芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    タグ:#日本ハム

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    伸び代大『吉田輝星』についてまとめてみた



    吉田輝星が今季飛躍する為に乗り越えるべき課題とは!?
    開幕は2軍で迎えたが6月12日に1軍初登板初先発。5回4安打1失点でプロ初勝利をつかんだ。以降も間隔を空けながら1軍で計4試合に先発。勝ち星はデビュー戦の1勝のみに終わり、防御率12.27と結果は残せなかったが、11イニングを投げて13奪三振と大気の片りんは十分垣間見れた。特に持ち味でもある高めのストレートはプロの打者相手でも通用することを証明。制球力や変化球のキレなど、まだまだ課題は多いがきっかけさえつかめば一気に飛躍する可能性も十分だ。

    【伸び代大『吉田輝星』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【驚愕】 (日本ハム) (モデル妻) (動画あり) (画像あり) 『杉谷拳士の嫁』についてまとめてみた


    杉谷 拳士(すぎや けんし、1991年2月4日 - )は、東京都練馬区出身のプロ野球選手 (外野手、内野手)。右投両打。北海道日本ハムファイターズ所属。父は元プロボクサーの杉谷満。血液型B型。 練馬区立大泉第三小学校時代はツバメ野球部でプレーし、練馬区立大泉西中学校時代は東練馬シニアでプレーしていた。
    22キロバイト (2,276 語) - 2020年1月8日 (水) 16:00



    【日ハム】杉谷拳士の嫁は元モデル!結婚した美人妻のため年俸UP!
    日本ハムファイターズの盛り上げ役であり、
    いじられキャラとして大人気なのが杉谷拳士です。
    しかし野球では大きな活躍がなく、
    そろそろブレイクして欲しいと期待されています。
    嫁が元モデルでとても美人だと、プライベートでの話題も多いです。
    そんな美人の奥さんを手にいれた、杉谷拳士とはどんな人でしょうか。
    生年月日:1991年2月4日
    出身:東京都練馬区
    身長:173cm
    体重:77kg

    高校野球の強豪校である帝京高校で、
    1年生の時からレギュラーを獲得します。
    2008年のドラフト会議で、日本ハムファイターズへ入団します。
    どうしてもプロ野球選手になりたくて、
    日本ハムファイターズの入団テストを受けて合格しました。
    なかなかの苦労人です。
    内野のポジションは、どこでも守ることができる珍しい選手です。
    杉谷拳士といえば、
    変わった趣味を持っていることで有名です。
    まずはお城巡りです。
    プロ野球選手の中で、お城が好きな人はいますが、
    趣味としているのは杉谷拳士くらいです。
    他にも薄暗い部屋でDVDを見ながら、
    お酒を飲んで過ごすのが好きなど、
    少し偏った趣味を持っています。
    結婚した嫁は元モデル・泉千尋!
    2017年のシーズン終了後に、
    入籍しています。
    相手の女性は3歳年上の一般人と発表されましたが、
    元モデルの泉千尋です。
    出会いは2015年で、翌年には都内でデートしている様子が、
    週刊誌に報道されています。
    入籍時には、けじめ婚と言われスポーツ紙を飾りました。

    【【驚愕】 (日本ハム) (モデル妻) (動画あり) (画像あり) 『杉谷拳士の嫁』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『日本ハム・大田 11年目で1億円到達「まだ通過点」 来季4番獲りへ「腹くくって」』


    大田 泰示(おおた たいし、1990年6月9日 - )は、広島県福山市出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。 広島県立三次高等学校で投手であった父の影響を受け、福山市立川口小学校1年の時にソフトボールを始める。5年からは軟式野球クラブ鞆古城クラブでプレー。
    29キロバイト (3,558 語) - 2019年12月3日 (火) 08:45



    (出典 gtomoblog.com)


    日本ハム・大田 11年目で1億円到達「まだ通過点」 来季4番獲りへ「腹くくって」

    日本ハムの大田泰示外野手(29)が3日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3500万円増の年俸1億円の大台に到達した。プロ11年目の今季は自己最多132試合に出場し、打率・289、20本塁打、77打点はいずれもキャリアハイ。それでも「これはまだ通過点。まだまだできると思っている。野球がうまくなりたい、もっともっと打ちたいという向上心は年々高まっている」と意識高く話した。
     来季は4番を狙うこともあらためて宣言した大砲は「それなりの覚悟を持って腹をくくってやりたい。ここぞという場面で頼れる選手になっていけば、4番という席に座れると思う」と意気込んだ。

    【特報 『日本ハム・大田 11年目で1億円到達「まだ通過点」 来季4番獲りへ「腹くくって」』】の続きを読む

    このページのトップヘ