芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    タグ:#覚醒剤

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【驚愕】 (動画あり) (画像あり) 薬物乱用  反省なし 『清水良太郎』についてまとめてみた


    清水 良太郎(しみず りょうたろう、1988年8月15日 - )は、日本の元タレント。東京都出身。血液型はO型。プロダクション尾木を経て、清水エイジェンシーに所属していた。父は清水アキラ。 高校在学中の2006年、『功名が辻』で俳優としてデビューする。 2011年3月に『爆笑そっくりものまね紅白歌合
    11キロバイト (1,464 語) - 2019年12月23日 (月) 09:51



    清水良太郎被告が「ヤッた」自慢しまくった人気女優X 
    2017年10月の覚醒剤事件で12月22日に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決が言い渡された、2世ものまねタレント清水良太郎被告(29)。警視庁関係者によると「取り調べでの態度は最悪で、捜査員も『アイツは全然反省してない。とんでもないやつだ』とあきれていた」という。
     実際に父親・清水アキラ(63)も、バカ息子の無反省ぶりをほのめかしている。10月31日、勾留先の警視庁目白署で初面会後に「最初(面会室に)入って、せがれを見たときは、情けなくて見てられなかった。背筋も伸びていないし、まだまだ(保釈は)早いという感じ」と明かし「初公判まで保釈させることはない」と断言した。
     当の本人は、保釈申請が認められたその日の夕方には、保釈保証金150万円が振り込まれて保釈されると思っていたというからのんきなもの。結局およそ2か月半“塀の中”で生活した。判決を受け釈放されると、集まった報道陣に長々と頭を下げたが、悪いことをした、反省しているという自覚は、公判中の言動からはあまり感じられなかった。
     そもそも、妻帯者で子供が生まれたばかりなのに、デリヘル嬢にキメセクを強要したのがキッカケで逮捕ということ自体、とんでもない話だ。しかも現場のホテルは、2月に出入りが発覚した闇カジノと同じ池袋だった。
     下半身のだらしなさは友人らの間でも有名で、某人気女優Xと“ヤッた”という自慢をしまくっていたという。
    「良太郎は会うと、コッチが話を振ってるわけでもないのに、Xとヤッた話ばっかり自慢げにしてくるの。それも会うたびに何度もだから超ウザくて」と知人はあきれた様子で明かす。
     ちなみにXにも麻薬常習の噂が前からあるが…。

    【【驚愕】 (動画あり) (画像あり) 薬物乱用  反省なし 『清水良太郎』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報 『覚醒剤600キロ密輸の漁船、出港後に燃料切れ 国際的組織が関与か』について画像をまとめてみた


    覚醒剤(かくせいざい、Awakening Drug、覚醒アミンとも)とは、アンフェタミン類の精神刺激薬である。脳神経系に作用して心身の働きを一時的に活性化させる(ドーパミン作動性に作用する)。覚醒剤精神病と呼ばれる中毒症状を起こすことがある。乱用・依存を誘発することがある。本項では主に、日本の覚せ
    70キロバイト (10,185 語) - 2019年12月6日 (金) 13:10



    (出典 pbs.twimg.com)


    覚醒剤600キロ密輸の漁船、出港後に燃料切れ 国際的組織が関与か

    熊本県天草市の港で密輸されたとみられる覚醒剤約600キロが押収された事件で、覚醒剤が見つかった漁船は宮崎県から出港し、航行中に燃料切れとなり捕捉されていたことが13日、分かった。覚せい剤取締法違反の疑いで台湾人や宮崎の船舶修理業の男ら計11人が逮捕されており、福岡県警などの合同捜査本部は、国際的な密輸組織が関与したとみて調べる。
     捜査関係者によると、船は宮崎県に登録され、海上で受け渡しをする「瀬取り」と呼ばれる手法で覚醒剤を受け取ったとみられる。天草市沖で11日、燃料切れになったところを他の船にえい航され、同市内の魚貫港で摘発された。港には荷受け役はいなかったという。
     また、同じ船が11月にも宮崎県から出港していたことも判明。捜査本部は既にこのときには覚醒剤の取引が計画され、瀬取りを図ったが、受け取りに失敗したとみている。

    【特報 『覚醒剤600キロ密輸の漁船、出港後に燃料切れ 国際的組織が関与か』について画像をまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ