芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    タグ:#東京五輪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    やはり無理やろうな『東京五輪、』についてまとめてみた



    東京五輪、21年開催が無理なら中止 IOC会長が言及
    新型コロナウイルスの影響で2021年に延期された東京オリンピック(五輪)について、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は20日、英BBCのインタビューに応じ、21年開催が無理になった場合は中止とする見通しを示した。

     バッハ会長は、安倍晋三首相から、21年開催が「最後のオプション」と伝えられていたと明かし、「大会組織委員会が永久に3千人や5千人も雇用を続けることはできないから、理解できる。毎年、世界中のスポーツ日程を変更することはできないし、アスリートを不確実な状況にとどめてはおけない」と語った。

     開催条件としてワクチン開発が必要という一部の指摘については「世界保健機関(WHO)の助言に従う。誰も1年2カ月後のことは分からない」とこれまで通り明言を避けた。無観客での実施については現段階では「臆測」としたが「無観客は望むべき姿ではない。でも、もし決断を迫られる時期が来たら、アスリートやWHO、日本側と相談する時間を与えて欲しい」と話した。現在、選手の隔離などの対策を検討しているという。

     延期に伴う追加経費は総額3千億円程度と見積もられている。IOCは14日にオンラインで理事会を開き、東京大会の運営費に最大で6億5千万ドル(約699億円)を支出する構えを見せたが、運営費には放送事業なども含まれる見通しで、実際に組織委に渡る金額は不明だ

    【やはり無理やろうな『東京五輪、』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【驚愕】 (温水洗浄便座) (画像あり) (動画あり)『東京五輪』についてまとめてみた


    2020年東京オリンピック(2020ねんとうきょうオリンピック)は、2020年(令和2年)7月24日から8月9日までの17日間、日本の東京で開催される予定の夏季オリンピック。一般的に東京オリンピック(とうきょうオリンピック)と呼称され、東京五輪(とうきょうごりん)と略称される。公用文では第三十二回
    122キロバイト (14,617 語) - 2020年1月9日 (木) 00:14



    東京五輪“おもてなし”はお尻から? 史上初、選手村の全室に温水洗浄便座完備
    [ 2020年1月10日 05:30 ]

    東京五輪・パラリンピック組織委員会が公開した、選手村宿泊棟の部屋
    Photo By 共同
     2020年東京五輪・パラリンピックでの“おもてなし”は、まずはお尻から?大会組織委員会は9日、昨年12月末に宿泊棟が完成した東京・晴海の選手村の仕様を公表。今大会では五輪史上初めて全室に温水洗浄便座が完備されることになった。選手村は約44ヘクタール(東京ドーム8・5個分)の敷地に、14~18階建ての宿泊棟が21棟並ぶが、計3850戸の全てに温水洗浄便座が備え付けられる。
     提供するパナソニックの担当者によると言語の違いによる誤操作を避けるため、トイレ操作パネルに標準ピクトグラム(絵記号)を採用。操作ボタンの記号で簡単に操作できるよう配慮したという。

     五輪の選手村の開村は開会式の10日前の7月14日で、パラは7日前の8月18日。同担当者は「これも、おもてなし。選手の皆さんには日本が誇る日本式トイレ文化をぜひ体験してほしい」と話した。海外では主に中国で普及が進んでいるが、欧米では浸透していないのが現状。日本式トイレ文化のグローバル化に一役買うかどうか――。

    【【驚愕】 (温水洗浄便座) (画像あり) (動画あり)『東京五輪』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【芸能】 (画像あり) (動画あり) 『のん 五輪聖火ランナーで人気復活へ点火』についてまとめてみた



    のん 五輪聖火ランナーで人気復活へ点火

    現役や引退したアスリートはもとより、芸能人やノーベル賞受賞者ら多数の著名人の名が17日に発表された2020年東京五輪の聖火リレー走者。岩手県のランナーに選ばれた女優のん(26、能年玲奈から改名)には、五輪イヤーで完全復活の可能性も指摘される。他の有名人も次々と喜びの声を発しており、スタートの3月を前にお祭りムードが高まった。
     来年3月26日、東日本大震災の被災地・福島県のJヴィレッジをスタートし、全国を回って五輪開会式の7月24日に聖火台点火のフィナーレを迎える聖火リレー。トーチを持つ1人が「のん」だ。
     兵庫県出身ののんが岩手県で選出されたのはもちろん、同県を舞台にしたNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」(13年)でヒロイン役を務めたから。それ以来、様々な形で岩手県のPR役を買って出ている。
     本人の公式ツイッターも17日、事務所スタッフが「2020年オリンピックの岩手県聖火ランナーに、のんが選ばれました!」と報告した。インスタグラムには「聖火ランナーおめでとう」とファンの祝福も投稿されている。
     15年4月に前事務所との間に独立騒動が勃発したのんは、テレビ各局や大手映画会社から、なかなか起用されない状態が続いていたが、近年は公正取引委員会が移籍に関する芸能界などの慣行にメスを入れ、改善が図られている。そして今回の聖火ランナー発表だ。
     芸能プロ関係者は「公取委の“指導”に加え、岩手が聖火ランナーに選んだことで箔がつき、テレビ各局や大手映画会社はますます“忖度”できない環境ができてきた。のんの露出が激増すれば、来年再ブレークするかもしれない」と指摘する。
     のんにとっては復活への機会となりうる聖火リレー。各自治体の実行委員会から発表された著名人も、SNSなどで喜びの声を発している。
     青森県を走るタレント古坂大魔王は「故郷聖火リレーだあおおお!!」とツイート。すると古坂プロデュースのピコ太郎が応じて「よ、だいま、おめでとうよ!」とツイッターで祝福した。タレントの中川翔子は東京都の走者に決まり「夢じゃないんだね、、!」とつぶやいた。
     お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳は、山口県出身ながら、犬山観光特使を務めていることから愛知県のランナーに。「走るのには自信ないけれど…全力疾走ではないので安心してます」とツイート。
     愛知県からは東京スポーツ新聞社制定のプロレス大賞で今年の大賞など2冠に輝いたオカダ・カズチカも選出。安城市出身のオカダは「これまで応援してくださった故郷の子どもたちや市民の皆さんに、勇気と元気と笑顔が届けられるよう、精一杯走らせていただきたいと思います」とコメントを寄せている。
     愛知県は豪華な顔ぶれで際立つ。14年にノーベル物理学賞を受賞した天野浩氏、元阪神タイガースの赤星憲広氏、フィギュアスケートから平昌五輪銀メダリスト宇野昌磨、引退した鈴木明子氏、元SKEの松井玲奈、「キャイ~ン」の天野ひろゆき、将棋の史上最年少プロ藤井聡太七段…。
     将棋界からは国民栄誉賞の羽生善治九段も埼玉県の走者に選ばれた。有馬記念が迫る競馬では武豊騎手も(滋賀県)。大分はHKT48を今年卒業した指原莉乃、東京では志村けんにKAT-TUNの亀梨和也、神奈川県ではももいろクローバーZのメンバーたちも走る。
     著名人は今後も発表される見込み。1964年東京五輪では、水泳選手としてメキシコ五輪有望と言われていた後の大関貴ノ花や、高校生だった後の横綱輪島もトーチを手に走った。相撲界からは今回、横綱白鵬が加わるとみられる。

    【【芸能】 (画像あり) (動画あり) 『のん 五輪聖火ランナーで人気復活へ点火』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『東京五輪・札幌開催はマラソンより競歩への影響大か』


    2020年東京オリンピック(2020ねんとうきょうオリンピック)は、2020年(令和2年)7月24日から8月9日までの17日間、日本の東京で開催される予定のオリンピック競技大会。一般的に東京オリンピック(とうきょうオリンピック)と呼称され、東京五輪(とうきょうごりん)と略称される。公用文では第三十
    114キロバイト (13,597 語) - 2019年10月31日 (木) 21:49



    (出典 asyura.x0.to)


    東京五輪・札幌開催はマラソンより競歩への影響大か
    東京五輪の「マラソン札幌開催案」が急浮上して話題となっているが、陸上ファンの間で「会場変更で被る損失はマラソンよりも大きい」と悲鳴にも似た声があがっているのが、「競歩」だ。
     IOCが暑さ対策のためとして発表した東京五輪の一部札幌開催の提案は「マラソン」と「競歩」についてのものだったが、メディアの注目はマラソンに集中してきた。
     マラソンは確かに五輪の花形競技だ。長く低迷が続いていた男子マラソンも、昨年2月の東京マラソンで設楽悠太(ホンダ)が2時間6分11秒を出して16年ぶりに日本記録を更新すると、同10月にはシカゴマラソンで大迫傑(ナイキ)が2時間5分50秒でこれを塗り替えるなど、1992年バルセロナ五輪で銀メダルを獲得した森下広一(現・トヨタ自動車九州陸上競技部監督)以来のメダル獲得に向け、期待は高まっていた。
     ただ、マラソン競技では世界の背中がまだ遠いのは事実だ。10月12日にはケニアのキプチョゲが非公認レースながら1時間59分40秒という“人類初の2時間切り”を叩き出した。MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で本番とほぼ同じコースを走るなどした“地の利”がある東京開催であったとしても、日本選手が上位を狙えるかは不透明だ。
     これに対し、競歩の場合は状況が異なる。なにしろ日本にもまして高温多湿といわれるドーハでの世界陸上(9月27日~10月6日)で、日本競歩勢は大活躍を見せたのだ。男子50kmで鈴木雄介(富士通)が日本人初となる金メダルを獲得したのに続き、男子20kmで山西利和(愛知製鋼)も優勝を果たした。その勝因のひとつとして挙げられたのが、周到な暑さ対策だった。世界陸上に向けて行われた今夏の北海道千歳市での代表選手たちの合宿では、一人ひとりの汗の成分や深部体温などのデータまで収集し、競技中の給水対策などに生かした。
     そもそも札幌移転が急浮上した背景には、このドーハ世界陸上で女子マラソンの出場選手の4割が途中棄権するなど、過酷な条件下でのロード競技の問題が露呈したことがあると見られている。ダブル金となった男子競歩も、暑さを避けて深夜11時半にスタートだったにもかかわらず、いずれも気温30度、湿度70%を超えていた。
     一方で、日本競歩勢は酷暑に強かったともいえる。マイナーと見られがちな種目だが、2015年北京の世界陸上で谷井孝行が手にした銅メダルを皮切りに、2016年リオ五輪で荒井広宙(銅)、17年ロンドン世陸で荒井と小林快(銀・銅)とメダル獲得を重ねた末の今回の金メダルで、今や日本のお家芸ともいえよう

    東京五輪で当初予定されていたのは、皇居外苑の内堀通りに設定された周回コース。皇居を背景にしたテレビ映えする競技中継映像が期待される一方、日陰がほとんどない悪条件に対して選手からは「可能であれば再考してほしい」(鈴木)との指摘が出ていたのは事実だ。とはいえ、東京の8月の平均最高気温はドーハとさほど変わらないレベル。日本競歩勢はドーハを“仮想東京”に見立てて対策を練り、結果を残したのだ。平均気温で約6度も低い札幌開催では環境がまるで変わり、当然、ドーハで力を発揮できなかった諸外国勢にとって有利に働く可能性がある。
     10月30日からのIOCの調整委員会で、東京都はマラソンのスタート時刻をさらに繰り上げる、競歩についても日陰の多いルートに変更するといった案を提案し、「東京開催」を目指すものと報じられており、最終的な開催地がどこになるかはまだ流動的だ。10月25日、IOCのジョン・コーツ調整委員長と会談した際、小池百合子都知事は「東京で行っていく気持ちに変わりはない」と抗ったが、コーツ氏は「IOCはこの決定をする権限をもっている」と移転の意思を改めて示した。
    「札幌開催」案が報じられた直後の10月17日、報道陣に問われた山西は「どこで開催になろうともやるべきことは変わらない」と冷静さを保ったが、開催地の気候という前提条件が定まらないままでは、対策を練ることもできない。

    【特報 『東京五輪・札幌開催はマラソンより競歩への影響大か』】の続きを読む

    このページのトップヘ