大変だ〜『北九州市民』についてまとめてみた



「新たな日常」スタート遠のく 感染者急増の北九州市民はいま
新型コロナウイルスの感染者が急増する北九州市。29日も新たに26人の感染が判明し、感染確認は7日連続となった。福岡県などに出されていた緊急事態宣言の解除から2週間が過ぎ、週明けの6月を「新たな日常」のスタートと捉えてきた市民の不安は日ごとに増している。

「元通りの授業楽しみしてたのに」

 北九州市では25日から午前中のみで小中学校などの授業がようやく再開した。週明けの6月1日からは給食や午後の授業も始まる予定だったが、感染者の急増を受け当面は午前のみの授業が続くことになった。

 小倉北区のパート事務、天久企誉加(あめくきよか)さん(38)は毎朝、小学2年の長男(7)と夫婦の計3人分の弁当を作って出勤し、昼休みに一旦帰宅。午前授業を終えて帰ってきた長男と一緒に弁当を食べてから再び仕事に戻り、学校給食のない日々を乗り切ってきた。「感染者が増えているので仕方ないとは思うが、働きながら毎日3食作る負担が軽くなることを期待していたのに……」と給食の中止に落胆を隠せない。

 「ようやく子どもたちと元通り授業ができると思って楽しみにしていたのですが」。市内の小学校の女性教諭も残念がる。近隣の中学校に通う男子生徒の感染が28日に判明し、女性教諭の小学校では29日に3~4割の児童が欠席したという。

【大変だ〜『北九州市民』についてまとめてみた】の続きを読む