芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    タグ:#眞子さま

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    そのくらい思いがあるのか? しかし国民の理解がが無ければ ダーテイなイメージがある相手 ヤカラ チトかわいそう『眞子さま』についてまとめてみた



    眞子さま生涯独身」の覚悟も…自筆コラムの意味深な中身
    新たに家庭を築くことは、なかなか想像の範囲に収まることではないと思いますが、小室さんと共に、温かく、居心地が良く、笑顔あふれる家庭をつくることができれば、うれしく思います》

    ’17年の9月3日、婚約内定会見に望まれた眞子さまは、笑みを浮かべながら小室圭さんとの将来像を語られていた。

    それから約3年――。2人の将来は見えないままだ。

    「結婚への最大の障害となっている金銭トラブルについては、元婚約者男性との話し合いはまったく進んでおらず、解決の糸口は見えません。また、秋篠宮さまが昨年11月の会見で《何らかのことは発表する必要がある》と述べられたのを受け、眞子さまは今後の見通しと結婚についてのお気持ちを発表する文書を準備されていたといいます。しかしコロナ禍により、その発表も無期限延期状態です
    そんななか眞子さまは、8月に入ってご自身で綴られた文章を発表されていたのだ。

    お勤め先である博物館・インターメディアテクのホームページには、研究者のリレーコラムが掲載される“ブログ”が存在する。眞子さまは8月6日、13日と2週連続でコラムを更新された。

    1月9日以来、約7カ月ぶりの投稿となったコラムの内容は、英国の海洋生物学者、ウィリアム・カーマイケル・マッキントッシュ(1931年没)の研究書に収録された図版についてだった。

    その図版を描いた作者がウィリアムの妹、ロベルタであることを紹介するとともに、彼女が第1子出産後に若くして他界したことにも触れられている。

    《ウィリアムは妹の絵の才能をたいへん誇りに思っており、環形動物の絵の展示を開けるよう手配したこともあったという。ロベルタが残した写真帖には、顕微鏡を前に作業する兄を描いたページがある。研究に集中する兄の姿は、その研究を支えていた妹にとってお馴染みの光景だったのであろう》

    このようなブログの一節からは、きょうだい愛を描いたコラムのようにも受け取ることができるが、皇室ジャーナリストはこう語る。

    「眞子さまといえば、これまでもさまざまな場面で、公表される作品や文章の中にご自身の心情を滲ませていらっしゃいます。今年1月の歌会始の儀で発表された歌も、意味深な作品でした」

    歌会始のお題は「望」だったが、眞子さまはこう詠まれた。

    《望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな》

    ’17年9月に行われた婚約内定会見で、小室さんは「夜空の月を見つけたとき、うれしくて眞子さまに電話をした」というエピソードを明かした。さらに、眞子さまを「月のように静かに見守ってくださる存在」と表現していた。

    「眞子さまにとって“月”は特別なもの。ご結婚延期から間もなく丸2年を迎えるタイミングで、小室さんへの変わらぬ愛を歌にこめられたのでしょう」

    【そのくらい思いがあるのか? しかし国民の理解がが無ければ ダーテイなイメージがある相手 ヤカラ チトかわいそう『眞子さま』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『眞子さま、トラッドチェックワンピで”大人レディ”コーデ』


    眞子内親王(まこないしんのう、1991年〈平成3年〉10月23日 - )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1女子。今上天皇の姪。身位は内親王。皇室典範における敬称は殿下。勲等は宝冠大綬章。お印は木香茨(もっこうばら)。 妹に佳子内親王、弟に悠仁親王がいる。2019年(令和元年)現在、内親王
    25キロバイト (2,925 語) - 2019年10月24日 (木) 06:40



    (出典 diet.news-postseven.com)


    眞子さま、トラッドチェックワンピで”大人レディ”コーデ
    秋篠宮家の長女眞子さま(28)は10月に誕生日を迎えられ、一段と大人の女性に。婚約延期問題の行く末はさておき、眞子さまの大人可愛いファッションに注目しよう。秋冬といえばチェック柄の季節。ガーリーに転びがちなチェック柄だが、しなやかで美しい、大人テイストな眞子さまの着こなしを解析!
    テニスの東京五輪・パラリンピックのテスト大会を兼ねた三菱全日本選手権の最終日が11月3日、東京・有明コロシアムで行われ、日本テニス協会の名誉総裁を務める眞子さまが観戦された。
    チェック柄はシックなグレイッシュが旬度満点
    秋冬に勢力拡大するのがチェック柄。中でもダントツの人気は伝統的なタータンチェックやマニッシュなトラッドチェックで、眞子さまはこの日、トラッドチェック柄のワンピースでお目見え。カラーもシックなグレイッシュでトレンドをおさえた着こなしをされていた。
            シックなカラーなら大人の品格までキープ

    チェック柄をエレガントな雰囲気にまとめられていた眞子さま。「ネイビー✕グレー」というシックなカラーのチェック柄に、ネイビーのジャケットを合わせるという、落ち着いた配色に落とし込むことで、知的なムードに着地している。
      チェック柄で膝が見える丈のスカートの場合、ともすれば”スクールガール”の雰囲気が漂ってしまう。眞子さまのお召しになったワンピースは、スカート部分が斜めチェック柄になるよう切り替えられ、しなやかな印象に。さらに、膝を隠す丈感が、エレガントな着こなしの鍵になっている。
            深Vジャケットでほどよく抜け感を

    チェック柄がトラッドなだけに、かっちりジャケットを合わせると、やや重たく堅い印象に。眞子さまのジャケットは深いVラインで、胸元のチェック柄がしっかり見え、ワンピースだということがひと目でわかる設定。色味がシックだからこそ、胸元の見通しをよくし、軽やかさを加算している。また、ネイビーを選ぶことで、知的さはきちんとキープしつつ、カジュアルさもほんのり漂うという絶妙なスタイルは、働く女性ならまねしたくなるはず。

    アクセサリーで遊び心をひとさじ

    ご公務アクセサリーと言えば、パールが思い浮かぶが、この日の眞子さまはダイヤ型のシルバーイヤリングをセレクト。シルバー調だが、ゴールドも配された遊び心のあるデザインになっている。さらに揺れるイヤリングで、女性らしさをしっかりキープされていた。

    【特報 『眞子さま、トラッドチェックワンピで”大人レディ”コーデ』】の続きを読む

    このページのトップヘ