芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    タグ:#着物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    いいねえ 見てきて『鬼滅の刃』についてまとめてみた



    鬼滅の刃』禰豆子の着物は魔よけ柄!和柄が持つ意味を解説
    鬼滅の刃』原作者の吾峠呼世晴さんは、和柄の意味をご存じなのか、人物像にぴったりの開運柄を選ばれていて驚きました」

    そう指摘するのは開運マスターで占い師の富士川碧砂さん。老舗呉服店に生まれ和柄に親しんできた富士川さんは、伝統柄が持つ力を知らせたいと、『開運和柄ぬり絵』(サンマーク出版)の著書も持つ。

    「日本の開運法の特徴は、特別な行動をするのではなく、毎日の暮らしに、運がよくなる吉祥のものや、邪気を退散させるものを取り入れること。その開運の象徴が、和柄です。伝統の和柄を着物や雑貨として身近に置き、生活に根差した開運を実践していました」

    そして、今、社会現象となっている『鬼滅の刃』には、主人公の竈門炭治郎の羽織をはじめ、多くの開運和柄が取り入れられている。炭治郎の羽織の市松模様は、護身法の九字切りで、邪気や疫病を祓う意味があります。また妹、禰豆子の着物に描かれている麻の葉柄は、昔から赤ちゃんの産着に使われる魔よけ柄。ほかの人物の羽織にも開運和柄が使われています」

    そこで、日常生活に取り入れたい「開運和柄」を紹介。

    【市松】除災招福でコロナ禍を乗り越える!

    炭治郎の羽織柄。最古の模様で、石畳模様ともいわれ、コツコツ蓄えた強さで道を切り開く象徴。護身法の九字切りで用いる形と同じなので邪気祓いや疫病よけにも。炭治郎が着る羽織の緑は調和、黒は善悪全てを包む意味で「鬼にも一理ある」の主人公にぴったり。

    【麻の葉】魔をはね返し生命力をアップする!

    炭治郎の妹、禰豆子の着物柄。麻の葉は成長が早く強い生命力を表す。神聖さの象徴で神道の神事に使われてきた。柄を構成する六角形は調和を表し、また六芒星と同じく、魔をよける力があるとされている。禰豆子着用のピンクには邪気浄化、愛され力アップの効果が。

    【うろこ】厄を落として身体健全!

    「鬼殺隊」隊士で、眠ると覚醒する我妻善逸の羽織柄。うろこ模様は蛇の脱皮を表し死と再生を象徴する。△は火を意味することから、生命力がアップし疫病退散、身体健全に。善逸の羽織の黄色は太陽の光を表し、悪いものを死滅させ、自分の力を世に広め仕事運アップの効果が。

    【毘沙門亀甲】ステイホームの家庭円満に!

    「鬼殺隊」“柱”の冨岡義勇の羽織柄。毘沙門天の妻は吉祥天で夫婦円満だったことから夫婦和合、家内安全、家庭円満と万能の力がある。虎と百足(ムカデ)がこの神の使いなので金運もよくなる。さらに古来、亀の甲羅を焼き神の声を聞いたことから、直感力もアップする。

    【笹】古くからの厄よけで息災延命!

    生命力が強い竹は長寿や繁栄をもたらし、男女和合の力を授ける。笹の青葉には、悪霊を退散させ、神を葉に依りつかせる力が。青葉には強い抗菌作用があり、古くから食べ物を包むのに使われてきたこと、また茎には薬効があることから、身体健全、疫病退散の効果も。

    【ひょうたん】立身出世の象徴で不況に打ち勝つ!

    豊臣秀吉が戦に勝つたびにひょうたんを増やし天下を取った逸話にちなみ、出世運、勝負運の象徴。種が多く子宝運も上がる。風水では、真ん中のくびれに吸い取った悪いものを逃さない力があるとされ、病気平癒のお守りにも。金のひょうたんは金運にも効果あり。

    「私たちも、この和柄を日ごろから使うことで、運を開き幸せを招き寄せることができます。コロナ禍の今なら、マスクを作って身につけるのもいいですよ」

    【いいねえ 見てきて『鬼滅の刃』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『佳那晃子がくも膜下で一時「脳死」宣告』


    佳那 晃子(かな あきこ、1956年3月8日 - )は、日本の女優。本名、関田 優子。 東京都八王子市出身[要出典]。舞プロモーションを経て、オフィスPSC所属。静岡県東伊豆町で病気療養中。 東京都立日野高等学校卒業。短大在学中、NTV主催のミス『水滸伝』コンテスト入選を機に芸能界入り。1974年
    28キロバイト (3,845 語) - 2019年11月27日 (水) 06:01



    (出典 office-psc.com)


    佳那晃子がくも膜下で一時「脳死」宣告

    女優の佳那晃子(57)が今年1月10日にくも膜下出血で倒れ、一時は脳死宣告まで受けながら奇跡の回復を遂げていたことを17日、所属事務所がマスコミ各社にFAXで報告した。
     それによると佳那は1月10日午後10時ごろ、自宅で突然倒れ、救急車で近くの熱海所記念病院に搬送された。当直医は夫の源高志氏に「脳死」または「良くてもフラットな植物状態」と宣告したが、その後の蘇生処置などにより、翌日奇跡的に手術可能な状態にまで回復した。そして10時間に及ぶ手術が成功し、命を取り留めた。しかし出血多量で「脳死」につながる状態となったことから、脳への処置が行われた。
     3月時点では「フラットな植物状態」以上の回復の見込みはないと告げられていたが、医師らの懸命な加療により少しずつ微妙に反応を見せるようになった。
     6月には静岡県の療養リハビリ病院に転院、8人の専従スタッフ体制を敷いて高度な加療を施した結果、現在では語りかけると手足の動き、瞬きで反応できるまでに回復したという。
     事務所では「命の危険もあり、ご報告を控えさせていただき申し訳ございませんでした。今後も時間がかかるかと思いますが、完治に向かいリハビリを行い皆様の前に元気な姿をお見せできるように頑張って行きます」としている。

    【特報 『佳那晃子がくも膜下で一時「脳死」宣告』】の続きを読む

    このページのトップヘ