芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    タグ:#薬物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『清原和博氏、芸能人の薬物逮捕「気が引き締まる」 戒めに身の回りに逮捕当時のモノを』


    サヨナラ賞」新設のお知らせ”. スカパーJSAT (2012年3月22日). 2017年7月25日閲覧。 ^ “NPBが今季から『サヨナラ賞』を制定 “サヨナラ男”清原和博氏も感慨深げ”. ORICON NEWS (2009年4月2日). 2017年7月25日閲覧。 スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞(スカパー! プロ野球中継)
    29キロバイト (1,105 語) - 2019年11月30日 (土) 23:34



    (出典 i.ytimg.com)


    清原和博氏、芸能人の薬物逮捕「気が引き締まる」 戒めに身の回りに逮捕当時のモノを

    西武や巨人などでプレーした清原和博氏(52)が1日放送のフジテレビ系「ミスターサンデー」にVTR出演し、自身の薬物治療について語った。
     清原氏はMCを務める宮根誠司からのインタビューに応じた。その中で、自宅の中の見える場所に逮捕当時の“思い出のモノ”を置いていることを明かした。留置場の中に唯一持ち込むことができたハンカチは今でもテーブルの上に置いてあるといい、逮捕された際に着ていたグレーのシャツも部屋に飾っているという。それはすべて「あのときのことを忘れてはいけない」と、2度と薬物に手を出さないという戒めにしているのだという。
     再犯率が極めて高いともいわれる薬物。最近でも薬物からの脱却を目指していた田代まさし容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕され、女優の沢尻エリカ容疑者が麻薬取締法違反で逮捕された。清原氏は自身について「今そういうものには一切関わっていない」とした上で、「『本当に恐ろしいものなんだ』とそういう報道を見て、逆に気が引き締まる」と薬物依存からの脱却への決意を示した。

    【特報 『清原和博氏、芸能人の薬物逮捕「気が引き締まる」 戒めに身の回りに逮捕当時のモノを』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『沢尻エリカ容疑者、ブラの中に薬物隠す…常習&悪質性の高さ浮き彫りに』


    沢尻 エリカ(さわじり えりか、1986年4月8日 - )は、日本の女優、歌手。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。 東京都出身。スペインに所在する個人事務所・エル・エクストラテレストレ所属(エイベックス・マネジメント(旧エイベックス・ヴァンガード)と業務提携)。 歌手としても、Kaoru
    41キロバイト (3,972 語) - 2019年11月16日 (土) 08:06



    (出典 up.gc-img.net)


    沢尻エリカ容疑者、ブラの中に薬物隠す…常習&悪質性の高さ浮き彫りに

    16日に合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された女優、沢尻エリカ容疑者(33)が、日常的にブラジャーの中に違法薬物を隠し持っていたことが19日、捜査関係者らへの取材で分かった。職務質問などを受けても発見されにくい場所で、10年以上前から使用していた常習性に加え、悪質性の高さが浮き彫りに。また、「MDMAは逮捕前日に訪れたクラブとは別のイベント会場でもらった」との新供述をしていることも判明した。
     胸の谷間を強調した姿で度々メディアの前に登場していた沢尻容疑者。その美しい胸元に麻薬を忍ばせていた可能性が浮上した。
     捜査関係者らによると、沢尻容疑者はこれまで違法薬物をブラジャーに入れて持ち歩いていたという。「クスリをブラに入れていると聞いたことがある」と話す芸能関係者もいる。
     逮捕後、警視庁組織犯罪対策5課の調べに「10年以上前から大麻やMDMA、LSD、コカインを使用していた」と話しており、それらの薬物を日常的に隠し持っていたとみられる。
    薬物を下着に隠す行為について、元厚労省麻薬取締官の小林潔氏は「特異なケースではない」と説明。「女性が一番“安全”と考えるのが下着の中。職務質問ではそこまで調べられない」とし、「自分が疑われると思っているから、見つからないように、と考えて隠している。悪質性が高い行為として見なされる」と指摘する。
     さらに、沢尻容疑者がMDMAを入手した場所が、逮捕前夜の東京・渋谷のクラブではなく、別のクラブのイベント会場だったことも分かった。捜査関係者によると、組対5課の取り調べに対し「別のイベント会場でもらった」という趣旨の供述をしているという。入手時期については数週間前と説明しており、同課は尿を鑑定し、使用の有無を調べるとともに入手ルートの特定を進める。
     また、沢尻容疑者が「私のところには警察は来ないだろうと思っていた」と話しているとフジテレビなどで報道。これまで供述していた「有名人が薬物で逮捕されるたびに私も危ないと注意していた」という危機感とは対照的な“自信”について、小林氏は「それはみんな言うせりふ」とバッサリ。「他の人が逮捕されても『自分は有名人だから大丈夫』とみんな思っている。おごりしかない」と斬り捨てた。

    【特報 『沢尻エリカ容疑者、ブラの中に薬物隠す…常習&悪質性の高さ浮き彫りに』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『KAZMAXの逮捕詳細』


    仮想通貨トレーダーKazmax容疑者逮捕 合成麻薬の使用で=産経【ニュース】 - コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)
    仮想通貨トレーダーKazmax容疑者逮捕 合成麻薬の使用で=産経【ニュース】  コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)
    (出典:コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース))


    吉澤 和真 (よしざわ かずま、1989年8月3日 - )は、日本の金融トレーダー、金融アナリストである。KAZMAXという名前で活動している。株式会社Grand Masterの代表取締役社長である。 父親が、革製品などの製造や販売を行う会社を経営する家庭に生まれた。幼少期から学生時代までは、比較的裕福な生活をしていた。
    3キロバイト (403 語) - 2019年11月11日 (月) 05:40



    (出典 kamiu.jp)


    KAZMAXの逮捕詳細
    [以下引用]
    金融トレーダーで「KAZMAX」として活動していた男が、合成麻薬のMDMAを使った疑いで警視庁に逮捕された。

    吉澤和真容疑者(30)は10日、東京都内近郊でMDMAを使った麻薬取締法違反の疑いが持たれている。

    10日午前4時前、渋谷区円山町のクラブにいた男性から、「和真という人が薬物を所持している情報がある」との110番通報があり、駆けつけた警察官が、吉澤容疑者を呼び止めて検査したところ、MDMAの陽性反応が出たため、逮捕に至ったという。

    吉澤容疑者は、金融トレーダーの「KAZMAX」としてオンラインサロンを運営していて、調べに対し、容疑を否認している。
    [FNNニュース]

    【特報 『KAZMAXの逮捕詳細』】の続きを読む

    このページのトップヘ