芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    タグ:#文政権

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『韓国・文政権「通貨スワップ」を日本に哀願 背景にウォンの脆弱さ』


    日韓通貨スワップ協定(っかんつうかスワップきょうてい)とは、日本日本銀行と大韓民国中央銀行である韓国銀行間で締結れていた通貨スワップ協定、および日本財務省と韓国銀行と通貨スワップ協定(交換)総称。日本円と韓国ウォンの一定額、あらかじめ決定した為替レートで通貨交換する協定である。
    47キロバイト (7,118 語) - 2019年9月21日 (土) 13:59



    (出典 seijichishin.com)


    韓国・文政権「通貨スワップ」を日本に哀願 背景にウォンの脆弱さ
    厚かましいのも ほどがある

     戦後最悪ともいわれる日韓関係のなか、文在寅(ムン・ジェイン)政権から日本との「通貨交換(スワップ)協定」の再開を渇望する声が出ている。「反日」に走り、日本製品や日本への旅行の「ボイコット」を放置しているというのに、なぜ厚かましくも日本とのスワップ再開にこだわるのか。専門家は、通貨ウォンの脆弱(ぜいじゃく)さという切迫した事情が背景にあると指摘する。
     韓国のCBSは12日、殷成洙(ウン・ソンス)金融委員長が、日本との通貨スワップ再開を希望する意思を明らかにしたと報じた。金融危機が発生した場合に外貨の流動性が保障されるほか、国家の信頼度が向上の狙いとして、人事聴聞会で「日本と新たに締結したほうがいい」と発言したという。
     通貨スワップ協定は、貿易決済や為替介入などに必要な外貨が不足した場合、外貨と自国通貨を交換し合う仕組み。経済危機の際の外貨不足に対応できる。
     1990年代後半に韓国が国際通貨基金(IMF)に救済されるなどアジア通貨危機が起きたことから、日本は東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓が参加する「チェンマイ・イニシアチブ」を主導。2001年に韓国との通貨スワップを締結した。


     11年に700億ドル(約7兆5000億円)規模まで融通枠を拡大したが12年に李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)が島根県・竹島に上陸するなど日韓関係の悪化を受けて規模が縮小。朴槿恵(パク・クネ)政権当時の15年、日本側の忠告にもかかわらず韓国側が一方的に破棄した。16年にいったん協議再開が決まったが、同年末に釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦像を韓国が撤去できず、協議は中断した。
     その後も韓国側からは何度も“ラブコール”が送られている。韓国の経済団体「全国経済人連合会(全経連)」の代表団が18年に訪日した際、自民党の二階俊博幹事長らを表敬訪問し、通貨スワップの再開をもちかけた。延世大のキム・ジョンシク教授は、今年3月の中央日報に「日本との通貨スワップを拡大することも検討する必要がある」と述べている。

     韓国が日本との通貨スワップ再開を熱望する理由について、ジャーナリストの須田慎一郎氏は「韓国の場合、ウォン建ての国債を発行してもリスクがあるため、投資家に信用されていない。急激なウォン安に備えてドル資金を確保するためにも通貨スワップ協定を結んでおきたい」と解説する。
     韓国銀行(中央銀行)の発表によれば、8月末時点での外貨準備高は約4014億ドル(約43兆4000億円)ある。リスクに備えているようにもみえるが、須田氏は「いったんウォンの買い支えを行えば外貨準備は急激に減少し、通貨危機ともなれば“瞬間蒸発”する恐れがある」と指摘する。
     日本側にとっては、韓国を助ける要素が強い通貨スワップだが、逆ギレして協定を打ち切った韓国から、勝手に再開をもちかけられている形だ。
     麻生太郎副総理兼財務相は17年8月の時点で、韓国との通貨スワップ協定について「信頼関係で成り立ってますので、約束した話を守られないと貸した金も返ってこない可能性もある」と突き放している。
     現状もいうまでもなく、いわゆる「元徴用工」訴訟で国際法を無視した異常判決や軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄など問題山積で、通貨スワップ協定を再び締結できる状態にはほど遠い。



     米国との通貨スワップ協定も終了しており、再契約の見通しは立っていない状態だ。前出の須田氏はこう語った。
     「日本なら締結して当然と厚かましく思っているのかもしれない。通貨スワップは韓国への救済に等しいが、まるで韓国は『デフォルト(債務不履行)になってもいいのか?』と自らを人質に取り、日本の道連れも辞さずと脅しているようだ」

    【特報『韓国・文政権「通貨スワップ」を日本に哀願 背景にウォンの脆弱さ』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『韓国・文政権“降参”か』


    在寅(ムン・ジェイン、日本語読み: ぶんざいいん、韓国語: 문재인、1953年1月24日 - )は、韓国の政治家、弁護士、市民活動家。第19代大統領。 北朝鮮からの避難民の息子として生まれる。弁護士として市民運動や人権運動に参加したのち、盧武鉉政権で大統領側近として活躍した。その後、国会議員に当
    174キロバイト (27,970 語) - 2019年10月11日 (金) 21:04



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    韓国・文政権“降参”か!? 李首相が天皇陛下「即位の礼」参列 会談検討の“首相経験者”次第では日韓関係さらなる悪化も

    天皇陛下は22日、「即位礼正殿の儀」で国内外に即位を宣言される。韓国政府は、この儀式への文在寅(ムン・ジェイン)大統領の派遣を見送り、李洛淵(イ・ナギョン)首相の参列を日本政府に打診してきた。文政権は、チョ国(チョ・グク)法相周辺のスキャンダルや、韓国経済の末期的状況、北朝鮮主導の赤化統一への警戒感から支持率が急落し、3日には、文政権打倒を掲げる「300万人」(主催者発表)もの大規模集会が開かれた。国内的苦境に直面し、日本にすり寄ってきたのか。李氏は来日時に、安倍晋三首相や首相経験者との会談を検討しているというが、会談相手次第では日本国民を激怒させかねない。

     「即位礼正殿の儀」には、約200の国・地域や国際機関の要人が参列する。安倍首相は時間の許す限り、約50カ国の要人らと個別に会談する方向で調整に入っている。
     英国のチャールズ皇太子をはじめ、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子、ドイツのフランク=ヴァルター・シュタインマイアー大統領、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相、米国のイレーン・チャオ運輸長官、中国の王岐山国家副主席らが参列する予定だ。
     韓国は、誰を派遣するかで迷っていたが、1990年11月に行われた前回の即位礼正殿の儀に、当時の姜英勲(カン・ヨンフン)首相を派遣した前例を踏襲し、李氏に決めたようだ。
     「安倍首相と李氏の短時間会談を検討」と報じたメディアもあるが、これで「史上最悪の日韓関係」が改善するわけではない。
     そもそも、韓国は文喜相(ムン・ヒサン)国会議長による「天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求」や、いわゆる「元徴用工」の異常判決、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件などについて、謝罪などの決着を付けていない。
     左派メディアは「日韓両国は歩み寄れ」と注文を付けるが、首相官邸はまったく慌てていない。安倍政権は「韓国側の努力がない限り、首脳対話はしない」(外務省関係者)との立場は崩していないのだ。
     日本経済にも大した影響はない。
     日韓関係悪化で、8月の韓国人観光客は大幅減(30・9万人=前年同月比48%減)となったが、財務省が8日発表した同月の国際収支速報によると、旅行者のお金の出入りを示す「旅行収支」は、同月としては過去最高(1518億円の黒字)の数字となったのだ。

    1人あたりの消費額が少ない韓国人観光客が減ったことで、消費額の多い外国人観光客が増えたようだ。左派メディアは「韓国人観光客が減って大変だ」と大騒ぎしていたが、まるでオオカミ少年ではないか。
     さて、来日調整中の李氏は、安倍首相や首相経験者との会談を検討しているらしいが、「首相経験者」の人選は、文政権にとってもろ刃の剣になりかねない。
     韓国国内向けに「反日・反安倍」色を強調して、悪夢の民主党政権で「史上最低の宰相」と呼ばれた鳩山由紀夫元首相や、「史上最悪の宰相」といわれた立憲民主党最高顧問の菅直人元首相と会談すれば、日韓関係の改善は「夢のまた夢」となりそうなのだ。
     韓国事情に詳しい朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「文政権にいま、『日韓関係改善』の意思はない。文氏は支持率が急落しており『反日』で浮き上がる以外にない。李氏の来日も体裁だけだろう。安倍首相は李氏と会うとしても、立ち話程度ではないか。李氏がもし、鳩山氏や菅氏と会談して日本批判や安倍政権批判を始めたら、日本国民は『天皇陛下に祝意を伝えに来て、また反日なのか』と怒りが爆発するだろう。史上最悪の日韓関係は制御不能になる」と語っている。

    【特報『韓国・文政権“降参”か』】の続きを読む

    このページのトップヘ