負師だったということ。必ず帰ってくる、と思って待っていたのよ」。父が元気な姿で戻るのを信じ、家を守った母なりの「挑戦」だったのだろう。

     4年ぶりに復帰した今季、5年ぶりのV奪回を果たした。横浜スタジアムでの胴上げ前にも号泣。「うれし涙は勝負師にあっていいね。しかし、悔し涙は勝負師にはいらない」と言い、来春のセンバツ出場を確実にしている同校の門馬敬治監督と選手を激励した。

     日本シリーズではソフトバンクに4連敗を喫し、来季はリーグ連覇と8年ぶりの日本一を目指す。父の「いくつになっても挑戦」という言葉を母校のOB会で改めて胸に刻んだ。

    【特報 『原監督 号泣 父・貢氏の死と「おふくろ」の胸中初告白』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『巨人・原監督がオーナー報告


    正力亨 (カテゴリ プロ野球のオーナー)
    亨(しょうりき とおる、1918年10月24日 - 2011年8月15日)は、日本の実業家。正力松太郎の長男で、読売新聞グループ本社社主、読売ジャイアンツオーナーなどを務めた。慶應義塾普通部を経て、1942年に慶應義塾大学経済学部卒業。 1918年(大正7年) - 東京府で生まれる。 1942年(昭和17年)
    9キロバイト (1,152 語) - 2019年10月19日 (土) 06:52



    (出典 image.news.livedoor.com)


    巨人・原監督がオーナー報告「良い点、悪い点、次に生かすという部分の話をさせていただいた」

    巨人・原辰徳監督(61)が東京大手町の球団事務所を訪れ、山口寿一オーナーらにシーズン終了の報告を行った。

     「全日程終了しました、というところですね。良い点、悪い点、次に生かすという部分の話をさせていただいた」。4年ぶりに指揮官に復帰した今季、V逸なら5年連続で球団最悪となる重圧をはね返してリーグ制覇したことを評価され、「よく勝ち進んだ」などとねぎらいの言葉が懸けられたという。また、前夜日本シリーズ第4戦を生観戦した渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆からも「また頑張ってくれー」と激励されたことを明かした。

     連覇を狙う来季に向け、原監督は「いいものはまたそこに積み上げていく。足りないところはそこを補ってさらに上積みする。2020年にもうスタートを切っている」と見据えた。

    【特報 『巨人・原監督がオーナー報告】の続きを読む

    このページのトップヘ