芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    タグ:#ジャイアンツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『【巨人】戸郷、3回1失点で降板 高卒新人史上初のCS先発勝利ならず』


    戸郷 翔征(とごう しょうせい、2000年4月4日 - )は、宮崎県都城市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 小学1年生から「三股ブルースカイ」において軟式野球を始め、都城市立妻ケ丘中学校では同校の軟式野球部に所属し、1年生は捕手、2年生から投手としてプレーする。
    9キロバイト (983 語) - 2019年10月6日 (日) 02:31



    (出典 hochi.news)


    【巨人】戸郷、3回1失点で降板 高卒新人史上初のCS先発勝利ならず

    2019 セノン クライマックスシリーズ・セ 最終ステージ第3戦 巨人―阪神(11日・東京ドーム)

     巨人のドラフト6位ルーキーの戸郷翔征投手(19)が第3戦に先発し、3回1失点で降板した。

     初回、2回は無失点に抑えたが、3回に先頭打者の梅野のソロ本塁打を浴びると、1死から1安打2四球などで2死満塁のピンチを招く。最後は糸原を三邪飛に抑えたが、直後の攻撃で代打を送られた。

     プレーオフ、CSで高卒ルーキーが先発するのは12年武田(ソフトバンク)、13年藤浪(阪神)に次ぎ3人目。先発勝利となれば史上初の快挙だったが、3回3安打1失点でマウンドを降りた。

    【特報『【巨人】戸郷、3回1失点で降板 高卒新人史上初のCS先発勝利ならず』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『巨人 対阪神』について画像をまとめてみた


    巨人菅野4回4失点、腰痛から復帰も78球で降板 - 日刊スポーツ
    巨人先発の菅野智之投手(29)が腰痛から復帰し、4回6安打4失点でマウンドを降りた。初回は3者凡退で立ち上がったが、2点を先制してもらった直後の2回。2死一、…
    (出典:日刊スポーツ)


    1で破り、4勝3敗で21年ぶり2度目の優勝。 10月20日 - 日本野球連盟は監督、選手、マネージャーをそれぞれ「教士」「戦士」「秘書」とする新用語をこの日から使用する。 11月16日 - 巨人対阪神戦(後楽園球場)において巨人が勝利し、巨人の優勝が決定している。 11月16日
    12キロバイト (1,493 語) - 2019年1月10日 (木) 03:50



    (出典 pbs.twimg.com)


    『巨人 対阪神』について画像をまとめてみた
    【巨人】クック抹消 宮本コーチ「投げるとこない」2軍で再び先発調整へ
    巨人のライアン・クック投手(32)が15日、出場選手登録を抹消された。

     クックは来日1年目の今季、開幕から守護神としてスタート。8月から2軍で先発に挑戦していた。

     10日のDeNA戦(横浜)で1軍での来日初先発で4回途中1失点。試合後、宮本投手総合コーチは「彼なりに色んなプレッシャーがあったと思うけどメジャーのプライドでね。次も使いたい。ローテーションで回ってくれれば」と次回に期待していた。

     クックは中5日となる16日の阪神戦(東京D)先発に向けて1軍で調整を続けていたが、16日の阪神戦は桜井が中4日で回ることが決定。今後の起用法は流動的という状況だった。

     宮本コーチは「先発要員として投げるところを探していて、ちょっと(投げる試合が)ないので、抹消して先発調整してもらうということです」と説明した。

     クックはこの日の阪神戦で復帰登板した菅野の代わりに登録抹消となったが、宮本コーチは4回4失点の菅野を16日に登録抹消する可能性があると説明。「こうなるんだったら、というね…。でも、いるメンバーでやるしかない。ファームではヤングマンも調整いいし、CC(メルセデス)も今日(2軍戦で)2イニングをピシッと抑えた。そのへんに力を借りるかもしれない」と話した。

    阪神ジョンソンでV逸、矢野監督「今こそ戦う姿勢」
    <巨人6-5阪神>◇15日◇東京ドーム

    阪神が巨人相手に痛恨の逆転負けを喫し、14年連続のV逸が決まった。

    1点リードの8回、セットアッパーのジョンソンがゲレーロに逆転2ランを浴びて逃げ切りに失敗。矢野燿大監督(50)は「今こそ、戦う姿勢とか気持ちが問われる」と懸命に前を向いた。クライマックスシリーズ(CS)進出もさらに厳しい状況に追い込まれたが、残り9試合に全力を尽くす。
    「俺らがどうこう言うことじゃないし」/矢野監督
    阪神は福留の3点本塁打、投げては先発西が7回を1点に抑えるなど投打で快勝した。

    矢野燿大監督の一問一答は以下の通り。

    -シーズン終盤で疲れがある中で福留が大きな一撃

    西とね、2人が今日の試合を作ってくれたかな。

    -西は投打で奮闘

    テンポも良かったしね。満塁のピンチが6回にあったけど、結果的にゼロでいけた。1点取られたところも、1点で終わった。テンポも良くて、西らしく粘り強く投げてくれた。

    -高山は左投手でも使いたくなる打撃だ

    明日は行こうかなと。

    -状態が良くなっている

    気持ちがいろんな部分が変わったなと思って。この前でも、練習試合やけど、自分でファームの試合に出に行くとかね。自分が一番いいパフォーマンスを出すためにはどうするべきか、自分がどうしたいか、そういうところが変わった。打席の中でボールも振ってしまうときもあるけど初球から打つという気持ちで、入っている。そういうのはすごく去年から変わりだしたところじゃないかな。

    -メッセンジャーの引退発表があった

    俺は現役最後、一緒にやったしね。俺はやったというか、もうあまりプレーはしていなかった。外国人枠を外れて日本人の(扱いになる)ところまでやってくれたのはタイガースにおいての功績は大きい。

    -球団から第一報を聞いた感情はどうだったか

    何回かはもちろん話もしているから。ビックリというのは…。そういう判断は結局は、本人のこと。俺らがどうこう言うことじゃないし。ランディ自身も力になりたいと思って、こっちもなってほしいという思いはある。それはもう本人の気持ちを尊重するしかない。

    【特報『巨人 対阪神』について画像をまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    特報『巨人 対阪神』についてまとめてみた


    巨人大阪タイガース(のちの阪神)のナイターを『スイートナイター』のタイトルで放送したのが始まりである。以来、基本的に巨人の主催試合 のみで、その約9割を同局の制作により独占的に中継している。なお、後に日本テレビは巨人
    220キロバイト (31,678 語) - 2019年9月12日 (木) 14:08



    巨人 対阪神
    阪神 14年連続のV逸点…ジョンソンがゲレーロに特大の逆転本塁打を浴びる
    セ・リーグ 阪神5―6巨人(2019年9月15日 東京D)

     阪神が逆転負けで連敗を喫し、優勝の可能性が消滅。14年連続のV逸が決まった。

     阪神は1―3で迎えた4回、2死満塁で今季限りでの退団を表明しているベテラン鳥谷が代打に登場。見事に右前へ2点適時打を放って同点とすると、さらにルーキーの木浪が中前適時打を放って4―3と逆転に成功。7回には糸原の中前適時打でリードを2点に広げた。

     しかし絶対的セットアッパー・ジョンソンが逆転弾を浴びた。5―4の8回。先頭の丸に四球を与えたあと2死を奪ったが、6番ゲレーロに直球を捉えられ、左中間席上段まで運ばれた。

     ジョンソンは7回から登板しており“イニングまたぎ”で8回のマウンドに上がっていた。丸の後の4番・岡本を3球三振に抑えるなどさすがの投球を見せていたが、やや高く浮いたボールをゲレーロは逃してくれなかった。

     阪神は大野雄にノーヒットノーランを喫した前日14日中日戦(ナゴヤD)から連敗を喫し、これで14年連続のV逸が決まった。
    巨人・坂本勇が7試合ぶり36号!ソトと4差に 復帰のエース菅野に贈る貴重な追加点   セ・リーグ 巨人―阪神 ( 2019年9月15日 東京D )


    <巨・神>3回2死、坂本勇は左越えソロを放つ(投手・岩貞)(撮影・大森 寛明)
    Photo By スポニチ

     巨人の坂本勇人内野手(30)が阪神戦(東京D)の3回に7試合ぶりとなる今季36号ソロ本塁打を放ち、リーグトップの40本塁打を放っているソト(DeNA)に4本差とした。
     坂本勇は「2番・遊撃」で先発出場。2―1で迎えた3回、2死走者なしで入った第2打席で阪神先発左腕・岩貞が投じたカウント2ボール1ストライクからの4球目、真ん中低めのチェンジアップをすくって左翼スタンドへ放り込んだ。

     前日14日の広島戦(東京D)では敬遠1つを含む3四球で、この日も初回の第1打席は四球だった坂本勇にとっては13日の広島戦(東京D)第3打席で放った二塁打以来9打席ぶり安打。本塁打は7日のヤクルト戦(神宮)以来7試合ぶりとなった。

    巨人・原監督、M5に「まだまだ」も「またまた…ぐらいになったのかな。ね?」死球の阿部は検査へ
    巨人が終盤の効果的な2本塁打で阪神戦(東京D)に6―5で勝利を収め、5年ぶり優勝へのマジックを1つ減らしてまずは「5」とした。午後6時試合開始となる2位・DeNAの結果しだいでは「4」となる。また、3位以内が確定し、両リーグ一番乗りで、2年連続12度目となるクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。
     7回に代打・石川が左翼スタンド後方の看板を直撃する特大4号ソロを放って4―5と1点差に迫ると、8回には2死一塁でゲレーロが左中間スタンドへ起死回生の20号2ラン。9回は守護神・デラロサが1点差を守り切った。

     劇的な勝利をものにした原監督は「試合を決めたのはゲレーロでしたね」の問いかけに「ですねぇ」と満面笑み。「なんていうか…チームにとってもね、本人もかなり落ち込んでたっていう点でね。まさに起死回生…だったんじゃないでしょうかね」と続けた。

     7回に代打でソロ弾を放った石川については「彼の思い切りの良さが出た」とし「少しでも勢いのある人がグラウンドに立った方がいいだろうということで、いい形になった」と代打策成功に満足げ。また、6回に右手指付近に死球を受けて交代した阿部については「検査に行ったと思うんですが。まだ私の耳には入っておりません」と話すにとどまった。

     これでマジックは1つ減って「5」に。5年ぶりVへカウントダウンに入っても「まだまだ」と強調していた指揮官だが、この日も「う~ん…まだまだ!」と苦笑いしながらキッパリ。それでも「またまた…ぐらいになったのかな。ね?」と濁点が取れたぐらいになったとし、えびす顔だった。

    【特報『巨人 対阪神』についてまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ