芸能ニュース

当サイトでは 面白スレ 芸能ニュース 2chで話題なスレ 面白画像まとめなど
他のサイトよりも有ります
ワロタ.AA.画像ワロタ系など様々なカテゴリが有りますので 面白い思ったら
フオローお願い致します。

    タグ:#

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【安定の走り】 (ナンバー1) (トヨタ) (タンドラ) 『250,000マイル以上走行NO1車種』


    L-ATV (カテゴリ オシュコシュの車種)
    Vehicle) は、アメリカ合衆国オシュコシュ・コーポレーションによって開発された4×4輪駆動装輪式多目的軍用車両である。 1980年代から現在に至るまでアメリカ軍 (陸軍、海兵隊など)で広く使用されているハンヴィー後継車種を選定するJLTV (統合軽戦術車両) 計画の車種として、2015年8月25日に採用された。
    16キロバイト (1,917 語) - 2018年1月29日 (月) 04:33



    (出典 img.calwing.com)


    1. Toyota Tundra
    巨大で現代的なピックアップトラックは、ラグジュアリーな庭にあるヨットになりました。高度なテクノロジーと軽量な材料で作られています。Toyota Tundraは、比較的お求めやすい価格です。非常にゆったりとした車内に、パワフルなエンジンが搭載されています。最新のスタイルを外観には取り入れていますが、搭載されているテクノロジーや性能は並外れています。Toyota Tundraも非常に丈夫な車体となっています。長く使える車と言えるでしょう。

    【【安定の走り】 (ナンバー1) (トヨタ) (タンドラ) 『250,000マイル以上走行できる50の車種』の(NO1車種)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【驚愕】 (数億円の残高) (不正所得) (増川遵) (西川昌希)『モーターボート競走法違反』についてまとめてみた


    投票券 (公営競技) (カテゴリ Webarchiveテンプレートのウェイバックリンク)
    投票数が0であった場合は減りうる)、k番目の組み合わせに対する払戻金の総額は以下の通りとなる(競馬施行規則第9条、モーターボート競走法施行規則第28条、自転車競技施行規則第23条、小型自動車競走法施行規則第21条)。Pが0の場合はこの規定は適用されず、後述の「特払い」となる。 払戻金総額:[Wk
    121キロバイト (18,466 語) - 2019年12月14日 (土) 05:20



    モーターボート競走法違反容疑、数年前から多額の出入金 配当受け取り口座に
     昨年7月に大津市で行われたボートレースを巡り、故意に順位を操作した見返りに現金300万円を渡したとして名古屋地検特捜部にモーターボート競走法違反容疑で逮捕された会社員増川遵容疑者(53)=津市=の配当金受け取り用口座に、数年前から多額の出入金が確認されていたことが10日、分かった。

     関係者によると、増川容疑者は舟券をインターネットで購入、配当金も専用口座で受け取っていた。遅くとも2016年以降、口座への多額の入金と出金があり、昨年秋ごろには数億円の残高があった。

     特捜部は増川容疑者と、親族で元ボートレーサーの無職西川昌希容疑者(29)=東京都練馬区=が昨年7月2日に琵琶湖モーターボート競走場で行われた二つのレース以外でも、不正をした可能性があるとみて詳しい経緯を調べている。

     また西川容疑者のスマートフォンには、2人がレース直前に順位操作を打ち合わせるやりとりが残されていた。選手はレース開催前日から、宿舎からの外出や外部との接触を禁じられるが、西川容疑者はスマホを不正に持ち込んでいた。

    【【驚愕】 (数億円の残高) (不正所得) (増川遵) (西川昌希)『モーターボート競走法違反』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【特報】 (トイレ不足) (画像あり) (動画あり) 続きを見てね!『国立競技場』についてまとめてみた


    Olympic Stadium)の名称が使用される。 国立霞ヶ丘陸上競技場(旧・国立競技場)の全面改築により建てられた施設で、新国立競技場の仮称にて2012年より建設事業に着手。2016年12月に着工し、2019年7月3日に開場後の正式名称が『国立競技場』となることが日本スポーツ振興センターより発表され
    180キロバイト (20,906 語) - 2020年1月10日 (金) 02:49



    それでもトイレは大行列 新たな国立競技場で初の公式戦

    2020年が幕を開けた1日、サッカー界では2大会ぶりの元日開催となる天皇杯決勝が行われる。神戸と鹿島の顔合わせとなった頂上決戦の舞台は、完成間もない東京五輪・パラリンピックのメインスタジアム、国立競技場だ。最初の公式戦に足を運び、さまざまな視点から、新たに生まれ変わったスポーツの聖地をリポートする。
     神戸が2点リードし迎えたハーフタイム。再びコンコースに出ると、ある意味で想像通りの光景が広がっていた。国立競技場は前述のように、この規模のスタジアムとしてはかなり多くの数のトイレがあるが、それでも長い行列ができていた。
     全体としては女性より男性の列がより長く、バックスタンドのエリアで数十メートルに及んでいた。国立競技場はトイレの入り口と出口を分けて“一方通行”とするなど、スムーズな利用を促しているが、それでもハーフタイムなど時間帯によっては大混雑が生まれる。
     ただ、待機列も場所によって濃淡があるのも事実。ほぼ待ち時間なしで入れるトイレも確かにあった。コンコースは基本的に自由に移動できるため、比較的すいているトイレまで移動するのもアリかもしれない。相手サポーターが陣取るエリアのトイレは利用しづらいかもしれないが…。

    【【特報】 (トイレ不足) (画像あり) (動画あり) 続きを見てね!『国立競技場』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【特報】 (動画あり) (画像あり) 『中国の自動車』についてまとめてみた


    上海汽車集団 (カテゴリ 中国の自動車メーカー・ブランド)
    中: 上海汽车集团股份有限公司 )は、中華人民共和国上海市に本社を置く自動車メーカーである。 第一汽車、東風汽車と並び、中国の三大自動車メーカー一つ。また、この2社に長安汽車、奇瑞汽車を加えた、中国自動車メーカー「ビッグ5」1社でもある。略称は上汽集団、または英文社名である「Shanghai
    6キロバイト (711 語) - 2019年7月27日 (土) 13:28



    日本から技術供与を受けてきた中国の自動車、どうしていまだに日本に追いつけないのか=中国メディア
    中国メディア・東方網は4日、「中国は日本から自動車技術の供与を受けてきたのに、どうして中国国産車はいまだに日本車に及ばないのか」とする記事を掲載した。

     記事は、コストパフォーマンスが高い日系車は中国人の価値観に非常にマッチしており、中国市場における自動車販売台数の大部分を占める一方、かなり前から日系メーカーは自身の技術を中国のメーカーに譲渡してきたと紹介。「それにもかかわらず、わが国産車は大きな飛躍が見られず、なおも日系車の後塵を拝し続けているのは一体どういう訳なのか」とした。
    そのうえで、理由について「日系メーカーは技術供与をしてきたが、さすがにすべての技術を譲渡するようなお人よしはいない」とし、日本のメーカーが自動車の品質や性能を左右する最も重要な技術に関してはがっちりと自らの手中に囲い込んでいるためだと説明。供与されるのは基本的に「間もなく賞味期限が切れる」ような技術だと伝えている。

     また、中国のメーカーには使い古された技術を踏まえて新たな技術を開発能力が不足しているとも指摘。「今の国産車業界は、大部分が研究開発に重心を置かず、どうやって規模を拡大していくか、どうやって短期間でコストを回収するかばかりを考えている」としたうえで、「消費者は何が良いもので何が悪いものかをはっきりと認識している」ことから、多くの消費者が中国の国産車ではなく日系メーカー車を選ぶのだとの考え方を示した。

    【【特報】 (動画あり) (画像あり) 『中国の自動車』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【驚愕】 (動画あり) (画像あり) 《辞表携え官邸〙 『高市早苗』についてまとめてみた


    高市 早苗(たかいち さなえ、1961年(昭和36年)3月7日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)。総務大臣 (第23代)、内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度担当)。 衆議院議院運営委員長、自民党政務調査会長(第55代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策
    56キロバイト (6,428 語) - 2019年12月20日 (金) 10:22



    高市総務相「心折れていた」 辞表携え官邸通った年末
    高市早苗総務相は7日、現職の総務事務次官が昨年末に情報漏洩(ろうえい)問題で更迭されたことをめぐり、「総務省の職員全員を敵に回したんじゃないか、皆さんの力を借りて総務大臣の仕事を進められるのか。悩みに悩んだ」と心境を明かした。総務省の仕事始め式での幹部職員への訓示で、高市氏は「昨年末の仕事納めまでは心が折れていた」とし、「官邸に行くたび自分の辞表を携え、何度も年末まで考えた」とも振り返った。
     前次官はかんぽ問題での行政処分関連の情報を漏らしたことが判明し、停職処分を受けて辞職。相手は処分対象の日本郵政の上級副社長で、同じ旧郵政省出身で元次官の先輩だった。

     旧郵政出身者の間に「素人の女大臣が何を考えているのか」「情報漏洩じゃなくて情報共有じゃないか」などの声がある、と高市氏は指摘。旧省庁の壁を取り除き、総務省が一体になり課題に取り組むよう求めた。

     郵政やNHKの問題には利用者や視聴者の目線で対応するといい、高市氏の考えが間違いだと思うときは「ばりばり文句を言ってください」。さらに「どんなに嫌なことを言われても人事には反映されない。約束する」と付け加えた。

    【【驚愕】 (動画あり) (画像あり) 《辞表携え官邸〙 『高市早苗』についてまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ